Huobi Japan Mediaさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

Huobi Japan Mediaさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
18:35 2019年03月21日

◆米証券取引委員会委員長、仮想通貨は証券に該当しないと発言◆

bloktによると、
米証券取引委員会Jay Calyton委員長は、仮想通貨が投資契約に該当しないというHinman氏の見解に賛成し、ネットワークが十分に分散されている仮想通貨は証券に該当しないと述べた。
【情報提供:金色財経】

◆IBMブロックチェーン担当副社長、少なくとも2社の米主要銀行がステーブルコインの発行を検討と発言◆

ブルームバーグによると、
IBMのブロックチェーン担当のJesse Lund副社長は、少なくとも2社の米主要銀行がステーブルコインの発行を検討していると述べた。
【情報提供:幣世界速報】
BNBBTC
◆オーストラリア不動産会社、初のビットコイン決済のオークションを開催◆

bitcoinexchangguideによると、
不動産会社LJ Hookerは、ブロックチェーン関連会社NuYenと連携し4月8日にニューサウスウェールズ州不動産のオンラインオークションを開催。BTCやBNB等の決済が可能。
【情報提供:幣世界速報】
BTC
◆仮想通貨市場の直近の僅かな上昇、人民元のおかげか◆

によると、
ビットコイントレーダーのAnton Pagi氏はツイッターで、仮想通貨市場の上昇は人民元のおかげであり、人民元取引が可能な取引所は過去1週間の取引高が2倍以上に増えたと発表した。
【情報提供:金色財経】

◆Tim Draper氏、仮想通貨により政府がモデルチェンジを検討と発言◆

dailyhodlによると、
億万長者の投資家のTim Draper氏は取材で、仮想通貨のメリットは政府と無関係という点であり、政府が通貨で国民をコントロールしているが今後サービス提供に変わる必要があると述べた。
【情報提供:金色財経】
BTC
◆Bakktビットコイン先物が再度延期へ、CFTC、免除未発表◆

Coindeskによると、
Bakktのビットコイン先物の計画は度々延期となり、2018年12月に、米商品先物委員会(CFTC)に免除申請を出したが、今も免除の承認が発表されていない。
【情報提供:金色財経】
ETH
◆サムソンSDS、イーサリアムをベースのブロックチェーンソリューションを発表◆

Cryptonewsによると、
サムスンSDSはイーサリアムをベースのブロックチェーンソリューションを発表。
同ソリューションは物流や航空輸送会社、税関当局の輸出入業務に分散型台帳技術を提供する。
【情報提供:金色財経】
ETH
◆イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」、10月アップデート予定◆

AMBcryptoによると、
コア開発者会議で、同チームは元コア開発者のAfri氏が定めたスケジュール通りに進める事が分かった。
「イスタンブール」のアップデートは2019年10月より実施される予定。
【情報提供:金色財経】

◆日立、ブロックチェーン活用の取引支援サービスを販売予定◆

によると、
3月14日、日立製作所はブロックチェーンを活用し取引を支援する「Hitachi Blockchain Service for Hyperledger Fabric」を販売開始すると発表。
3月29日より提供されるという。
【情報提供:金色財経】
BTC
◆Tom Lee氏、2019年は市場回復と予測◆

newsbtcによると、
Fundstrat Global Advisorsの共同創始者のTom Lee氏は本日、年内にビットコイン市場が回復し価格が高騰すると予測。
また、テクニカル指標でビットコイン価格は現在200日移動平均線から跳ね返ったことが分かった。
【情報提供:金色財経】
BTC
◆米SEC委員長、仮想通貨投資者保護を強調◆

cointelegraphによると、
米SECのJay Clayton委員長は3月14日の取材で、仮想通貨に対し中立的な立場だが、相場操縦を懸念し投資者保護の確保を期待していると述べた。
同氏はSECの条件を満たすビットコインETFの可能性を指摘した。
【情報提供:金色財経】

◆フランスの裁判所書記官、IBMによるハイパーレジャーを利用◆

coindeskによると、
フランスの裁判官書記官は、IBMによるハイパーレジャーで、企業の法的地位の変化を記録する。
IBMは木曜日、NCCプロジェクトはテスト済みで、今年前半までに全面的に実用化されると発表した。
【情報提供:金色財経】

◆シンガポール企業とマイクロソフト、ブロックチェーンベースの課金システムを構築◆

aircargoworldによると、
シンガポールで開催されたIATAのWCSで、物流会社Cargo Community Networkとマイクロソフトは、ブロックチェーンをベースとした航空貨物の課金システムを展示した。
【情報提供:金色財経】

◆BCHの開発者、11月のアップグレード後にスケーラビリティとセキュリティ機能追加と発表◆

unhashによると、
BCHの開発者Mark Lunderberg氏は、ツイッターで11月のアップグレードの計画を発表し、スケーラビリティとセキュリティ機能の追加があると述べた。
【情報提供:金色財経】

◆カナダ規制機構、証券法で規制呼びかけ◆

cointelegraphによると、
カナダ証券管理局(CSA)とカナダ投資業規制機構(IIROC)は、新規仮想通貨交換業者に対応するため、現行法を改定する必要があると述べた。
CSAの議長のLouis Morisset氏は投資者保護を目指している。
【情報提供:金色財経】

◆欧州中央銀行、ビットコインは通貨ではない◆

ambcryptoによると、
欧州中央銀行(ECB)は、ツイッターでビットコインの技術は多くの業界にとって将来性があるにもかかわらず、通貨ではないと発表した。
さらに、通貨安にもつながるとの見解を述べた。
【情報提供:金色財経】

◆米共和下院トップ、ブロックチェーンで政府の透明性を高めると提言◆

coindeskによると、
米共和下院トップのKevin McCarthy氏は火曜日、議会委員会で演説内で、ブロックチェーンは金融業の安全性を徹底的に変えつつあり、立法プロセスの透明性の改善にもつながると述べた。
【情報提供:金色財経】

◆Yale openlab、15万ドルの資金援助を受けブロックチェーンで気候変動の対応研究◆

Cryptobriefingによると、
エール大学のインキュベーターYale openlabは、Social Alpha Foundationから15万ドルの資金援助を受け、ブロックチェーンを活用した気候変動の対応研究を行う。
【情報提供:金色財経】
BTC
◆Brock Pierce氏、年内に複数のDappsのユーザーが100万人と予測◆

フォーブス誌によると、
元ビットコイン基金会長のBrock Pierce氏は、2019年に複数のDappsのユーザーが100万人に達すると予測。
そのために応用の仕方・スケーラビリティ・スピード等の要素が必要だと述べた。
【情報提供:金色財経】

◆IBM、ブロックチェーン広告を日本の電車内に掲載◆

Coinpostによると、
日本の電車内の液晶広告に、IBMのブロックチェーン広告が掲載されている。
IBMはブロックチェーンを活用し社会貢献プロジェクトSmart Recyclingを推進。ゴミのリサイクル報酬としてトークンを発行する。
【情報提供:金色財経】

◆QuadrigaCX創始者、個人資金で取引所を維持◆

Coindeskによると、
QuadrigaCXの創始者の故Gerald Cotton氏の妻Jennifer Robertson氏は、カナダ商業銀行が2018年1月、同取引所の法定通貨の入金を凍結後、Cotton氏がユーザーの出金のために個人の資金を活用したと発表した。
【情報提供:金色財経】

◆ブロックチェーン業界、平均給与がIT業界の1.9倍で専門人材不足◆

互链脉搏の最新のレポートによると、
ブロックチェーン業界の平均給与はIT業界の1.9倍になった。
同レポートでは、ブロックチェーンの人材市場の傾向について、ニーズ増や中長期的な人材不足等を指摘した。
【情報提供:金色財経】

◆ニューヨークタイムズ、ブロックチェーンで出版へ◆

coindeskによると、
ニューヨークタイムズはブロックチェーン技術を利用した出版方法を計画中である。
同社は、「ニュース出版社のブロックチェーンベースの概念実証の設計」を担う人材を募集している。
【情報提供:金色財経】

◆ナスダック、仮想通貨エコシステムのBcauseに技術を提供◆

Coindeskによると、
Bcause LLCはナスダックのマッチングエンジンや清算、市場監視技術を利用し、現物市場を運営すると発表した。
同社は、米CFTCに指定契約市場とデリバティブ清算機関としての申請も行なった。
【情報提供:金色財経】

◆国際決済銀行、仮想通貨が銀行のリスクを高めると警告◆

国際決済銀行が発表したバーゼル委員会の警告文によると、
銀行にとって、マネロンダリング、テロ資金供与等のリスクがあり、
関連サービスの提供にあたり、顧客確認、リスク管理、情報開示、監督を徹底する必要がある
【情報提供:金色財経】

◆米下院、新法案通過、テロに焦点◆

Dailyhodlによると、
米下院で月曜日、「金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)改定案」が通過した。
同法案は、仮想通貨をテロの新しい決済方法として、テロの攻撃を回避するために、FinCENの役割を見直し、法執行機関との連携を確保した。
【情報提供:金色財経】

◆ロシア、「デジタル権利法」の法案通過◆

Cointelegraphによると、
ロシア国家院3月12日のニュースでは、投票により新たな「デジタル権利法」が法案通過し、10月より施行するという。
同法案ではデジタル権利の行使と移転の方法や、仮想通貨取引等のルールを決めた。
【情報提供:金色財経】

◆メキシコ中央銀行、金融機関に暗号通貨取引不可◆
の情報によると、メキシコ中央銀行は、
暗号通貨を取扱う金融機関関連の規制要件を定義した通知書を
3月8日に公布した。金融機関に暗号通貨取扱を許可しないことが分かった。
【情報提供:金色財経】

◆モバイルユーザー、アフリカにブロックチェーン発展を促進◆
Zinc Linkの情報によると、アフリカは金融基盤が弱いものの、携帯電話の普及率が70%も超えている。
増加するモバイルユーザーが、アフリカのブロックチェーンを促進する力となっている。

【情報提供:金色財経】

◆ロシア中央銀行、暗号通貨に新たな規制実施◆
CNNの報道により、ロシア中央銀行は、暗号通貨関連の新たな規制を実施する見込み。
条件に満たさない投資者に、暗号通貨購入に当たり、数量制限を加えることを望んでいる。
【情報提供:金色財経】

◆Fidelity Digital Asset、暗号通貨に多大な関心寄せ◆
 
Newsbtcによると、
Fidelity Digital Asset責任者Tom Jessop氏は、
機関投資家がデジタル資産投資に興味を示していると述べた。
最良な市場条件を待つ機関投資家はオフサイトにも多数いると推測されている。
 
【情報提供:金色財経】

◆サウジアラムコ、ブロックチェーン技術をテスト◆
 
Sputniknewsによると、
サウジアラムコの最高技術責任者Ahmad Khowaiter氏は、
ブロックチェーン技術の応用に関心があり、
テスティングしているところだと述べた。
生産元追跡における活用が考えられている。
 
【情報提供:金色財経】
ETH
◆米国SEC委員長、イーサリアムが証券ではないことに言及◆
 
CCNの報道によると、
米国証券取引委員会(SEC)委員長のJay Clayton氏は、
イーサリアムやその他のイーサリアムに関する暗号通貨資産は、
証券ではないとの見解を述べた。

【情報提供:金色財経】

◆IBM、暗号化ホスティング市場に参入予定◆
 
Coindeskの報道で、
IBMが暗号化ホスティング市場に参入することが分かった。
今後IBMのプライベートクラウドと暗号化技術をベースにした、
デジタル資産ホスティングソリューションのベータ版が発表予定。
 
【情報提供:金色財経】

◆ロシア中央銀行、非資格者による暗号通貨の投資がNGに◆
 
Cointelegraphによると、
ロシア中央銀行は、デジタル資産購入に当たり、
条件に満たない投資者に年間制限を設けようとすることが分かった。
投資経験が1年未満の投資者は、資格なしと認定される。
 
【情報提供:金色財経】

◆日本、約4割の暗号通貨投資者が塩漬け状態に◆
 
日経新聞の報道によれば、
博報堂が国内の18~59歳の4万人を対象とした調査を行ったところ、
回答者の約5%が暗号通貨購入経験があることを示している。
中でも約4割の投資者が塩漬け状態になっている。
 
【情報提供:金色財経】

◆ドイツ連邦議会公聴会、仮想通貨の法に言及◆
Cointelegraphによると、 3月11日ドイツ連邦議会財務委員会の公聴会で、
Antje Tillmann氏とMatthias Hauer氏は業界の育成のため、
仮想通貨取引とトークン発行の法的枠組みをブロックチェーン戦略に加えるべきだと提案した。
【情報提供:金色財経】

◆Barclaysのアナリスト、Facebook CoinがFacebookに190億ドルの収入と分析◆
CNBCによると、 BarclaysのインターネットアナリストのRoosSandler氏は月曜日、
レポートにおいて、2021年までにFacebook CoinがFacebookに190億ドルの収入をもたらすと予測している。
【情報提供:金色財経】

◆中・全国政治協商会議委員、ブロックチェーンの技術利用を推進◆
農民日報によると、 全国政治協商会議委員の代表である王召明氏は、
IoT、ビックデータ、AI、ブロックチェーン等の近代の情報技術を利用し、
農業のモデルチェンジとグレードアップを強力に推進している。
【情報提供:金色財経】

◆欧州ブロックチェーン団体、更なる研究の呼びかけ◆
thenextwebによると報告書内で、
スケーラビリティ、相互運用性、持続可能性が
ブロックチェーン業界の直面している主な課題であるとした。
また同報告書は、米国と中国に続きEU全体への更なる研究も呼びかけている。
【情報提供:金色財経】

◆仮想通貨の時価総額、2025年までに67億ドルへ◆
Verdictによると、 市場調査会社Transparency Market Researchのレポートで、
2025年までに仮想通貨の時価総額は67億ドルに達すると発表した。
2017年の時価総額は5.74億ドルで、
年平均成長率は31.4%に達すると予測される。
【情報提供:金色財経】
XMR
◆XMR、3月9日にハードフォーク完了◆

bitcoinistの情報で、
XMRは3月9日、
ブロック高1,788,000でハードフォークを完了した事を発表した。
今回の更新には、
ビッグバン攻撃への対抗アルゴリズム変更、ASIC耐性維持の電力調整等が含まれおり、V2形式にアップグレードされた。
BTC
◆イギリスの歴史学者、BTCへの考えを改める◆

の情報で、
イギリスの経済・金融歴史学者NiallFerguson氏が、
以前、暗号資産に懐疑的だった事について、
「完全なる間違いだった」と述べ、
「BTCの価値がゼロになるには程遠い」との考えを示した。

◆日本内閣サイバーセキュリティセンター、BTC詐欺メールに注意喚起◆

3月11日、日本の内閣サイバーセキュリティセンターが、
BTC詐欺メールに注意を呼びかけている。
「パスワードが盗まれた」の件名で、
メールを開封させ、BTCの送金に誘導する手口だ。

【情報提供:金色財経】#huobi #フォビ
BTC
◆イギリスのエネルギー企業、BTCマイニングプロバイダと契約◆

Bitcoinistの報道によれば、
イギリスのエネルギー企業4New社と、
BTCマイニングプロバイダEvolutionGlobal社が契約に合意した。
同社のマイニングチップは、
75%節電可能で、大幅なコスト削減が期待できる。

【情報提供:金色財経】
BTC
◆米国デンバー市、暗号資産決済で歴史的建造物を販売◆

ICOExaminerの報道によれば、
米国デンバーにある、
築123年の歴史的建造物Doyle-BentonHouseが売りに出された。
その価格は190万ドル、
売り手は支払方法として、
BTCや、その他暗号資産決済を希望しているそうだ。

【情報提供:金色財経】

◆イラン暗号資産支持コミュニティ、中央銀行に健全な規制制定を呼びかけ◆

FinancialTribuneの報道によれば、
イランの暗号資産支持コミュニティが、
イラン中央銀行に、健全な規制制定を呼びかけた。
彼らは「時間や綿密な協力が必要」と述べ、草案の最終決定延期を訴えた。

【情報提供:金色財経】
BTC
◆米国議員、「BTCは革命的技術だ」◆

dailyhodlの報道で、
米ミネソタ州のTomEmmer議員が、
BTCやブロックチェーン技術等を支持している事が分かった。
同氏は「BTCは革命的技術だ」と強調し、
「管理者を通さない分散型の思考は、
人生最大のブレイクスルーだ」と述べた。

【情報提供:金色財経】
ETHBTC
◆ETH、開発者数が第一位に◆

暗号資産管理業・ElectricCapital社の最新レポートで、
ETHのコアデベロッパー数が、BTCの2倍に成長した事が分かった。
2017年以来、暗号資産の開発活動は、2倍に成長、
通過価格は大幅に下降したが、
開発活動は、4%の下降にとどまったそうだ。

【情報提供:金色財経】

◆イケア、分散型エネルギー共有システム開発◆

イケアの研究チームSpace10による、
マイクログリッドSolarVilleの開発が判明した。
各地域で、太陽光エネルギー共有に使用される想定だ。
マイクログリッドは、分散型電気供給システムで、
余剰電気の売買等に使われている。

【情報提供:金色財経】

◆ライトコインの価格が2018年10月以来の最高水準を更新◆
 
フォーブス誌によるライトコインの価格性能に関する最新記事では、
ライトコインの価格が84%と大幅に値上げ、
2018年10月以来の最高水準を更新した事が分かった。
 
【情報提供:金色財経】#Huobi
BTC
◆Brian Kelly、暗号通貨が氷河期を突破◆

BKキャピタルのBrian Kellyは、暗号通貨が氷河期を突破し、黎明期を迎えていると述べた。
BTCアドレスの数が増え、暗号通貨市場が蘇ってきており、ユーザーがブロックチェーンのネットワークを使用し続けることが示されている。

【情報提供:金色財経】
BTC
◆アマゾンの新番組にビットコイン関連のコンテンツが放送◆

アマゾンの新番組「世界経済の巨獣」には、ビットコイン関連のエピソードが一話あり、放送されるそうだ。
同番組は、ユーモアを通し大衆向けにビットコイン関連の情報や知識を広めようとしていると報道された。

【情報提供:金色財経】

◆金融庁関係者、ICO関連の規制が近いうちに発布される予定◆

金融庁グローバル金融連携センター事務局次長馬場優司は、金融庁がICO関連の規制方針を近いうちに発表すると述べた。
日本にはICO関連の独立した法律や規制はないが、今後金融庁が積極的に政策を出す姿勢だ。

【情報提供:金色財経】

◆本日は国際女性デーです◆
女性の皆様、お疲れ様です!
本日は国際女性デーです。
フォビジャパンは女性の皆様を応援しております。
#huobi

◆金融危機における、ブロックチェーン技術◆

米商品先物取引委員会(CFTC)のChristopher Giancarlo氏は、
2008年の金融危機をふりかえり、 ブロックチェーンの「リアルタイム取引帳簿記録」があれば、 「金融危機が起きても、市場の秩序を保てるだろう」との考えを示した。
BTC
◆イギリス、BTC専用ATM設置数が100%増加◆

CNNは、今後、現金は時代遅れになると報じた。
去年イギリスで、初めて電子決済が現金決済を超え、
毎月400台近くの現金用ATMが撤去され、銀行も閉店している。
しかし、BTC専用ATMの設置数は去年から100%も増加したと伝えた。

【情報提供:金色財経】
BTC
◆Twitter社CEO「毎週、BTCに1万ドル投入する」◆

Twitter社CEOのJackDorsey氏は、
CashAppのBTC購入機能を使い、
一週間で限度額の1万ドルを投入した事を発表した。
彼は「今後、毎週1万ドルをBTCに投入して、
一年で107BTC(約52万ドル)をBTCに投入する」と述べた。

【情報提供:金色財経】

◆スイス、初のブロックチェーン不動産取引◆

スイスのBlockimmo社とEleaLabs社、
暗号資産サービスのSwissCryptoTokens社の3社が、
同国初のブロックチェーン基盤の不動産取引を行った。
アパート等を含む18件の物件が取引を完了しており、
総取引額は約298万ドルだ。

【情報提供:金色財経】
BTC
◆カスペルスキー社CEO「世界は暗号資産への準備が整っていない」◆

大手セキュリティ企業カスペルスキー社CEO・EugeneKaspersky氏は、
「BTCは画期的なイノベーションだ、
しかし、世界は暗号資産への準備が整っていない」と述べ、
その発展に向け団結するよう強調した。

【情報提供:金色財経】

◆米ワイオミング州、13件のブロックチェーン関連法制定◆

米ワイオミング州が、
13件のブロックチェーン関連法を制定した事が分かった。
これにより包括的で、
友好的な法の枠組みを提供できる米国唯一の州となり、
その発展は更に勢いを増すだろうと報道された。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆トルコ・不動産会社、暗号資産決済を導入◆

トルコの不動産会社AntalyaHomes社が、
暗号資産決済を導入した事を発表した。
2018年、同社はBTC決済で不動産を9件販売している。
現在、XLMやUSDT以外に、
XRPとBCH、ETHの支払いにも、対応していると述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi

◆イギリス大手会計事務所、税金計算サービスを提供◆

イギリスの四大会計事務所の1つErnst&Young社が、
税金計算サービスEYCrypto-Asset Accounting and Tax(CAAT)を発表した。
今後、暗号資産を保有する機関投資家や、
個人顧客に向けに税金計算サービス提供を進める。

【情報提供:金色財経】

◆ロシア、暗号資産を免税対象に◆

ロシアの経済開発部がオフショア開発を進めており、
その一部地域の企業が免税対象となる。
対象には暗号資産や海運事業者が含まれているそうだ。
担当者は「規制詳細は現在検討中だ、
これは暗号資産の可能性を意味する」と述べた。

【情報提供:金色財経】#huobi
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
SBI、個人間送金における100%子会社「マネータップ」設立


北尾社長は、今年1月に実施したCoinPostインタビューに対し『マネータップ推進はコスト削減で銀行にも大きなメリットがある。マネータップ上で「XRP」を活用した外為送金機能実装を検討している』と言及している。
スイス大手オンラインサイト、ビットコインやXRP(リップル)などの仮想通貨決済を開始


270万以上の商品ラインナップを誇るスイスの大手eコマースサイト「Digitec Galaxus」は19日、ビットコインやイーサリアム、XRPなど10の仮想通貨銘柄での決済を可能にすると発表した。
XRP

調整終わりかな〜

私の中ではそろそろ40円前後の陽線待ちモードになってる〜

今の収束上に抜ければ過去問通り

コインベースの上げ波によって、現在地が良い意味で分かりにくくなったから早く照合したいよ〜
ITエンジニアがよく使うコミュニケーションツール

メール
Skype
IP Messenger
Slack
Chatwork
LINE
Twitter DM
Facebook Messenger
お弁当は温めなくていいです
命の重みをしっかり感じて、今日は寝ます
ジンくんVlive最後までありがとう
天国に行った天使たちに愛は必ず伝わってます
香港公演怪我のないように
ファイティン

おやすみなさい

@BTS_twt
XRPが世界共通通貨になると考える根拠は、巨大マーケット3つで使われる可能性が高いからです。

①国際送金市場
②WEBブラウザ決済市場
③発展途上国送金市場

これらを完全に制覇した時の世界に与えるインパクトは計り知れません。

今信じて握られなかったら、10年後に後悔することになります
3/20(水)8pm - 100% @ske48official !
今夜の出演: #松本慈子 #青海ひな乃 #赤堀君江
2時間の生放送です
ske@radio-neo.jp
番組ブログ
#ラジカルNEOナイト #radioneo795 #radiko
人生は常に環境と願望のミスマッチな気がする。勉強なんてつまらなかった学生時代。XRPについて勉強したいのに仕事で時間がない現在。ゲームを買うお金がない学生時代。お金はあるけどゲームする時間がない現在。

人は環境と願望がフィットした時に一番幸せを感じるのかもしれない。その時まで..
8pm 100% @ske48official !
名古屋から生まれた日本を代表するアイドル #SKE48 の2時間ラジオ放送。
今夜の出演 #松本慈子 #青海ひな乃 #赤堀君江
#ラジカルNEOナイト #radioneo795 #radiko
為替市場の取引高は一日5兆ドル以上だが、先物を除く現物は1兆6500億ドル。これを1000億枚の XRP で割ると1枚16.5ドル、約1800円。
これが xRapid による予想価格。

ただ、不確定要素が山盛りだし、こんなのは予想の一つに過ぎないぞw

【重要】嘘はないけど、保証もない。

OK? 良い投資を!
おすすめサイト