単眼愛(モノアイ)の注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

単眼愛(モノアイ) の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
22:10 2019年09月23日
BNBBTC
3歩下がって2歩進む、という印象を受けます…BNBみたいにガチホ民が多そうなコインは素直にBTC高騰の恩恵を受けれていそうですね
BTCUSDT
MEX4時間足。12000ドル付近でヨコヨコしているがfinexのBTCUSDはロングとショート両方どんどん積まれ中。USDTのロングも積み直し始めた。MEXの未決済建玉は10億ドルをオーバーでパンパン。大きな動きには警戒しておきたい。
BTCUSDT
MEX1分足と、各USD建て取引所の出来高・平均価格・平均価格からの乖離率を見ておく。CoinbaseやBitstampで現物が売られて値を落とすがKrakenが拾って値を戻す現象が見られる。MEX価格は平均よりやや上をキープ。finexは朝7時頃からBTCUSDロングがやや積まれて上乖離。USDTロングは減少傾向
BTCUSDT
MEX日足と1時間足。日足は7連騰で昨日11971ドルまで。MEXでは直近24hで天井狙いのショートが8000BTC焼かれている。ただ、USDTのSupplyは増えているが、finexのBTCUSDとBTCUSDTのLongが減少を始めた。また積まれる可能性もあるが、ロングポジは軽くしてみても良いか。MEXのOIは大きな動きなし。
BTC
15分足。MEXのロングのロスカが1.3万BTCと大台。ではロスカで下げたかというとUSD建て他取引所の平均価格乖離率はCoinbaseやBitstampの方がMEXより下に乖離している。現物売にMEXが引っ張られた印象。MEXやfinexがロングで耐えていたが12000ドルからのショートと現物売には勝てなかったよ…という印象
BTC
MEX4時間足。直近安値割れ詐欺で酷い下ヒゲ。ロングのロスカットで11072ドルまで下落→全戻し協会。ロスカは昨夕と合わせて12000BTC弱。久しぶりの1万台。出来高の割りにBitstampの価格が下乖離気味。未決済建玉は8/9の水準に落ちたが、それでもこの1週間で積まれた分の半分は残っている
BTC
MEX日足。1万ドル復活。多分、値動きだけ見れば結構な人がこういう動きを想定していると思う。ビットコインは価格が最大のファンダなので、上下に大きく動きそう(に多くの人に見える)なチャートもファンダの1つかな、と。直近の上げでMEXのショートカバーは7千BTCほど
BTC
Binanceの顧客情報がクラッカーに盗まれて懸賞金云々とかやっていた件、同社の主張通り「KYC実施のために当時提携していた第三者機関から流出した」の確定っぽい。KYC画像の電子透かしが決め手らしいが、BTC盗まれた時の対応といい、Binanceは非常時の手際が凄く良い印象
BTC
MEX15分足。MEXショートがやり過ぎ感もあるけど、finexもショート積んでる。22時の上げで1回焼かれていたけど。MEXのロングのロスカはあっさり1.4万BTC逝った。
BTC
MEXの価格上昇がBTC現物に遅れるの、現物が強い感じがして本当すき
BTC
finexのメンテ通知。日本時間で明日9/2の夕方5時半から2〜3時間。今は相場が過疎ってBTCヨコヨコしているけど、影響あるかな。
BTC
”Tポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインが付与” 現金の交換レート(100pt→85円)より有利なレート(例えば100pt→90円相当)とかなら「ビットコインどう貰うんだ?口座作って売るぞ!」となって国内の保有人口と売買出来高が上昇したかも…と思うと惜しい
BTC
「つべこべつべこべと!何故ごめんなさいと言えんのだ!」 / 全面敗訴のクレイグ・ライト氏、50万BTC支払い期限について猶予を求める
BTC
「韓国の仮想通貨取引所、97%が破たん危機」ということで価格を見に行ったが、ここ最近下振れしていた韓国のビットコイン価格が昨晩の下げのタイミングで解消されていた。
BTC
この辺を素直に捉えると韓国のビットコイン価格は他国より上がりそうなものだけど、まぁバブルの悪しき記憶がこびりついている感じなのかな。2017-18年は日本と同じがそれ以上に熱狂していた感があるし、草コインについては圧倒的なイナゴ感があったので残当か(取引所の偽装もあったけど…
BTC
クラッカーがBinanceの顧客情報を盗んで身代金300BTC要求→Binanceが拒否→クラッカーが顧客情報ばらまく→Binanceが犯人の情報に25BTC賞金をかける→犯人が公開したデータの日付等から、KYCのために契約した第三者機関から流出した可能性浮上 …なかなかアツい展開ですね
BTC
ドル円の日足がビットコインしている。通貨の強弱的には凄く…円高です… OANDAだと106円以上にすごいロングのクソポジ溜まっていて変な声出そう
BTC
今年6月頭にあったPoloniexのレンディングのデフォルトの補填に続報。損害を負った貸手に対し、取引手数料を損害の補填に充てる施策を実施するとの事。対象の手数料は6/4から遡って充当。他の補填も並行して模索するとあるが、同取引所チャットでは「50~500BTC買わないと補填完了しない」と嘆きの声
BTC
来ましたね。一瞬で11122ドルまで下落。MEXのロスカは8000BTC程。
BTC
韓国のビットコイン出来高減が一因らしいけど、マネーフロー見ると納得。韓国関税庁の8月上旬(1-10日)の貿易統計では、韓国の輸出が前年同期比22.1%減の115億(日米中が激減)、輸入は13.2%減の142億ドル。約27億ドルの赤字で、このままだと数年ぶりに貿易収支が赤字らしい。ウォン安気味
CMS
ちなみに「テックビューロホールディングス株式会社」の方は絶賛活躍中()らしいので、朝山シャッチョに会いたい方はこちらにどうぞ。COMSAで集金したお金はこっちの会社にあるんですかね
LTCBCHXRPETHBTC
ディーカレットがビットコイン等で電子マネー(まずはauウォレット、楽天Edy、nanaco)にチャージできるサービス実装。スポンサーと資金力を使って本気出してきた感ある。色々根回しに時間かけていそう。あとBTC、ETH、XRP、BCH、LTCの4倍レバレッジ取引実装もビックリした
LTCXRPBTC
ビットコインの前日比+6.6%に対して、アルトコインの諸行無常の響きを感じる。特にLTCとXRP
MONA
モナコイン、外出して触れないときに限って… 前日比+58%は流石に笑うしかない
NAS
南米アマゾンの大火災がどれくらいヤベーか1秒で分かるNASAの衛星写真。アマゾンが燃えているっていうか、南米大陸が燃えている感ある
USDTBTC
1万ドル割れたのでMEX日足を確認。7月に9080ドル付近でWボトムを作りアゲアゲだったが、直近高値で結んだTL付近の12000ドルでしつこく売り叩かれ今は急降下中。MEXの未決済建玉も膨らんでいたが8/10をピークに右肩下がり。主にロングのロスカで。finexのBTCUSDTはロングもショートも下火
USDTBTC
あとはfinexのBTCUSDとUSDTのロングもまた減少気味と落ち着きがない。finexの価格が8/7辺りから上乖離気味なのはこの辺が原因で良いのかな。全体的に、投機的な短期ショートとロングのロスカットが主な下げ材料の相場、という印象
USDT
24h出来高の単位、USDTじゃなくて草コインの枚数ですかね?CMCだと出来高が細いので…(時間差? そのへんも気になりますが、finexからBitbankにUSDTが送られているというのも「?」な感じです…
USDT
1万ドル割れて直近で9321ドルまで。大きく落ちたのでMEX日足を確認。9080ドルのラインが三尊のネックかつ下降三角形の底辺なので目立つ。1時間足ではMEX価格の下乖離、finexショート急増が確認できる。レバの暴力。調達率も一時反転。昨日USDT供給量が減ったのを見逃していたのは反省
USDT
USDTの動き、かなり謎い
USDT
うーん、確かに調べると中華系?のウォレットアプリですよね、bitbank[.]com。日本のbitbankとは全然関係ないやつの。そこがfinexでUSDT調達したというのは、普通に考えるとUSDTも取り扱い銘柄に追加しようとしている…辺りが無難な気もします
XEM
バディドッグの新刊、コインチェック盗難事件編が完結していたので読了。お話の都合で実際の事件と違う点も多いけど、そういった違いを探す点も含め、読んでて面白かったです。例えば、取引所が顧客毎にNEM(劇中では「CC」という架空の通貨w)のアドレスをコールドで管理→秘密鍵窃取された点とか
XRPETHBTC
BTCUSD、XRPBTC、XRPUSDを並べる。BTCが前日比-6%超の下落で1万ドル割れが視野に入ってきた所だが、先程の下落時に恐ろしくXRPも売られている。USD建てでスコーンと-13%。BTC建ても大きく下。円建てだと28円辺り。ETHも辛そう…
XRP
Liquid(旧Quoine)のXRP金利が20%超えしていたので、気になって8/15のXRP暴落を再確認。XRPUSDの週足・日足レベルで「割っちゃいけないライン」的なものを割って話題だったが一旦戻し気味。finex直近1ヶ月のLSポジ推移を見ると、かなり大きい動きがあったのがわかる。ロング偏重だったのが改善の兆し
XRP
XRPUSDが8/15に暴落した時の1分足。インジでLSポジの増減を確認すると、「R社の買い支えで0.28ドル割らんやろ→ぎゃー割れた、ロング損切り→やべーXRP遂にオワタwショートだ→ややリバってショートカバー気味」という印象。XRP貸出金利は、暴落時に空売り需要でfinexで一瞬12%まで上昇→現在下り坂
XRP
これが買い材料なの?売りなの?と言われると困るんですが、ロング減ショート増なので、シンプルに考えれば、売り圧↓買い圧↑で好材料。ただ、R社や寄付でXRP貰った団体とか考えると「下がると困るから買い支えるが、値上がればそれだけ換金ウマー→利確下げ」状態に見えるので買いはオススメしづらい

10120ドルにMEXで1.2億ドルの買い板が出て、棒グラフが見えなくなるやつ。パッと見で板が全然分からなくなるので、こういうの苦手… あと、DECOCHARTさんだとめっちゃ見やすいですね(ステマ

「原則として、購買金額の5%、フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模店舗等では2%を還元」らしいので各種チェーン店よりも、5%引きになる地元の飲食店や美容院等を贔屓すると、地域経済的な意味でもよろしいかと存じます パンフ→ 対象店舗一覧→

ああ、これ例の経産省のキャッシュレス・消費者還元事業のやつか。今後も他の事業者の発表がたくさん来そう。最大5%還元。コンビニはみんな2%かな? 対象店舗が市区町村レベルで載っているので、日本国に税金納めている人はお近くの店をチェックするのお勧めです↓

これ、「過去一度も破られたことがなく米国の政府機関にも長年愛用されているAPPGUARDを導入していた仮想通貨交換業者ビットポイントジャパンが、マルウェアに感染して約30億円分の被害に遭っていた」という事になるけど、やばたにえん案件なのでは…

そういえば日本の暗号資産の税制だと法人は期末評価だけど、Ripple社のあるカリフォルニアはどうなんだろう。全XPRの6割近くをロックアップして保有していると考えると、そこに税金かけられちゃったら凄い事になるから譲渡益に課税だとは思うけど

#ビットコイン MEX4時間足。意外とキレイに逆三尊を作って上抜けしてきた。傾向的に夏は下げそうな感じはあるし、上げても日足的には12000ドル辺りから戻り売りしたくなる形。finexのUSD金利は最近20%を切ったりして元気が無かったが、また戻してきた。MEX無期限のOIが溜まりだしたらガラを警戒したい

補足。finexのロングとショートのポジション推移(6/30と7/11にショートポジが大量に消滅したのでロングを左縦軸、ショートを右縦軸にいじって見やすくしてます)。例の直前のfinex出来高増のタイミングで両建てされている。以前からfinexの大口両建てが出たら警戒しろとは言われていたが今回もそれ

主目的の犯人探し用に4社のVWAPとMEX無期限の乖離率のインジも作っておく。素直に見るとfinexで仕込んでから、現物買いでMEXのショーターを焼いて価格上げて悠々と利確…な印象。ピーク時にKrakenの価格が安かったのは負荷のせいか、誰かが現物処分していたのかちょっとわがんにゃい
BTC
テザー、昨日時点で40億ドル到達していたのか…ATH継続中です。Bitfinexの裁判再開が7/29くらいなので、その辺も意識しながら増減を見ていきたい。BTCがプチバブルになった6/27の年初来高値の時は、6/25に一旦減っているので「減ったらショート」とは単純に言えないけど…

あと、日足にして直近1年を見ると、Bitfinexの出来高が徐々にCoinbaseやBitstamp等のUSD建て取引所に押されているのが視覚的に分かりやすい。いなごFlyerでfinexが鳴ってもあんまり気にしなくなった…という人は多いと思うけど、その辺が上手く可視化できて個人的には満足です
BTC
ちなみに、Bitcoin日本語情報サイトさんをリスペクトして真似しました。

#ビットコイン 昨日の一瞬で10%以上暴騰した1万ドル超えの犯人探しついでに、USD建ての主要取引所の100%積み上げ面グラフ欲しいなー、と感じたので作ってみる。取り敢えずMEXのインデックス参照先3社+finex。Pineエディタ楽しいっすね

…ちょっとfinexさん、お話聴いていいですかね?

#ビットコイン MEX4時間足。1万ドル割れ→突っ込み売り→ショートカバーでリバ…からの再度1万ドル割れ。今度は7/2の直近安値9650も割り、ロングで2万BTC程ロスカット発生。現物取引所に比してMEX下げが目立つ。特に先物がぶん投げられて遂に逆ザヤ。特に9月満期のXBTU19が安い。これ、おかめザヤ?
XRPBTC
カナゴさんが報告してくれたBTCアドレスを再度見てみる。明らかに犯人が盗んだっぽいトランザクションが7/11 21:09。XRPと違いこちらは検知できず手動で22:39調査開始→発覚か。たまたま犯人がXRPを同時に盗んだから早めに発覚した、という印象。検知後の初動は迅速だと思う

ビットポイントジャパン被害報告第三報。
・原因はサーバ不正アクセスによるホットウォレットの秘密鍵摂取と見て調査中
・被害は仮想通貨全5種30.2億円
・うち顧客分は20.6 億。顧客預かり分の13%相当。
・流出相当分の仮想通貨を調達済み。顧客の補償はこれで払い戻す予定
ETHBTC
EXのOI(未決済建玉)を見てみるととにかくETHの減少っぷりが目立つ。OI減少+価格下落なので、ロングのロスカットによる成行売り+指値買い(ショートの決済)、のパターン。
アルトをFiat建てで処分し、連動して下げたBTCを1万ドル以下で大口が買い集めている…とか言われたら信じちゃいそう
ETHBTC
全体的に下落しているが、アルト下落率が目立つ。特にETH。%の1時間足チャートでBTCと比較すると、BTC上昇についていけず、逆に落ちる時はBTC以上に下落する(むしろ直近は下落を先導している節すらある)。ボラがひどい暗号資産でも一日20%動く日は滅多にない(年に数回ある時点で頭おかしいけど…

#ビットコイン MEX4時間足。7/10から大きく下げはじめ、ついに一時1万ドル割れ。9872ドルまで。7/2安値9650ドルが意識されそう。ここを割ると日足でトレ転気味に。朝6時頃からのKrakenメンテ→MEXインデックス価格操作dumpくる?的な懸念もあったが、BitstampやCoinbase価格は足並みが揃っている印象

「顧客データベースにフリーでアクセスできる状況に近かった」
「ハッシュ化されたパスワードまで取得できた」

ハッシュ化済みパスワードから復号するのは難易度メチャ高いと思うけど、ガチガチにパスワードで固めたにもかかわらずPayで被害にあったという人のケースもあるからなぁ…

“外部IDとの認証連携機能の実装に不備があり、パスワードなしで他人のアカウントにログインできる脆弱性があった” 明日「外部連携している各システム担当者は至急確認をお願いします」というメールが日本中で出回 / “[独自記事]7pay不正利用問題、「7iD」に潜んでいた脆…”

USDTの時価総額は40億ドルの大台に乗りそう。NYAGとバチバチやっていて来月以降は分からないけど…
MEXの1時間足は形だけなら逆三尊のネック上抜け…の割にイマイチな感じ。finexのショートは2度めの大量消失後にBTC割れ。Trading View上で過去最低を記録。今は6500ほど

今後は暗号資産の取引所各社はハッキング発覚時のフローの整備とか社内での訓練とかやるようになるのかな。あと気になるのは今回XRPの送金エラーが最初の検知だった点。多分犯人にXRP盗まれて残高が0位になった後、通常の顧客のXRP送金処理しようとしたら残高エラーだしまくった→盗難が発覚、の流れ?

コインチェック事件ではコールドウォレット・マルチシグ等の取引所の保管方法が焦点になったけど、今回のビットポイントは初動の遅さが焦点か。特につい先日同様の被害があった海外大手Binanceでは発覚後すぐ送金が停止された。対してBPJはハッキング時のマニュアルが整備されておらず緊急会議→停止

ビットポイントの盗難、デマっぽいのもあるから公式発表見る。要点は
・コールドとホット両方のウォレットで分別していたがホット側が被害
・被害額35億円
・BTCの盗難が7/11 21時〜と仮定すると検知に5時間はかかっている。
・最初にXRP盗難を検知してから送金停止まで8時間
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト