日本経済新聞 電子版さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

日本経済新聞 電子版さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
21:07 2020年02月29日

携帯電話の「2年縛り」契約を、ソフトバンクが9月中旬から廃止します。途中解約時に課す違約金もなくし、利用者は1カ月単位で契約乗り換えを検討しやすくなります。

米長期金利、過去最低と並ぶ1.32%に 新型コロナで買い

新型肺炎の感染拡大を考慮し、ソニーや武田薬品工業、NECなどが国内で勤務する従業員に対し在宅勤務などを勧める通知を出しました。広がるテレワークや時差出勤を推奨する企業や自治体の動きをまとめました。 #新型肺炎 #コロナウイルス #COVID19

「金融仲介業」創設 複数分野の商品販売、規制緩和へ

[社説]年金のマイナス改定を可能に

「売上高が大きく減り、資金繰りが持たなくなった」。山形の百貨店、大沼が自己破産を申請しました。創業から300年以上の歴史を持つ老舗です。

政策保有株として取引先の株式を多く持つ日本の銀行。金融庁は損失リスクに備えて積むべき資本を2.5~4倍に増やし、銀行の保有株圧縮を促す新たな自己資本規制を始めます。

NYオフィス賃料が高騰 金融からテックの街に

サイト作成から配送まで、ネット通販基盤を月29ドルからのサブスク(定額課金)で提供するカナダのShopify(ショピファイ)。Amazon(アマゾン)を介したくない企業を取り込んでいます。

「大金が手に入るうえ捕まるリスクは低く、標的にされる」仮想通貨の交換業者。社内ネット侵入を図る攻撃が絶えず、従業員40人規模でも対策費が月数千万円に上る会社もあります。

ETF(上場投資信託)の運用資産が世界で6兆ドル強(約650兆円強)と、5年で2倍強に拡大しています。ただ新興国では資金流出、アメリカでは企業債務のリスクを警戒しています。
BTC
「数万円相当のビットコインを振り込めば、パソコンを復旧します」。ランサムウエアのサイバー攻撃に「数万円で直るなら」と感謝する経営者。被害は中小企業にも広がっています。

12月1日施行の改正道路交通法で、違反点数や反則金が3倍に厳罰化される「ながら運転」。運転中に携帯電話で通話したり、画面を注視したりする「保持」は1点→3点、普通車で6000円→1万8000円になります。

働いて一定の収入がある高齢者の年金を減らす「在職老齢年金制度」の見直しは迷走の末、65歳以上の人の月収基準を「47万円超」に据え置く方針。60~64歳は現行の28万円超から47万円超に引き上げます。

医療や介護などで増える社会保障費を賄うため、日本は2030年までに消費税率を15%に、2050年までには20%への増税が必要と国際通貨基金(IMF)が報告書。「構造改革はもっと迅速に実施すべきだった」とも指摘しています。

東芝が量子技術を使った為替取引の超高速マシンを開発。自己資金での運用を検討します。大量の研究者や技術者を抱える日本の大企業が、自らヘッジファンドを運用するのは初めてです。

「つみたてNISA」は2037年末までに始めれば20年間非課税になるよう期限を延長。確定拠出年金は企業型を70歳、個人型(iDeCo=イデコ)は65歳までに。「貯蓄から投資」を後押しします。 ▶つみたてNISA延長へ いつ始めても非課税20年

みずほフィナンシャルグループは確定給付年金の予定利率を、2020年10月から変動制に切り替える検討に入りました。実質的な年金減額となる見通しです。一方、現役世代の成果に報いるため、人事評価も改革する方針です。

5Gの次の「ポスト5G」技術開発へ2200億円の基金を設け、企業に助成。中小企業の賃金引き上げを条件に設備投資を支援。政府の経済対策の概要です。

トヨタがスマホでお金の管理や決済、ポイント集めを一括でできるアプリ「トヨタウォレット」の提供を始めました。消費者の車の利用データを集め、新サービスの創出につなげる狙いがあります。

シェアハウス借金、物件手放せば帳消しへ スルガ銀

米フェイスブック(Facebook)は、アプリで決済や送金ができるサービス「フェイスブックペイ」を週内に米国で始めます。デジタル通貨「リブラ」の実現時期が不透明ななか、既存のシステムを活用した仕組みを先行させます。

サイバー、「アベマ」事業モデル見直し 課金に軸足

facebook、新決済サービスを開始へ アプリで送金可能に

「振込手数料も大手銀行の半分ほどに抑えられる」。交通費などの経費を、社員のスマホに送金して精算。企業のキャッシュレス化を後押しするpring(プリン)のサービスです。

「ふるさと納税の控除額を年収だけで判断していると、思わぬ負担が生じやすい」。医療費や個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)など 複数の控除がある場合の税金の注意点を学びます。
BTC
暗号化して安全に送金する仮想通貨の基幹技術が崩れるのではないか――。Google(グーグル)が量子コンピューターで複雑な計算問題を短時間で解いたとの発表を受け、ビットコインの価格が急落しています。

改正民法で、賃金に関する債権の消滅時効が原則5年となるのに対応。働き手が企業に未払い賃金を請求できる期間をまず2年→3年に延長し、将来は5年を視野に入れる方針です。

ラグビーワールドカップ(W杯)日本―サモア戦、日本が38-19でサモアを破り3連勝。日本は4トライを決めボーナスポイント獲得です。 【試合経過】 【日経電子版 トップ】

大量の注文を同時に出すには資金力が必要で、仕手筋と呼ばれるプロ集団が仕掛けていた相場操縦。しかし個人投資家でも株価操作ができてしまう「思いも寄らない」手口を、証券取引等監視委員会が摘発しました。【2018年 読まれた記事】
BTC
ビットコインは国家を超えるか

銀行、休眠口座に手数料案浮上 マイナス金利を転嫁

マイナス金利の深掘り「必ず選択肢」 黒田日銀総裁

後発薬優先なら薬剤費3100億円減 健保連が試算

リクルート株、13社が売り出し 最大4000億円超
BTC
「Tポイント」をビットコインに ビットフライヤー

韓国、100品目で「脱日本依存」 研究開発など6800億円投入

マイナス金利政策の余波が個人の預金にも広がってきました。スイス金融大手UBSが残高200万スイスフラン(約2.2億円)を超す口座にマイナス金利を課し、年0.75%の維持手数料を徴収します。

「うち以外は淘汰されますよ」。始めたばかりのスマホ決済「7pay(セブンペイ)」について豪語していたセブン&アイ幹部。皮肉にも真っ先に淘汰される結果になりました。

セブン&アイがスマホ決済「7pay(セブンペイ)」のサービスを9月末で終える方針を固めました。セキュリティーの甘さなどイメージが大きく傷つき、継続は難しいと判断しました。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト