Ramさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Ramさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
09:01 2019年06月20日

【Facebookのstablecoinは"中国のソーシャルNetworkに頼らない全く異なる方法"を齎すかもしれない】

2人のアナリスト:このprojectには"暗号化の機会"があり、それが"新たなエンゲージメントと収益の流れを切り開く"と主張
※Facebook:毎月約10億のactive User→資金流入期待

◆新しい合併及び獲得(「M&A」)の上の競争の作成

♢ 「Visaの力を解き放ち、それを"カードの枠を超えて"利用し、Rippleと協力してSWIFT支払いに代わるものを作成する」ための320 MのUK Based Earthportの買収についてのVISAの発表。
2/2

皆さまの心あたたかさに感謝です
数日お騒がせし、ご迷惑、心配をおかけし申し訳ない気持ちです。
また少しずつ復帰しますのでよろしくお願いします。

R3 ecosystem

♢既にに多様な参加者の広大なecosystemを結び付け
♢今後数ヶ月から数年の間にCordaのようなplatformは、益々増え続ける市場の参加者とサービスproviderに、資産のトークン化と発行を更に簡単にする為のより多くのツールを提供
♢digital資産は...世界中発行者,投資家の効率化を実現
XRP
【強気の支配下にあるXRP価格 - トレーダーがそれほど楽観的である理由】

◆XRPは強気の結果に備える
trend lineを約0.363$でテスト
◆価格が下がり、指標が現れる
価格が下がっている間、全ての指標は上がっている
◆数量対価格の切断
XRPを買ういくつかの巨大な強気がある
BTC
David氏:
問題(ほぼ同時に受信した有効なトランザクションを注文する事)を解決する為にBTCは1日に数百万ドルの費用がかかり、それは平凡な最終決定権と平凡な検閲抵抗を得る。
私達はより良いファイナリティと検閲抵抗でほとんど何もしないでそれを解決。
Networkに影響を与えない為には「許可」が必要
XRPBTC
【Ripple David氏:ILPとCoilが支払いの面をどのように変えるかを詳しく説明】

◆6/8ベルリンで開催"We are Developers"会議にて

♢BTCは支払いを改善し、中央集権化の問題を回避する事を唯一の目的として実現
→かなり障害物に満ちた道
BCCやXRP等他暗号通貨は、BTCの目標を達成するのに近い

◆ Rippleがどのように blockベースの製品を介して国際送金を改善、解決するか
♢ILPは blockがまさに実現するのに役立つ
(Internetの発達を初期段階で比較、大部分がILPを中心にどのように展開したかを比較
→同じ事が blockについても起こるべき)
XRPBTC
【大手銀行: RippleとXRPが世界中のお金の移動方法を変革する】

◆SBI北尾氏:
RippleとXRPは基本的にクロスボーダー決済の世界を再構築する

◆Ripple David 氏:
XRPを理解しているかのようなXRPについての意見が大好き
これはBTCと他の全てにあるBTCミニマリストの思考です
XRP
【XRPの販売量を減少?】

Ripple社は以前指摘されていた出来高水増し疑惑の対応策として第2四半期のXRP販売量を削減すると発表
透明性を高める為に、四半期毎に売却していたXRPの量を半分にする可能性がある
市場に出回る数が半分になれば、その価格の希少性も高まる

システムのガバナンス]と題されたセッションが行われる→今までのG20とは異なり具体的で明確な世界の暗号通貨・block分野に関する見解や今後の方針が示されるのではと期待

※注目
•庁プレゼンテーション:三菱UFJ平野信行氏
•今月国際的なガイドラインの発表予定の金融活動作業部会の動き

◆6/5 Visaは、Western Unionと新しい戦略的パートナーシップを締結し様々なユースケースでglobalに(digital的に)資金の移動を促進すると発表
♢Western Union
★Visa Directを利用

※200超える国と地域,130の通貨にまたがるreal timeのクロスボーダー支払いの拡大に役立つ
XRP
【Ripple:スイスに事務所開設】

現在サンフランシスコ,NY,ロンドン,ムンバイ,シンガポール,シドニーに

♢目的
"機関投資家へのdigital資産XRPの売却,
国内外で支店及び子会社を設立,国内外で他の事業活動に従事し直接または間接的に関連するあらゆる事業を行う"

【Brazilが暗号通貨規制委員会を設立】
◆今週初め暗号 block協会(ABCB)会議
→ 業界他の代表者,司法長官室,中央銀行,内国歳入庁当局, 財務管理委員会との会合
♢会議:の暗号部門と block部門の認識、及び暗号通貨に関する金融行動タスクフォースの規則の適用に向

けらた。
この規則は6月に日本で開催されるG20財務大臣会議で正式に発表される予定。企業は2021年までに規則に適応する必要が。
◆今月内国歳入庁は暗号通貨に対する新しい税法を発表
新規則:30,000リアル(7,600$)を超える額の暗号通貨取引は、,海外,P2P 取引の詳細を含む、月次ベースで要報告義務
XRPETHBTC
【Ripple XRPのための制度導入の新しい波】

SBI:『VCTRADE』サイドproject作成
世界初の銀行所有の暗号取引所
→機関投資家による巨額の資金が市場に流れ込む
→BTC、XRP、ETHへの機関投資を促進
※多機関が投資開始→スノーボール効果、さらに強気相場を引き起こす

中学校に通う息子が学校より配布され、読まずしてカウンターの上に置かれていた
読売KODOMO新聞
【G20大阪サミット特別版】

子供向けなのでとても分かりやすい
XRP
xCurrent(4.0)使用RippleNetはこれらNSPの1つ
(そして明確にする為GPIと比較し各EU-銀行が選ぶのが最も明白な選択
『最終的にXRPを使用するだろう
そうでなくても3rdパーティの流動性提供者/ xRapid partnerを通しそうするoptionを持ち規制が整えば、不当な競争を避ける為"一斉に"する必要がある』3/3
XRP
【欧州中央銀行(ECB):RippleNetを22-11-2021に統合】

◆ECB:全ての支払いを中央銀行の資金で決済する、全ての欧州の銀行向けのRTGSシステムTarget2に関する年次報告書を発表
ヨーロッパ全銀行は、ヨーロッパ国内及び国際送金と証券の決済にXRPを同時に使用できるように
1/

日本や連邦準備制度のような他のRTGSシステムでも同様。
•欧州中央銀行はRipplenetを統合
TARGET2(支払い)とTS2(証券),TIPS(即時決済)を、ヨーロッパの全銀行にとって1つのゲートウェイに移行する事も意味する
•全銀行は2020年7月までに、選択したNetworkサービスproviderと契約する必要がある
2/
BTC
【技術革新の中心地となるSA】

◆南アフリカ準備銀行(Sarb)と金融サービス行動管理局(FSCA)は、2020年前半に、Fintech又は革新的金融商品の規制の為の革新的拠点を設立予定
●Fintech製品はBTCに限定されず融資,預金と貯蓄,保険と投資,支払い"金融活動における革新"を含む

StartSeによると、

"人口の約半分が銀行で耕されていない国、ブラジルでは約453のフィンテックが運営。
2018年にはこれらの企業に10億以上の投資。
これらの大企業でさえ、41%のフィンテック企業がまだ資金調達を待っており、2019年のこの市場の可能性を示している。"

【Brazilで Ripple推進のクロスボーダー送金platform発売】

為替ブローカーのFrente Corretora deCâmbio(The Front Exchange):
Rippleと同社最先端のコラボ開始

→Simple: 新しい blockplatform
•最大3,000$の小額送金で高い銀行手数料を回避
•数秒以内に決済

※CPMI本日発表の新しいSWIFT data→安全で費用対効果の高いクロスボーダー支払いへのアクセスが改善されていない更なる証拠を提供

〝PAFIを推進〟
"我々は以前のCPMIの高速支払い,コルレス銀行取引,クロスボーダー支払い,
*digital通貨*に基づき、支払いサービスへのアクセス拡大方法を説明します"

◆CPMI:世界銀行グループ,国際電気通信連合,CPMI,ビル&メリンダゲイツ財団主導3年間のprogram
Financial Inclusion Global Initiativeも支援
♢目的:電子決済の受け入れを高め
金融サービスへのdigital IDの使用を拡大,決済システムのセキュリティ,インフラストラクチャテクノロジを強化するため

仮想通貨は独裁国の貧困問題を解決できるのか。ベネズエラでの調査が示すヒント | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン
BTC
【信頼される仮想通貨を普及させるWalletサービス『Wodca』の革新性 】
UserはBTC等の口座を面倒な手続きなく取得
BTCを“買わず”、Wodcaを通じて“もらう”という選択肢が得られる
仮想通貨の口座を可視化して配布
そのまま使う事も円に換金する事も、資産を増やしていく事も可
XRP
◆ ゴラン氏:
〝即時支払いの需要が増加、RippleNetでの取引中にオンデマンドの流動性を調達する為にXRP等のdigital資産を使用する事は、今日のクレジットカードを使用するのと同じくらい簡単になるでしょう
Rippleは革新的な block技術を利用する場所に導く....〟

久しぶりの夕飯Tweet

今日は旦那さんのリクエストで海老フライ
30尾
手作りタルタルソースとごまトンカツソースを添えて。

尻尾はとって、海老は開いて食べやすく。
これでも食べ盛りの人が3人いるので取り合いですw
あと、ついでにジャガイモフライ

#夕飯
#海老フライ
XRPETHBTC
Switch:
超高速の暗号交換と資産の完全な自己管理を可能にするInterledgerウォレット
•秒単位でBTC、ETH、XRPを交換
BTC
イスラエル税務当局の元副所長:
"BTCが通貨であるかどうかを最終的に決定するのは現実のテスト。
その使用が広まるとすぐに、議会はこれに対応するような方法で法律を書き直さなければならないでしょう"
BTC
【イスラエルの裁判所、BTCは資産であると判決】

この訴訟には国の税務当局と、暗号通貨の売却による利益は非課税であるべきだと主張する blockのstartupの創設者が関係している
裁判所は税務当局に有利な判決を下し、中央銀行の通貨の定義を支持
最高裁判所に達する可能性

◆フランス、ドイツ、イタリア、ルクセンブルグ、スペインの7つの銀行が、ユーロsystemのTIPS(ECBのreal time総額決済system Target-2)の拡張を通じて、real timeのgpiクロスボーダー支払いのTestに関与

SWIFT gpiは支払いのスピードと透明性を高める事を目的として作成
平均40%が5分以内に支払保証

【SWIFTとECB:ヨーロッパでのクロスボーダー決済をテスト】

◆SWIFT gpi:
•3,000億$を超える国境を越えた支払いを管理
•TARGET Instant Payments Settlement(TIPS)platformを使用して
ヨーロッパの銀行と欧州中央銀行(ECB)のインスタントgpi国境を越えた支払いを試行

【Ripple CEO:『最大の大手』でさえ暗号,blockを採用するでしょう】

◆Rippleアプローチ:systemに対してではなく、金融機関や規制当局と協力する事と強調

◆銀行:解決策の一部を強調しながら、暗号分野と伝統的な金融の交差点で生じる利点と抵抗の両方に取り組んできた

Voltron application:
世界中の企業間の取引の共有及び同期dataベースを提供→貿易金融市場に関わる複雑なリンク,Networkを置き換える。このdigitalの代替手段は、現在のsystemよりも遥かに高速、高信頼性、費用対効果が高く、単一の不変の取引記録を提供→詐欺リスク軽減,時間のかかる調整process排除

◆試験参加者の調査→86%の企業が伝統的な貿易金融プロセスの非効率性が企業と銀行の両方にとって益々「耐えられない」ようになっている
その結果、61%が、貿易フローを輸出業者にとってはるかに危険な選択肢である「オープンアカウント」に移行させる可能性が高い
XRP
◆仮想通貨市場は全面高の展開、市場全体の時価総額も年初来高値を更新

◆XRPに関しては、14日に200日移動平均線を突破、このまま価格が上昇していくか注目
※200日移動平均線→株,為替で用いられる中長期的な強さを計る指標
平均線突破は中長期的な強気トレンドの転換を示唆
XRP
◆Ripple CEO:
xRapidが世界的に主要な銀行によって広く採用された流動性ツールになるだろうと主張

◆Coinbase、Binance、Huobi、Xendpay、Ria、MoneyMatch、CIMB銀行、InstaRem等、様々な重要な暗号交換、Wallet及び支払いplatformでXRPを利用できるように
•安定性を必要とし、更にplatformを強化

【Rippleは益々強くなり、主要なCrypto-DLT導入の目標を達成する可能性がある】

◆2019 Ripple 主要企業とのやコラボ
例:インド IT Giant TCSと世界規模の支払いplatformを提携
→世界中10億人以上のUser

◆Ripple Networkが米国を技術的な面で独立させるのに役立つ

【Ripple CEO:xCurrentは一種のSWIFT 2.0】

●xCurrent
伝統的な金融機関の支払決済を回避する為に"real timeで遥かに効率的"メッセージングフレームワークである
●xRapid
金融機関からの大きな需要を目撃
●API
OpenソースのAPIを標準化
→国際送金の観点から効率性の鍵
XRP
【Quidax:RippleのXRapid製品を使って送金と支払いを革命する】

Buchi氏:
•ナイジェリアの牽引力がどれほど圧倒的であるかについて
"XRPペアからの活動が多かった"
→ 約25秒

•QuidaxはXRPを橋渡しとしての支払いと国際送金商品をXRapidに統合予定

〝革新はこれから〟

な契約を含む暗号化通信の様々な使用例があるが、これらはレースカー、トラック、ミニバンとみなされて同じ目的で使用されている。

●今後の変更が鍵
私達の世界は、道路、高速道路、レーストラックを建設し、規制当局や機関からの躊躇にも関わらず自動車の民主化に適応。blockでも同じ事が見られる

【Ripple xCurrent To Go Live At National Bank of Kuwait】

NBK:
•中東最大の銀行の一つ
•数十億ドルの収益,に取引
•規制が進み今後数週間でxCを使い取引開始
•xC採用→R社技術のprofileが向上→他の銀行がxCを採用する触媒として機能する可能性
大きなステップ
BTC
◆Bakkt版BTC先物取引:12/12から開始発表
→Microsoft、Starbucks、ボストンコンサルティングなどの有名企業と共にICEの仮想通貨市場参入を意味する重要なNews

•米国の規制下では今回初
•BTC ETFの承認より重要
•Bakktの参入はSECの見方を変えるかも→流動性問題解決へ
XRP
【XRP/USD Technical分析:横揺れの動き→雄牛と熊が行動を取ることを拒否、投資家退屈】

XRPの価格は不確実な結論に向かっているようだがトレンドパターンが存在し、硬貨の取引が強化されると、すぐに長期的に崩壊が発生する可能性
残りの週もこれまでに見られた横方向の動き

【Ripple:Flutterwaveと提携
Africaのcommunityが世界経済に近づく】

◆Flutterwave:
•Africaと経済を結ぶ決済サービス会社
•FlutterwaveのCore API支払いエンジンとRipple xCurrent活用
•global企業及び地方企業がP2P、B2B,B2C支払いをアフリカに受け取り,終了→容易に
XRP
【Cory Johnson – RippleはすでにXRAPIDとXRPで多くの貿易を見ている】

•米国、メキシコ、フィリピンの間の決済チャネルが代表的な例
→XRPでは多くの取引が

✽XRPを利用したXRapidが他のsoftware solutionスイートと共に成長し、国際間取引のスピードを高めcost削減を期待

【Cryptocurrency:Wild West での金庫保存】

◆G45S
世界最大Security会社
•off-lineのcold wallet上に仮想通貨を分割し安全に保管
→サイバー犯罪者や武装強盗の手の届かない高Security金庫に安全保管
•ロンドン証券取引所上場
•約90カ国で活動
•従業員数:56万人
NAS
【royalty支出とP2P転送のためのAmerican ExpressとPayPalの提携】

◆NYSE:AXPとNASDAQ:PYPLは本日、PayPalとVenmoで支払いを行うAmerican Express Card会員のdigital決済経験を向上させる戦略的partnershipの拡大を発表

•Card会員のonline決済とMobile決済の経験を合理化
XRP
【XRP/USD Technical分析:
投資家の感情はクマが引き継ぐ見通し→価格を押し上げる可能性がある 】

一般的な見通しは指標に示されるように弱気
価格:中長期的にはより強い成長を見込むかも
→最近のspike間の$ 0.58levelのような長年の抵抗levelをtestした価格により示される
XRP
→オンデマンドで現金を持ちながら、自分のdigital資産の100%を所有

◆XRPを柔軟なクレジットラインに利用でき、1年に8%の料金がかかる

◆「Zuckerberg Tax」と呼ばれる方法を利用→売却を当座貸越に転換して税金負債を取り除き、流動性にアクセスすることができる
XRP
【XRPを200万ドルの即時融資の担保として使用できるように】

◇世界初Nexoとして知られるインスタントcryptocurrency-backedローンServiceと主張する会社により提供
•Credissimoにより運営
◆暗号通貨とdigital資産をNexo Walletに入金→即座にcredit checkなしローン許可→

【American Express:Ripple xCurrentを正式に利用している】

◇昨年11月AXPはSantander Bankと共に、米国と英国間のクロスボーダー支払促進、speed-upする為にRippleと締結

◆xCurrentはAXPインフラストラクチャと統合され、顧客からSMEへの支払いを容易に

good news

【block: XPhone】

•block企業Pundi Xが公開の非中央集権化スマホ

✽従来ののような携帯電話事業者を必要とせず、電話番号ではなく端末にあるaddressと秘密鍵でそれぞれを識別→個人情報・privacy保護が容易に

•販売開始:2019年第二四半期を予定

@coinsforest
XRPBTC
【ラテンアメリカ最大取引所にXRP上場】

◆Mercado Bitcoin Exchange

•Ripple/XRPの取り扱いを11日開始
•ブラジル法定通貨レアル(BRL)でXRPの取引
•2013年6月初開設
•利用者:100万人
では公共交通機関での支払利用
→暗号通貨の普及は進んでいる
@coinsforest
XRP
記事内

集中化の問題がある限りどのように答える?
RippleはXRPバリデーターを制御している為、人々は集中管理している。我々は約60%を所有。その内の40%は世界にあり、他の企業が他の技術を開発する為に使用。我々は他の誰よりもずっと先。とにかく売れず、市場に出せないよう暗号ロックを作った。
XRP
XPringプロジェクト
〝XRPが次の飛躍を遂げるために必要とするプッシュであることは明らか。
実際には、このプロジェクトはXRPの大量採用を前に想像もしていない方法で助長する可能性があります。
その結果、XRPの人気が高まり、市場はより確固たるものとなります。〟
XRP
【Ripple XPring:xRapidよりもXRP市場に大きな影響を与える可能性】

XPring
◆XRPを分散型暗号化としてsupport,大量採用の根幹をなす
◆様々なユースケースでXRPを考慮する革新的なblockベースのイニシアチブをsupportするproject
→coil,XRP tip bot等革新的製品は約100種
XRP
◇XRPをdigital資産として追加
•より少ないnostro口座に資金を供給
•atomic処理による costを削減
•real time決済とcounter partyのexposureを削減しriskを削減

流動性を目的としたXRPの使用は
→提供者にとって時間とcost節約を実証済み
XRP
【RippleNet:globalな流動性bottleneckの解消】

●XRP
金融機関→新しく追加されたnostro口座を持たずに、XRPと速度、スケーラビリティ、低costという特有の利点を利用しエキゾチックな、又はより少ないvolumeの廊下に到達。
XRPは取引当事者のon demand流動性プールに。

【Amazon

Anderson氏:
“Amazonが今日銀行になった場合、トップ3銀行の1つになるだろう”

•今後5年間に7,000万人の顧客を獲得する可能性
JPモルガン→4790万人
•メガバンクの顧客はAmazonの銀行に行く可能性が高い

秘密のソース:
"personalization & personalization"
XRP
xRapidにより
•銀行はノストロとボストロの口座の形で資金調達済みの流動性を保有する必要なし。
代わりに、交換プラットフォーム上のXRPを扱う個人投資家から流動性を得ることができる。
→RippleNetを銀行にとって実行可能な選択肢。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
リップラーによるリブラへの否定的な意見結構みますけど
長期ガチホ投資するならフラットに考えないといけないと思うんですよね
自己利益に立つ先入観で判断してたら、見方誤りますので
送金市場の覇権取れないと感じたらさっさとXRP全部売りますよ、私は^_^
今のところ期待しかないですが笑
リップルが10ドルを超えるのは間違いないなんて確信的に思っちゃってる人が最近かなり増えてるように感じますが、そういう発言等を見るたびにXRPの価格の上昇余地の限度を感じます
まさかマネーグラムのニュースでXRP全モするとは思わなかったなーww
2017?だったかAmexのニュースで即全モした時と凄く似た感覚。
あれは確か10月だったから、その2ヶ月後くらいにxrp急騰したんだけどね。Amexで上がらなかったら何で上がるんだ、と心折れたリップラーがたくさんいた。
Cboe BTC取引撤退、

最後のSQは
JST 6/20日 AM4:45 !!
週刊少年リブラ
「DAIのDAI失敗」
「Peg Note」
「Scam Dunk!!!」
「Dragon Slayer」
「アイシールドDPoS21」
「幽☆遊☆ホワイトペーパー」
#BTCNEXT
下記のステーブルコインが上場(一気にではなく徐々に)

JPYQ日本
KRWQ韓国ウォン
CNYQ中国
SGDQシンガポールドル
HKDQ香港ドル
RUBQロシアルーブル

BTCを購入せずに直接自国通貨で暗号資産購入が可能

これによりユーザーは爆発的に増えるでしょう

#NOAHCOIN
#BNX
脅威の素材グラフェンで「海水を飲料水にする」ことに成功 (アーカイブ記事)
Cboeの仮想通貨ビットコイン先物が明日で終了、過去最高水準のCMEと明暗くっきり


米シカゴ・オプション取引所は19日、BTC先物の提供を取りやめる。1年半での撤退を余儀なくされたが、ビットコイン高騰に伴い、大幅続伸するCMEのBTC先物と明暗が分かれた原因も注目される。
2017年度確定申告についての税務調査、昨年7月から始まりもうすぐ1年、まだ続いております。当初は9000万円ぐらい申告漏れしてますよと言われましたが、その後色んな資料を提出し、結局1000万円ぐらい漏れてますよというのが今。BCHのHF申告忘れや潰れた取引所の申告忘れはこちらの責任だが、続く
Moneygram CEO
「1年半前に行っていたxrpのパイロットテストに今頃になって多くの金融機関が取り組んでいますが、弊社は間もなくこの技術を大々的に活用していくところです。」

今年は沢山の新たな送金ルートとxRapidパートナーの発表が期待できること間違いないね
おすすめサイト