ラグーンの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

ラグーン の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
22:06 2019年11月12日
BTC
イランではBTCでは30%高い価格が取引(OTC) やっぱり、戦争の不安があると、BTC買うんだなぁ。 自国通貨(イラン・リヤル)の暴落も怖いだろうし、金と違ってUSBワレットなら国内に逃げるときも、持ち運び簡単だし。
ETH
はどうなんだろう?大量ETHのワレット数が増えているのかな?
ETH
これは予想してなかったETHにとっていいニュース!
ETH
良い分析! イーサリアムは含み損のあるしこり玉を抱えていた投資家の多くが「やれやれの売り」を出してくるため、なかなか価格が上昇しないってことだね。

LINEトークンLINKはLINEの国内取引所が開始したら、注目されそう。記事のとおり、日本に圧倒的なユーザーがいるから、日本での仮想通貨普及に貢献しそう。 なお日本のLINE Dappで配っているのはLINKポイント(500円)。万が一LINKトークン(10ドル)と交換できることになれば、2倍なのでホールド

マイナー通貨国のリアルな状況が感じられた。そりゃ、アルゼンチン・ペソよりはDAIとかステーブルコインの方がいいよね。 アルゼンチン人はよくデフォルトしてるから、政府を信用してなくて、ちょくちょく隣の国にいってそこでドル預金して防衛してるってどっかの本で読んだ気がする。

信玄さんもですか。。残念ですね〜 一枚あたりの当たり金額減らしても良いので、当たり枚数増やして欲しかったです。
BTC
ビットコインの「ハッシュレイト」が過去最高とのこと

でも、技術革新でハッシュレートあたりの費用はドンドン安くなってる。だから、毎年、同じ投資額でマイニングしていてもハッシュレートは勝手に右肩あがりになる

こんな追い風指標が去年11月に暴落したのは、そうとうヤバイかったんだと思う

$BTT
BtTorrent Speedが新しく出て、ファイルの共有(アップロード)に協力すると、BTTもらえる模様。当然、BTTのワレット機能もある。

逆に早くダウンロードしたい人はBTTを支払うとダウンロードスピードが速くなる。

BtTorrentはユーザーが多いから、実際BTTが使われるか見ていきたい

6)運営組織
Cosmos:あきらかに仮名のメンバーもいてちょっと謎の集団的なところもある。

Polkadot:Web3 Foundation財団が主導だが、私企業であるParity Technologiesの影響力もかなり強い。

5)お金(開発費用)をどれだけ持っているか?

Cosmos:ICOで約20億円を調達

Polkadot:ICOで約360億円を調達

4)仕様変更
Cosmos:ハードフォークが必要。ただ、ブロックチェーン生成時間の変更などはパラメーターの設定変更だけで済む要素もある。

Polkadot:フォークレスにアップデートできる。WebAssemblyを使うため。
ETH
3)バリデーション
Cosmos:各チェーンごとに自前で行う。セキュリティーはイーサのplasmaを活用して高める案もある

Polkadot:Polkadotに委能できる。マージバリデーション。セキュリティーを気になるが、誰がノードを建て、バリデーションするか等の設計運用が面倒な企業や企業群にはニーズは高い

2)インタオペラビリティを行うハブへの接続

Cosmos:接続数は無限で無料。

Polkadot:接続数は限定されており、入札により$DOT を多く預けられる所が利用できる。そのため、お金持ちゲームな側面がある。バージョン2では階層化ができるようになり、この側面は改善される。

LINEの新取引所
BITMAX

海外の取引所
BitMax


綴りは同じ。
今のところ判別方法は、「小文字」が混じっているかどうか

$FMEX
参加できない日も多かったけど、遂に買えた!
嬉しい

$Libra
【悲報】軽い気持ちでLibraを投げ合うと、課税に加えて、面倒な計算と記録が必要そうな気がする

友達から1 Libraの投げ銭をもらう←課税所得(もらった時のLibra円建てレート)

友達に 1 Libraの投げ銭を送る ←課税所得(もらった時と送った時のLibra円建てレートの差)
BTC
Binanceから撤退するアメリカ人はどこに仮想通貨を移動させるのかな?もし、CoinbaseならUSDTの取り扱いがないから、BTCにして撤退かなと。
BTC
Binanceの最大顧客であるアメリカ人が撤退するため、Coinbaseにリストされていないアルトは一時的に全部BTCに交換( $BNB も含む)

というのも、前にHuobiが日本人禁止にしたとき、お気に入りのアルトであっても、日本の取引所やBinanceで扱ってないのは泣く泣く売却したからです。
BNB
$BNB
binanceを使ってるアメリカ人多そうだから、一部撤退

Cosmos vs Polkadotについて徹底討論に当たった!嬉しい

$ATOM と $DOT はすでに1000億円以上の時価総額がある有望プロジェクトですが、どちらに投資しようか、考える一助にもなりそう。

(DOTはまだ先物しか上場してないから投資するとしても先になりそうですが、)

$EDG Edgewareのエアドロは美味しいそう
シグナル型エアドロップは申請しておくと、9月1日 9:00(日本時間)にETHのスナップショットがとられ、エアドロップ

一方、ロックアップ型は沢山もらえるが、ロックが終わるまでETHが戻ってこないため、リスク有。こちらは少額参加

$FMEX
まだ1回も買えていません
ICO時代から、ヨーイドンの参加は苦手。

$ONE
全売却。

Binance DEXでのONEトレードキャンペーンは初日の報酬を見て、今日もやるか考える予定。

DEXは使いやすいけど、NanoLedgerの承認レスポンスがとっても悪くて辛い

Binance DEXでキャンペーン狙いで $ONE を売買
Nano Legerだと、注文確認のため、10回ボタンをおさないとと発注しないのでスピーディーな発注は難しい。
Trustワレットは1回ボタンで注文確認終了なので、ちょうどよい。
DEXで新規で作ったワレットは注文確認なしで発注。早いけどセキュリティ的に?

Binance DEXの $FTM が他の取引所の約1.5倍の価格で取引されている。たとえば、kucoinで仕入れて、Binance DEXで売ればサヤ取りできるかも。

ただ、ERC20形式のFTMをBinance Chain対応のBEP2形式のFTMに変換する必要あり。FTMのテレグラムによると変換方法は未発表。発表され次第、サヤ消失かな。

$REN
非公式だけど、トラッカーを見たら、ダークノードの数が減っていた。
盛り上がりまでちょっと時間がかかりそうですね。


$MKR を持つ世界で最後の一人になったらどうなるの?
という妄想にまじめに答えた記事に笑った

MKRはDAI総額に対して手数料が徴収され続け、バーンされる。

最後の一人になれば、
1MKRは$35,000,000,000,000,000!
でも私たちが死ぬまでには実現しないだろう(残念。。

$BNB
スナップショット後、USDTベースで7分後で-3%下落、16分後-2%下落。

9時ちょうどにBNBを売却してたら、良かっただろうが、
売りが殺到してたから、難しいかも
BTC
さきほどの暴落
BitMEXでロングでロスカットされたBTC(XBT)2万2980枚!

先日のバイナンスのハッキングで盗まれたのはBTC7000枚。

適切な比較じゃないけど、
BTC FX上での札束での殴り合いってすごい金額なんだね

$TFD
マスターノードを建てられるまでどれくらい待てば良いか、気になってテレグラムを見る

自分と同じぐらいの待ち順241番の人の質問に「最低あと1年はかかるんじゃない」という回答も

マスターノード建てられないと旨味がないから、年単位で待てない人が投げ売りで下げてると予想

$BTT
Blocktrade
最近、1万6321枚をバーン。
BlockTradeのメンバーシップを50%OFFで買えるBTT払いで買う人がでてきたか、BlockTradeへのトークン上場費用をBTTで支払ったのか?

いずれにせよ、BTT利用という実需でのバーンは良いことですね


$BTMX
現時点の流通時価総額 150Mドル

過去から学ぶため、 $FT (FCOIN)が頂点を付けた2018年6月12日の流通時価総額は、、、分からず。(誰が当時の流通枚数知ってますか?)

あくまで推測ですが、前後の手元データを見ると、150Mドルは超えていた可能性大。だから、今は怖くて様子見

$REN
前日比35%上がってビックリ。
なにか良いニュースでもでたのかなと思って、テレグラムの中を見たけど、パンプの理由は分からず

同じバイナンスで爆上げした $EVX の利益が流れ込んできて、2匹目のどじょう狙いで上がっているというコメントもあるが、現時点ではこの可能性が高そう

$DBC
海外の人がちょっと言及するようになってきた通貨。

ヨコヨコなんだけど、出来高も上がってきていて面白そうだから、超少額短期でイン。中身調べてないから、ギャンブル
ETHBTC
BitMEXのCEOの予想は、他の仮想通貨専門家より当たっているような気がする。金融全体のリスクオン、リスクオフのお金の流れをよく見ているからかな。
「閑散に売りなし」ともいわれているし、毎月コツコツ、フィアットから $ETH $BTC にチャージ中

確定申告をやっと提出!
Cryptactが神ツールだったが、苦労したのが、トレード履歴の入手。

特に新興取引所はウェブページから取引履歴が直近3ヵ月しか取れないことが多い。サポートにメールすれば過去1年分などもらえるが、時間がかかる場合もある。今年はまめに取引履歴を保存します

小売店の視点では、決済手数料はとても大切!
Alipay0.6%に対し、PayPay/LINE Pay/楽天Payは2.5~5.5%程度とは高いなぁ。(PayPay、LINE Payは3年間の無料キャンペーン)
既存クレジットカード・プラットフォームで決済も理由かぁ。小売りに優しいキャッシュレス時代希望

$BTT のバーンについて補足

取引手数料が安くなる月額会員費に加えて、「Blocktradeへの上場費用」もBTT払いの場合すべてバーンされる。なお、ともに両費用はBTTで支払うと、フィアット(EUR)の半額になるため、普通はBTTでの支払いを選択するだろう。

セキュリティー・トークン発行プラットフォームのSecuritizeによると、今年中に幾つかの取引所でセキュリティートークンの取引が開始される予定とのこと。

思ってたより早くセキュリティー・トークンの取引ができるようになりそう
以下は取引所例のうち知っているものを抜粋。

$AST
$BTT
$TZERO

$BTT

Blocktradeの思惑取り、他社に先行してMiFID IIを取得して、欧州でセキュリティートークン取引所として使われ、利用者が月額会員などの支払いでBTTを使ってくれるようになって、初めてバーンによる旨味がでてくる。

失敗したら、電子のゴミになる可能性大という博打

$BTT

BlockTradeには取引手数料が安くなる月額会員制度がある。この支払いに使ったBTTはすべてバーンされる。BASICメンバーであれば月29ユーロのところ、BTTなら半額の14.5ユーロの支払いで済むため、BTT払いの人が多いだろう。

なお、機関投資家向けには別の高額の月額会員料金がある

$BTT
欧州のMiFID IIライセンスを取得して、欧州で機関投資家を含むセキュリティートークン取引所として先行できるかが鍵。

競合はスイスのSIX Exchange。tZERO、Coinbaseは近々は米国中心。Binance、OKEXはマルタなので欧州の機関投資家へはアプローチはできないと予想

注目STO系で $BTT (Blocktrade)が面白そうなので少額投機

欧州規制化(MiFID II)で初のセキュリティートークンを扱う取引所を目指す

STOの有名企業と提携(図の赤枠)
・Polymath $POLY
・OwnMarket $CHX
・NEUFUND
・SECURITIZE
・tokeny
・THE ELEPHANT

時価総額2億円弱、ランキング651位

$ENG のユースケースいいね

今までは市場調査などデータ購入者は、個人の生データにアクセスする必要があった。しかしDatacoupでは生データ自体にアクセスせずに、秘密計算によってデータを利用。個人データの秘密性を保持される。

BTCやETHの価格や取引高の影響を受けるトークンは値下がりはしょうがない(取引所トークンとか)

一方で、それと関係ないビジネスを展開し、利益を生んでいるトークンもある。それが一週間前より40%以上のセール価格

無限ナンピンにならないかビビリながら、フィアットを少しづつ入れて拾ってます

やはり、STOはこれから注目されそうですね

セキュリティートークンに法的に対応できる能力を持った取引所がないのが一つの問題とのこと。

ただ、来年にかけて解決されていくでしょうから、STO市場は広がっていくと予想しています。

自宅のパソコン45台で位置情報を偽装し、540万円相当のポイントをだまし取ろうとして逮捕。

ポケモンと同様に、GPSの偽装じゃないかな?
偽りのない位置証明って難しい。。。

$FOAM をはじめとしたLocation系プロジェクトで解決する未来に期待!

11月は2013年から5年連続でBTCが上昇した月です。
今年はどうでしょうか?

画像は時価総額ランキング1258位の $XRL 提供です。
1年以上前にコードネーム「白い三角錐」で流行ってました。
私以外にまだ持ってる人いますか?

ステイクするとその資金を基にアービトラージ投資して配当くれる通貨です

今年の損益を計算するために海外の取引所の取引履歴を取りに行ったら、直近分しか取れないので注意!

#Huobi#OKEX は約3ヵ月ぐらいとれる。

Huobiはサポートに連絡し、今年の履歴を送ってもらえることになった。
OKEXは表形式ではコピペできないため、いちセルづつコピー。かなり面倒

$LOKI
なんとか共同でマスターノード運営にに参画できた!
(ひとりで建てるほどのLOKIがないため

ディスコードで人を探すのが少し面倒なくらいで意外に簡単だった

ノードのサーバーを建てて維持してくれる人へは報酬の2%を払う予定。
サーバーの2重化、障害時フェールオーバーと頑張ってくれる

$REN

@Cryptoyologangさんがマスターノードの1日報酬を表にしてくれた。

もし、RENのダークプールが1000のマスターノードで運営され、取引高がDEXで最大取引高のIDEX並みなら、一日7.9ドルで月237ドルの報酬。

マスタードのサーバー費用が月60ドルとしてもプラス

超楽観的なシナリオだなぁ

マスターノード・シリーズに $LOKI を追加
日本での認知度は低く、海外で盛り上がっている。

ただ4万LOKIも用意するのは難しいため、まずは数人でマスターノードを建てるプールにLOKIを預ける形で参画予定。

LOKIについては、ピッツアさんに @pizza_pizza3141 の記事がとても参考になります

#FCOIN の理財口座の利息は週に一度振り込まれる。

注意点は、複利で増やしたいなら、利息は手動で理財口座に入れる必要あり。

利回りは悪くないが、この作業を忘れることが多いのが難点。。
ETHBTC
がオンチェーンでBTC からETHで交換できるアトミックスワップができるワレットのオープンソースを公開。

Dapps、取引所、スマートコントラストなどに使ってほしいとのこと。


$TOPB
3ヵ月経過して、合計6.8%のバーン
開始直後ほどの勢いはないが、コツコツとバーンしている感じ。
100%バーンするまであと3年8か月。
ただ、TOPBの価格はパッとしない。

#LiquidityNetwork が トークン配布にあたりICO統計とVC発表

760のKYCのうち、50件がパスポート偽造、偽所在地証明など不適切であり、スイス当局に報告。

VCも発表。どうみても「機関車トー〇ス」のパクリっぽいロゴの「トーマス・キャピタル」って優秀なVCなの?


#LiquidityNetwork

ICO後、ずっとご無沙汰だった $LQD
18日にトークン配布
22日にトークン移動可能


仮想通貨の勉強のため、10月6日のNHKスペシャルを見て学んだ当たり前の事実

「キャッシュレスになると、みんな、お金をドンドン使うようになる」
事例:スウェーデン

<メリット>
国レベルだと消費が増え、経済が活性化する

<デメリット>
個人レベルだと、余計なものを買ってしまう

#BTCC 13時開始にもかわかわらず、取引開始せず。

なお、テレグラムで見つけたホワイトペーパーについて、2カ月前のもので、オフィシャルサイトにも出ていないため、内容が変わっているかもしれないと主張する人も。正式なホワイトペーパーなしとは。。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト