武田信玄@孤高の城主さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

武田信玄@孤高の城主さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
15:59 2018年12月12日
ETH
●短期L/Sならdydx

●長期LならmakerからDAIを借りて更にETHを買う

●長期SならcompoundへWETH預けてWETH借りて即売却してDAIに、後日値下がりしたWETH買い直して返済

かなり適当だけど多分こんな感じかな?
わざわざやる人もあまり居ないかもだけど、こんなのあるよ的な。
ETHBTC
VRとBlockchainの相性が良いと言われるのは主に資産管理だと思う。
オンラインゲーム経験してれば解るけどそこには生きた市場があるからね。

例えば運営がPoAの自前サイドチェーン上で動かして結果だけETHかBTCに刻めば外に出せなくても体裁は保てるかなと

勿論面白いVR世界(ゲーム?)ありきだけど
ETH
MakerDAOに担保されたETHが一月で1.5倍近い増加。既に138000ETHを超えた。
そしてCompoundに集まったDaiが194万ドル分、そこから借りられたのが187万ドル分。

凄まじい状況になってるなと。
さくっとFIATからDaiに出来たらもっと預けるんだけど・・・

冬過ぎてCDP吹っ飛ぶかと思いました。慌てて担保追加したけどこれはヤバい。久々に肝が冷えた 笑

Recurrning SubscriptionのERC948、EIP1337の1337アライアンス

サブスクリプション規格は絶対欲しいよね。

自宅内のネットワークは完全個人の私有チェーンで独自アドレス。
ルーターがクロスチェーンContractみたいな感じで、ISPに繋ぐ時にプライベートIPをペッグしてグローバルIPに変換します。

後はTCPだと行き帰り確認して確実な通信をするし、UDPだと速度重視で片道です。組み合わせて使います
BTC
MerpayのPoW(主にBTC)に対するDouble-Spending Attackのレポート

攻撃が割に合うか、過去そこに当てはまる状況があったか

価格とMining Costの剥離が開く程に攻撃インセンティブ上昇。昨年バブルはやばい状況だった。

Mining Rewardが攻撃インセンティブを加速させる、等

PaypayでIpad mini4を買おうか迷ったけど結局買わず。
今のmini2も動画と読書しか使ってなくて、結局買い換えても変わらないかなーと思ってしまった。
新型Ipad miniだったら買ったかもなんだけど・・・w
ETH
今日もETHをPoolしてDAIをGenerateしてそれをCompoundへSupplyしました
注:宇宙語ではありません

Paypayを見ているとYahooBBのモデム配布を思い出します。
当時高速インターネットが普及してない頃に高速インターネットを無料体験出来るサービスをそこら中で配布してました。

勿論それらが全部快適に通信出来た訳ではなく、ボロクソにも言われてたけど、普及の糸口になったのは確かです。

ぶっちゃけLINEpay、Kyash、Paymoとか、別界隈やリアル友人ではほぼ話題に出ないです。

しかしPaypayは今回の事件で強く認識されるのではないでしょうか・・・

多分Paypayキャンペーンの目的は
・アプリをインストールさせる事(ついでにYahooIDも)

・キャッシュバックや転売等、SNSで炎上構わず話題にさせる事
(だから転売返品上等の穴だらけで敢えて出す)

自分の中での暫定定義

サイドチェーン
”関係性”を表す。証明(Merkle Root)をメイン側に刻む事で、より高いセキュリティを確保するのが代表的(色々な方法がある)

クロスチェーン
”動作”を表す。基本的には2way pegでLock&Mint、Burn&Releaseで価値の総量を同一に保ちつつチェーン間で価値移転する
ETHBTC
プライベートもしくはコンソーシアムは何故容易に高い処理能力を出せる。

対してBTCやETHは処理能力が低く、それなのに性能を簡単に高めず、価値を認められているのか。

そうした疑問を放置したまま関係する権威や表面的な性能にばかり目を奪われるとブロックチェーン本来の価値や意味を見失う
BTC
例えばLiquidはBTCのサイドチェーンとして作られたと明言されてます。
が、同時にアトミックスワップやLiquid上でのトークン発行も可能なのでクロスチェーンプラットフォームでもある。

BancorXはクロスチェーンDappsといえるかな。プラットフォームが無いのでこれは比較的言いやすい

ちなみに昨夜の #Plasman ではいつ頃からPlasmaのユースケースが稼働するのか?という質問に対して、そう遠くないタイミングで少しずつ出てくるという様な話が開発者から出ていました。(具体的な数字は忘れてしまったけど)

クロスチェーンも徐々に出てきているし、少なくとも絶望的な状況ではない

少なくともゲームならゲーム用サイドチェーン(Loom等)、ICO/STOなら専用のサイドチェーン上にプラットフォームみたいなものがあれば無駄なTransactionがメイン上から減っていきますし、お互い快適で手数料も下がる。
それが積み重なる事で将来的には便利になっていくのではないかなと。

BoseのSoundSport Free(Bluetoothイヤフォン)、保証期間切れ直前だったので微妙に感じていた問題をサポートに訴えたところ、新品に交換して貰えました。

後、Iphone7も公式ページで確認したら電波問題がある型番らしく交換して貰えそう。

結構サポートって軽視されがちだけど、活用するとお得です

極度さんの強引なチンパン推し。
きっと今日の発表の全てがこのチンパンに集約されていると信じてる

#plasman
ALIS
ALISのCTO 石井さんのプラットフォームとEthereumに関する記事。


超熱いですね、画面越しに熱が伝わってくる様です。
技術的な話ではなく色々と示唆に富む内容になっていますので、Ethに興味がある人は読むと良いです。
ETH
次のETH指値は8000円ちょいです。屋上で待ってる

Wizballでも圧倒的人気。
なんでこんなに人気があるのかは真面目に理解出来ないんだよな・・
ETH
FinexのETH金利が凄い伸びてる

Ethereum上のLendingに対する、Loan Explorerなんていうものが!
これ見やすくて面白い。
今はDharmaとMakerDAOのみ対応、今後増やして行くらしい。
一覧のフィルタリングオプションが欲しいところ。

ETHBTC
なので私はETH周りにSF的なワクワクを感じるんですよね。BTCにはそこまでワクワクを感じません 笑
Oracle+SmartContract+α、そしてガバナンス、インセンティブ設計によるエコシステム。
まあ全てまともに実現してないので今はまだSFです。しかし不可能か?というとそうでもない気がする。

SFって単純に科学の発展した未来の話じゃないんです
ドラえもんの”もしもボックス”的な感じです。もしもXXがYYだったら?
というシミュレーションして更に話を味付けして面白くする感じです。

だからCrypto&DAOはSF的な発想ですね。
もしもFIATも必要無く自律分散型の巨大組織が機能したら?ですかね

ふと思ったんだけどSF(Sience Fiction)って沢山読んだり見たりすると価値観や思考の幅を拡げてくれる気がします。
凄い未来、とかだけでなく精神的に違う切り口を語る話も結構あるんですよね。
”当たり前”のところに疑問を投げかけたり。
基本的には何かの仮説を大きく拡げて色々話を大きくする感かな
BCH
BCHよくわからないけど、果たしてどうなるのか・・・
お祭り感出てきましたね。
NAS
ICN+DLTを使ったFault Tolerance in Information Centric Networkingというスライド。DLTというNASAが使う星間通信向け技術?をAd hocとかに応用して使えるとかないとかそんな話っぽくて面白い。
色々なのがあるんだなあ

TCPの通信は確認と再送有りきなので、一部パケット廃棄するとか、音声とかはUDPで保証されない上に通信劣化のUXがダイレクトに発生するので優先するとか、娯楽系で帯域食いやP2Pファイル交換は優先度を最低にするとか、特定の文字列を含むhttpを対象とか、まあ本当に細かく色々あります。

#NewProfilePic
家紋がethereumになりました。@Altria_S15 さんありがとう!
XRP
また、スポンサードの有無に関わらず記事としては幅広い層に受けやすいもの程にPVが得られると考えれば、テレグラフに価格ネタやリップルネタがやたら多いのもメディアらしいなと思ったり。

そう考えると敢えてそういうネタを扱わない小規模メディアは頑張ってると感じる。

トークン化されたアイテムだけど、よくあるランダム値はどうするんだろう?
トークンの種類とランダム値みたいなところは別に格納できるんだろうか?
例えばDiabloのこういうのだと、Variesと指定される箇所がそれに当たる。
後はPrefixとSuffix等の効果組み合わせもあるので種類が膨大になる
EOSETH
Bancorのサービスリンクをまとめると下記の三点です。今回出たのが3番目のBancorXです

Ethereum


EOS


BancorX (BNTETH-BNTEOS)
EOSETH
Cryptoの面白いところは、こうしたサービスが出るとこれを利用した交換サービスが新たに出てきてユーザはBNTを意識せずに直接EOS系とETH系を交換できる様になるんじゃないかと想像します。(開発者でないので適当ですが 笑)

例えばETH上だと手順を省略してDaiを発行できるEasyCDPがありますからね。
EOSETH
BNT(ETH)は既に流通しているけど、BNT(EOS)はまだEOSネット上であまり取り扱われてないと思います。EOSDEX系にきたら便利ですが、すぐに来るでしょう。

ついでに解説動画のリンクも貼っておきます。
EOSETH
BancorXがついに稼働しましたね。話題になってないけど、これがスマコン使って全自動で動く事はどう考えても凄い。
BNT(ETH)とBNT(EOS)があり、これがペッグトークンとして架け橋になっている様です。
互いにロックして流通量を調整する訳ですね。
そしてそれぞれのBancor上でBNTをETH系やEOS系に交換
ETH
CoffeeさんのメルマガBspeak!、今週号は気合が入ってる気がします。

dydxの簡易的な概要、BATの解説、米国やVC周りの動き、ETHの手数料問題の話等、刺激的な話題が多かったです。

またブログでもBATについて解説が公開されていました。

本当はデジタルネイティブらしくiPad でやらせたかったんだけど、アプリがありそうでないという。
良さげなのはあっても課金版が現バージョンで動かないとか、課金版が無駄に高いとかそんなのばかり。
需要が少ないから力を入れてないのかなと感じた。
ETH
0x系 DEXやレンディング系にはセットなWETHだけど、contract確認するとおよそ103万ethがロックされ、同数のWETHが発行されてます。
同一チェーン上なので違和感無く使われているけど、いつかクロスチェーンでこうしたものが当たり前になるかも?
そしてWETHはERC223トークンの普及により不要となる。

ナカモトコンセンサスについて調べて、ふとメテルニッサ( @Ohtac )さんの記事にあたったが、彼の記事は色々考えさせられる。

最近見かけないけど元気にやっているのだろうか?

現状はβなのでまだまだシンプルで対応取引所も少ない。トークンはそれなりにあるけど、多分DEX取扱のERC20トークンという事なんじゃないかな。
BTC
WP題名は”Wrapped Tokens"
という事はBTCだけでなく、なんでもWrapped Token出来るのではないだろうか。
少なくともトークン化という動きの大きな一歩だと思う。
反面、発行や管理がコンソーシアムをTrustする形になっており、そこが賛否両論の的となっている。

DAOメンバーは下記の通り。
MakerDAO
Dharma
Airswap
IDEX
Compound
DDEX
Hydro Protocol
Set Protocol
Radar Relay
Gnosis
Prycto

WhitePaperはこちら
BTC
-発行されたWBTCの利用は自由なので、ここで売却されたWBTCが市場に流れる。尚自身によりWBTCの発行やBTCへの戻しを希望する場合はMerchantに対してKYC/AMLが成立している必要がある。

-WBTCへの戻しに関しては今までの流れを逆行するイメージで大体OK
BTC
-MerchantとCustodianによりERC20 WBTCのMinting(発行)が行われる。トークンはWBTC Side Chain上で産まれ、Main Chain側にParity-Bridge形式で引き渡される
BTC
WBTC超概要
-Merchant(KNC,REN)がBTCをUserから受け取り、Custodian(BitGO)がMulti-sig cold walletに保管する。

-PoAタイプのWBTC Side ChainをEhtereum上に作成。DAOメンバー(画像参照)がMain chain上のContract含めてガバナンスを持つ。ほぼコンソーシアム運用
ETH
ふと考えたらイーサ払いでなく、Dai払いとかTUSD払いとかでも良いんだよな。
まあ課税の問題はあるにせよ・・・
EOS
ZBのVerificationやっとできた。
あまり望ましくはなかったがこれで幽閉されてたのが出金できる・・

ところでZBは色々な試みをやってて面白いですね。
EOS Mining(預けたEOSをロックしてVoting Powerに、引き換えに少しEOS貰えたりするんだと思う)とか、Lendingっぽいのもある。

勉強会でパセラを試した見たところかなり良かったのでお薦めです

-個室が基本、更に80インチ画面部屋あり
-飲み放題ドリンクの豊富な種類
-飯も飲食店レベル
-全体的に綺麗

人数次第ですが、会議室と飲食店の良いとこ取りが可能とも言えます。
後、タピオカやフロート系ドリンクが好評でした

elastosミートアップ、又の名を秋刀魚ミートアップ。秋刀魚に限らず結構美味い寿司を食べ放題というボーナスステージでした。
今年一年分の秋刀魚は食べたな…

開催のROMさん、今日は本当にお疲れ様でした。ELAも興味が出たので調べてみます!
#Elastos
XRP

って誰か追ってますか?
軽くツイート掘ってみたけど、5月に盛り上がった後、今日のXRP取扱までは静かだった。
ERC20以外を取り扱う場合、どういう形で動かすのかContract周りがイマイチ仕組みがわからない。

Ethereum周りのDEXや疑似銀行、レンディング等金融系のプロジェクトが着実に増えてて素晴らしい。
後はFIATとの出入り口も欲しいという訳で、未だにTenXには気長に期待してるんだよね・・・笑
でも、かなりゆっくり慎重にやっているっぽいので自分がトークンを敢えて持つ必要はあまり無いかなとも。

Blockcloud期待してます。
ギリギリだけど無事にICOのCAP到達出来た様で何より・・・

IoT+Centric Network+Decentralizedは相性が良いのではという感触(知識不十分だけど)からの期待です。
アイデアと技術の組み合わせ、Hypeも有り。しかし地合いは厳し目。果たしてどうなるか

@BlockcloudTeam

BATの買い場を待っていたら上がってしまった…まあ縁が無かったかな。落ちてきたら狙う

この集計&考察記事は素晴らしいですね。
こういう集計と考察は貴重だと思います。それにしてもPrivacy系の強さよ。

EOS
仮にそれを成立させるとしたら・・・
LoomのNodeやEOSのBPみたいな感じで、特定のハードウェア要件と外線(法人が使う様な沢山の外線とチャネルを持つ)を揃えた様なノードが必要でしょう。

そこまでやっても出入り口は国内ならNTTの電話網に頼る事になりますし、海外との通話も結構大変です

携帯電話の通信は音声とパケットの二種類があり、パケットの方はWiFiで代替え出来ます。

皆がSkypeやLINE、Facetime等でも体験している様にパケット側のみでも通話が可能なのですが…
これは通常の電話と異なりますしそのままでは「電話番号への通話」が出来ません
信号変換と外線への渡りが必要です
ETH
IDEX等のContractとPlasmaの違いで注目する点は
-不正なトークンの出入りをさせない為の仕組みが必要である事
-チェーン同士を繋ぐ(同期の様な)為に常にTxを流すと大きな手数料がかかる事

なのでPlasmaを活かす為にもETHのスケーラビリティを上げて手数料を下げる必要があるんだなと感じた
ETH
Plasmaはいくつも種類があり、それぞれ扱えるトークンが違ったり異なる特徴がある。
ETH&ERC20のMVP、ERC721等NFT専用のCash、Off chainで動くLightning Networkの様なDebit、Contractの一時停止が可能なChamber等。
更にMVPはUXTOを使うけどCashはUnique Token IDを使うとかの差異もある。
ETH
Plasmaの場合はRoot Chain(ETH)上に作ったContractにTokenをロックさせて、そこを起点にLayer2となるBCに繋ぐ。
IDEXやCompoundはロックされたトークンがContractの台帳上で動くだけだけ。
PlasmaはContractの中でBCが動くから、更にその中でPlasma Contractを作り多層のPlasmaが可能
であってるかな?
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
短期トレード好きとしては

大きな方向性が決まることなく
一本のスイング波で5%以上が簡単に取れてしまう
今のBTC相場が永遠に続いて欲しいと思えたりする。

2018年12月現在最も楽しいゲームはスマブラではない。
SKY-HI
@SkyHidaka
@SKYHI_STAFF

12月16日(日)まで
東京メトロ全線の中吊り
「ENRICH YOUR LIFE WITH METRO SONGS」

#メトロソングス
#グッとくる歌詞

〜いつもの通勤通学時間が、音楽を通じて別世界に変わる〜



#jwave #radiko
ETH quick review

イーサリアムはBTCと同じ方向で動きながらもっとピュアなチャートを描いたりする。
ALTコインの対BTCパフォーマンスを決める基準も今はまだETH。

更なる下げ波はBTCで説明しているので、
今日はBULLなシナリオを考えて見る2分20秒。
XRPの価格上昇ロジックの需要は
①投機マネーの流入
②xRapid利用での需要
③銀行、企業による直接保有(投資目的ではない)
と大きく3つに分けれるわけだけど、
②についての価格上昇がわからない人が多いっことだよね。
議論が難しいのはこの3つの関わりが価格上昇に大きく関係するにも関わらず...
LISK→XRPへの移行組が多く、XRP→LSKの移行組が少ないのは当たり前。リップル社は既存の各種サービスをXRPを介して繋ぎ合わせるという名目だから、投資対象として見た場合危険度が圧倒的に少ない。一方LISKは「ブロックチェーンが一般に定着する」というハードルをまず越えなきゃならない。
XRPに限らずどの仮想通貨にも言える事ですが
まずは「仮想通貨の信用」を得ることが大事だと思います
いつまでも怪しい、難しい、ただの投機、取引所のハッキングリスク高いと言うイメージを払拭しなければ一般市民に受け入れ難いものとなってしまいます
( ˘•ω•˘ )ウーン
てにさん
いつも丁寧でわかりやすいご説明ありがとうございますとても勉強になりました
リップルXRPを理解しようとしない人達には響かないかも知れませんが
リップルXRPを理解したいと思う人達にはちゃんと伝わったと思います
ありがとうございます
@tenitoshi +5 @xrptipbot
(人´∀`)アリガトー♪
深夜24時から
@JWAVESPARK
@HZshizuku 雫
@POLKA_fukuoka がナビゲート☆ゲストにウィッシュ「DAIGO」さんが登場
#今週のビビ 改め #今週のジルくん 猫好き同士、愛猫についてアツく語ります
☆『スパチューポジティ部』
☆面白ラジオネーム『今週のラジオネームMVP』
#jwave #radiko #sp813
リップル社、色んな国の銀行や送金業者などにRipplenetを広げていく仕事をしながら、世界の暗号資産取引所にもRipplenetを広げる仕事をしている。

以前、BradがXRPの価格が低迷してる時「価格の話は社内では出ない!」ってツイートしてた。
XRPの価格は後からついてくる!って解釈してる。まだ先~
BTC

40万円ラインのサポート化に失敗しました。

中期的に見て、現在の保ち合いの形や位置から大きな買い圧を誘うことは難しいと思います。

この価格帯での反発がこと程度であることを考慮しても、

一度一切の売り圧を削ぐ=セリクラ

がトレンド転換には必要でしょう。
おすすめサイト