meeekoさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

meeekoさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
09:41 2018年11月14日

コインの上場基準は? -NEXプラットフォームに多くのコミュニティを呼び込める&法的な制約に関する審査をクリアするコイン。最初は少しのコインから始め、毎月増やしていきたい。
ホルダーのインセンティブは? -手数料の割引はしないのでステーク報酬+NEX自体の値上がり益のみ。

$QKC
当初想定してたラインを下回ったときは焦ったけど、Wボトムが承認されてしっかり反発してくれた。今あたっている抵抗線は10月に作った日足レベルの三尊天井のネックライン、普通に考えたら利確ラインだけど突破していったら面白いことになるなぁ。

$QKC
三尊ネックラインを抜けて3×1アングルにタッチ。10月24日の戻し目で2×1アングルにタッチしてからのアングル間の推移が9月前半とそっくり。9月はそこから2×1にしつこく喰らいついて、半月以上かけて上抜けた。今回はどうかな。まずは3×1の上に出られるか。
BTC
$NEX
「マッチングエンジンを通過するものは全て報酬の対象。BTC/USDのような法定通貨ペアも含む。」
あるスレで対法定通貨取引が報酬の対象外?!とざわついてたけど、運営から安心の一言が。当然OTCは対象外だけど、近い将来、OTCにも間接的にfeeをつける予定とのこと。
BTC
$BTC
対数軸週足はついに来るところまで来た感じ。4時間足では辛うじて実体をチャネル上に保っているけど、ここを守り抜こうとするような反発も見られない。対数軸が意識されているなら、今週、遅くとも来週中には方向性が決まる。外れて欲しいけど、下目線は変わらず。
BCHBTC
正直BCHで全く盛り上がれない自分は仮想通貨(投機)には向いていないんだろう。チャートにお絵描きして遊んでるけど回転もほとんどしたことない。BTC下がる、って言っときながらポートフォリオはアルト一色。なぁに、死にゃせんよ。
BTC
とりあえず成海凛子がTVでビットコイン!って叫びながら狂ったように踊ればBTCあがるんじゃね?
BTC
今回でいうとこのチャネル、或いは少し上の水色ゾーン、この辺りを明確に上抜けないと、ショートの清算は入らなさそう。ここ最近のBTCはトレンドラインブレイクが空気だったりするので、直近の支線で買い支えられる、さらに一つ上の抵抗線をブレイクする、こういう動きをじっと待つのみ。

$QKC
支線に髭を食い込ませながらの保ち合い。ここを守れないと3.1~2.5セント辺りまで。ただBTCなんかと違って節目節目で強い買いを呼びながらの堅調な調整で上方向に重たいチャートにも見えない。直近の時間足には方向感の迷いがよく表れている。今は日足レベルで方向が定まるのを待つとき。

$LBA
地味にきてるやつ。
この辺りが重たそう。多くの通過の挙動見てれば答えは出てるんだけどね。binanceくるまでは売りたくない。

$QKC
10月28日と29日に3×1アングル上で日足ピンバーを作るところまでは良かったけど、抵抗線&フィネテザー事変時高値からのトレンドラインとの攻防中、BTCの不穏な動きにやられる形で大陰線を作る羽目に。時間足ではディセトラを形成中。現状では上と下は五分五分のように思えるけど、BTCが。。
BTC
うわぁ、、二番底っぽいチャート描いてたアルトが軒並み崩されていく。。相変わらず空気読まないBTC。。これは目線変えないといけないやつかも
NEOETH
$NEX
「全ての部門で開発の主要部分は完了している」
>基本的なインターフェイス
>分散マッチングエンジン
>NEO、ETH、フィアット、NEXステークの統合インフラ
&マーケティングにも注力している模様
People and Technology Quarterly Report: Q3 2018 by Fabio C. Canesin

$QKC
ここまでシナリオ通りの調整。今は3×1アングルにタッチしたところ、ここでピンバーを作るくらいの反発がないと、このまま下抜けて黄色の線を辿ると思う。でも底を固めるならここでしっかり調整すべきなんだろうね。

$VET
底値からの反発は群を抜いて強かったベンさんだけどメインネットローンチ以降は買いが弱くなり日足では8月27日を最後に一度も大きな陽線が作られていない。10月中にトレンドラインをブレイクしてHHを決めないと調整が長引きそう。(マイポートフォリオの主役級なので頑張れ)

$ZIL
8月14日にbinance上場来の底値を付けて以後、上場初期の底値帯を「堅く」「静かに」守り抜いて、ようやく日足の雲が晴れるところまできた。もうあとは飛び立つだけ。次のアタックで8×1アングルを軽快に上抜けて欲しい。
※欲しいけど余力ないので買えねぇ

$QKC
上昇の仕方も綺麗だったけど、調整の仕方がさらに美しい。
今は15日のテザー事変のときの底値が蓋に。昨日のローソクが上値の重たさを醸し出してるので、もう少し時間をかけたサポートの確認か、エリオットでいうところのC波に相当するもう一下げの可能性はまだ見ているけど、どうかな。

なんかすごい材料でも出たのかと思ったらそういうことでもないのかな。やはり惚れたアルトはしっかり握りしめておかないとなぁ(死亡
BTC
$BTC 週足
フィネがお逝き?になられてるので取引所変えて線も少なめに。現在は3月の安値(&直近のサポート)で止まっているところ。なんとなく嫌なのが、今まで底値付近の陰線によく見られた長めの下髭が9月急落時と先週の陰線にない。そして9月以降のローソクの実体だけ見ると綺麗な放物。。

ICO価格でのMarketCap
初期:$13.25M→現在のマーケットでは287位
以降、
3か月後:$17.375M→238位
6か月後:$21.5M→196位
9か月後:$25.625M→176位
1年後:$30.0M→157位
中略~2年後:$37.5M→134位

特に根拠はないけども、MarketCap現在の水準で100位以内の場合
初期:$56M/$13.25M=ICO価格の4.2倍
3か月後:$56M/$17.375M=ICO価格の3.2倍

トークンロックが効いてる+プライベートセールノーボーナス=今の悲観相場でもリスクが少ない。+アルトが底堅さを見せる相場状況。
これは是非購入したい。
BTC
いや、自分だってBTC底ついたと思いたい。だって参入してずっと朝起きたらお金が減ってるターンよ。
でも自分の浅い経験で今のチャートみて、どうしても上目線にはなれない。素人がそう考えるのだから、逆説的にそのときは近いのかもしれない。下目線を少しでも薄められるような日足になりますように。

$QKC
日足:なんかドタバタしてるうちにトレンドラインと2×1アングルのサポートをタッチしつつ実体をHHに保つという形に。ローソク一本のサポートチェックに意味があるのか分からないけどこの水準で閉じることができるなら分厚い抵抗を制したと言えそう。今日付けた髭がのちにどう効いてくるのだろう。
BTC
$BTC
日足:トレンドライン(白線)を上髭でブレイクしたものの急落前の水準を超えられなかった。さらに実体は半値を下回り水色のアングルの下。72万8千円以上で閉めないと今の弱さを余計印象づける結果になりそう。ちなみに2枚目が今まで描いてたフィネのチャート。面白いところで止まってる(苦笑
BTC
$QKC
BTCの急落でアルトが引いていく中、アングル2×1が力強い買いを呼んでくれている。ただ、タイムリミットは来週上旬くらいまで。今の抵抗帯を抜けきれない場合、一度4.6セントあたりまでの調整があると見て、買い時を見計らっている人はもう少し我慢が吉かも。落ちてきたら全力買いでOK
BTC
アルトはここへきて一部買われてるものさえある。BTCは底が近いしフィアットへ逃がすまでもない、そしてアルトは既に大底をうった、そう判断してホールドもしくは短期で買い戻す人の割合が高いということかな。アルトのリバウンドは激しいので乗り損ねるとBTCの回転で得た利益くらいすぐ飛ぶしね。
BTC
$BTC 日足をみるとトライアングルで受け止められているけど直前の下髭ローソクや上値の重さはこれまでのウェッジ落ちと明らかに異なる。週足をみるとそれが顕著。そしてテザー絡みのFUD?チャートもファンダも準備が整った感じかな。希望を言えば、この流れでチャートもファンダも清算を終えてほしい。

$LBA
日足と時間足。今攻防中の抵抗線を上抜けたら無双モードに入る予感

皆が意識してるはずのペナントブレイクで出来高がついてこない。BTCは新しいフェーズに入ってるのかな。
個人的には「週足のトレンドラインタッチ目線」は変わらない、というか頭の片隅に常に置いてある状態なので、今のようなボラも出来高もない”時間稼ぎ”のヨコヨコは大歓迎。

$QKC
2×1線のサポ転が確認され無事発射された模様。本当に大変なのはここから。今のQKCの勢いが問われる、そんな抵抗線との攻防になりそう。
BNB
⑥しかし取引高が上昇するとどうなるか。binanceを例に計算すると、報酬年利20%となる価格は1NEX=$54.7、BNBのMarketCapから導き出した価格は1NEX=$18.34となり、前者、つまり報酬がトークン価格へ与える影響が大きくなる。

②次に挙げる既存の取引所と同等の取引高になったときに1,000NEXホルダーが2年間ステーク時に受け取る報酬月額(手数料は0.19%と仮定)→→IDEX:$1.82、KuCoin:$12.54、KraKen:$89.78、Huobi:$563.73、Binance:$912.0

③(以下は、記事の内容ではありません)
やはりDEXとCEXの差はまだ大きい。DEXシェアの半分ほどを占めるIDEXと同等になった場合でも報酬は月額$1.82/1000NEXで、1NEX=$1固定とした場合、年利にして2.2%ほど。しかし取引高がKuCoin並みになるとこれが年利15%に。Huibi並みになると年利676%に。

④当然、NEXの価格は1NEX=$1で固定ではないので、価格は期待される報酬額に比例しながら、つまり取引高に比例しながら上昇することが見込まれる。仮に年利20%を下回らないくらいの価格に落ち着くと仮定すると、取引高がKuCoin並みのときに1NEX=$0.75になる。年利10%維持を前提とした場合で1NEX=$1

⑤トークン価格を別の視点から。単純にKuCoinの取引所トークンKCSのMarketCapと比較して同等になると仮定した場合、1NEX=$2となる(ここは記事の引用です)。④より高い。つまり、取引高がこの水準にあるうちは報酬を目当てにしたトークン価格の上昇はあまり見込めないかもしれない。

⑦ $NEX 報酬&価格のまとめ
現行DEXトークンの時価総額と比較すると価格上昇があまり見込めなさそうなNEXだが、本領発揮するのは取引高=報酬が増えてから。それにはDEXの普及とNEX取引所の成功が不可欠。逆にそこに成功すれば確実な大リターンが期待できる。その意味で $nOS との独占提携は重要。

(Theポジトークというか個人的な期待を前面に出して煽りきった感あるけど、あくまで客観的な数値に基づいてるのでたまには許して下さい)

線の引き方によってはまだトレンドライン上。ただ、チャネル底のレジ転を確認した形でもある。とまあチャートは動いてるんだけど、出来高がしょぼすぎて直近のチャートが何の参考にもならない状況なんじゃないのかな。
BTC
$BTC
遊びで線引きまくってぐちゃぐちゃになった日足チャート、色々な思いが甦る。こんな絵を見てもどっちに動くか全く分からないけれど、この後どうなろうと、ずっと後には上がることを信じている。細かくロングだショートだするために仮想通貨始めたわけじゃないから、ガチホで負けたらそれでいい。
BTC
BTC、ちょっとやばそうな形。この辺でなにか適当にあつらえた感のあるFUDでも出てきたら、仕上げてきてる感じするね。

BlockcloudのKYCダメだったナウ
うーむ、せめて基準が知りたいけどフラれたもんは仕方ない。
あとはCelerNetworkとCertiKとMultiVACかな。なんか銘柄が偏ってきてる気がするからBlock少しでも入りたかったんだけどな。
XRPBTC
$BTC
無視できないくらい堅いラインがあるのでチャネル底を修正(傾斜は同じ)。XRPを筆頭にいくつかのアルトがアセンディングってるのでBTCもどさくさに紛れてアセってくんないかな。楽観の極みだけど可能性は0ではない。逆にペナントブレイク否定orチャネル下抜けで雰囲気最悪になる。ここは局(ry
NEO
$NEO
上位のアルトに今こんな形のが多い印象(あくまで印象)。下の堅さはもう十分に確かめられて、あとはもう上しかないような、そんなもどかしいチャート。ちなみに保有はしてないけど、もしフィアットに余裕があったらまさに今この辺が買いのタイミングかな~。
BTC
$BTC
ウェッジと呼んでいいのかよく分からない形だったけど、もうひと押しを作らずに上へブレイク。今の位置から時間足でHHを決めると、即ち長期間保ち合った黄色いペナントの上方ブレイクが確定する。ただ、方向性を見るには出来高に乏しい。
BTC
$BTC
ふと思ったけど、保ち合いの中の下落局面=上昇ウェッジ落ちのあとに今回みたいなチャート作ったことってこれまであったっけ。9月23日のローソクがとても気になる。TA的には気にしちゃダメなのかな。
上が重いなら、ここから一度$6,200あたりを試してから強く反転するような動きに期待したい。
BTC
$BTC
2時間足。予想通り上昇ウェッジからの下落、でも思ったより落ち幅が浅い。今はレジ転したチャネル底に蓋をされているところ。ここから無理して上げるよりは下降ウェッジに持っていくような粘り強いBTCが見たい。今の時点では目線を覆すほどの形じゃない。

$nOS 提携を受けてテレグラムで「this mean listing on NEX?」みたいな書込みを多く見かけるけど、、え?そこ?そんな次元の話じゃないでしょ、って。nOS入りたかったな。。
ETH
#2 トークンの自動変換→例えばあるdAppsで課金するのに独自トークンが必要でユーザーがそれを保有していない場合、nOSはユーザーが保有するトークン(ETH等)を使用するか尋ね、ユーザーはそれを承認するだけで自動的に手持ちのトークンから課金することができる。全てはワンクリック。

#3 さらに、NEXは将来的に対フィアット取引をサポートする予定なので、nOSユーザーは事前に暗号資産を保有することなく(=取引所でトークンを購入するという手続きを経ることなく)、フィアットをそのまま用いてdAppsが利用できる、即ち、通常のWebアプリと同じ感覚でdAppsを利用できるようになる。

$NEX , $nOS
注目プロジェクトのパートナーシップ記事を読んだので日本語で要点を。
“NEX and nOS Partnership: Introducing Smart Economy and Decentralized Applications to Mainstream” by Dean van Dugteren

おまけ(以下、記事の内容ではないです)
nOS上で稼働するdAppsはトークンの流動性が確保されるため、プラットフォーム利用のインセンティブになる。nOSが普及すると $NEX の取引ボリュームは加速的に上昇する。つまりICO参加者目線でも、双方にとってメリットの大きな重要なパートナシップ。

ちなみに $NEX トークンの報酬は取引所手数料の一部なので、一義的には取引所の出来高増加が報酬額とトークン価値を押し上げる要因。このパートナーシップで、nOSの普及がそれを加速させる未来を期待します。OSに組み込まれる報酬型取引所トークン、期待したかない!
BTC
$BTC
仮にEまで戻したとしても、この形から上抜けるBTCを見たことがない。戻すなら$6,850~6,930あたりまで。このままウェッジ下方ブレイクも十分ありうる。今の黄色い巨大ペナントを下に出た場合、大底を掘りにいく可能性。そろそろ心の準備はしておきたい。

$QKC
前回前々回と上髭で止められたアングル2×1に三度目のアタック。4.6セントの抵抗線を上抜けてさらなる高みを目指す最短の道がこのアングルの上に出ること。明日の夜までに抜ける形が綺麗。私の資産回復のために頑張れ(命令系)。

はぁ・・もう嫌になるね。確かにファンダ事情は前回の急落時に比べて懸念材料が減っている分、何か明るいニュース一つで軽く突き抜けそうな雰囲気ではある。けど、チャートみると全くそんな気持ちになれない。笑
落としたいときはテザーだなんだ、いくらでもFUDが再燃するから常にフラットな気持ちで。
BTC
$BTC はFibチャネル0.5で一旦小休止。もうね、こうなってくると今のBTCはウェッジの呪縛から逃れられない気がしている。これを否定して上抜けたら、大底の予想覆してもいいくらい。
XRP
$XRP 下降ウェッジに次ぐ、下降ウェッジ。控えめに言って強い。
XRPBTC
XRPはBTCバブルのおさらいをしてくれているのかい?それとも今後のBTCの動きへの示唆をくれているのかい?
出川組はもちろん昨日トレンドライン割りもしくは戻し目で売ってるよね。私?bitbankが動かないので口開けて眺めてましたよ。
XRPBTC
BTC、想定より3日くらい早かったけど、自分の考える中期の天井ライン$6,850にタッチ。日足ペナントの上辺と時間足直近のチャネル上端が少し上にあるので$6,930くらいまでは髭つけるかも?
やはりXRPを跳ねさせた人たちは利益をもって既に他のアルトへ流れている感じかな。BTCドミナンスは50割りそう?

売りたくてもbitbank動かない勢
XRP
$XRP すごいっすねー(棒)
ホント上段抜きで100円近くまで行ってもおかしくない雰囲気あるね。でも時価総額みちゃうと、このまま別のコインに流れるという線もあるね。今回は日本人による追撃が見込めないのなら尚更。でもなんか年始を思い出すなぁ。早いもので(ry

トレーディングビュー、無料プランではそろそろ限界っぽい。こんだけ遊ばせてもらってるんだから多少お金落としてもいいか。BTCが$10K戻したら有料プランデビューするか。
#それいつ
BTC
$BTC 日足、別のお絵かきを見ると$6,850はもはや抵抗ラインではない、というチャネルの妙。仮に$7,400を抜けると、ATH以降初めての日足レベルでのHL→HH。こう見るとあり得そうに見えてくる。時間足、白ラインは半分上段だけど、こういう局面でかならずウェッジに誘導され、素直に下抜けてきたBTC・・
XRPBTC
$BTC E地点が近くなってきた。このまま$6,850で反転という目線はまだ変わらないけど、如何せんファンダ事情が変わってきた。一番の懸念だったETF延期決定、突然降って湧いた大規模GOX、このコンボを受けても依然強気のBTC。そしてXRPの暴騰。願わくば適度に調整しつつ時間をかけて上昇して欲しい。

とりあえず帰宅してからの東京ラブストーリーが今週の楽しみだった。色褪せないねぇ。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
·

おはよう!
今日の夜はテーマ[仮想通貨]の番組配信をします!初心の方でもわかるようにお話できるように頑張ります!

ぜひ、気軽に遊びに来てください!
今の日本の企業や仕事の問題とからめてブロックチェーンの凄さが学べたら嬉しいなぁ!

お待ちしております!
取扱い取引所数が一気に10プラス。
保有者はなんと2万人増で全体で140万人超えました。
リップル争奪戦開始。

あなたのリップル保有数は世界で何番目に入りますか?

Moon
紐解くニュース、
【タイのサイアム商業銀行はすでにデジタル資産(=XRP)を保有している】

その他↓
■xCurrent4.0ではXRP(xRapid)をシームレスに使用できる
■XRP、9/21よりも11/12の方が出来高がある
1/2
タバコを卒煙してからはや1ヵ月以上が経過しました。
正直、こんなに毎日XEMを買えるとは思いませんでした。

「タバコはやめてXEMを買え。」

現場からは以上です。
ノアコインの下落に対して悲観している人は非常に多くいると思いますが残念な人たちなんだと思っています。普及しているにも関わらず、こんなにも安価で手に入るのですよ?悲観するより喜ぶべきです。
10万円が100万NOAH以上に!
何度も言いますがノアプロジェクトは詐欺ではありません。
#ノアコイン
明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由、XRP(リップル)など主要アルトの上昇要因も


11月第3週は、仮想通貨市場にとって極めて重要な週となる。ハードフォークやバイナンスの大規模メンテ等によるBTCの乱高下要因と、XRP、BCH、XEMの上昇理由に関して解説。
#XRP
おはリップル

もし10年後に2000兆円ならどの様な推移をするのだろうか?

仮想通貨の実需で懸念されているのは価格の変動(ボラ)の大きさである。
これが早く改善される必要があり、それは市場の時価総額が増えるが答えである。

私は3年以内に1000兆円規模に向かうと見ている。

SKR
仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


明日(日本時間15日午前5時45分 *米サマータイム終了)は、CBOEのBTC先物11月SQ。日本時間16日午前1時40分頃には、BCHのハードフォークが控えており、仮想通貨市場の乱高下に要注意。
XEMが再び上昇に転じ、13.6円まで価格が復調。
コインチェックの購入再開を受け、昨日時点では前日比50%高近くまで高騰していた。

関連記事
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か
おすすめサイト