Sukuwaさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Sukuwaさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
09:14 2018年11月14日

夏休みSE電話相談というタグが流行っている傍ら、SFD Botで日次数百万稼いでいるSEがいて、同じくらいのスキルを持っていても稼ぎ方の上手い下手で雲泥の差だなと思った。

実績の長さから、Tradeview Forexを使うことに決めた。Titan FXやAxioryはサブとしては悪くはないけど、大金を運用するとなるとこちらの方がいい。来週から運用開始だ。

来週完了させることは、新しいFX会社に口座開設と、AxioryとTitan FXに追加口座開設。リベートをもらえるようにする。そこでトレーディングシグナルを動かす。

なんだかんだ言ってもTaliTaliの言うことはそこそこ信用できるかな。TradeviewForexにでも新規開設しようか。ここをメイン口座にするってのもありか。

海外FX会社、まともなところどこだろう。IBで一儲けしようというブログが多すぎて参考にならない。少なくともLAND-FXをきちんとDisってるところじゃないと信用できない

出金完了した。これで口座間送金もできるようになる。

Impact Trader : 非常にレベルが高いスインガー。取引頻度が多いシグナルを購読しまくっている人にとって、平均3日ホールドするこのトレーダーはいいポートフォリオになる。

USDの500倍口座をTitan FXに追加で申し込んだところ、理由を聞かれた。流石に作りすぎたか。追加口座が難しければFBSとか新規開設しようかなあ。

ドル円やスプレッド耐性がないEAは国内FX使った方がいいかな。

仮想通貨の喧騒から距離を取るべきか。自分が稼げない舞台であれこれやっても仕方ない。自分が稼げる場所で活動した方がいい。人がいないところがブルーオーシャンだし。

稼ぐという観点だけで見ると、割といい時代に生まれたと思う。あと5年早く生まれていれば、輸出も仮想通貨もEAも十分整備されてなくて人生詰んでた。ネットのおかげで稼いで生きてる。

今後も一応情報は拾っていくけど、仮想通貨で私が今後稼いでいける可能性は低いので、主戦場はFXに戻りました。国内FX会社なら分離課税になるから法人化で節税する必要もない。個人事業主を継続する予定。あと200万円くらい稼げたら安定的に増やせる算段なので、どうすれば200万円稼げるかを考える。

今週はスキャ系を外したのが功を奏して、EAは全体的に好調だった。僅かな配信レートのズレ、スプレッド、スリッページで結果が異なってくるスキャ系は、バックテストがあまり信用できない。スイングとデイトレを主体にするのが長期的に信用できると思う。

今後の戦略としては、EAとトレードシグナルで地道に運用しつつ、輸出でも再開して運用資金増やすことかなあ。輸出は結構稼げるけど、かなり忙しくなるし運用と両立できるかわからない。別の稼ぎ方を探す手もある。どのみち、FXは運用スタイルを確立してほぼ放置でいけるようにしないといけない。

仮想通貨に打ち込んでいる時間、輸出やってれば多分同じくらいは稼げた。サラリーマンが副業片手間でやってそれなら結構すごいけど、割と時間をかけてやった結果としては良くはない。でもそのおかげでEA運用にフィードバックできてるし、稼ぐ手段は増えた。先行投資としてはまあまあだったと思う。

結局私は仮想通貨で稼いだのかというと、税金や諸経費を引いて考えると、まず2014年に-30万円。2017年に復帰してから現在までで+180万円。なので150万円くらい稼いだことになる。ショボい。

勝率が高ければリスクリワード・レシオは低下する。これは大原則のはずなんだけど、シグナルトレードではちらほら、高勝率な上に損小利大のものが存在する。多少のナンピンというかTWAP注文っぽいものはあってもマーチンはない。どんなマジックだかよくわからない。

英語読めないと、大抵のビジネス死ぬなあと思う。海外の最新情報を仕入れられないのは致命的。読めて利用してやっと同じ土俵に立てるか立てないかのところにたどり着ける。

肝心の、どういうテクニカルを使って稼いでいるかは取引履歴を見ればなんとなくわかることもあるけど、やっぱ少額で1ヶ月購読するのが一番いいと思う。

あとはドローダウン理由やトレード手法についてある程度具体的に説明しているのも大事。「この人のブログは続きそうだな」と思うのと基本的に同じポイントではないかと思う。
BTC
3000ドルが年末に0になっている確率と、10000ドルになっている確率とを考えると、シグナルトレードは市販のBTC用Botを買って運用するより遥かに割がいいはず。同じギャンブルなら期待値が高いギャンブルをしたい。

シグナルは必ずラグがあるから、発信者が一番いい位置でポジションを取れる。それを緩和するためには高速スキャ戦略を選ばない、メジャー通貨ペアに絞る、VPSを利用する、できれば発信者と同じFX会社の、同じタイプの口座を開くなどが挙げられる。

Axioryは0カットなんだし、超ハイリスク・ハイリターンなシグナルを1つだけ入れる。予算は600ドル。年末に6000ドルになるか精算されてるかの二択。あとは月利20%くらいの、ちょっと危めなやつに1000ドルずつくらい。

今週は今の所ほぼプラマイゼロの成績。シグナルトレードのためにドル口座を4つ作っておきたい。

オンリーワンって、ある程度トレンドが持続していたらその時点からエントリーするタイプっぽい。それで、その直後に反転するようなレンジ相場だとひたすらマイナスをくらい続ける。

とりあえずシグナルトレードの動作確認は水曜終わるあたりまで待つか。今契約しているのは週数回頻度のやつだし、2日間トレードなくても特におかしくない。今週動作確認終えて、来週月曜までに残り3つ契約して開始できれば十分か。

シグナルトレード最大の欠点はバックテストがないこと。3年~数ヶ月程度の運用成績しかないものから選ばないといけない。だからこそなるべく信頼できるトレードを探す。リスクリワードレシオはどうか、マーチンやってないか、獲得Pipsはいくらかなど。

今日はシグナルトレード動きなかったな。一度でもきちんとトレードしてくれれば、残りの3つも順次契約する予定。

MQL5のシグナルトレードを4つ選んだ。1つは契約稼働済み。有名すぎるのではなく、中堅どころで手堅いパフォーマンスと説明の丁寧さがあるのを3つ、明日をも知れないカイジ仕様1つ。

自前でEAを用意して運用するのは手料理、コピートレードはサプリメントによる栄養補助のような位置付けだと思う。日頃の料理では補いきれない栄養補給になる。

ナンピン・マーチンなしで勝率が50%前後で、かつリスクリワードレシオが高い手法はかなり安心できる。逆に利確10Pips、損切り100Pipsみたいなスキャルピングはなるべく使いたくない。

来週頭からきれいに開始とはいかないか。mybitwalletからの出金とか、国内FX会社からの出金とか、無駄に時間を増やしてしまった。水曜頃からかな。

国内FXはもっと稼いで、明らかに分離課税にした方が有利ってなったときに初めて導入しようと思う。

いや、8口座8EAの方がいいか。何かの暴落が起きて0カットになったときのために。来週はそれを頼むか。

色々検討したけど、今のところは口座縛りのEA以外、AxioryとTitan FXで動かすことにした。4口座8EAで来週はスタート。

InstaFX
Undine EURUSD M5
オンリーワン(スタンダート)
上がり3ハロン
Beatrice DELTA2
ギガガルーラEURUSD
Flashes for USDJPY
ギガガルーラUSDJPY

土日はFXとbF用の環境作り直すか。

口座開設して、スキャドラとRISE1はおそらく8月頃に手に入る模様。

早くこいこい外為ファイネスト及びFXTF。ていうかゴゴジャンからいつEAもらえるんだ……?

25倍レバ上限も損失補填の禁止も国内のとてつもない悪法によるものだから、国内FX会社が悪いわけではないけど。

分離課税を取るか、0カットを取るか。国内でFXをする以上、この圧倒的に不利な2択を迫られる。OANDAだろうと外為ファイネストだろうと、分離課税じゃなければ絶対使わないもんな。

各EAのリスクリワードレシオも調べる必要があるな。

今回の暴騰でまた各mmbotで阿鼻叫喚が起こってる。暴騰暴落で悲鳴がなくなったときが、mmbotが完成したサインになる。まだまだ運用せず様子見。2~3ヶ月後には対策されたbotになってるかもしれないし。

昨日は昼から稼働停止していたからInstaFXのDDは避けられた。テクニカルが効かなくなるときは、ノーポジ中のEAは止めるってのは大事だね。EAにファンダ分析機能はないわけだから。
BTC
ていうか気のせいか、ドル高とBTC高連動してないですかね。

上値抜けてるし、下落トレンドからレンジになったのかな。まあどう予想したところで、今の口座端数以外の資金で裁量はしないけど。
BTC
結構BTC上がったのか。逆三尊だしアルトショート損切りした。

パウエルも終わったし、次は26日のECBを忘れないようにしよう。EAは明日稼働する。

katamike氏→猫
ねこ博士
FOREX NEXT氏→猫カフェ経営

EA開発者謎の猫率。

Angel Heart、PREMIUM RICH、一本勝ち、俺の一目、白熊Z、Flashes for EURUSD、Flashes -rebuild-、Estoc GBPUSD、FOREX RANGE。このあたりが気になる。
BTC
相場自体が好きな人とか、稼いだお金で何かを成したい人はいつもモチベーション維持できていると思う。相場の才能があるのとモチベーションの維持はまた別なんだなあと。BTCこわいさんは基本相場に熱心な方だと思ってたけど。
BTC
BTC用BotはFXより遥かに弱肉強食で、ほんの僅かな非公開Botが稼いでいて、後は全て全自動証拠金献上機になっているんじゃないかと思う。
BTC
5万円も出せば一本勝ちや白熊Zなど稼げるEAが手に入るのに、なぜBTC用Botは5万円出しても右肩上がりになるものが全くと言っていいほどないのか。それは常々思います。

FXTFは開設申し込みはしたものの、スイスフランショック対応を見る限り信用できないので、大金を運用することはないと思う。外為ファイネストはどうなんだろう。特に悪いことは書かれてないから、まあそこそこの対応だったのかな?
BTC
BTC Bot運用は検証用資金と口座端数以外全て現金化した。稼げるBotが出てくるまで資金投入は一切しない。これからしばらくの間、EAだけでどこまでできるかやってみる。
BTC
その気になれば400万円近く投機はできるけど、それをやると「ぬ」と「ね」の区別がつかない顔になる可能性があるので流石にやめておく。余裕資金だけで投資するとなると200万円が限度。BTC Bot運用で相当資金と時間を使ったのが痛かった。
BTC
物販業を3年半やっていて、国内物販は常に赤字だった。ここまで生きてこられたのは、米国の購買力のおかげ。輸出ならまだギリギリエッジが残ってる。BTC用BotもEAも上手くいかなかったときの最終手段として、輸出物販の販路はまだ残してる。

外為ファイネスト、FXTF、OANDAに口座開設申込み完了。

スキャルピングドラゴンを無事にもらえたら、次はFXTF開設だなあ。口座縛りはあるけど、逆に言えばその証券会社ならフォワードとそうズレることはないんだろうし、メジャー通貨なら問題ないか。

myfxbookを使って運用成績のデータを取るのが今日の目標。
BTC
今BTCのために残しているのは、bFとMEXにMM戦略検証用の少しの資金、あと、端数が残っている口座は精算されてもいいからアルトショート。
現状のBTC Bot運用で、まだ勝てるビジョンが浮かばない。MAGI、とらっぴぃに期待してる。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
·

おはよう!
今日の夜はテーマ[仮想通貨]の番組配信をします!初心の方でもわかるようにお話できるように頑張ります!

ぜひ、気軽に遊びに来てください!
今の日本の企業や仕事の問題とからめてブロックチェーンの凄さが学べたら嬉しいなぁ!

お待ちしております!
取扱い取引所数が一気に10プラス。
保有者はなんと2万人増で全体で140万人超えました。
リップル争奪戦開始。

あなたのリップル保有数は世界で何番目に入りますか?

Moon
紐解くニュース、
【タイのサイアム商業銀行はすでにデジタル資産(=XRP)を保有している】

その他↓
■xCurrent4.0ではXRP(xRapid)をシームレスに使用できる
■XRP、9/21よりも11/12の方が出来高がある
1/2
タバコを卒煙してからはや1ヵ月以上が経過しました。
正直、こんなに毎日XEMを買えるとは思いませんでした。

「タバコはやめてXEMを買え。」

現場からは以上です。
ノアコインの下落に対して悲観している人は非常に多くいると思いますが残念な人たちなんだと思っています。普及しているにも関わらず、こんなにも安価で手に入るのですよ?悲観するより喜ぶべきです。
10万円が100万NOAH以上に!
何度も言いますがノアプロジェクトは詐欺ではありません。
#ノアコイン
明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由、XRP(リップル)など主要アルトの上昇要因も


11月第3週は、仮想通貨市場にとって極めて重要な週となる。ハードフォークやバイナンスの大規模メンテ等によるBTCの乱高下要因と、XRP、BCH、XEMの上昇理由に関して解説。
#XRP
おはリップル

もし10年後に2000兆円ならどの様な推移をするのだろうか?

仮想通貨の実需で懸念されているのは価格の変動(ボラ)の大きさである。
これが早く改善される必要があり、それは市場の時価総額が増えるが答えである。

私は3年以内に1000兆円規模に向かうと見ている。

SKR
仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


明日(日本時間15日午前5時45分 *米サマータイム終了)は、CBOEのBTC先物11月SQ。日本時間16日午前1時40分頃には、BCHのハードフォークが控えており、仮想通貨市場の乱高下に要注意。
XEMが再び上昇に転じ、13.6円まで価格が復調。
コインチェックの購入再開を受け、昨日時点では前日比50%高近くまで高騰していた。

関連記事
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か
おすすめサイト