Huobi Japanさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Huobi Japanさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
23:21 2019年01月22日

◆TenX、暗号デビットカードを発表◆

18日、TenX社は同社発行のVISAカードをリニューアルし、TenX VISA暗号デビットカードを発表した。
同カードは現在シンガポールのみでの発行だが、今後数週間以内にアジア太平洋地域をカバーすることを目標にしている。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆Digital Trust、ウズベキスタンにSTOを導入へ◆

フォーブスによれば、新技術への投資媒体Digital Trust社はウズベキスタンにSTOを導入する計画であり、同社の投資ディレクターBobir Akilkhanov氏は既にこのためのフレームワークを構築していると述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆ロシア副財相「暗号デビットカード取引は合法」◆

ロシア財務副大臣Alexei Moiseev氏は、「売り手はロシアルーブルで代金を受け取ることが可能なため、商品やサービスの支払いに暗号通貨デビットカードを使用することはロシアの法律に矛盾しない」との見方を示した。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆アメリカで暗号通貨のドラマを作成◆

アメリカの人気コメディ「Entourage」のKevin Connolly氏が「cryptos」というドラマを制作している。
新しい映画を撮影するため、暗号通貨による資金調達を試みる映画愛好家グループの物語だという。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆Grandline共同創設者「現在の暗号通貨は支払いには適していない」◆

金色財経等が米国で主催したワークショップでGrandlineの共同創設者Lianxin He氏は「現在、BTC等の暗号通貨の価格は大きく変動しており、支払いには適していない」と述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆EU規制当局「ETFの承認は暗号通貨への圧力を緩和する」◆

EUの規制当局は「暗号通貨市場には高いボラティリティ等の問題があり、統一された規制を設けるべきだ」とする報告書を引用し「BTCのETFが承認されれば暗号通貨に対する規制圧力を軽減できる」と述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆「2019年、各国のデジタル資産規制は明確に」◆

起業家でVCの陳偉星氏は、「2019年にはブロックチェーンの応用方法が明確に分かる。市場は次第に回復する。各国は自国の法律に従って、詐欺師を罰する法令遵守モデルが徐々に明確になるだろう。」と予想した。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆韓国K-starグループ、ブロックチェーン決済を拡大へ◆

同社はブロックチェーンベースの決済システム「STARPAY」を更に拡大する計画を明らかにした。
サービス範囲を拡大し、日常生活へのブロックチェーンベースの決済システムの導入を主な目的に掲げる。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆2019年はライトニングネットワークにとって重要な1年◆

仮想通貨アナリストのArjun Balaji氏は、「同ネットワークのセキュリティ・流動性・プライバシー・ユーザーエクスペリメンスが改善される。」と述べた。
今年中にメインネットワークに入ると予想されている。

【情報提供:金色財経】

◆サウジとUAE、仮想通貨の共同実験を含むイニシアチブを発表◆

サウジアラビアとUAE(アラブ首長国連邦)は、7つの戦略的イニシアチブを発表。そのうち1つがサウジアラビアの実験的な仮想通貨。銀行を対象とし、国境を越えた支払いを容易にするための実験を行う。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆米格付け機関「新しい強気市場が形成される」◆

米格付け機関Weiss Ratings社のWeiss氏は、「BTCは底打ちし、新しい強気市場のサイクルに入っている。BTCはゴールドのようなものであり、仮想通貨は投資家にとって、安全な避難所となるかもしれない。」と述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆英ブロックチェーン協会、SmartDec社の加入を承認◆

イギリスの金融委員会(The Financial Commission)は、同機関の下属組織であるブロックチェーン協会にサイバーセキュリティ関連企業SmartDec社が加入することを承認した。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆韓国、ブロックチェーン関連のサンドボックス制度適用申請を受付け◆

韓国政府は、新技術事業化のため一時的に現行法の規制を停止するサンドボックス制度の施行を開始した。既にブロックチェーンベースの海外送金サービス等による適用申請を受け付けている。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆「ブロックチェーンがマレーシアに多くの雇用を創出」◆

マレーシアのヘッドハンティング会社Randstadは、レポートの中でブロックチェーン技術を利用してますます多くの人が新しいスキルを獲得するようになり、地元で多くの雇用が創出されていると述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆IBM上海本部始動でブロックチェーン等の技術が集結◆

IBM中国の上海本部及び研究開発ビルの使用が正式に開始された。
上海本部にはブロックチェーンをはじめとするIBMの最先端技術や、主要事業の製品およびサービスが集結している。

【情報提供:幣世界】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆運輸・物流大手UPS、ブロックチェーン企業に投資◆

運輸・物流大手UPSのベンチャーキャピタル部門は、ブロックチェーンスタートアップのInxeption社に投資した。
同社は2017年に設立されたブロックチェーンベースのイーコマースプラットフォーム。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆ウガンダがアフリカ地域ブロックチェーンの中心に◆

世界経済フォーラム中華圏首席代表のDavid Aikman氏は、ウガンダがアフリカ地域のブロックチェーンの中心になりつつあると述べた。
もしウガンダが中心となれば、同国は投資と開拓者を引き付け、有力な新興国となる。

【情報提供:金色財経】

◆南ア、仮想通貨取引の追跡開始◆

南アフリカ準備銀行の暗号資産規制チームは、規制を延期すべきではなく、明確なアプローチを取るべきだと述べた。
AML/KYCに重点を置き、仮想通貨取引やビットコインATMが既存の南アの金融安全法に準拠しているかを確認する。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆英国歳入関税庁、仮想通貨投資者へ納税を呼びかけ◆

1月31日は、英国の納税申告書提出期限である。
英国歳入関税庁(HMRC)は、仮想通貨投資を行う場合は法人税、所得税、キャピタルゲイン税等の納税が必要になる可能性があることを改めて通知した。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆北京市政府、SWIFTと提携◆

北京市政府は、国際銀行間通信協会(SWIFT)との提携を発表した。
SWIFTは、北京に外資独資企業を設立する。ベルギー本社から中国での事業を引き受け、中国ユーザーにローカライズしたサービスを提供するという。

【情報提供:幣世界】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆ブロックチェーンを製薬業界へ◆

ソフトウェアテクノロジー会社のChronicledは、1600万ドルの資金を用い、製薬業界でのブロックチェーン技術応用に取り掛かることを発表した。
ブロックチェーン技術は、医薬品サプライチェーンを追跡するのに役立つという。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆石油大手企業がVaktへ加入◆

ロンドンに本拠を置くVaktは、石油大手のシェブロン、トタル、そしてインドの大手精製業者が、ブロックチェーンプラットフォームに加入したことを発表した。
Vaktは、昨年末から大手貿易会社によって商品取引に使用されている。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆IoT業界でのブロックチェーン採用、2018年に倍増◆

Gemalto社によれば、過去1年でIoT業界でのブロックチェーンの採用率は9%から19%に倍増した。また、IT・ビジネス業界の950名を対象とした調査では、23%が同技術はIoTデバイスのセキュリティ問題に有効だと回答した。

【情報提供:幣世界】#huobi

◆SARB、仮想通貨レポートを発表し意見を募集◆

南アフリカ準備銀行(SARB)は、仮想通貨の潜在的なメリットとリスク、及び同銀行による規制の方針についてのレポートを発表した。また、2月15日まで同レポートに対する意見を募集している。

【情報提供:幣世界】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆「カナダにはブロックチェーンベースのデジタルIDシステムが必要」◆

カナダ銀行協会のCEOであるNeil Parmenter氏は「カナダはブロックチェーンベースのデジタルIDシステムを構築し、ブロックチェーンや生体認証等の技術を活用する必要がある」と述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆イーサリアムハードフォーク、来週月曜まで延期か◆

EIP(イーサリアムの改善提案)1283に重大な脆弱性が見つかり、「コンスタンティノープル」ハードフォークが再度延期された。
新しい実施日程は金曜日の開発者会議で決定され、月曜日となる見込み。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆マーシャル諸島国家仮想通貨、今年発行が目標◆

関係者によれば、マーシャル諸島の国家仮想通貨Soverign(SVO)計画は、投資者・開発者等の模索が進展しており、2019年中の発行を目標にしている。また、本計画はスマート紙幣で知られるTangem社との提携も発表した。

【情報提供:金色財経】#huobi
VEN
◆VeChainとワイン生産者が提携◆

商品の生産元追跡が行えるプラットフォーム・VeChainは、イタリアの有名ワインメーカー三社と提携を行う。
同三社はVeChainのラベルやボトルを使用し、QR読み取りにより消費者がワインの生産元情報を得られるよう取り組みを行う。

【情報提供:金色財経】

◆米国連邦政府、最長停止期間を更新◆

米国連邦政府は現在23日間停止しており、これまでの最長記録を更新した。
商品先物取引委員会の閉鎖は暗号通貨市場に直接的な影響を与えており、同委員会は、インターコンチネンタル取引所によるBakktの時間に影響を与える。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆南米のBTC取引が急成長◆

南米のP2P仮想通貨取引市場は、ここ数週間で大幅な成長を見せている。
BTC建てと法定通貨建て双方で見た取引量は、コロンビア、ペルー、ベネズエラ、アルゼンチン、ドミニカ、メキシコで記録的な数字となっている。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆米国大統領選候補者、仮想通貨投資経験を告白◆

2020年米国大統領選挙への出馬を表明している議員・Tulsi Gabbard氏は、2017年12月に1.5万ドル相当の仮想通貨投資を行ったことを明かした。
購入した通貨はETHとLTCで、既に一部損失を出したと見られている。

【情報提供:幣世界】#huobi

◆「ビットコインのエコシステムは『健康』な状態に戻ってきている」◆

BitpayのCCO・Sonny Singh氏は、インタビューの中で「どの業界においても一年で20倍の成長は大事件であり、調整が起こるのは必然だ」と述べ、仮想通貨業界の将来に楽観的な見方を示した。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆ジャック・マー「海南はブロックチェーンでデジタル政府を設立すべき」◆

アリババのジャック・マー氏は海南人民政府起業家コンサルティング会議で「海南はブロックチェーンを利用してデジタル政府を設立し、貿易の簡素化・現代化を推進すべきだ」と述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆ブロックチェーン開発者の収入は上昇中◆

Janco Associates社の調査によれば、ブロックチェーン開発者の年収は過去半年で4,000ドル以上増加し、その中央値は132,000ドルと他の分野のソフトウェア開発者より大幅に高くなっている。

【情報提供:幣世界】#huobi #フォビ #仮想通貨
BTC
◆英司会者、多額損失でも楽観的◆

イギリスの番組「What Bitcoin Did」の司会者McCormack氏は、最近の弱気市場で100万ドル近い損失を出しながらも、なお仮想通貨に楽観的な態度を示し、特に戦争中の国などでは仮想通貨が弱者にも権力をたらす役割を果たしていると述べた。

【情報提供:金色財経】

◆ゲームで7万ドル以上のビットコインを獲得◆

昨日、映像ストリーミングサービスTwitchでゲームRuneScapeをプレイする様子を配信していたハンドルネームSick_Nerd氏は、視聴者から計7万ドル相当以上のビットコインの寄付を受けた。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨
BTC
◆アルトコインがBTC暴落の原因か◆

セントルイス連邦準備銀行によれば、アルトコインがBTC暴落の原因である可能性があるという。
同行は、多くのアルトコインに投資が集まることにより、BTCとの競争が生まれ、仮想通貨全体の購買力に下向きの圧力がかかっていると述べた。

【情報提供:幣世界】
BTC
◆BTCエコシステムは健全な状態へ◆

Bitpay CEO・Sonny Singh氏は、2018年、仮想通貨業界は不安定な状態が続いていたが、2019年には健全化すると述べた。
仮想通貨は、伝統的な金融業と比べて多くの利点があるため、今後数カ月で多くの支持を集めるようになるという。

【情報提供:金色財経】

◆ブロックチェーンは最高のソリューション◆

AmbrosusのCEOは、マッキンゼーのレポートに対して意見を述べた。
同氏は、ブロックチェーンに過大な注目が集まっているのは確かだが、多くの領域において最高のソリューションであることは間違いないと述べている。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆ブロックチェーンにとって拡張性・容量・安全性が重要◆

テクノロジーメディアであるSV Insightは、最新の調査報告書で「ブロックチェーン技術基盤における3つのキーワードは、スケーラビリティ・ストレージ・プライバシーとセキュリティである」と指摘した。

【情報提供:金色財経】

◆ライトコインの71.5%が発行済み◆

はMediumで既に6000万枚のライトコインが発行されたと発表。これは発行上限の約71.5%に相当し、残りの発行数は2400万枚になる。
また、次にマイニング報酬が半減するのは今年の8月8日頃と推測される。

【情報提供:幣世界】#huobi

◆BitPay CCO「仮想通貨の将来を楽観視している」◆

BitPay CCOのSonny Singh氏はインタビューに答え「私は長期的な仮想通貨の将来を楽観視している。新しい企業と技術者がこの分野に参入し続ければ、発展は続く。質の悪い企業は淘汰されている」と述べた。

【情報提供:幣世界】#huobi #フォビ

◆米大学教授「市場が低迷した時が絶好の投資時期だ」◆

カーネギーメロン大学の客員教授であるLake Dai氏は、ブロックチェーンの発展について「市場が低迷した時が投資家にとって絶好の投資時期だ。インターネットバブル崩壊後も投資は高いリターンを得た」と指摘した。

【情報提供:金色財経】

◆SEC、19年も仮想通貨を優先審査◆

SECのコンプライアンス検査局(OCIE)は、2019年の審査リストの中で、仮想通貨を優先事項に含めると発表した。
OCIEは、デジタル資産に関する監視を続け、証券に該当する場合は、コンプライアンスを遵守しているか検査すると表明した。

【情報提供:金色財経】

◆Scarlett Zhang氏「Dappが持つべき特徴は、ビジネスの効率を向上させること」◆

Bizkey共同創設者の同氏は、Dappの持つべき特徴として、「アプリケーションであるので、ニーズを満たしたり、ビジネス効率を向上させたりするなど、価値を持たせる必要がある」と述べた。

【情報提供:金色財経】

◆米ワイオミング州、新しいトークン法案が可決◆

同州は、ユーティリティトークン法案の改正案が可決。一定の消費価値があるトークンを無形の個人資産とし、同トークンを有価証券として定義しないとした。
米国では、規制を強化するSECに対抗する動きが広まっている。

【情報提供:金色財経】

◆マイク・ノボグラッツ氏、プリンストン大学に仮想通貨を寄付◆

仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルCEOの同氏は、妻のSukey Cáceres氏と共に、プリンストン大学のBridge Year Programに仮想通貨で寄付する。
このプログラムでは、学生が新興国に9ヵ月間に滞在する。

【情報提供:金色財経】

◆休眠中のBTCウォレットが再び活発に◆

Flipside Cryptoのデータによると、長期休眠中のBTCウォレットが再び活発になっている。多くのBTC保有者は、半年~2年半の間、ウォレットを使用していなかったが、昨年10月頃より仮想通貨が移動される傾向にあるという。

【情報提供:幣世界】#huobi #フォビ

◆中国政府機関元主任「ブロックチェーンがサプライチェーンを統合」◆

中国・情報センター元主任の徐氏は「ブロックチェーンはトレーサビリティ、記録の保存、情報共有を実現し、生産・流通・消費を繋げる。今年はブロックチェーンがサプライチェーン統合を促進」と述べた。

【情報提供:金色財経】
LTCBCHETHBTC
◆仮想通貨ATMの99.9%がBTCに対応◆

COINUT取引所のデータによると、世界中の4167の仮想通貨ATMのうち、99.9%がBTCに対応、ライトコイン・ETH・BCH・ダッシュコインと続く。
ライトコイン開発者のチャーリー・リー氏もこのデータに注目している。

【情報提供:金色財経】 #huobi#フォビ

◆英国の理髪店が仮想通貨を受け付けへ◆

イギリスのある理髪店は、BTC・ETH・ライトコイン・モネロなどの仮想通貨による支払いを受け付けている。
店長によると、ETHが最も多く使用され、BTCは比較的使用者が少ないという。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨
NAS
◆NASA、ブロックチェーンでフライトデータを保護◆

NASAのコンピュータエンジニア、 Ronald Reisman氏はブロックチェーンネットワークとスマートコントラクトがセキュリティ問題の解決に役立つとする論文を発表。フライトデータの機密性と安全性を確保する。

【情報提供:金色財経】#huobi#フォビ

◆Qraft Ether、商業ブロックチェーントレーニングコース開設◆

EEAの韓国オフィスQraft Etherは、韓国国内で商業ブロックチェーントレーニングコースを開設する。
ブロックチェーン業界の専門家育成を目的としており、Consensysとの提携によって構想が現実化した。

【情報提供:金色財経】#フォビ
BTC
◆世界的な景気後退が仮想通貨需要の急増を招く◆

仮想通貨取引プラットフォームSFOXのアナリストは、世界的な景気後退が仮想通貨需要の急増を引き起こす可能性があると述べた。
BTC価格と株式市場は無関係であるため、株式市場がクラッシュした際にBTC需要が高まるという。

【情報提供:幣世界】

◆BTC先導者「暗号通貨はハイエンド市場となるべき」◆

ブラジルのBTC先導者Samuel Maurer氏は、BTCはチューリップバブルとは異なると述べた。
同氏によれば、BTCは技術の点で他の如何なる商品とも異なり、健全性と流動性を証明しているという。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ #仮想通貨

◆米国国会議員「大多数の仮想通貨はSECに管理されるべきでない」◆

米国国会議員のDarren Soto氏は、大多数の仮想通貨は同国SECの監督を受けるべきではないと述べた。
同氏によれば、仮想通貨は商品先物取引委員会や連邦取引委員会によって監督されるべきだという。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆UAE政府、21年までに業務の50%にブロックチェーンを使用◆

UAE政府は、年次総会で「AIとブロックチェーンガイドライン」を採択、同テクノロジーに重点を置くことに合意した。
同国政府は、2021年までに業務の50%にブロックチェーン技術を用いる方針。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ

◆韓国政府、取引所へのセキュリティ検査結果を発表◆

韓国政府は、国内の仮想通貨取引所に対して実施したセキュリティ検査の結果を発表。
38社のうち、85件全ての検査に合格した取引所は、Upbit、Bithumb、Gopax、Korbit、Coinone、Hanbitco、Huobi Koreaの7社のみだった。

【情報提供:金色財経】

◆ブロックチェーンがビジネスのやり方を変える◆

世界最大級の運用資産団体フランクリンのファンドマネージャーであるGrant Bowers氏は10日、最新レポートを発表。「電子決済・ブロックチェーン・仮想通貨は、金融機関や小売業者のビジネスのやり方を変える。」と指摘した。

【情報提供:幣世界】
BTC
◆「ETFを現実に」◆

Winklevoss兄弟は、「ETFを現実のものにするために働き続ける」とインタビューで述べた。
同時に、Tyler Winklevossは「BTCは金より優れていると考えている。これが正しければ、時間の経過とともにBTCの市場価値は金の市場価値を上回るだろう」と述べた。

【情報提供:幣世界】
BTC
◆コネチカットのソフトウェアエンジニアリング学校、BTC寄付を獲得◆

「デジタル化革命推進」を目指し、2年間の高等教育プログラムを行うニューヘイブンのHolberton Schoolは、1万ドル分のBTC寄付を獲得した。
Scroll Networkの創設者Nathan Pitruzzello氏が寄付者。

【情報提供:金色財経】
BTC
◆「BTCはより顧客目線になり、変動性を低減すべき」◆
 
前EYブロックチェーン責任者Champion de Crespigny氏は、ビットコインは優れた貨幣形式の一種だと評価したうえで、「ユーザーに日常的に使用してもらうために、より顧客目線になり、変動性を低減すべき」と述べた。
 
【情報提供:金色財経】

◆米政治評論家、クラウドファンディングにBTCを使用◆
 
アメリカのリバタリアン政治評論家Dave Rubin氏は、今後クラウドファンディングにBTCを使用すると発表した。同氏がこれまで使用していたプラットフォームPatreonのいわゆる審査制度に抗議したもの。
 
【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ
ETH
◆ネバダ州、ETHで結婚証明書を保存◆

ブロックチェーンの利用はアメリカの地方自治体のサービスにも拡大されている。
ネバダ州でデジタル結婚証明書をETHブロックチェーン上に保存するサービスを実施。2018年12月の時点で約950組がデジタル婚姻証明書を受け取った。

【情報提供:金色財経】

◆「ドバイは数年内にブロックチェーンの中心へ」◆

SMART DUBAIのAisha Bint Butti Bin Bishr博士は「ドバイは記録的な速さでブロックチェーン業界の起業家等の目的地になった。ドバイは数年以内にブロックチェーンを利用したスマート都市になるだろう」と述べた。

【情報提供:金色財経】
BTC
◆プリンストン大学、BTCの無料オンライン講座を再開◆

プリンストン大学はBTCと仮想通貨に関する無料オンライン講座を再開させた。
講座は一般に開放され、現在9000人以上の学生が興味を持っている。
BTCの機能や価格決定の要因等を学生に理解してもらうことが目的。

【情報提供:金色財経】

◆BTC専門家「BTCは金を超え、基軸通貨へ」◆

YouTube上の動画「Bitcoin Q&A: Will bitcoin become the world‘s reserve currency?」の中でBTCの専門家Antonopoulos氏は「BTCの機能は金を超え、基軸通貨になるだけでなく、独自の使用方法を持つだろう」と述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆ステーブルコイン発行者はライセンスが必要に?◆

テキサス銀行局の局長Cooper氏は、地方自治体の法規制に基づく仮想通貨の扱い方のアウトラインを公開。同氏は「ステーブルコインは貨幣に相当する可能性がある」とし「取引所等は法律を遵守しなければならない」と述べた。

【情報提供:金色財経】

◆AEAが仮想通貨とブロックチェーンに関する報告会を実施◆

AEA(米経済学会)は年次会議の中で、「ブロックチェーンとトークン経済学」と題する報告会を行い、4つの学術論文を検討する。
これはブロックチェーンが有力機関の認可を受けつつあることを意味する。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆サトシ・ナカモト氏、金融界に最も影響力がある人物のランキングで44位に◆

CCNによると、はサトシ・ナカモト氏を金融界に最も影響力がある人物のランキングで44位に位置づけた。
ランキングには主要国の首脳や金融機関のトップが名を連ねている。

【情報提供:金色財経】

◆相場の変動はブロックチェーン技術の採用を妨げない◆

EYのブロックチェーン専門家Brody氏は「仮想通貨の価格下落はブロックチェーン技術の採用を妨げなかった」と述べた。
同氏は、大きな価格変動とそれに対するメディアの注目が、技術の進歩を隠していると認識している。

【情報提供:金色財経】
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
ハイサイ♪♪
MNF第19弾
第19弾は"Shangri-La"です
是非見てください
Mobileの方にはlong/verも載せてます
是非に
#shangrila
#practice
#freestyle
#次は20弾
#お楽しみに
#与那嶺瑠唯
XRP支持者は今ある暗号通貨の中でプロジェクト実現の為に綿密な計画を練り、適切な人事を充て政府や規制当局と対話し着実に進み本気で計画を実現させようとしてるからだと思う
リップルが机上の空論を並べるだけで何も進まないプロジェクトなら皆支持して無いと思う
投資ってそうゆうものだと思うよ
XRPは将来的に100万円になるので、30円が3円になろうが誤差なんですね。

イケハヤはブログの利益をコツコツ積み立ててますよ〜w損切りさえしなければ絶対損しませんからね。

これ、普通にリスクがゼロの投資だと思うな〜。いわゆる勝ち確ってやつです!まだXRP持ってないの?w
お待たせしました!昨年末にリリースした「heart of android」のデジタル配信が1/31から開始になります!Spotify, iTunesなど各種サイトにて取扱予定です。
Thank you for waiting! My latest album, "heart of android" is gonna be released in 31st Jan. on digital stores, Spotify, iTunes, etc.!
今後XRPが価格上昇するのか?との疑問があるみたいなので自分なりの考えを書く。XRPは言わずもがな国際送金などの価値と価値を繋ぐブリッジ通貨として機能し、今までと比べ低コストで瞬時に送金出来る仕組みを目指しています。そしてこれが実現された時には価格は今よりも確実に上がると考えています。
今更ながらこいつ買ったぞ!

ここに長期ガチホ用仕込んで孫の代までガチホや
$BTCJPY
4時間足
着実にボラティリティがなくなってきているのがわかります。
暴落後にできたティセンディングが成立するならば35万円の規定大底を割る可能性が出てきます。
今後の展開として、35万タッチ後にリバウンドしてレジスタンス(ピンク)越えたのちに底へ回帰すると見ています。
XRPについて詳しく説明したら、宗教呼ばわりとは雑な批判ですね。

リップラーはリップル社の技術や政治力を伴ったプロジェクトの完成度に投資してるのであって、理論を超えた盲信をしてる訳ではないので、宗教ではないです。
しかも、プロジェクトが成功するかを常に厳しい目で判定し続けています
Intel: Operation Disclosure 1/20
今夜はスーパーブラッドウルフムーン。トランプは皆既月食後に非常事態宣言をする事ができる。偶然の一致ではない。新しい量子金融システムの運用が開始される。悪用したり迂回する事は出来ない。人類史上最大の事が起ころうとしている。
税制はほんと考えてほしいよな。
もし、xRapidエコシステムに参加する取引所がマーケットメイクにXRPを使用した際にいちいち税金が発生していたら、次世代の金融インフラの足枷に確実になる
通貨ごと、用途ごとに細かく措置が変わるぐらいしないと、国にとってもとんでもないマイナス要因になりそう
おすすめサイト