Kouhei Maruyoshiの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Kouhei Maruyoshi の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
12:45 2020年10月27日
XLM
Nodleがプロジェクトで使用しているブロックチェーンをStellarからSubstrateへチェーンを切り替えるって!

InterlayからBTC-Polkadot間のBridge機能が発表された👀👀👀
ETH
SSVM-Ewasm SubstrateモジュールでイーサリアムのスマートコントラクトをPolkadotエコシステム上にデプロイ可能に!!!
USDT
USDT建てのKSMがこの1ヶ月で3倍に これはmainnetローンチへ織り込み?

polkascanにてPlasm V3 testが利用可能に!!

polkadot上でDeFiとstablecoinを構築しているAcalaNetworkとLamiarProtocolです。 Acalaの方は一昨日polkascanで利用可能になったAcalaMandalaのところかな?

新たにEdgeware Berlin testnetとAcala Mandala testnetがpolkascanにて利用可能に

イーサリアム2.0で動作するbeacon chainのテストネットがイーサスキャンで閲覧できるようになった! #イーサリアム #Ethereum

ここ1年ほど感染させたコンピュータでマイニングさせる"dexphot"マルウェアが広がりつつあるとのことです。dexphotはwav形式ファイルにステガノグラフィーでデータを隠蔽し、クローキングでクローラーに別urlを渡すのでウイルス対策ソフトでも検知できないらしい。
BTC
今度はシンガポールのICE FuturesでBakktの月間現金決済BTC先物が上場とのこと

Lnの脆弱性はチャンネルオープン時の問題らしいですね。受信者が、送信者が作成したトランザクションではなく、トランザクションidとアウトプットに注視していたために、架空のデポジットをオフチェーンで実行できたとか
LTC
hashrateからdifficulty、次はLTCのSegWitが更新と。Coinbaseが18/2月にSegWit導入したあたりからbtcとのギャップが顕著になりましたかね
EOSTRXETHUSDT
USDTの発行は今や6種類(omni,ETH,TRON,EOS,LIQUID,ARGO)から可能ですが、チェーンスワップにおいては「区別」が大事ですので、シフト元のバーンが必要です。しかし、それが今回確認されていないらしいです。

Truffleでこうやってchainlinkを使うんだぞという内容です

現物→先物とくれば、当然次はオプションですよね。あとはETFも何処かがついてこれればクリプトマーケットにおける取引はある程度成熟する。

透明性を上げることは同時にプライバシーを侵害するということになり、また、それを改善するということはMLやテロ資金供与実行側として都合が良い事になってしまう。
ZEC
ZcashのPoSに関する改善提案。略してZIP
BTC
ようやくBakktの日、月間契約のBTC先物がカストディと並行して9/23に開始されることに。元々18年末開始予定だったのでようやくかーって感じですね
ETH
Solidityでのmapping構造(連想配列)とArrayをどう使い分けるべきかはイーサのGas最適戦略に帰着するので一つのエレメントとしてランダウ記法を見ればいい。つまり、mappingがO(1)、ArrayはO(n)ということになります
BTC
BTC一強がドミナンスと時価総額を伸ばしアルトと乖離を作るように、どの市場においてもこういった乖離は作られ埋め合わされるようにできている
ETHBTC
そして一番肝心なのが、なぜv値は2種類だけなのかというところで、イーサリアムはsecp256k1での群位数をnとして、n<Rxは採用しないようにしているからです。(BTCは採用しているから2×2で4通り)
ETH
これさらに深掘りすると、イーサリアムにはリカバリー用にv値には27(Ry=2k+1),28(Ry=2k)の2種類があり、ベースポイントRのy座標はxから作成できるのでRx,とvから一意に復元できということになります。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト