Takeさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Takeさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
06:50 2019年01月18日
BTC
BTC

2015年初頭
数日で300$から150$まで下落するセリクラが発生しました。

ここがトリガーとなり、長期のトレンドはおよそ3年の上昇トレンド入りしました。

2018年初頭
50万円で形成された逆三尊の否定により下落の準備は出来ました。

今年中に100万円目線です。
ETH
ETH

ブルチャートが160$ラインの三尊により否定された形です。

主要銘柄の中ではサポートが健在するため、落ち幅は少ないと想定されるが

110$ラインを割ると完全に下降トレンド入りとなります。

全体連動により下目線です。
XRP
XRP

12/7から続く時間足レベルの三尊成立です。

短期的な反発があっても37円・40円ラインを超えられない限り下優勢です。

次のサポートは緑トレンドライン。

このラインは日足レベルの三尊のネックラインでもあります。

必ず一度止まるでしょう。
ETHBTC
明確なテクニカル(三尊・逆三尊・カップアンドハンドル)形成中ほど新規のエントリーが集中して入ります。

そのため否定された時のポジション解除による逆方向への値動きも大きくなります。

今のBTCの逆三尊やETHのカップアンドハンドルがその例です。
BTC
BTC

現場想定通り40万円割れの展開になりました。

これにより日足逆三尊否定が確定。

まだ下落は続きます。

利確ポイントは先です。

サロン内では上記の想定の元

39.7万円からショートエントリーの指示を出しています。

想定の根拠の一部を公開します。
BTC
BTC

長期的な逆三尊が否定され、40万円我に伴い大暴落が発生することが想定されます。

以前から買い支えの強い40万円ラインであるため、短中期的に保ち合いが発生する可能性はありますが

逆三尊の否定可能性、短期的な反発の弱さから判断しても対局はまだ下です。
BTC
BTC

トレンドラインまで達した後、短期の値動きも売り浴びせを受けブルチャートサインの否定が確認できました。

40万円の買い支えが強力でしたが、この上昇で売り圧をためることでブレイク可能性はずっと高まりました。

40万割れ→底割れ狙います。
BTC
BTC

テクニカルに忠実に最も期待値の高いシナリオ。

日足レベルで意識される逆三尊が否定された場合、長期下降トレンドに拍車がかかります。

さらに何度も買い支えられた40万円ラインのブレイクが短中期の売りを呼び、底割れするに十分な売り圧が生まれます。
BTC
仮想通貨全体の時価総額

基軸通貨BTCは2番底の雰囲気が漂う位置で、逆三尊を形成しています。

対して全体時価総額は同じく逆三尊を形成していますが、ネックラインの切り上げに成功しています。

日足レベルで明確に形が意識されるこの保ち合いです。

成立・否定の影響は長期トレンドに及ぼします。

そのようなパニックを演出するために、機関投資家はメディアやチャートを用いて徹底的に煽りを行うでしょう。

今の30万円程度の生易しい下落ではなく、プレイヤーのだれもが売りで入れば儲かると信じて疑わないような市場、もしくは終わりだと錯覚するような急落によって底打ちになることもあり得ます

そもそも数年前には数万円程度の価値でしか無かったBTC市場は、その変動率の大きさとマーケットの開放時間によって未だかつて例を見ないほどに急激に成長してきました。

全体の時価総額が80兆ドルである証券市場と比較して、仮想通貨市場の時価総額は数千億ドル程度。

数百分の1の規模です。

90兆ドルの資金を持つ機関投資家からしたら、仮想通貨市場は彼らの遊び場のようなものであるとともに、ポテンシャルのある金融商品の一つであると言えます。

明けましておめでとうございます

2018年バブル後の大調整という最も厳しい相場を生き残り、今ここにいられる皆様は経験的・先行者的「優位性」があります。

特に仮想通貨の1年は株式市場の7年分のチャートを見ることと同等の経験値です。

来年の今頃、結果を残しておられる方は多いと思います。
XRPBTC
XRP

ほとんどの主要銘柄の長期チャートが絶望的な形をしている中、XRPの日足は唯一希望が持てる形です。

基軸通貨BTCにブルトレンドが形成される過程で、必ずアルトへの資金流入のフェーズは訪れます。

チャート形状、ファンダ、来年も生きのこる銘柄の筆頭でしょう。
BTC
BTC

今年から新たに参入してきた、既存の世界規模の機関投資家は、数年後の相場を見据えています。

過去のバブル後のチャートから類推しても、この先数年でつくられるトレンドは間違いなく上です。

そのため彼らが買い集めをするために最も効率的な「セリクラ」が発生することに妥当性があります。
BTC
BTC

まだまだ下を掘る展開になると思います。

仮想通貨市場のトレンドはそう簡単には変わりません。

60万円割れ後の強力な下落トレンドにおいてはなおさらです。

今年からのステージは機関の介入する市場です。

30万・10万、彼らが買い集めを終え号令を出すまで意図的な下げは続きます。
BTC
BTC

1
40〜41万円の強力なサポートライン上で、大きな反発が無く短期的な保ち合いを形成したこと

2
高値が50万円に到達せず、逆三尊のネックラインを形成できなかったこと

「売りの勢力が強い」ことは、このようにチャートにサインとして現れます。

まだまだ下目線です。
BTC
BTC

ここで高値46万円を切り上げられた場合、全戻しパターンの可能性はかなり低くなり、日足レベルでのトレンド転換が見えてきます。

日経平均のバブル崩壊後の底値では週足規模の逆三尊が発生しました。

今のBTCに必要なのは
セリクラ
or
50万円ラインで逆三尊の形成
です。
BCHXRPETH
ALT

アルト資金循環相場です。

循環相場では時価総額上位アルトから順にパンプが行われるのがセオリーです。

ETHがこの時点でパンプされていることに疑問はありますが。

BCH

ETH

時価総額上位銘柄でまだパンプが行われていない銘柄はXRPです。

XRP含むアルトがいつ高騰するのか

BTC=日経平均
アルト=個別銘柄

この関係式はチャートの動き方、資金の流れ方を確認する限り成立すると言えます。

とすると値動きは時価総額が高い銘柄ほどBTCに強く連動するはずです。

2年間の上昇トレンドの中でBTCと共に二次関数的に上昇して行くと思います。
BTC
去年末、正式に機関投資家が参入できない状況下でBTC価格は240万円まで上がりました。

先物市場にETF、マーケット拡大の要素は揃っています。

機関の資金規模は個人の比ではありません。

現在は極限まで売り込まれた状態です。

この位置からの仮想通貨市場のポテンシャルは計り知れません。
XRPBTC
XRP

アルトの中でXRPには最も注目しています。

・チャートの調整フェーズで相当なファンダが出たこと。(高騰銘柄の特徴)

・資金力のある仕手の介入が証明済みであること。

BTC1000万円よりXRP1000円は現実的であり、早期に実現されると思います。
BTC
アルト

仮想通貨はBTCが上がってからが本番です。

時価総額の大きな基軸通貨が上りきれば、必ず主要アルトに資金流入するフェーズが訪れます。

そうでなくても今のアルトの売られ方は異常です。

現状のアルトは資金流入の余地という点で、相当なポテンシャルを持っています。
BTC
BTC

2015年のトレンド転換のトリガーとなったセリクラは、

当時の大手取引所のハッキング被害を利用してもう下がらないだろうという位置から引き起こされました。

絶望的な状況でさらに不安を煽るようなファンダが出ることが、セリクラの一つの条件かもしれません。
BTC
BTC

40万円ラインのサポート化に失敗しました。

中期的に見て、現在の保ち合いの形や位置から大きな買い圧を誘うことは難しいと思います。

この価格帯での反発がこと程度であることを考慮しても、

一度一切の売り圧を削ぐ=セリクラ

がトレンド転換には必要でしょう。
XRP
XRP

大底30円の死守。

一度連動を外れたアルトコインに資金が集中することは、周知の事実です。

この大調整相場において、下値の強さを証明することができたことはXRP最大のファンダでしょう。

私もアルトコインの中では最も仕込みたい銘柄です。
BTC
BTC

去年9月から意識される日足レベルのサポートライン3000$。

大局で見て、1年に及ぶ大調整は終了の可能性が高いです。

株式市場のITバブルから復帰した銘柄のチャートとほぼ完璧な相似形です。

2019年の1年は、今年とは比にならないレベルで利益を上げられる相場が来ると思います。
BTC
BTC

40万円割れ

中期的に形成れた三尊が成立しました。

市場心理は再び下向きに傾きます。

いよいよセリングクライマックスのフェーズです。

TAKEサロン2期募集!!

・会費980円
・現在250名

画像
1期の実績・サロン内投稿

11月の投資成績は月利157%達成です!
これ以上ないコスパだと自負しています。

参加希望者は以下のリンクからお進みください。

「期限」今週末

是非拡散よろしくお願いします

BTC
BTC

60〜70万円で長く停滞したBTCの需給価格としての適正値はやはりそのあたりにあるでしょう。

そのバランスが大きく崩れるトリガーとなったのが、ディセトラの下抜けです。

今のチャートは均衡が崩された不安定な位置にあります。

その位置で急に価格が膠着するでしょうか。

ボラはすぐ戻ります
BTC
BTC

セリクラが起こる場合、その初動には必ず大多数が明確な売り場と判断できるだけのチャートが現れます。

そのチャートメイクを行い、暴落を誘発するのがマーケットメイカーの役割です。

メイカーの出したサインに乗るのが我々個人投資家の仕事です。

兆候を見極めれば必ず大きな波に乗れます。
XRP
XRP

8月のダブルボトムネックラインかつ、心理的節目のラインである40円のサポートを受けて下げ止まっています。

しかし短期的には三尊の形を形成しており、下落優勢です。

現物買い戻しはまだ先、ショートの期待値の方が高い状況は変わりません。
BTC
BTC

強力な4000$ラインを下方ブレイクしました。

保ち合いの形も50万円を突破できなかったことにより、下目線優勢に傾きつつあります。

次のサポートライン40万円までの下落が想定されます。

50万円からのショートは既に12%の含み益です。
XRPBTC
XRP

XRPが上昇に向けての強いコンセンサスを得るための条件は、

60円ラインまでの回帰

もしくはBTC連動によるセリクラ

この二つです。

42円の直近底を割った以上、30円を守りきり三尊を形成するか、セリクラにより一切の売り圧力を排除するしかないと思います。
BTC
BTC

短期的に反発があっても、今の程度では調整の域を出ません。

さらに保ち合いの形も徐々に下落優勢となっています。

トレンドは圧倒的に下。

まだまだショートで大丈夫です。

私は70万を割ったときからショートしています。
BTC
BTC

2014年チャートとの比較

下落期間、下落率、どちらをとっても以前の大調整の底値圏にいることが分かります。

当時は2度のセリクラによってダブルボトムを作りましたが、

通常ケースである1度のセリクラでトレンド転換する場合、年末〜来年にかけての上昇トレンドが見込めます。
BTC
BTC

週足200日EMA
ドル建て3000$

今のBTCの価格を心理的に支えているのは、この二本柱です。

今の値動きは単なるディセトラ下抜けによる下落です。

私の考えるセリクラはまだ来ていません。

ところでこの位置からセリクラが発生した場合、おそらく3000$では下げ止まらないでしょう。
XRPBTC
XRP

今のレンジは40円防衛と突破の攻防による保ち合いです。

保ち合いの形としては三尊を形成しており下目線優勢。

BTC暴落につられてチャートを崩されたXRPですが、未だ底割れはしていません。

私はある場所で現物買いを考えています。
BTC
BTC

ペナント下抜けしました。

時間足で大きく意識された逆三尊は否定され、より短期的に作られた三尊の成立です。

ドル建て4000$をすぐに戻さない場合、明確に下にトレンドが向くため40万円ラインまでの下落が想定されます。
BTC
BTC

週足200EMA

週足レベルのトレンドを守れるかどうかの攻防地点。

週足EMA、3000$地点をヒゲでなく実体で大きく下抜けた場合、次のサポートは

2013年の高値です。

セリクラはまだ来ていません。
BTC
BTC

保ち合い下抜けで続落しました。

3000$手前を目指す目線に変わりはありません。

トレンド転換のパターンは2種類あります。

一つは鍋底

もう一つはバイクラ&セリクラです。

15日に底を割った時点で、この後者の選択肢しかありません。
BTC
BTC

弱い保ち合い形状です。

この保ち合いを下抜けし、4000$割れすると思います。
BTC
BTC

「他金融商品との比較」

過去のバブルの定義にBTCが該当するかの問題。
BTC
BTC

「上位100ウォレットの割合-価格」

暴落直前まで減少傾向だった大口ポジションの割合が、
このセリクラによって回復しています。

ちゃんと大口は拾い集めています。

これもセリクラによるリバウンド発生の根拠の一つです。
XRPBTC
XRP

BTC始め全体が底割れ暴落している中、本当によく耐えています。

ここまでの崩れならば、まだ上目線を維持できる範疇です。

BTCセリクラケースでもなんとか底を守りきることが出来れば、中期長期的に希望を繋ぐことができます。
BTC
BTC

リバウンドがあってもテクニカル的に圧倒的に下優勢のチャートです。

下げ止まりと判断するには5000$のサポート化が必要ですが

それでもなお中期以上では下優勢のチャートが続きます。

この下げ相場が終わる条件はオーバーシュートして売り手がいなくなることです。
RPXXRP
XRP

XRPの得意芸は急登です。

なぜXRPの価格の上昇率が群を抜いているかの説明はこれでつきます。

通常価格は節目で利確を繰り返しながら高値を切り上げていきますが、

急騰の場合、売りの恐怖感から節目での利確が行われず、ロスカットを巻き込み下落を許しません。

1000円は夢物語ではない。
BTC
BTC

騙し下げが発生することにより、既存の現物ホルダーから新規へとホルダーの移動が行われます。

より平均取得単価が低い層にホルダーが移動することで、

潜在的な売り圧力の低下&上昇への身が軽くなります。

さらにこれが意図的に行われた場合、新規のホルダーは大口です。

今のBTCは、
XRPBTC
XRP

BTCとの相関が弱まっています。

テクニカル的に最も多くのサポートが存在し、上昇トレンドに近いXRPに仮想通貨市場の資金が流れる傾向が見られます。

全体の下落連動に対して落ち幅が小さいのがその証拠。

BTC

底割れ+セリクラは「ワイコフ理論」のspringに相当します。

年末高騰に向けての一つの根拠です。

CryptoYoda1338
BCH
BCH

300$がBCHにとって最重要攻防ラインです。

BCHABC、SVの価格に連動して価格が落ちる前提でのテクニカル的な観点です。
XRP
XRP

この総崩れの相場の中重要なサポートラインを守り切れているのは、主要銘柄ではXRPだけです。
XRP
XRP

btcの下落につられるものの、10月からの最重要サポートライン50円を下ひげをつけ、落とさない値動きが見られます。

一度50円を割って戻すということは、ホルダーが入れ替わったということです。

一般にホルダーの入れ替えにより、チャートは身が軽くなるため、上昇に対して肯定的なことです。
BTC
BTC

63〜34万のレジスタンスを明確に突破できず、短期的に三尊の形が作られています。

ただし落ちた場合、60万では2度底が確かめられたため、素直に割れて暴落とはならず、攻防が発生するでしょう。

そうなると更に大きな目線で逆三尊が見えてきます。
BTC
BTC

1000$幅のチャネルがBTCにはよく効きます。

最高値は20000$

10000$は5月の高値

6000$は今年1年のサポート攻防ライン

5000$は去年9月の高値を止め、10月のサポートとなったライン

4000$は9月の三尊のネックライン

3000$は6、7月の高値で9月の暴落の終点
BTC
BTC

60万円ラインに再度タッチした後強いチャートパターンを描いています。

短期的には反発が見込める状況です。

現在BTCの命運を握っているのは70万ライン。

ここの攻防に勝利しない限り、下目線優勢です。

逆に70万を突破した場合ブルトレンド復活の兆しになります。
BTC
BTC

セリクラの下落余地は最大30万円です。
BTC
BTC

昨日の69万円の下方ブレイクがトリガーとなり、ハイボラティリティな相場が形成されました。

大底が割れたため、セリングクライマックスが起こることが、年末上昇相場の一つの条件となります。

反発の弱さから60万割れの必要がありますか、短期的な保ち合いはもう一段の下落があり得る形です。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
ADA強いですね。

全体の時価総額はほとんどこの数日変わらないのに
ジリジリとADA上げてきてます!
XRP

●4時間足(左)

36円付近になると上値が重い〜

●日足(右)

6日間、上ヒゲで
調整が終わったかまだ怪しい〜

フィボでいう0.786付近です

ここはいっつも判断が難しいよー
とういうことで、BTC急変注意シグナルです。
発動時間は今から明日6時くらいまでの間、延長ありそう。
基準価格より下なら下ですが、ダマシ的な動きがあることもあります。
今回からMex、Finex、Flyer、Binace価格の4本立てです。
ちなみに今の所下方向。
おっ!NANJCOINに動きが。

重要箇所

日本国内で様々な広告宣伝活動を行う上でも、仮想通貨交換業者との連携が現状必須です。以上のことから、日本国内での取り扱いは我々にとって最優先の課題であり、関係各所と連携しながら継続して取り組みます。
今年の目標
valu完売
海南省マンション
チャイナインフル
グループ皆億り人
フォロワ爆益
ー20kg
おばちゃん孝行
人材育成
早寝
その他etc えへ 内緒
Tether treasuryからKrakenとBitfinexにそれぞれ400万と200万USDT送金。
VentureBeat @VentureBeat にロンドン旗艦店リニューアルオープンの様子をご紹介いただきました!
#SIRINLABS $SRN #ブロックチェーンスマホ #Blockchain #ロンドン #UK
あかしんがXRPツイートする時はXRPの良さを伝えたいんじゃなくて、ただ単に仕事のストレスが溜まってるだけ。

あかしんがやらしいツイートをする時は心が疲れてる時

あかしんがツイートしてないときは、ツイートが出来ない環境下にいる時
今回も素敵なカラーにして頂きました

暖色系メインの #ユニコーンカラー
上は落ち着いたカラーにしてみた

これから一瞬だけ浅草橋に寄って、夜中急遽決まった予定と、1ヶ月前から決まってた飲み会へ〜

#imagine – 場所: JR 吉祥寺駅
おすすめサイト