horyの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

hory の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
17:48 2019年09月16日
ALIS
「簡単な資金調達」なイメージでやると100%後悔しそうです笑 やるならMKR並の仕組みがほしいのですが、なかなか国内では想像できないです。先駆者のALISも今苦しみつつ試行錯誤してる途中ですし、この市況で調達するプロジェクトは緻密な計算が求められそうですね。見る側としては楽しみですw
ALIS
なるほど!そして徐々に本格始動に移行していく感じですよね。将来的にもALISの成長とトークン価値が少しでも関連して安定してほしいなと思ってます。
BNB
うう僕BNB持ってないんですよ泣泣泣
BTCUSDT
WBTCには批判的なのにLiquid上でTether使っていいね、ってなってる人はどういう理屈を持っているんだろう?まさかblockstreamが使えば全部OK,というわけでもないはずだし。
BTC
Bitcoinへの思い入れは強いのだとは思いますが、ちょっと「なんでだろう」と純粋に疑問に思ってしまいました笑
BTC
Scaling Bitcoinについてちょちょっと見てみた。よく言われる、Bitcoinは70~80%は完成してるでしょ、というイメージは間違ってはいないと思うけど、将来は皆の知ってるBitcoinじゃないBitcoinに進化しそう
BTC
WBTCはEthereumをBitcoinのL2のように機能させます。LiquidもBitcoinのL2です。つまりこの場合の比較はEthereumとLiquidがL2で対応しています。なおかついずれも本物(BTC/USD)をデポジットしてL2で流通させる点も似ています。つまりどちらもBTCの拡張だと捉えることができると思います。
BTC
rippleウェイバンザイBTC役に立たないウェイ勢に必要なのは論理的思考レッスンですね。反対にbitcoinが唯一無二それ以外には全てマウンティングウェイ勢には他者を認める勇気が求められている。
BTC
セキュリティ弱でなくある程度トラスト発生するということです。WBTCが壊れてもBTCは壊れず、逆は共倒れであることを考えると、WBTCはbase layer がBitcoin です。WBTCはトラストとスマコン利便性をトレードオフにしたBTCの拡張で、その上で市場が決めることですが僅かに安くなることもありますね。
EOSBTC
論争は過ぎ去り笑、全てのチェーンは他チェーンを好きに使える状況にあり、実際活用が続くと思います。BitcoinはWBTCでEthereum をL2のように利用でき、Ethereum もEOS等を同じように活用することあるし逆だって可能かもしれない。チェーン同士がここまで溶け込んだことをただ喜んでることにします
EOSXRP
定義が程度問題とはいえ、「Liquidは分散してる」とは言わなくていいですよね。 L1L2の役割含め、利便性とのトレードオフのもとに必要とされてるわけだし、ここで「分散している」主張したって「リップルは分散している」「EOSは分散している」と同じ次元の議論だし、逆にbitcoinらしくないですね笑
ETHBTC
L2なんだから「分散してる」とか無理に言わず構えてりゃいいんですよね。イーサリアムを追ってきた人ならWBTCなどサイドチェーンや他チェーンとイーサリアムの関係/役割分担を考えさせられてきたので、Liquidをどう捉えればよいか分かりやすいのかなと思います。
ETH
最近見てる中では自分でも使いたいアプリ。ETHやDAI等クリプトの定期支払できるし、「"給料日"の概念は古い!」ということでオススメされてるのは給料の分払い。サブスクリプションもサービス享受中の分や秒ごと決済が本来は合理的だよなと。
USDTBTC
あまり考えにくいですが、WBTCコントラクトがハックされて盗まれてもBTCは無傷です。ただ盗まれたWBTC にどう対応するか、は状況によりコミュニティが判断しますが、もとの所有者に戻ることはあまり期待できないかなぁと思います。その点はUSDTとLiquidも全て同じですね。
USDTBTC
この場合セキュリティ比較するならEthereum とLiquid Network (決してBitcoin ではない)です。TetherはBitcoin じゃなくてLiquid に乗ってるんですよ?どうやらそこの混同があるのかもです。
XRP
なに、今度はリップル周りも論争が発生してるのか?笑 リップラーの人たちは正直価格だけに関心ある人も多いから、他にフォーカスしてる人と話しても噛み合わなさそうだ。 銀行間送金を便利にしたいなら頑張れ、でもXRPは問題あるよね、は共通してそう
ZECETHBTC
Renの testnet (kovan)で BTC, ZEC → DAI の交換ができる! BTC, ZEC <-> ETH/ERC20 の trustless network で、RenVMでDeFiにクロスチェーンの流動性をもたらしてくれる。 WBTC <-> BTC を楽に交換してくれるのも Ren が最初になるはず。mainnet は今年中の予定

Bancorはパーミッションレスにトークン供与できる、Uniswapっぽいことにチャレンジ。 おそらくDAIを供与したらDAIBNTを受け取り、プールの取引ごとにDAIBNTが買われる(価格を上げる)仕組み。 BNTを挟むので直接利益分配するわけではない

DAIは扱えないのかな。 ステーブルコインはたくさんあるけど、DAIはEtherのステーブルコイン化であって、USDに頼らずメカニズムで価値を担保してる点で圧倒的存在

止められない fiat <->crypto ゲートウェイを可能にする、DAIHardのゲーム理論

移り変わる労働の価値観についていけてない部分ありますからね。クリプトで直接決済できるようになれば人々は受け入れるかもしれませんね。DAIの分払いは僕は全然OKです!笑

Metamask mobileの評判がいい。日常使いのモバイルウォレットは初めての人でも使いやすいものが多くなってきた。

あと、大金をぶちこむハードウェアウォレットは、スマホを使える Mew connect がやりやすいです
XRP
仮想通貨芸人さんも大変。商材屋がXRP煽ったりトレードサロンやったり、競合他社悪評書込経費処理王子もいるし、そういう人たちの派手なパーティに誘われてたらとても危ないです。クリプト業界の人たちも、そっち系と絡んだ人は信頼取り戻すの大変ですから。
ETHBTC
実際に現状、日本に上がってる通貨で個人で広く有益に使えるのは BTC と ETH だけ。BTCはSoVに圧倒的、ライトニングで可能性広がる。ETHはパブリックチェーン上で資産運用やゲームできる。他の通貨は数年後は知らないけど、今はまだ一般の人には使い道ないからな…。
XEMXRPETHBTC
XRPとNEMの開発状況は詳しくないけど、ただCCユーザーは資産形成として買ってるのだろうし、その場合はBTCが自然で、次は調べる余裕あればETHに目を向けるかな、くらいが普通かなと。ぶっ飛ばしてXRPとNEMが大人気なのは何か理由ありますよね(今さら)。
XEMXRPETHBTC
リップルとネム強すぎなのは国内で CoinCheck だけなのだろうか?
数年後に CoinCheckユーザー の取引で BTC と ETH で8割を占めた頃、クリプト普及のサインになりそう
BTC
Kyber Networkのリザーブアドレスです

WBTCを最も安定的/大量に供給しているのはKyberなので、多めの量買いたい人はKyberSwapが無難かなと思います。

WBTCのみで2億円弱くらいの供給があります。
ETH
Devconチケット5ETHか。冷静に考えたら高いな笑

トークンエコノミーはブロックチェーン用語としては日本でしか使われてないけど、本来たとえばMakerのCDPの仕組みなどの方が、トークンエコノミーの言葉にしっくりくるかなぁ
ETHBTC
少し難易度高い "トークンエコノミー"…
・インセンティブをトークンで与える(トークン価値確保が難しい&ユーザーはETH/BTC/DAIが欲しい問題)

可能性ありそう?な "トークンエコノミー"
・スマコンで執行完結する権利を流通させる(最近のDeFiプロダクト。別にトークンエコノミーとは呼ばれてないが)
BTC
EthereumはBitcoinを目の前にして「自由度の高いbitcoinがあればどうなるだろう?」という挑戦欲からスタートしてるし、牽引してるプロジェクトも共感してる。本当はBitcoinでやりたかったくらいだし、どんなチェーンでもスマコンが動けばいいわけではないんですよね。
ETH
dappradar, インターナル tx を無視してるっぽい。例えば Kyber だと、メインcontractに入るETHの量だけカウントしてるので、ETH→トークンの交換は問題なくともトークン→ETHの交換や、トークン→トークンの交換は計測できてないはず。他のdappも同じだと思うので改善期待。

選挙
暗号通貨好きっ子から見る藤巻議員の長所
・仮想通貨税制の公約が合理的
・素晴らしい経歴&能力
・人柄誠実

短所
・暗号通貨に関してはまだ勉強不足
・MLM&ポンジに利用されイメージ悪化リスク(認識甘い)

など比較考量しよう。利用されるリスク高いので税制の脊髄反射で投票しないように

親も税金払ってるのに、子供が先生に叩かれても家庭の要望では先生変えてもらえず登校を強いられるの、辛い制度ですね。

公立学校は学校自体に加え、働く教師自体も「教員免許」権益に守られ競争原理働かず、能力と熱意ある人間はそもそも職として選びにくい場所。その教師も選べないし、イジメも隠蔽だし学ぶ場所として最悪です。年金を信じない人は、一貫して教育も国を信じない方がいいですよ
ETH
KyberSwapのリミットオーダー機能ですが、表示レートが見慣れたものと反対なんですよね。ETH/KNC と KNC/ETH。2枚目のように上下矢印押してbuy/sellを逆にすれば見慣れたレート表示になりますが、一部のユーザーには面倒かも?

"流出額は概算で約 35 億円(うち、お客様からの預かり分約 25 億円、BPJ 保有分約 10 億円)"
Bitpointの規模だと痛いですね。CoinDeskによると彼らは去年度で39億円の営業利益の規模。
BTCUSDT
BTC…裏付け資産がない(短所)
USDT, Libra…裏付け資産がある(長所)

ではなく、

BTC…裏付け資産が必要ない(長所)
USDT, Libra…裏付け資産が必要(短所)

です。大規模パーミッションレスネットワークには価値がある
ETH
Vitalik氏が前に問題意識を持っていたプライバシーに関する懸念から誕生。
ETHもアドレスを追えてしまうので厳密に考えるとFungibility(代替性)は現金より弱い。通貨として弱みになる可能性も無きにしも非ず。現金と同レベルのプライバシー機能があれば理想
ETH
Ethereumトランザクションを洗浄するためのミキサー、

『黒Swap(hei-swap)』

テストネットRopsten。

怪しいETHを持ってるなら発展に期待しよう。
ETHBTC
BTCやETHみたいな価値は保てなくとも、「投機マネーを呼び込める」、つまりマーケティングに成功してるアルトコインはなかなか死なずどこかで生き返りますよね。いいか悪いかは別

投入したETHは無に帰したと思ってるので、コモンはまぁ売りたいなら売ったらええんちゃうか、くらいにしか考えてなかった、、。

それより普通に99戦の方が面白いやん、むしろ33よりこっちメインがいい笑
#マイクリ

ポチプーさんに勝ったこーへいさんに勝ったぞ!ベトベン買った後のハイライト
My awesome battle! #MCH #マイクリ

Cloudflareで結構たくさんのクリプトプロジェクトがアクセスできてない。KyberSwapも無理でした。Openseaとか。

MCD(Multi Collateral Dai)の開始と同時に、DSR(Dai Saving Rate)の学習が必須ですね。要するにDAIをロックすればDAIで利息つくって話ですが、他のレンディングより好条件である可能性はいくらなんでも低い。リスク勘案して、ユーザーとしてどう振る舞うのが正解でしょうか。
ALIS
掲示板的なことやるなら、金銭的報酬よりコミュニティが必要で、activeに無価値コインを集めた人に年一回表彰に本社呼ぶとかランキング乗せるとか、それで十分掲示板は活発化しそう。ブログ型はSteemitやALISが取り組んでるので割愛。ALISはバーンを加えたみたいですが、こういう挑戦楽しみ
ALIS
Wizballのような掲示板型はそもそも報酬がなかった行為に、報酬がつく。ALISやSteemitのブログ型はそもそも報酬を得ていた行為(adsense)に、別アプローチの報酬がつく。この違いは大きくて、双方難しい課題であれWizball型はユーザーモチベーション管理が加わってさらに難度が高い。

自社チェーンで発行したトークンを参加者に与える形で、長期的に善意を集めるのはやはり難しいんですね。最初トークン価値はないので発行体が価値付に奔走する必要あり、それ上手くいっても金銭的誘引がむしろ意欲減退させるし、最初から無価値な知恵袋コインの方が長く善意が集まるのかな
ETH
ETHの価格に特化したサイト。とても好きです笑

北京でカンファレンス行われてますが、Devcon4の発表からのEthereumの改革は長い道のりですね。まだフェーズ0も終わってない。

クリプト民はSerenity (PoSやVM改良など)に対する価格の影響なんかも仮説をいろいろ学んで考えておきましょう。(bullish)
ETH
Ethereumの人たちは、同じEthereum内でもトークン規格の対応や、トークンが違うことでプラットフォームを使えない不便さを体験してきたからか、他を取り込もうとする意見をよく見ます。巨大チェーンごとに分断された縦割り構造では終わらないでしょう(パブリックのETHに繋がったらええんや)。

Facebookやカカオのように、大企業が巨大コンソーシアムを作ってその上にアプリケーション開発者を呼び込む流れは続きますが、それらのトークンを「それらの価値をシームレスに繋いで、うちのチェーンに持ち込んで流通させよう」と議論できるのはしばらくはEthereumだけかな

bitmexやめられる日は来るのか

"decentralized"にハッキリした線ないしあっても評価軸によるが、無理にラインを引くとするとBinanceDEXとRaderの間にあるかな。取消や検閲耐性の有無がここのラインにあるからで、BinanceDEXの場合settlement後の巻き戻しや特定txの無視もできるはずだし、何かあればやると思う(それが求められてるし)
ETHBTCCET
WBTCのトラストが気に入らない人以外は、変なトークン買わないでBTCETH5050トークンがおすすめです。
ちなみにETHとDAIのETHLOVOLトークンはDDEXでも一応売買できるっちゃできます。

しかし、コード検証されてない(オープンソースでない)のでぶっちゃけexit scamの可能性はある笑
DAIのallowanceも与えるので、正直まだオススメしません!笑

Ethereum上のトレンドを理解するため学ぶべき、最低限の必須プロジェクトを3つ選ぶとすれば、、、

1. Uniswap
2. MakerDAO
3. Set Protocol

1と2は誰の目からも不動だと思います(少なくとも今の所)。3はスマコンの金融でのユースケースとして一番いいと個人的に感じる贔屓目。

牛のみんなお疲れ様でした、頑張ったけど今回は邪馬台国のやつ強すぎましたね
#マイクリ

今まではブロックチェーン業界が規制含めて上手くいきそうな雰囲気だったので、同時に「これはdecentralizedではない」批判も「原理主義者うぜぇ」な雰囲気あり、正直過小評価されてましたよね。ただようやく政府間でガイドライン出そうとする今、これからこういう批判の価値はどんどん高まってきます
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト