Shigeyuki Azuchiさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Shigeyuki Azuchiさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
07:32 2019年06月17日

はてなブログに投稿しました
マークルツリーを利用したハッシュベースのアキュムレータ「Utreexo」 - Develop with pleasure! #はてなブログ

派手さはないけど、分散環境を堅牢にしていくための地道な取り組みがBitcoinらしくて良い。 / はてなブログに投稿しました
Bitcoinネットワークの安全性を向上させるための新しいトランザクションリレープロトコル「Erlay」 - Develop with pleasure! #はてなブログ

Rustデフォでtestフレームワークあるの良いけど、fixtures関連のサポート無いのツライな。
BTC
awabarでLightning払いでBEERなう。チャネルのキャパシティ超える決済してどうなるか見たかったけど、トータル1 BTCキャパあると聞いて断念(笑)

やっぱりデータ的にはftellに失敗した際にできるっぽいな。
読み取り時はインデックスから対象ブロックのpos指定してるからエラーになることはなさげ。
BTC
Bitcoin CoreのRAWブロックのデータパースしてたら、たまに変なデータが登場する。
基本はmagic bytes, サイズ,rawデータの3つの組み合わせなんだけど、magic bytes, サイズ?の後にまたmagicが続くとか。

ブロックのリレーについては、Compact Blockなどで改善された。次はトランザクションリレーの改善。
BTC
現在のBitcoinノードは8つのアウトバウンド接続を維持している。この接続数を増やすほどネットワークは堅牢になる。一方、現在の8つでトランザクションリレーに使用される帯域幅はノードあたり18GB/月。24に増やすと50GB月を超える。

c-lightningのPlugin、ディレクトリ単位でPlugin指定できるのね。

チャネルの旧状態がブロードキャストされた場合は、セトルメントされる前に、資金を再度チャネルのマルチシグに送金することで回避し、それをインプットとした署名済みの最新のclose Txブロードキャストしてセトルメントさせるのね。

Bitcoinのトランザクションリレーの使用帯域幅を40%削減し、接続が増えても帯域幅を一定に抑える新しいトランザクション伝播プロトコルErlayのホワイトペーパー。

Grin用のLightningスタイルのレイヤー2プロトコル「Elder Channels」

UNIXドメインソケット使ったc-lightningへのRPCインターフェースの実装も追加。

c-lightningのPluginをRubyのDSLで簡単に書くライブラリもリリース。

はてなブログに投稿しました
c-lightningのPluginの作り方 - Develop with pleasure! #はてなブログ

DLCの解説動画アップしました。 #GBEC / 【動画で学ぶブロックチェーン】Discreet Log Contract - 安土 茂亨氏 - GBEC - Blockchain を推進するエンジニアリングコミュニティ -

果たして導入なるか? / はてなブログに投稿しました
BitcoinへCovenantsの導入を提案するbip-coshv - Develop with pleasure! #はてなブログ

Tapscriptベースの拡張、単純にTapscriptで追加された機能使いたいだけでもTaprootの構成取らないといけないというのは面倒だな。全てマルチパーティ前提になってる感じ。
BTC
SBC 2017でJeremyが発表したOP_COVから2年、CovenantをBitcoinに導入するための提案bip-coshvが登場。
BTC
BIP-157のCompact Block Filterみたいに既存のBitcoinのP2Pメッセージに影響を与えることなく別のデータチェーンを構成する仕組みは1stレイヤーに限らず、2ndレイヤーの拡張方法として捉えるとプロトコル拡張方法の幅が広がる。

ブロックチェーンエンジニアコミュニティGBECのイベントを6/6に福岡で開催します!
規制当局、アカデミア、スタートアップ、メディアからゲストを迎え、金融×ブロックチェーンをテーマに議論する予定。

c-lightningの標準入出力使ったPluginの構成ありだなー。何の言語でもPlugin書けてイイ!

フラグでスクリプトインタプリタの挙動を変えて、実行するコンテキストによって適用するフラグが変わっていく。さらにwitness version 1からはスクリプトのルールも変わろうとしているコードのメンテって大変よね。。

今回のバグは昨年11月のOP_CHECKDATASIG導入後いつでも起こりうるもで、今回の攻撃は、意図的にOP_CHECKDATASIGを多様する多数のトランザクションを用意し、それを同時に使用するように仕組むことで可能になるというもの。
BTC
11月のアップグレードでOP_CHECKDATASIGが導入された際に、OP_CHECKDATASIGをsigopsとしてカウントする必要がある。Bitcoin Core系の実装では新しいルールを適用する場合は、それをチェックすべきかどうかをフラグを使って制御するようになっている。
BCHBTC
昨日のBCHへの攻撃内容、Bitcoin Verdeの開発者が詳しく開設してる。
BTC
double-SHA256は伸長攻撃への対策くらいでしかなく、Bitcoinの場合、公開情報に対してdouble-SHA256してるので効果はないとして、今後は単一のSHA256になってく流れか。

はてなブログに投稿しました
TaprootのアウトプットのスクリプトTapscriptに適用される新しいスクリプトルールを定義したBIPドラフトbip-tapscript - Develop with pleasure! #はてなブログ

はてなブログに投稿しました
BitcoinにTaprootを導入するBIPドラフトbip-taproot - Develop with pleasure! #はてなブログ
BTC
令和初のGBEC動画。【動画で学ぶブロックチェーン】BitcoinCoreを読む ブロック0 - 谷口耕平氏 - GBEC - Blockchain を推進するエンジニアリングコミュニティ -

続いてdynamodb-localを使ったテストの話。

続いてRubyのFiberをラップした非同期ライブラリAsyncの紹介。

これからは5分のLTで、まずは九工大の田中先生のmruby2.0の話。1命令4バイトだったのが可変長のバイトコードに。Intel系はどのみち4バイトとるので旧方式でも問題ないが、ターゲットはもっと小さいチップ。

0.6まではBFTでビザンチン耐性があったがそれ以降Raftに変更されビザンチン耐性が無くなった。2.0でOrdererに持たせるということだが、台帳を持たないOrdererがどうやって不正の検知をするのか?

へー、Ordererって台帳もchaincodeも持って無いのか。

変更のポイントは、
・Systemdとの連携の強化、
・RPC関連の多数の変更、
・PSBT関連の実用に必要なRPCの追加
あたりか。BIP-158とかコードはマージされてるもののまだ機能してないから利用できないしなー。

未使用のwitness version 1〜16を指定したアウトプットもリレー対象、mempoolへ取り込まれるよう変更されたみたい。

Scriptless Scriptや最近の匿名通貨やLNの技術解説、本にしても売れないだろうなって思ってたけど、技術書典向けに続プロックチェーン・プログラミング書いてみるか?

SIGHASH_NOINPUTが導入されると、HTLCや他のペイメントの更新によるチャネル更新の影響がその子に影響しなくなるので、LNのチャネルがいろんなコントラクトのプラットフォームになる可能性がある。

はてなブログに投稿しました
LNDに実装されたStatic Channel Backup - Develop with pleasure! #はてなブログ

BIP-158のBlock Filterのフィルタのインデックス、保存処理がマージされる。BIP-157のフィルタのP2Pメッセージ含め稼働はまだ先っぽい。

お、CLionの方のRust Pluginだとデバッガもちゃんと動作するのね。IntellijのRust Pluginはデバッガ機能がまだない。

extension trait pattern。Rubyみたいにオープンクラスはできないけど、追加したいメソッドをTraitで定義して、使用したいスコープでuseすれば、Rustでも既存のオブジェクトにメソッドも追加できると。

fcntlを使おうとするがESETがブロックして、ハングする。そしてrustc --versionするとSegVでお亡くなりなる。

Rustの環境アプデートしようとrustupしたら、これにハマった。。

MuSigがrogue-key攻撃にどうして耐性があるのか解説してます。 #GBEC / 【動画で学ぶブロックチェーン】Schnorrベースの新しいマルチシグ方式MuSig - 安土 茂亨氏 - GBEC - Blockchain を推進するエンジニアリングコミュニティ -

久しぶりの福岡ブロックチェーンエコノミー勉強会。自分はDLCやHTLCC、Atomic Swaptionについて話します。

はてなブログに投稿しました
Atomic Swapを拡張してオプション、証拠金、先物取引などを可能にするAtomic Swaptions - Develop with pleasure! #はてなブログ

BIP-127のProof of Reserve、仕様的にPSBT拡張するならPSBTのTest Vectorも掲載してくれるとありがたいんだが。。
BTC
これが実現すると初期同期はすぐに終わるようになる。一方、ブロックサイズが大きくなり過ぎると、誰もBitcoinのUTXOの状態をトラストレスに検証することが不可能になり、新規ユーザーは既存のユーザーを信頼せざるを得なくなると。

現在Coreに実装されているassumed valid block機能=直近のブロックのハッシュがソースに埋め込まれ、そこまではトランザクションの検証をスキップするというもの。これをブロックのダウンロードもスキップするようにするのはどうかという議論。

ホント岩村先生のトークは密度とボリュームが凄い。 / ブロックチェーンを用いた地域通貨等の構想を進めるChiaintopeの顧問に 岩村充教授(早稲田大学)が就任しました | Chaintope
BTC
.@ran_tan がどんどんBitcoin Coreの実装に詳しくなってる。

schnorr gemに基本的なMuSigスキーム実装した。

MIT DCIのCryptocurrency Research Review #3。BulletproofsからzkVMまでよさげな開設。

MuSigで集約公開鍵作る際に、各公開鍵に乗算するハッシュ値って、
SHA256("MuSig coefficient" || "MuSig coefficient" || ell || pubkey index)って計算になるのね。

PlasmaでRSAアキュムレータ採用するケースだと、課題となるTrusted Setupについては、1000人規模でMPCやってRSA係数作るセレモニーやる流れか?

Scaling Bitcoin 2018復習シリーズ第6弾。スタンフォード大学のBenedikt BünzのRSAアキュムレータのセッション。 / はてなブログに投稿しました
A scalable drop-in replacement for merkle trees at Scaling Bitcoin 2018 - Develop with pleasure! #はてなブログ
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
\ル・マン24時間レース、12時間経過/
レースは折返の12時間が経過しました。7号車はドライバー交代して可夢偉選手がドライブ中。

現在
7号車(可夢偉選手)がトップ
8号車(ブエミ選手)が2番手
を走行中

12時間経過時点での詳しい順位は画像をクリックしてご覧下さい
#WECjp #LeMans24
英単語の意味を「Ctrl+C」だけで爆速で調べられる英語辞書ツール「英語コピ郎君」レビュー
EVERY PROJECT 第三弾上場

第1弾CoinExchange io
EVEO圧倒的な出来高を記録し、BTCマーケット連日1位!


第2弾エストニアATAIX 50satoshi

第3弾上場 韓国PURPLECOW 6月17日(月)19時取引スタート


ランボルギーニ祭
やはり香港人は香港政府を信じていない。■香港で約200万人が抗議デモに参加、行政長官の辞任を要求
100万円100万円‼︎言ってるけどリップルが200円ならこんな歓喜じゃ済まされんだろうがな…(`・ω・´) $XRP
BTC 2万チャレ 307勝107敗
6.15 +15538円
合計 8511480円

遅延怖い(´・ω・`)
2019年注目の投資テーマ「5G」 ハイリターンを狙うならニッチ市場に注目
LSKも同じ理論だと思ってるよ

日本では問題ないしね
BTC舐めすぎ、いっぺん死んでこいや、、
おすすめサイト