Huobi Japan Mediaの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Huobi Japan Media の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
12:19 2020年02月22日
ETHBTC
◆モルガン・スタンレー、130億ドルで証券会社のETradeを買収へ◆ TheBlockによると、大手投資銀行のモルガン・スタンレーは、130億ドルで証券会社のETradeを買収する予定だ。以前では、ETradeはビットコイン(BTC)およびイーサリアム(ETH)の取引サービスを提供する準備していると報道した。
BTC
◆フォビジャパンの特徴その1:ビットコイン建て通貨ペアの流動性の高さ◆ フォビジャパンでは、暗号資産のお取引環境を向上するために、暗号資産取引で重要となる「流動性」を高める工夫をしています。 フォビジャパンの流動性をご紹介↓
ADABTC
◆仏、ブロックチェーン企業11社はデジタル資産協会を設立◆ CryptoNewsによると、Ark EcosystemやBlockchain Partnerを含むフランスの11社のブロックチェーン企業は最近、デジタル資産協会ADANを設立。同協会は、ビットコインなどのデジタル資産の使用と業界の発展を促進することを目指すという。
ADA
◆ニューバランス、ブロックチェーンで製品の供給源を追跡できる◆ アメリカの大手フットウェアブランドのニューバランスは、ブロックチェーンプラットフォームCardanoと連携を結んだ。目標はブロックチェーン技術を使用して、顧客が製品の供給源を追跡できることだ。
BCHBTC
◆スロベニアのバーガーキング、BCH決済に対応◆ Coinpostによると、スロベニアの#バーガーキング は最近、BCHの支払いをサポートしたと発表した。また、ドイツやオランダのバーガーキングでも、ビットコイン(BTC)での決済が受け入れられているという。
BNBEOSTRXNEOLTCBCHXRPETHBTC
◆過去1時間のTwitter暗号資産ディスカッションのキーワード:LINKが3位に◆ 過去1時間のTwitter暗号資産ディスカッションのキーワードで、BTCが170件で1位だった。2位は58件でETH、LINKは51件で3位に浮上した。それ以降は、XRP、LTC、BCH、EOS、BNB、NEO、TRXの順となっている。
BTCUSDT
◆円、ビットコイン取引の2番目に大きな通貨◆ 現在のビットコイントランザクションは、 1位:USDT 66.90%、 2位:円11.10%、 3位:米ドル10.93% 4位;ユーロ4.66% 5位:QCash(QC)2.43%となっている。
BTC
Anthony Pompliano:ビットコインは、設計通りのことを正確に実行し続けています。
BTC
◆ Blockstream、投資機関フィデリティとLinkedInの創業者にマイニングサービスを提供◆ Blockstreamがマイニングセンターを建設し、企業向けにビットコインのサービスを提供している。初期の顧客に米の投資機関フィデリティとLinkedInの創業者Reid Hoffmanが入っていると述べた。
BTC
◆BAKKT、ビットコイン先物取引を開始◆ Bakktは昨日、インターコンチネンタル取引所(ICE)で現物決済のビットコイン先物取引を開始した。公式ツイートによると、最初の取引は東京時間9月23日9時2分、1万115ドルの価格で実行された。
BTC
◆BTCライトニングネットワークのノート数、11165に達す◆ 1MLのデータによると、1月27日現在、BTCライトニングネットワークのノート数は11165に達し、過去30日で2.41%増加。ルート数は35941に達し、過去30日で1.9%増加。ネットワーク容量は885.31 BTCに達し、過去30日で3%増加した。
BTC
◆Bakkt Warehouseは、ビットコインの安全保管を提供◆
BTC
◆Bakkt 、ビットコイン先物の契約数は前日から96%増加◆ 11月6日、ビットコイン先物取引プラットフォームのBakktで、ビットコイン先物契約数は1,061に達し、前日から96%増加した。 以前のデータによると、同プラットフォームは、10月26日に1,179の過去最高を記録した。
BTC
◆Bakkt、12月9日にビットコインオプションをリリース◆ 公式ニュースによると、Bakkt社は、ビットコインオプション取引が2019年12月9日にリリースされることを発表した。今回リリースされるビットコインオプション取引は、先物取引に基づいているそうだ。
BTC
◆Bakkt、シンガポールで現金決済のビットコイン先物取引を提供する予定◆ Coindeskによると、インターコンチネンタル取引所(ICE)傘下の暗号資産取引所のBakktは、シンガポール金融管理局(MAS)に申請し、年末までに現金決済のビットコイン先物取引を提供する予定だ。
BTC
◆Bakkt、ビットコインオプション取引のリリースを検討中◆ 関係者によると、Bakktはビットコインオプション取引のリリースを検討している。 一方、競合他社のシカゴ・マーカンタイル取引所は、来年の第1四半期にビットコインオプションをリリースすると発表し、現在規制当局による審査を受けている。
BTC
◆Bitcoin Depot、米国で700台のBitcoin ATMを追加◆ 暗号資産ATM会社Bitcoin Depotは、米国でATMネットワークの拡大を計画している。 同社は、米国に300台のBitcoin ATMを所有しており、2020年末までに1,000台に増加すると計画だ。
BTC
◆Bitcoinオープンソース、北極圏で1000年以上保存できる◆ 公式によると、GitHubは2020年2月2日に、Bitcoinを含むすべてのオープンソースのコードを北極圏の非武装地帯永久凍土層地下250mに保管し、1000年以上にわたって保存することができると発表した。
BTC
◆Bloomberg:ビットコイン先物取引は現物取引の50%◆ Bloombergの文章によると、ビットコイン先物取引の規模は非常に小さかったが、現在は現物取引の50%にまで成長。また、ビットコイン先物契約は、市場のボラティリティを低減し、ポートフォリオを改善する上で重要な役割を果たしているという。
BTC
◆CME、2020年1月13日にビットコインオプション取引をリリース◆ シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の公式サイトによると、同取引所は2020年1月13日にビットコインオプション取引をリリースする予定し、規制当局による審査を受けている。
BTC
◆CMEグループCEO:ビットコインのパフォーマンスは安全資産の特性を示す◆ ambcryptoによると、CMEグループのCEOであるTerry DuffyはCNBCとのインタビューで、2019年の不安定な市況にもかかわらず、ビットコインは長い間7,000ドル近くで維持しており、安全資産の特性を示したと述べた。
BTC
◆CMEグループ、ビットコインのオープンポジション数は61%増加◆ Coindeskによると、機関投資家の増加により、CME Groupの前四半期のビットコイン先物契約のオープンポジション数は、前年同期と比べって61%増加した。
BTC
◆CMEグループ、ビットコイン先物契約の1日平均取引量は75%増加◆ Ambcryptoによると、シカゴ・マーカンタイル取引所( )の現金決済ビットコイン先物取引は12月18日に、2周年を迎えた。12月18日現在、約250万件の先物契約が達成され、1日の平均取引量(ADV)は前年に比べて75%増加した。
BTC
◆CMEグループのトップ:ビットコイン先物の累積取引高は1,000億米ドルを超える◆ Cointelegraphによると、シカゴマーカンタイル取引所(CME)グループのトップであるTim McCourtは最近、2017年12月開始された以来、同取引所のビットコイン先物の累積取引高は1,000億ドルを超えたと述べた。
BTC
◆Canaan Creative、ナスダックに上場◆ 中国のメディアによると、同国の大手ビットコインマイニング機械メーカーのCanaan Creativeは、東部標準時11月21日午前9時30分にナスダックに上場し、始値は12.6ドルだった。
BTC
◆Google、Facebookの元幹部:BTC時価総額は75%以上◆ GoogleとFacebookの元幹部であるAvichal Gargは「ビットコインの時価総額を測定する標準的な手法には欠陥があり、全く流動的でないコインが計算に含まれていないと考える。BTCの実際の市場価値は、75%を超える可能性がある」と述べた。
BTC
◆Googleトレンド、「ビットコイン半減期」の検索ボリュームは急増◆ CryptoGlobeによると、Arcane Research社はGoogleトレンドのデータを利用して、分析レポートを発表した。「ビットコイン半減期」の検索ボリュームが昨年の12月から2倍になり、2016年の半減期以来、最高レベルに達したことを示す。
BTC
◆Grayscale:2019年暗号資産に投資された資金の71%は機関投資家から◆ ビットコイン投資管理会社のGrayscale Investmentsが発表した最近のデータによると、2019年、同社の暗号資産投資事業の収益は6億800万ドルで、過去6年間の合計を超えた。 また、資金の71%は機関投資家からもらったことを示す。
BTC
◆ICE、現金決済によるBitcoinの先物取引をリリース◆ インターコンチネンタル取引所(ICE)の公式サイトによると、同取引所はBakktにて現金決済によるBitcoin先物取引のリリースを発表した。今回リリースされた先物契約はICE Futures Singaporeに上場し、シンガポール金融管理局によって承認された。
BTC
◆Lightning Labs、シリーズAで1000万ドルを調達◆ Decryptによると、ビットコイン(BTC)のライトニングネットワーク(LN)の開発会社のLightning Labsの共同設立者兼CEOであるElizabeth Starkは、同社が開発強化のため、シリーズAラウンドで1,000万ドル(約11億円)を調達したことを明らかにした。
BTC
◆Lightning Network、ノードの数とネットワーク容量が大幅に増加◆ 2019年上半期、Bitcoin Lightning Networkのネットワーク容量が87%増加し、利用可能なノードの数が2298から4576に99%増加した。
BTC
◆OECD、ブロックチェーン専門家グループを設立◆ News.Bitcoinによると、経済協力開発機構(OECD)は今週、「ブロックチェーン専門家政策諮問委員会(BEPAB)」と呼ばれる専門家グループの設立を発表した。主な責任は、ブロックチェーンおよび分散型台帳技術に関する政策を提案することという。
BTC
◆PwCルクセンブルグ支社、BTCの支払いを受け入れる◆ 4大会計事務所の1つPwCルクセンブルグ支社が、10月1日から顧客のビットコイン支払いの受け入れを発表した。今回の発表は、顧客の要望と共に、成長する暗号資産業界のエコシステムをサポートするという同社の考えに沿ったものだとしている。
BTC
◆SEC、Wilshire Phoenixが提出したビットコインETF発行の決定を延期◆ CoinDeskによると、米国証券取引委員会(SEC)は、Wilshire Phoenixが提出したビットコイン上場投資信託(ETF)の提案に関する決定を2020年2月26日まで延期した。SECはビットコインETFをまだ承認していないと報告された。
BTC
◆SEC、ビットコインファンドのローンチを準備◆ 米国証券取引委員会(SEC)の公式サイトによると、投資管理部門の責任者であるDalia Blassはスピーチで、ある「ビットコイン先物戦略を備えた非上場クローズドエンド型ファンド」のローンチを準備していると述べた。初期規模は2,500万ドルだという。
BTC
◆Stone Ridge、ビットコイン先物ファンドがSECに承認◆ The blockcryptoによると、資産管理会社Stone Ridgeのビットコイン先物ファンドは、米国証券取引委員会(SEC)によって承認された。Galaxy DigitalやVanEckがローンチしたファンドとは異なり、同ファンドは現金決済の先物にのみ投資するという。
BTC
◆Travala:仮想通貨による決済が60%を超えた◆ 宿泊予約サービスのTravalaが公開した最新の利用データによると、2019年12月の売り上げは11月と比較して33%増加したほか、仮想通貨による決済が60%を超えたことが判明した。そのうち、28%がBTCで、9%がTravara独自通貨AVAによって支払われた。
BTC
◆Twitter CEO、アフリカでのビットコインの使用を促進◆ Bitcoinistによると、TwitterのCEOであるJack Dorsey氏は、アフリカでのビットコインの使用を促進するために、ナイジェリアとガーナでテクノロジー企業の開発者およびスタートアップの創設者とビットコインをテーマにした交流を行っている。
BTC
◆VISA・Cuy Sheffield氏:小額決済がビットコインの主な用途◆ Bitcoinistによると、Visaの暗号資産プロジェクトの責任者Cuy Sheffieldは、ビットコイン(BTC)の最小単位SATが基本通貨単位になると予測。また、小額決済はBTCが法定通貨に取って代わることができる主な原因の一つであると付け加えた。
BTC
◆アナリスト:2019年、世界GDPの1%相当の支払いがビットコインネットワークで処理◆ 暗号資産アナリストのWilly Wooは本日、ビットコイン(BTC)ネットワークは2019年に、総額7,270億ドルの支払いを処理し、世界のGDPの約1%を占めたとツイートした。
BTC
◆アナリスト:ビットコインの価値は10年間で835万倍に増加◆ 暗号資産アナリストのCryptoWelson氏はツイッターで、「10年前、ビットコインは最初の取引で5050枚ビットコインを5.02ドルで販売したが、現在の価値は42,171,792.50ドルになり、838万倍上昇した」と投稿した。
BTC
◆アナリスト:ビットコインは時間とともに価値が増加するように設計◆ TradingViewの人気アナリストであるジェイコブ・キャンフィールドは、法定通貨は時間とともに数学的に減価し、ビットコインでは時間とともに価値が増加するように設計されたとツイートした。
BTC
◆アナリスト:半減期後のBTC年間供給成長率は金よりも低い◆ 暗号資産アナリストのRhythmによると、来年の半減期後のBTC年間供給成長率(前年末の総量に対する当年産出量の割合)は2%以下になり、金の年成長率の約2%よりも低いだけでなく、各国の中央銀行のインフレターゲットよりも低くなる。
BTC
◆アルゼンチン、BTCを準備通貨とする初の国か◆ 先日、アルゼンチンペソが米ドルに対して30%以上下落した。アルゼンチンの人々のビットコインに対する熱意は前例の無いほど高く、一部のエコノミストは、アルゼンチンの中央銀行が準備通貨にビットコインを含めることを提案している。
BTC
◆イノシリコン、新世代のマイニングマシンを発売◆ 中国のメディアによると、マイニングマシン・メーカーのイノシリコン(Innosilicon)は、新世代のビットコインマイニングマシンT4 +75Tを発売しようと発表した。ハッシュレートは75T H / s、エネルギー効率は44J / T、予想耐用年数は3年だという。
BTC
◆ウォール・ストリート・ジャーナル、VanEckとSolidXが機関投資家に向けてビットコインETFの販売開始と報道◆ SECによって現在ビットコインETF上場審議中のVanEck とSolidXが、一部制限して機関投資家に向けてビットコインETFの発売を9月5日(木曜日)に開始と報道した。
BTC
◆ウズベキスタン、暗号資産取引による収益を不課税対象◆ News.Bitcoinによると、ウズベキスタンの規制当局は先週、暗号資産取引を含める新しい税務草案を発表。暗号資産取引に関連する法人および個人は不課税対象となるという。さらに、同国は最初の許可された暗号資産取引所を開始しようと報道。
BTC
◆オーストラリアの大手小売業者、BTC支払い受け入れ◆ オーストラリアの小売業者Independent Grocers of Australiaはオンラインショッピング中に全ての食料品の支払いにビットコインを使用することを許可した。 同社はオーストラリアに約1,400店舗を展開している。
BTC
◆カナダの3iQ社、ビットコインファンドを提供へ◆ Coinpostによると、カナダの資産運用企業3iQ社は28日、規制に準拠したビットコイン(BTC)ファンドを提供するため、当局に目論見書を提出したと発表した。同金融商品はクローズドエンド型で、ビットコインへ投資ができるという。
BTC
◆カンボジア、中央銀行デジタル通貨決済システムを開始◆ Bitcoinistによると、カンボジア国立銀行(NBC)の責任者であるChea Sereyは最近、「Project Bakong」と呼ばれる中央銀行デジタル通貨(CBDC)決済システムを開始し、同国43の商業銀行のうち11行からサポートを受けたと述べた。
BTC
◆シンガポール、暗号資産プラットフォームのStackはビットコイン・インデックスファンドを開始◆ Finance Magnates1月28日の報道によると、シンガポールの暗号資産プラットフォームのStackはビットコイン・インデックスファンドを開始し、保険付きのカストディサービスを提供すると発表した。
BTC
◆スイスのツェルマット、暗号資産ビットコインでの納税開始◆ Cointelegraphによると、スイスのツェルマットの納税者はビットコイン(BTC)を使用して税金を支払うことができるようになった。ツェルマットはツークに次ぐBTCを受けるスイスの2番目の都市であると報道された。
BTC
◆ツイッターCEO:ビットコインは現金のように広く普及◆ Live Bitcoin Newsによると、ツイッターのCEO であるJack Dorseyはインタビューで、ビットコインはまもなく「現金のように広く普及する」と述べた。また、ビットコインにはいくつかの欠陥があり、進化を続ける必要があると付け加えた。
BTC
◆ツイッター、絵文字「bitcoin」をリリース◆ ツイッターは2月2日に、ビットコインの絵文字をリリースしました。皆様は英語で「bitcoin」もしくは「BTC」のハッシュタグを利用すると、絵文字がその後に表示されます。今すぐ、「」をしましょう!    
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト