カピさんさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

カピさんさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
07:34 2018年09月21日

【Forbes記事訳】

ロングアイランド大准教授McCaffrey氏

「今は一般に法定通貨をXRPに替えれないが、状況は思うより早く変わるかも。
Coinbaseも今後XRPを上場し法定通貨ペア開始との憶測も。
Coinbaseを通じて流動性が高まれば、それだけでXRPは新たに注目されよう」

#XRP

【翻訳】

「RippleNetが6大陸40カ国に到達」

新興市場の影響を受け過去10年で送金は400%以上増加、昨年世界送金額は6千億ドル超。RippleNetで北米・アジア・アフリカ・欧州・南米に新回廊、ここに昨年20億ドル以上が流入。送金革命は世界貧困層数千万の命につながる。

#XRP

【翻訳】

「全米トップ10銀行のPCN BankがRippleNetに参加」

PNCは19州800万人以上の顧客・小売店を持ち、消費者・大中小企業など顧客層は多様。サンタンデール・アメックス・SBI連合など世界的金融機関網に加わる。RippleNetは、6大陸・40カ国以上に範囲を拡大中だ。

#XRP

【翻訳】

xRapidが来月にも商用予定だ。
xRapidテストは、Banco Santander、Mercury FX、MoneyGram、Western Union、Cambridge Global Paymentsなど約19機関で実施、成功している。

リップル社CTO
「未採用の大手銀行は両側から絞られるようにすぐに採用するだろう」

#XRP

【翻訳】

リップル社幹部Sarbhai氏がCNBCで発言。

「XRPは証券ではないです。SECにもXRP活用事例の理解を促進しています。XRP保有で配当もない。完全に分散型で、公的チェーンでの当社占有率は僅か7%、商品や通貨扱いの国も相当数。証券認定の心配などしてませんよ」

#XRP

【翻訳】

「2018年XRP価格予想
ー完璧なクリスマスギフト」

XRPは堅牢で効率的な決済基盤の証明がなされ、今後わずか数ヶ月で第2位になり得ます。
fxstreet、、investingprのような優れた情報源は
《XRPは年末8〜10ドル》
と予想しています。

#XRP

【翻訳】

SECのHester M. Pierce氏が新たな声明を発表。

「規制当局はヘリコプターから飛び出さなきゃ」

クリプトママの呼称は名誉。
ママは上空ヘリから子供を監視して「ダメ」じゃなく、一定自由にさせないと。仮想通貨は新資産クラスの可能性があるんですから。

【翻訳】

「XRP急騰の主な理由」

CNBCでのリップル社幹部Sarbhai氏の発言が契機かと思われます。

①「(非証券性に関し)我々はSECに関与して、XRPがRippleから独立している理由を具体的に説明してきた」

②「xRapidは、次の1か月以内くらいで商用化されると確信」

#XRP

惚れぼれする伸び具合ですね

#XRP #リップル

あれ
XRPに何か起こりました

#XRP #リップル

BTCからXRPへのシフトが少しずつ進んでいるのでしょうか

#XRP #リップル

Ripple社アジア太平洋中東地域規制関連業務責任者Sagar Sarbhai(サガール・サルバイ)氏がCNBCで発言。

「xRapidは、来月かそこらで、商用化されると確信しています。」

#XRP

【翻訳】

Bearableguy123氏「XRP年内589ドル」実現するか?

賛否両論ですが
デービッドは10ヶ月前にこう語りました。

「将来、BTC相当のシェア獲得なら2ドル、現時点の国際送金の不具合解消なら20ドル、不具合解消による送金量増加まで加味すれば多分120ドルです」

#XRP

【翻訳】

SBIリップルアジアはMoneyTapを近々開始、その後、内外為替一元化コンソーシアム加盟の邦銀61行(国内銀行資産80%超カバー)にアプリ提供予定です。

一方、Banco SantanderのリリースによるOnePay FXでは、毎年のFX支払の50%をカバーとのことです。

#XRP

【翻訳】

「バンク・オブ・アメリカとメリルリンチがBTC取引商品を準備中か。ゴールドマンサックスやモルガン・スタンレーと同様の動き」

参入ラッシュ。シティグループもDAR開発中。11月はBakktも開設。

来年の市場は想像を絶する飛躍となる可能性あり。

#XRP #仮想通貨

【翻訳】

サウジNational Commercial Bankがリップルネット加入、年内実稼働。

NCBは中東で総資産第2位。世界540万人超の顧客。サウジは世界最大級の送金元で2016年に国外370億ドル送金。大規模市場は市民と1千万超外国人労働者で構成。各企業が扱う支払量は巨大だ。

#XRP

【翻訳】

いま実は史上最高に前向きな時にいます。
2010・2012・2014・2018年に市場は80%以上下落も、毎回過去最高を超え回復しました。
今は保管の進展など機関参入条件が整備中です。

以前との違いは何か。
それは業界の楽観性と、国際金融の仮想通貨への統合です。

#XRP

いや〜
久しぶりにみんな元気で
嬉しいですね〜

#XRP #仮想通貨

①SWIFT提携のSAP社がXRP統合テスト中

②SAP社資料(添付写真)の
左丸はSWIFT(MT103はコード)、
右丸はRippleで、両者が連接

③デービッドの夢「SWIFT加盟の全銀行がリップルネットを無料で使えるようになること」

④SWELLで
クリントン氏発表(妄想)
「XRPがSWIFTで使われます」

⑤そして…

#XRP

これは今年5/16のOECD会合に提出された報告書です。

目的はG20/OECD企業統治原則の効果的実践で以下の記述があります。

「RippleNetは、金融業界の創造的破壊を想像する優良事例で、国際送金を5秒未満で完了します。因みに2018年国際BtoB送金額推計は155兆ドルです」



#XRP
XLM
《参考記事 2015年5/18》

欧州銀行協会(EBA)がブロックチェーン技術に関するレポートを公開。

EBAは3年以内の短期的な目線において、決済領域や銀行取引の分野ではRippleやStellarのような資産集約技術に最も可能性を見ている。

そう言えば、海外情報を物色してると、このデービッドの「夢」が、SWELLにてクリントン氏が宣言するのではとの私見もあったなあ…
XRPBTC
ロイヤルバンク・オブ・カナダ(RBC)は、リップルの「グローバルペイメント・ステアリング・グループ」(GPSG)を構成する6つの銀行の1つ。

《参考》
RBCのCEO「ビットコインは詐欺ではないが、懸念点がある」

【翻訳】

カナダロイヤル銀行(RBC)が、公式資料で、XRPレジャーを活用した国際送金について解説しています。

《カナダロイヤル銀行》
カナダ国内に1,400以上の支店、世界34カ国以上で7万人以上の従業員を持つメガバンク。
カナダロイヤル銀行

#XRP

先日来、SAPがXRP統合テスト実施中との話題で盛り上がっています。

他方、この記事では
「SAPは、世界の財務担当者がすぐに使えるソリューションを開発するため、SWIFTと提携しています」
とあります。

①SAPはXRP統合
②SAPはSWIFTと連携

関係性が興味深いです。

#XRP

【翻訳】

《リップル社分析レポート》

信頼度の高い強固な基盤を有します。

出資▶︎Google等
経営陣▶︎PayPalやeBay等経験者
開発陣▶︎技術・経験優秀
送金市場▶︎5,000億ドル
提携機関▶︎UBS、BBVA等

リップル社も提携企業も自信を持っています。

#XRP

【翻訳】

SAP社は、180カ国以上に33万の法人顧客を抱え、国際支払の必要があります。
現在、顧客企業は送金手数料等のため莫大な金を喪失中で、SAPがXRPを統合すれば、顧客の大企業も各国で取引銀行にXRP統合を要求するでしょう。つまりRipple/XRPには大ニュースです。

#XRP

【翻訳】

「XRPがBTCを凌駕しても驚くに値しない」

現在3位のXRPは首位奪取も可能です。主要金融機関と良好な関係を築き続け、三菱UFJも「実際に作動する解決策だ」と賞賛、他行やアメックス等も支持しています。仮想通貨は技術だけでなく実需解決力が重要なのです。

#XRP

【翻訳】

「ユーロをXRPに換金。
速くて簡単な《XRParrot》
稼働はもうすぐ

WietseWind氏がまたいい仕事。XRPへの変換サイト開発だ。第4四半期(10-12月)初期にクローズドベータ版開始。手数料安く、欧州トレーダー・バイヤーのXRP大量採用につながるだろう。

#XRP

おはようございます。
XRP元気で何よりです

#XRP #リップル

【翻訳】

世界第5位の資産を有する三菱UFJはリップル社と連携し技術を賞賛。またスタンダードチャータードやメリルリンチ等の国際銀行とGPSGを構成しています。リップルCEO「年末までに市場は機関投資家受入れの準備が整うでしょう」
《GPSG》

#XRP

【翻訳】

「取引流動性が300%以上アップ。xRapid商用化へ弾み」

XRPの可用性はここ数ヶ月で指数関数的に増加しています。XRP上場取引所等の数が、一年足らずで29から105になったとの調査結果もあります。リップル社がxRapid総合展開戦略を着実に進めている証左です。

#XRP

【翻訳】

ブラッドは「BTCやXRP等の仮想通貨は日常の支払いに余り使われないと思います。ドルが上手く機能しますから」と言います。仮想通貨の本質は法定通貨では解決困難な課題への取組です。XRPは国際送金に注力するからこそ長期的な価値の向上が期待できるのです。

#XRP

【翻訳】

IMFラガルド専務が、SDRの既存準備通貨を置換するデジタル通貨(IMF Coin)の開発可能性を示唆。開発は遠い未来ではないと。ウォールストリートジャーナル「貿易不均衡による通貨市場不安定を防ぐ」。中国等はドル覇権縮小のため支持、米国は抵抗だろう。

#仮想通貨

【翻訳】

XRPが従前の軌跡をたどるなら来年15ドル予想ですが、実需があれば、高く評価され得ます。少数の銀行でもノストロ口座の代わりにXRPを使用したら成功ですし、更に、兆ドル規模の外為市場のごく一部でもXRPが獲得すれば、価格は天文学的に上昇するでしょう。

#XRP

【翻訳】

リップル社は、XRPの非証券性の明確化に向けて着実に進めています。「Ripple≠XRP」を積極的に広報したり、複数訴訟案件の統合に成功しています。今後、規制当局の理解が進み、XRPの非証券性を宣言すれば、投資家には素晴らしいニュースになるでしょう。

#XRP

【翻訳】

「リップルはSWIFTと組むか?」

実の所は相互に必要だ。SWIFTにはリップルが必要とするネットワークと政治力があり、リップルには技術がある。地政学的にSWIFTはテロ対抗手段であり、西側諸国は手放し難い。両者協業は、XRPの金融界大量採用と高騰に繋がる。

#XRP

【翻訳】

「景気後退時に投資すべきトップ3」

仮想通貨は潜在的市場崩壊や世界的不況の際、資産保護手段となりうる。

①ETH▶︎速く低手数料。
②XRP▶︎世界不況時は国際送金の必要も。XRPはまさに国際送金用。かつ速く安い。
③LTC▶︎速い。年末600ドル予想も。

#XRP

【翻訳】

「リップル社前CTOのStefan Thomas氏が立ち上げたプロジェクト【Coil】が、クローズドベータ版の段階に」

Coilは、Webコンテンツ制作者の収益化促進が目的。Thomas氏「不可能を可能にするんだ。人々がこれからどう活用してくれるかが本当に楽しみだ」

#XRP

【翻訳】

「超富裕層向けの新たな仮想通貨ファンドはXRPを含む」

カナダ拠点のBalance Custodyが、新たな仮想通貨保管サービスを機関投資家向けに開始。対象はXRPなど8銘柄。

リップルCEO「次回XRP Markets Reportは、富裕投資家の関心の大幅な伸びを示すだろう」

#XRP

【翻訳】

「Web Monetization、開始」

この世界。
プライバシー喪失は深い。
広告会社はネットで我々の好みを追跡してきた。

だが今後は違う。
Coilの技術で第三者を介さないウェブ収益化が可能になったのだ。凄い成果だ。短期間で劇的にサービスを拡大するだろう。

#XRP

【翻訳】

IMFからの特別引出権SDRはドル等のバスケット方式だが、多くの人はドルが大きすぎ、SDR自体の世界準備通貨化等を望む。SDR裏付けの「IMF Coin」発行の意見もあり、学識界は賛同。因みにIMFラガルド専務理事は仮想通貨推しだ。

参考


#XRP

【翻訳】

リップルCEOブラッド「XRPは様々な銀行にとって、まもなくナンバーワン通貨になるだろう」

xRapidに関しブラッドは「年内に銀行一行以上、2019年内には数十の銀行が採用するだろう」と語り、BTC価格連動も「投資家の理解が進めば今後なくなる」としている。

#XRP
XRP
【翻訳】

「XRPは証券と訴える投資家に対し、リップル社プチ勝利」

複数訴訟に関し、同社は訴訟統合を要求していましたが、投資家Oconer提出分は「複雑訴訟」と指定(多数当事者存在等が要件)され、他訴訟と調整される見通し。統合で、異なる判決結果等を回避できます。

【翻訳】

「RippleNetは《中小企業》に国際支払での競争優位性を提供します」

高額手数料、可視制限、数週間もの決済時間等をRippleNetが解決です。確実・安価で、請求書送付もドラッグ&ドロップ、即時です。新興市場への支払増に対応できます。

実需

#リップル

【翻訳】

《リップル社とJ.P.モルガン提携で今年5ドル可能か?》

世界最大の投資銀行はxRapidに注目。提携は価格に影響します。最近モルガン公式ページで即時決済に取組中とあり、取引開始から決済まで簡素化を目的に、40年ぶりの新支払方法を米国初導入の予定です。

#XRP

【翻訳】

《リップル中国事業部長を募集中》

Ripple Chinaの戦略立案、生態系確立(銀行・当局等)。卓越チーム構築経験ある熟練起業家で、中国金融に精通、人脈を有し、顧客とチームに変革と行動を促せる人材求む。

《参考》
リップル、中国へ

#XRP

【翻訳】

《「アンチ・ドルの覚醒」は、多くのエコノミスト予測より、早く激しくなる可能性》

先月のBRICS会合では、ドル覇権闘争への呼びかけが。中国やロシアでは、米ドルを用いない取引の準備/着手も。地球上の4人に1人がドル覇権の終焉に賛同だ。

XRPの出番。

#XRP

【翻訳】

イギリス拠点国際銀行スタンダード・チャータードが、製造業の巨人シーメンスと提携。
貿易金融銀行保証をブロックチェーン上に置く実証を進める。

《参考》
「スタンダード・チャータード、リップルネットを5ヶ国以上に拡大へ」


#XRP

bearableguy123氏は、各種暗示が現実化、注目の的です。XRP年末589ドルも示唆、「偶然の一致」が話題です。例えば次世代プロトコルCobaltは元素名で原子量は「58.9」です。同氏の名を暗号的に解読すると589になったり。真偽は別として謎解きは興味深いです。

《参考》


#XRP

「イギリスはロンドンに本拠地を置くという仮想通貨取引所が、8月28日にVerge(XVG)とRipple(XRP)の取扱いを発表しました。

このは、8月22日に開業したばかりの取引所です」

#XRP #リップル

【翻訳】

世界銀行はXRPを「supra national currency」と称しています。超国家的国際通貨という意味です。実際、XRP活用事例が広がっています。採用が更に拡大すれば、全ての銀行が購入の必要に迫られます。取引所保有も増加します。XRPの将来展望は素晴らしいです。

#XRP

【翻訳】

CoilがXRP支払基盤を強化。Twitter・Reddit・Discordでのアクティブユーザー5億人超にリーチ。

リップル社前CTOでCoil創設トーマス氏「何千トランザクションを1秒ごとに処理できます。Webをより活気のある市場にしますよ」XRP Tip Botにも統合されました。

#XRP

【翻訳】

中国人民銀行総裁「世界経済危機は、現行の国際通貨システムに内在する脆弱性を示している。IMFはSDR配分比率に基づいて、新たな《準備通貨》を創るべきだ」

この記事を思い出した。
「XRPがSDRの役割を担う可能性。30兆円規模」


#XRP

否定野郎たちが
我々リップラーに言う

「お前の資産は
10が1になったな」

XRPは
持ち続ける価値があるのか?

私の答は絶対にYESだ

新時代を切り拓く者は
混沌の兆しに遭遇しようとも
決して退却することはない

強くあれ
XRPを握り続けよ

《どうぞご覧下さい》


#XRP

【翻訳】

世界中の投資銀行は、機会を逃すことを恐れています。Bank of Americaも保管サービスの準備を進めています。近時も機関参入の動きは顕著です。ゴールドマンサックス、ナスダック、モルガン・スタンレー等です。今後も動きは拡大するでしょう。

嵐の前の静けさ。

【翻訳】

アメックスがxRapidの国際送金活用に同意との報道で、XRPは2018年の傑出した仮想通貨になるかもしれません。Bitcoinのように現状の完全崩壊志向は歓迎されません。対してリップル社は金融機関の愛情を獲得しています。既存機関等との協働を志向するからです。

#XRP

【翻訳】

リップル社幹部Birla氏
「xRapidと対照的に、伝統的な銀行は、1960年代生まれのSwiftを使用しています。 これは単に銀行間のコミュニケーション手段で、価値移転しません。不具合対応も数日かかります。現代の電子商取引の複雑さを解決できず、時代遅れです」

#XRP

【翻訳】

CEOブラッド「機関投資家は既にXRPを購入済みか、今年第3四半期(7-9月)に大量購入するでしょう。保管サービスは複数企業が解決に着手し今年・来年中にうまくいくでしょう」
機関投資家やウォール街は市場への関心を高めています。#XRP も再度活況を呈するでしょう。

【翻訳】

《XRPが今年最注目通貨か》

先日リップルCEOが「第3四半期は機関投資家によるXRPの購入・保有高が記録更新するでしょう」と語りました。Weiss Ratingsも技術的成果を随所で賞賛中です。各取引所は一層の顧客獲得につながる #XRP 上場に一層魅力を感じるでしょう。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
コムサが時価7千万円から200万円になっても初志貫徹の私はガチホールドしてたのに結局これかい
コインチェック事件はなんだったんだよぉ♪ざいふ~
しかもBTC放置してたしあちゃーw。日本で禿げ散らかしていやいや飲みちらかしたバチが遂に当たったようです残念無念。いいや別に全勝は無理ぽ
XRP。400円越え高値更新は。ただの。通過点やから。わらう。いくで。やるで。リップル買い増しや。
世界は。XRPが基軸で回り。取引所は。SBIが基軸で回り。仮想通貨界隈は。わしが基軸でまわる。わしらが最終最強無敵の勝ち組や。いくで。やるで。リップル買い増しや《絆》
リップルの国際ネットワーク、5大陸の40カ国に広がる|米資産額9位の銀行も参加を表明

決済ネットワークであるリップルネットが、積極的に世界各国の主要金融機関、並びに国際送金業社との提携を行った結果、4大陸、40カ国にも拡大
SWELLを目前に再度XRP価格も上昇に転じた。
経営陣交代でZaifにXRP上場もあり得ますね。
一言ゆうと。XRPは。テクニカルみん方がええで?チャートみよる短期は。失敗する。わらう。いくで。やるで。リップル買い増しや。
この際なので言わせてもらいますよ?

こんな価格操作されまくりのBTCがETF承認なんてあり得るわけないでしょうが

ゴミだよゴミ
Zaifの件はXRPとは関係ないので忘れましょう。
仮想通貨XRPが再び急騰、40円を突破|リップル社主催の国際カンファレンスを10月1日に控える


仮想通貨XRP(リップル)が、再び大きな急騰を記録した。
ビットコインの相場が上昇に転じ始めたタイミングで急騰、前日比で14.7%のプラス、日本円で40円をついに超えた。
おすすめサイト