Huobi Japan Mediaの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Huobi Japan Media の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
06:39 2019年10月16日
ADA
◆ニューバランス、ブロックチェーンで製品の供給源を追跡できる◆ アメリカの大手フットウェアブランドのニューバランスは、ブロックチェーンプラットフォームCardanoと連携を結んだ。目標はブロックチェーン技術を使用して、顧客が製品の供給源を追跡できることだ。
BNBEOSTRXNEOLTCBCHXRPETHBTC
◆過去1時間のTwitter暗号資産ディスカッションのキーワード:LINKが3位に◆ 過去1時間のTwitter暗号資産ディスカッションのキーワードで、BTCが170件で1位だった。2位は58件でETH、LINKは51件で3位に浮上した。それ以降は、XRP、LTC、BCH、EOS、BNB、NEO、TRXの順となっている。
BTCUSDT
◆円、ビットコイン取引の2番目に大きな通貨◆ 現在のビットコイントランザクションは、 1位:USDT 66.90%、 2位:円11.10%、 3位:米ドル10.93% 4位;ユーロ4.66% 5位:QCash(QC)2.43%となっている。
BTC
◆ Blockstream、投資機関フィデリティとLinkedInの創業者にマイニングサービスを提供◆ Blockstreamがマイニングセンターを建設し、企業向けにビットコインのサービスを提供している。初期の顧客に米の投資機関フィデリティとLinkedInの創業者Reid Hoffmanが入っていると述べた。
BTC
◆BAKKT、ビットコイン先物取引を開始◆ Bakktは昨日、インターコンチネンタル取引所(ICE)で現物決済のビットコイン先物取引を開始した。公式ツイートによると、最初の取引は東京時間9月23日9時2分、1万115ドルの価格で実行された。
BTC
◆Bakkt Warehouseは、ビットコインの安全保管を提供◆
BTC
◆Bakkt、ビットコインオプション取引のリリースを検討中◆ 関係者によると、Bakktはビットコインオプション取引のリリースを検討している。 一方、競合他社のシカゴ・マーカンタイル取引所は、来年の第1四半期にビットコインオプションをリリースすると発表し、現在規制当局による審査を受けている。
BTC
◆Bitcoin Depot、米国で700台のBitcoin ATMを追加◆ 暗号資産ATM会社Bitcoin Depotは、米国でATMネットワークの拡大を計画している。 同社は、米国に300台のBitcoin ATMを所有しており、2020年末までに1,000台に増加すると計画だ。
BTC
◆CMEグループ、ビットコインのオープンポジション数は61%増加◆ Coindeskによると、機関投資家の増加により、CME Groupの前四半期のビットコイン先物契約のオープンポジション数は、前年同期と比べって61%増加した。
BTC
◆Google、Facebookの元幹部:BTC時価総額は75%以上◆ GoogleとFacebookの元幹部であるAvichal Gargは「ビットコインの時価総額を測定する標準的な手法には欠陥があり、全く流動的でないコインが計算に含まれていないと考える。BTCの実際の市場価値は、75%を超える可能性がある」と述べた。
BTC
◆Lightning Network、ノードの数とネットワーク容量が大幅に増加◆ 2019年上半期、Bitcoin Lightning Networkのネットワーク容量が87%増加し、利用可能なノードの数が2298から4576に99%増加した。
BTC
◆PwCルクセンブルグ支社、BTCの支払いを受け入れる◆ 4大会計事務所の1つPwCルクセンブルグ支社が、10月1日から顧客のビットコイン支払いの受け入れを発表した。今回の発表は、顧客の要望と共に、成長する暗号資産業界のエコシステムをサポートするという同社の考えに沿ったものだとしている。
BTC
◆アルゼンチン、BTCを準備通貨とする初の国か◆ 先日、アルゼンチンペソが米ドルに対して30%以上下落した。アルゼンチンの人々のビットコインに対する熱意は前例の無いほど高く、一部のエコノミストは、アルゼンチンの中央銀行が準備通貨にビットコインを含めることを提案している。
BTC
◆ウォール・ストリート・ジャーナル、VanEckとSolidXが機関投資家に向けてビットコインETFの販売開始と報道◆ SECによって現在ビットコインETF上場審議中のVanEck とSolidXが、一部制限して機関投資家に向けてビットコインETFの発売を9月5日(木曜日)に開始と報道した。
BTC
◆オーストラリアの大手小売業者、BTC支払い受け入れ◆ オーストラリアの小売業者Independent Grocers of Australiaはオンラインショッピング中に全ての食料品の支払いにビットコインを使用することを許可した。 同社はオーストラリアに約1,400店舗を展開している。
BTC
◆ドイツのバーガーキング、ビットコインの支払いを開始◆ 9月2日にドイツのBurger Kingがビットコイン支払いの受け入れを発表しました。 ビットコインを通じてお気に入りの食べ物を購入することができます。 Burger KingのAPPの中にもVisaカードやPayPal以外にビットコインが追加されました。
BTC
◆ビットコイン、暗号資産市場の70%を超え◆ 中国仮想通貨メディア「幣世界」のデータによると、現在、ビットコイン(BTC)が暗号資産市場シェアの70%を超え、70.1%に到達しました。 2017年3月以来の最高値を更新しました。
BTC
◆ブラジルのIRS、すべての暗号通貨取引の報告を要求◆ 8月1日以降、Bitcoinなどの暗号通貨を含む取引はIRSに報告されなければならない。 報告書によると本法案で、暗号化関連取引の発生後に月末までに月次報告を提供することを企業に要求していると述べている。
BTC
◆ブラジル税制改革、暗号資産の脱税行為につながる◆ サンパウロ州工業連盟(FIESP)のPaulo Skaf会長は、ブラジルのボルソナーロ大統領の税制改革の提案に対し、懸念を示している。 同氏は取材で、新しい税制が国民のBTC等の暗号資産による脱税行為につながると警告。
BTC
◆ブラジル証券取引委員会、仮想通貨投資プラットフォームには、当局の承認が必要◆ ブラジル証券取引委員会は、仮想通貨投資のため第三者から資金調達する企業または個人は、委員会の承認が必要であると述べた。 同委員会はまた、ビットコインなどの仮想通貨は証券として理解できると付け加えた。
BTC
◆ベネズエラ、ビットコインプレミアムが発生◆ Localbitcoinのデータによると、ベネズエラでビットコインを購入する価格(VES)は600ドルより高くなっている。 ベネズエラでは、ビットコインに対する需要は、明らかに高い。
BTC
◆モーガンクリーク創設者、機関投資家ポートフォリオにビットコインが表示されると発言◆ Anthony Pompliano氏は、Bakktのビットコイン先物取引の導入について、「そのようなインフラが多ければ多いほど、ビットコインはより強くなる、最終的に各機関投資家のポートフォリオに表示される」と述べた。
BTC
◆ライトニングネットワーク、ノード数9,500超え◆ ライトニングネットワークで、先日ネットワークをサポートするノードの数が9,521に達した。一方、チャネル数とネットワーク容量は減少し続けている。 現在、ライトニングネットワークの収容能力は828.04BTCで、約9億2,290万ドルだ。
BTC
◆中国暗号資産投資家、高所得層の男性が独占◆ Economic Observer Onlineのレポートで、中国の暗号資産投資家は高所得層の男性がほとんどを占めていると発表された。彼らは一般的にBTCの展開に楽観的であり、投資家のうち30%が今後12ヶ月でビットコインが30,000ドルに達すると予測している。
BTC
◆仏、25,000の小売業者がビットコイン支払いを受け入れへ◆ 支払い会社Easy2Playは、Global POSと提携して、フランスの小売業者にビットコインサポートを提供する。2020年3月までに、セフォラとデカスロンなど、30の大手ブランドを含んだ25,000を超える小売業者がカバーされると推定される。
BTC
◆仏、6,500以上のタバコ店でビットコインを販売へ◆ Beincryptoによると、フランスのフィンテックグループKeplerkは、6,500以上のタバコ店でビットコインを販売するサービスを再開すると発表した。 顧客は、50、100、または250ユーロ相当のクーポンを使用してビットコインを購入できる。
BTC
◆国際財務報告解釈指針委員会、ビットコインを無形資産として定義◆ 国際財務報告解釈指針委員会(IFRIC)は、ビットコインを含む暗号資産は、金融資産でも法定通貨でもなく、「無形資産」であると判断した。具体的には、「物理的実体のない識別可能な非貨幣性資産」と定義されている。
BTC
◆独バイエルン銀行、金に代わるビットコインを強く支持◆ ドイツ最大の銀行の1つであるバイエルンLBは暗号資産に関するレポートを発行した。同レポートによると、金に代わるビットコインを強く支持し、2020年にビットコインの半減期後、価格は急激に上昇する可能性がある。 
BTC
◆米SEC議長、暗号資産のカストディが重要な問題◆ 米SEC議長Jay Clayton議長がインタビューで、「ビットコインETFが近くなってくるが、暗号資産のカストディが重要な問題である」。「海外で取引する際の追跡問題」、「価格操作」などの状況を把握する必要があると説明した。
BTC
◆米国議会、ブロックチェーンに関するレポート発表◆ 米国議会調査局は8月9日、「Bitcoin, Blockchain and Energy Sector」を発表。 国家エネルギー部門でのブロックチェーンの潜在的な用途や、暗号通貨マイニングに関連する国内および国際的なエネルギー消費の現状について詳しく説明している。
BTC
◆英警察局、60万ドルを超えるビットコインをオークションに◆ 今日、イギリス警察当局は、押収された60万ドルを超える暗号資産をオークションにかける。これらの暗号化資産は、個人データを違法に販売し、ハッキングサービスを提供した犯罪者から押収された。
BTC
訂正:現在、ライトニングネットワークの収容能力は828.04BTCで、約902.29万ドルだ。
DASHXLMLTCXRPETHBTC
◆オーストリア通信事業者A1、7店舗で暗号資産での支払い受け入れ◆ オーストリアの大手通信事業者A1は、8月19日より7店舗で暗号資産での支払いを受け入れた。A1ユーザーは、BTC、ETH、XRP、LTC、XLM及びDASHの6つの暗号資産を用いて支払いを行うことができる。
EOSLTCBCHETH
◆スペインの旅行代理店、暗号資産の支払いをサポート◆ スペイン最大の旅行代理店の1つであるDestiniaは、BCH、EOS、ETH、LTC、Dashなどの暗号資産での支払いをサポートする。 顧客はこれらの暗号資産を航空券、チケット、ホテルの支払い方法として使用できる。
EOSXMRTRXLTCBCHXRPETHBTCUSDT
◆過去1時間のTwitter、暗号資産のキーワード分析:BTCが1位◆ 過去1時間のTwitter暗号資産ディスカッションのキーワードは、BTCが136件で1位となった。2位は49件のETH、3位は39件のXRPだ。4位以降の順位はLTC、EOS、LINK、BCH、USDT、TRX、XMRとなっている。
EOS
◆BitGo、EOSのMultisig Wallletとホスティングサービス開始へ◆ 本日、BitGoがEOSのMultisig Walletとホスティングサービスをサポートすることを発表。これにより同社は、現在200以上のトークンをサポートし、機関投資家の幅広い資産の保有が可能となった。
EOS
◆Eスポーツのインフラを提供する会社Matcherinoは、ブロックチェーンツールを開発◆ Eスポーツのインフラを提供する会社Matcherinoは150万ドル投資を受け取った。Galaxy EOS VC FundやWells Fargoなどの企業が投資に参加した。
EOS
◆ドイツ銀行、債権をEOSのメインネットでトークン化◆ dBondsの開発チームは先週金曜日、ドイツ銀行の債権をEOSのメインネットでトークン化することに成功したと発表した。この債権はEOSブロックチェーンでの最初のデジタル債権だ。
ETCETH
◆ETC Labs、iZbreakerと提携しdApp開発へ◆ 8月28日、イーサリアム・クラシックの開発組織Etherum Classic Labsは、ETCブロックチェーンで稼働するソーシャルメディアdApp、iZbreakerとのパートナーシップを発表した。
ETCETH
◆イーサリアム・クラシック、イーサリアムと協力して、データ層のサポートを提供◆ Ethereum Classic LabsのCEOであるTerry Culverは、Devcon 5で、イーサリアムと協力して、データ層のサポートを提供すると述べた。 同氏は、この協力により、双方がスケーラビリティの問題を解決できると強調した。
ETC
◆ETC、ハードフォークアップグレード実施へ◆ イーサリアムクラシック(ETC)は本日、ブロック番号8,772,000に達する時、ハードフォークアップグレードを実施する予定だ。それに伴い国内の取引所でもETCの出入金を一時的に停止している模様だ。
ETHUSDT
◆イーサリアムの取引総額は約2,880万ETHで、188%増加◆ ETHのメインネットワークの昨日のデータ: ●総トランザクション量は約280万ETH、188%増加 ●1日のアクティブユーザー数は約23万人 ●新規契約17,380 ●トークン取引量448,000 ●最もアクティブなトークン:USDT
ETH
◆ETHクライアントGeth、バージョン1.9.3をリリース◆ EthreumクライアントGethが定期的なメンテナンスリリースでバージョン1.9.3に。Ethereumが予定している次期ハードフォークアップデート「イスタンブール」に対する最終的な3つの改善が追加された。
ETH
◆ICEのCFO:ETF Hubは数カ月のうちに発売予定◆ Intercontinental Exchange(ICE)の最高財務責任者であるScott Hillは、数カ月以内にETH Hubを立ち上げる予定だと語った。 トレーダーが上場ファンド市場に参加するための唯一のポータルとして、ETF市場は今後数年間で倍増する可能性がある。
ETH
◆IKEA氷島、ETHを使用して小売業者と決済◆ IKEAアイスランド支店は最近、イーサリアム(ETH)を使用して、地元の小売業者と決済を行った、暗号資産の支払いを受け入れた。
ETH
◆MicrosoftとIntel、Ethereum Allianceのシステムをサポート◆ 火曜日、大阪で開催されたDevcon 5th Ethereum Developers Conferenceで、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)は、トークンの開発を発表した。同システムは、Microsoft、及びIntelによってサポートされている。
ETH
◆イーサリアムの公式ウェブサイト、多言語対応へ◆ Ethereum Foundationは公式サイトの翻訳プログラムの立ち上げを発表した。最終的にはサイトやリソースを15ヵ国の言語に翻訳する予定だと言い。本日から、韓国語を正式に開始したことを発表。
ETH
◆イーサリアム財団、ユニセフが立ち上げた暗号資産ファンドに寄付◆ イーサリアム財団は昨日、ユニセフが立ち上げた暗号資産ファンドに寄付し、初めてのサポーターになった。同ファンドは、世界中の子供をサポートするためのオープンソース技術を支援する目的で設立した。
ETH
◆マイクロソフト、イーサリアム拡張プログラム「nahmii」開始へ◆ 昨日、マイクロソフトとhubiiは正式にイーサリアム(ETH)拡張ソリューション「nahmii」を発表した。 イーサリアムブロックチェーンに基づいた「Nahmii」はスマートコントラクトを搭載したDLTプラットフォームとの互換性がある。
FCT
◆米国エネルギー省、ブロックチェン技術で電力システムを改善するためFactomに20万ドルを提供◆ 米国エネルギー省(DOE)は、ブロックチェーン企業Factomに20万ドル近くを提供し、全国電力システムを保護する予定だ。 助成金の目標はブロックチェンで電力システムの信頼性を向上させることだと述べた
IOTA
◆IOTAと BiiLabs、ワイン管理プラットフォームCellWineにサービスを提供◆ 8月19日、IOTAはブロックチェーンテクノロシー企業のBiiLabsとの協力を発表した。両社が連携して、ワイン管理プラットフォームCellWineに商品情報を追跡するためのストレージ共有サービスを提供する予定だ。
LSKLTC
◆ドイツのWEG銀行、エストニアの暗号資産の取引および保管業の免許を取得◆ ドイツのWEG銀行がエストニアの暗号資産の取引および保管業の免許を取得したこ。Litecoin 財団(LSK)がWEG銀行およそ9.9%の株式を保有している。同銀行はドイツでも同様の免許を取得しようとしていると述べ。
LTCBTC
◆Charlie Lee、BTCとLTCが史上最高の通貨形式である◆ ライトコインの創設者Charlie Leeがインタビューをうける際に「ビットコインとライトコインは歴史上最高の通貨形式である」と述べた。また、価値保存手段としてのビットコインが支払いも非常に簡単でその競合が銀行と金融機関になると発言した
LTCETHBTC
◆SoFi、暗号資産取引所が来週火曜日にリリース◆ オンライン融資会社SoFiのCEOであるAnthony Noto氏は昨日、インタビューで同社の暗号資産取引所が来週火曜日にリリースされ、BTC、ETH、LTCが最初の取引暗号資産になると述べた。
LTC
◆LTC founder、MimbleWimbleの進歩状況を更新◆ Grin++の主任開発者は現在@ecurrencyhodlerと共同開発しており、私がデザインを担当している。私達はLTCをMW/EBから出し入れするメカニズムを円滑にしてきており、また、MW手数料を簡潔に処理する方法を解明した。
LTC
◆LTC、マイニングマシンがシャットダウン価格に達する◆ Litecoinの生産後、3つのLTCマイニングマシンがシャットダウン価格に達した。 それぞれ、コアマイニングマシンA4(シャットダウン価格:24,085.08円)、 アリマイニングマシンL3++(11,627.25円)、 アリマイニングマシンL3+( 11,150.54円)だ。
LTC
◆LTC創設者、8月以降の半減期は2023年◆ LTC創設者のCharlie Leeは8月1日Twitterで、 「今日から4日以内に、4年ぶりに私はライトコインのマイニング報酬を半減する。これが、仮想通貨の下落阻止に役立つかもしれない。次は2023年にもう一度半減するだろう。」と述べた。
LTC
◆Litecoin 財団、ユニセフのKid Powerプロジェクトと連携◆ Litecoin 財団が、ユニセフのKid Powerプロジェクトと連携して、次世代の子供に健全な金融を構築するに必要なツールを提供します。
LTC
◆ライトコイン、後10時間後に半分になる◆ LTCの現在のブロックの高さは1679716、平均ブロック時間は152.65秒です。 後約10時間で高さ1680000のブロックで半分になります。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト