henashampさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

henashampさんの仮想通貨に関するツイート

PR
変動が起きてから動くのでは間に合いません。常に変化に対応できるよう、口座開設はしておくことをお勧めします。
BitTrade(ビットトレード)対応通貨:BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC
QUOINEX対応通貨:BTC,ETH,BCH,QASH,XRP
09:01 2018年06月25日
BTC
BTCは23日の安値辺り、さらには6000ドルがこれからレジスタンスに寝返りしたら非常に苦しくなります。

今そのラインを越えられるかテストしている状況。

25日の夜が周期的なターニングポイントになれる可能性があるので
ここから24時間の攻防には注目した方がいいでしょう。
ETHBTC
ETH/BTCは
4月から支えられてきたサポートアングルから下へ割れる動きです。
ここでイーサがBTCより弱くなったままBTCがさらなる下落を迎えると

まだ4月の安値に達してないALTにはかなり厳しい雰囲気になるでしょう。
因みにETHの場合4月の安値まで17%ほど値幅が残っています。
BTC
BTCはここで5850サポートが機能してくれないと今日中に5500までも可能性あります。
明日の夜まで粘ってくれたら5700までサポートが上がって来ると思いますが

波は今がやっと下げ3波目が有力。

今はL/Sどっちも安易に手出しできない領域ですね。
IOTAXMRLTCBTC
XMRに続き、IOTAも見過ごせない動きです

トライアングル上段ブレイク成功にはさらなる出来高と
もっと長く上で生存する必要がありそうですけど

XMR、IOTA、LTCはBTCの先行指標として使われたりします
全ての場合で該当するわけではないんですが。
SC
人々が持つ仮想通貨への需要と注目度
今まで作られてきたビジネス環境からこのマーケットがオワコンになる可能性は低い。

だったら今まで無数のマーケットがそうだったように
チャートは必ず回帰します。

私は次の出来高爆発は
もうひとつのSCよりSOSになると信じているし、
そうなって欲しいです。
SC
底を判定するのは難しい
仮想通貨みたいな相場操作の規制がないマーケットは尚更

だから底を予測する必要はありません
次の出来高がSCか
レジを突破するSOS(Sign of Strength)かを確認してから対応しても
全く遅くないんです。

それが、凄腕のトレーダーじゃない人が資産を守る最高の手法でしょう。
SCBTC
「BTC,安値も更新したのに出来高がない
多量出来高を伴うセリクラ(SC)が来るまでは下がり続ける」

必ずそうとは限らない
バブル崩壊後のSCから調整が長引くレンジ相場は
次の出来高急増はSCよりレジ突破のケースも多い。

実際2015年のBTCがそうだったし
バブル感のあるIT株に多く見られるパターン。
XMR
BitfinexのXMRモネロに異常現象です。

瞬間で115ドルから170ドルまで届くスパイク発生
底辺りでのモネロは色々と兆しを見せたりしていたんですが
BTC
BTCは短期的な局面です。

今朝の底から今までの波動が上げ2波で終わってしまうと
高い確率で安値を割りに行くでしょう。

21時に6100を守るミッションを含め、次の波が上へ続くことが大事です
全ては些細な部分から始まる。

今日はけっこう時間をかけて世界中のトレーダーコミュニティーや
テクニカル分析を覗いているんですが

最も多い意見が「5000ドル底」説のよう
根拠は去年9月チャイナショック直前の頂点と
去年3月から引かれるフィボナッチリトレースメント.786です。

私とはちょっと違うけど、一理ある
参考までに
BTC
BTC/USDが2月の底割れをしましたけど
この基準、変わってません。

5500~5700を下回るキャンドルが誕生するまでは
このアークのサポートはまだ生きています。
夏相場への期待もそのまま

もちろんプランBはちゃんと用意しないとダメでしょうね。
BTC
BTCは
6000ドルがレジスタンスに寝返る最悪の事態は現在までは見られていません。

しかし14日の安値が堅い壁になっている形です。

3時間半残っている今の4時間足ロウソクが6100の上で締め切られるかが
一つの小さな基準になると思います。

21時で6100以下なら
今夜もいい夜ではない可能性が高い。
BTC
BTCの時間軸
まる三日から1時間足りない71時間おきに相場が荒れる規則性を見せています。

11日の2時
14日の1時
17日の0時
がピッタリで

昨日の下げで最多出来高が発生した時間は22時でした。

この規則性に基いた次の周期は
25日の21時からです。
BTC
BTCは2月の底崩壊というワリには拍子抜けするほどの出来高が来ていません。
これはもう一波下げの可能性を暗示すると見た方が現段階では妥当です。

25日の夜辺りでどこに位置するかが大事だと思います。
近い目標は6320を上回って安定することでしょう。
BTC
$BTC

6000割れから何故か大きな激動はありません
LONGもSHORTも出来高も意味あるほどのレベルではない

不思議ですね。

Wyckoff理論は現在の相場を一通りで説明できるので
ググっても勉強しましょう。

理論とおり今がマーケット支配者によるSpringだとしたら、
2月に済ましているセリクラがもう来ないのも
今の出来高減少も
悲観論者が増えているのも全て納得が行く。

7月~8月のSOSがEW3の終わりになると思います。
BTC
$BTC

カーディナルマップ数字 6084は
$6000前の最後の数字です。
これがやられたら5776-5476と続く。

その場合の問題は2月からのインパルスまで否定されることです。
またしても終わらない調整Cの恐怖が襲うでしょう。

6080で止まってくれたら
調整波終了の可能性がまだ残ることになる。
XRPBTC
$XRP

今日のBTC下落の中でリップルだけあんまり下がってませんね。

今外だから携帯のチャート描き諦めたけど
BTC建で82000サトシ越えたら面白そう。
BTC
In an interview with a .Bitcoin.com reporter in Tokyo, the FSA confirmed that at least one of the six crypto exchanges above was found to have some kind of involvement with organized crime groups, particularly the Yakuza. Without naming the guilty crypto exchanges.

は今日の金融庁の業務改善命令に関するニュースで
そのうち1つの取引所に「 ヤクザの関与」があったという
関係者のインタービューを乗せた。

???
BTC
$BTC

現時点で14日からのインパルスEWは否定されたと思います。

少なくともBTCはこれから14日の安値を意識しないといけない状況です。
ETHBTC
ALTコインチェック

ETHはBTC建で4月以来
地味に上がっています。

25日辺りと来月5日辺りのレジスタンス抜けに期待
次のALT祭はETHの0.1突破が必須条件でしょう。

思えば3月末には0.05BTCまで下がっていたんですね
去年末はその半分だったけど。
BTC
$BTC

短期的なピッチフォークは0.5ラインを割っています。

ここは前回も0.5の割りにはそこまで堅くなかったんですが
下向きセットアップでここまで戻ってくるのは
いい形ではないでしょうね。
BTC
$BTC

Fib .618まで来ました。
調整としてはいい数字ですがEWカウントがややこしくなっています。
これは最もポジティブに数えたカウント

.786の6267が見えるけど
ここで6300の下を許すと色々と厳しい相場になるでしょう。

24日の1時~5時までに上げ波が観測できないと
まだ時間がかかりそうです。

殆どのニュースは「発生」されるより「生産」されるもの。
リリース前に検収も入る。

我々の知らないところで
エラい人達によって調律されたのが
最終的に目や耳に届く。

そのまま受けていいかどうかは別にして
「ニュース」ではないもの。

それ追っている時間や体力の余裕あったらチャート見るよ。

bitFlyerって
もっとひっどーいFUD流れてなかったっけ?

それがマネロン対策などの改善のため自主的新規停止で済むなら
悪材料消滅じゃないのか。

と言ってもチャートで対応するしかないけど。

チャネルブレイク待ち
BTC
$BTC

6640テストに来ました。
昨日だったらよかったですけどちょっと遅れた感があるのはマイナス要素です。

11時のキャンドルはなんとか6640で締め切れたので、これはいい兆しです。

ここから戻せる力を見せないと警戒です。
TRXETH
$TRX

トロンがイーサからの独立(メインネット稼働)を記念し
5千万ドル相当の10億TRXを焼却する模様。
BTC
$BTC

現在の仮想通貨相場全般に対する私の意見は

この3日足ログスケールチャートの青いアークが今月中割れない限り
上目線です。

多少のアジャストメントはあってもずっと前からの基準です。
BTC
$BTC

6640サポートはまだ触れていません
現在はGANN SQUAREのアングル沿いでサポートされていく形。

アセンディングトライアングルが見えますが
これは今日の夕方には決着がつきます。
BTC
$BTC

サポートがこのまま機能するかチェックしましょう。
BTC
$BTC

レジスタンスにぶつかって減速しています。

みんなが急騰を願っていても
急落せずに守るべきところ守りながらジワ上がりしてくれたらいいんです。

6720と6640で堅い守りを見せてくれたら大丈夫です。
逆に言えば6640が簡単に落とされたら警戒。
BCH
$BCH

5月6日の頂点から引かれた長いトレンドラインから
出られる形を作っています。
ETC
$ETC

イークラが元気な理由のひとつとして
12日の打ち上げに伴った出来高が8時間足のBitfinex基準
過去最多でした。

やはり出来高は嘘をつきません。

今は意味のあるレジスタンスまで来ていますね。

동영상을 @YouTube 재생목록 Margin Call season2.ep10 情報アカ에 추가했습니다.
BTC
$BTC

4時間足でもうすぐレジスタンスアークにぶつかります。

現状は私の期待より伸びが足りません。
昼過辺りから6670を守れるか注目しましょう。

テクニカル分析 CLASS.3 ピッチフォーク: (@YouTube)

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: テクニカル分析 CLASS.3
BTC
BithumbのBTC値が15時からけっこうな回復を見せています。

私の相場持論は
「落ちるべき場所や状況で落ちない=上がる根拠になる」
です。当たり前のことだけど。

Bithumbショックの割りには相場は大きく崩れていません。

あれだけ悪材料でも耐えられるくらい底感が出ているのか

17時からはユーロとアメリカの時間が始まります
そこである程度結論が出ることは間違いないでしょう。
BTC
最近の韓国取引所ハッキング事件

6月10日
coinrail
-出来高集計不明の小規模取引所、知名度無し
-ニュースから3時間でBTC/USD 5%下げ

今日
Bithumb
-出来高世界トップ10の韓国最大手取引所、高い知名度
-ニュースから3時間でBTC/USD 2.7%下げ

coinrailは翌日に本格下げだったけど
この温度差は?
BTC
Bithumbは現在入出金が停止されているけど
取引は通常とおり行われています。

BTCは5%くらいの値下げ中。
USD建や韓国の他の取引所はそこまでつられていません

マーケットにおけるBithumbの存在感を考えたら
もっと下がってもおかしくないんですが。

Bithumbの33億円ハッキングニュースによる下げは

エリオットウェーヴ否定ラインギリギリで止まってはいます。
ここから上がってくれると明らかにEWを意識している動きになりますが
どうでしょう。

相場と占星術を簡単に馬鹿にしてはならない。

過去の伝説的な相場師達の殆どは
共通して独自の手法+アストロロジーに辿り着いていた。

賢者になれないなら、
賢者達の行動を真似してみるのが今を生きる一つの方法論。

相場の読みに0.1%でも役立つものなら、なんでも勉強し身につけて損はない。
XRP
$XRP

リップルは月末までに様々な星のイベント日が訪れます。

ATHの1月4日を基準に、

21日=金星の270°周期
25日=チャートの320時間周期
27日=火星の90°周期
29日=水星の2週目

ま、こんなの数えなくても
相場が戻ればリバが強いのはXRPですけどね。
BTC
$BTC

9時日足更新の目標はFinex基準$6720以上です。

もし6700を下回ってしまうと
8時間足の次のキャンドルがサポートアークの下から始まるので
警戒しないといけないでしょうね。

上げ相場への本気度がわかるひとつのバロメーターです。
ETH
$ETH

ALTトレーダーとして、今日の相場を引っ張っているのがETHなのは心強い。

540~545は堅いレジです。
ここからは少し休憩を挟みたいところ。

そしてGANN SQUARE、アークは機能しています。
BCHETHBTC
$BCH /BTC

アークを抜け出した勢いが感じられます。

ETHもそうですが、ALTコインにおける今の相場のカギは
BTCが復調気味な時にどれだけBTCより元気な姿を見せられるかにあるでしょう。
BTC
今のBTC、出来高が死んでいくから相場も希望がないと思う方は
少し考え方を変えた方がいいかもです。

出来高にもトレンドラインがあり、それがコンスタントに減ってくれないと
調整は終わらない。

そもそも買う人がいないから出来高が無いだけとは限らない
出来高減少=売り手の消滅でもあります。
BCHBTC
$BCH /BTC

超大型レジスタンスアークから出られる形のキャンドル作っています
締め切りは19時、あと僅か。

出られたところで直ぐ飛べるとは言えませんけど
身が軽くなることを期待。
BTC
$BTC

$6640をテストしなかったのは正直不安です。
もっと地に足のついた上げ方をしてくれた方がいいと思う。

このままだと23時~深夜3時辺りでレジスタンスとの遭遇がありそうです。

EW的には6570までは調整の可能性アリ
それを下回ったら警戒です。

皆さんの「勉強になった」という声は
私にとって大きな励ましの言葉です。

明日20日水曜日の夜21時も
テクニカル分析基本編の動画配信します。

今回はピッチフォークなど多く使われるチャートツールです。

前回までの動画はこちら
BTC
$BTC

今日の昼ミッションは
6640辺りをサポートに換え、防御ラインの要にすること

7000への挑戦が早くみられないと今が初動とはまだ言えない
その為の準備段階として6640サポートが必要です。
BTC
$BTC

昨日から新しいロウソクが始まった3日足は
緑スタートです。

白いトレンドラインをサポートに換え、
青いアークを踏んでからの反発が確定したら強いシグナルに

21日の朝9時が楽しみ
BTC
これが何故意味があるのか

過去韓国のBTCが他の国より目立つほど安くなったのは3度あって

2017年11月13日
2018年2月2日~5日
2018年4月12日~15日

いずれもBTCが「大底」だったか
底から打ち上げられた日でした。

じゃあ、今回は?
BTC
1時24分の打ち上げから1時間あまりでFinexのBTC出来高は1万枚。

そのウチ2500枚がSHORTスクイズでした。

5-6%の上昇にSHORTは8-9%の減少。
ちょっと物足りない感ありますね。

次の @YouTube 再生リストに動画を追加しました: 24/7 lofi & chillhop radio - music to
BTC
$BTC

アーク抜けのいい形です。
出来高も来ている。

6750-6900の承認が必要。
人気のツイート
BTCは3度底を確認した後、本田圭佑のゴールをきっかけに出来高を伴って上昇。頑張れ日本!頑張れBTC!
まあ、バカになることです。
リップル、XRPは勝ちます!

山あれば谷あり、いまは谷だが
大丈夫。信心あるのみ。

最近始めてXRPに出会った人は、、
離すなこのチャンス!

嵐が過ぎれば、栄光あるのみ。
ビット子は、はよ引退してね
BTCはここで5850サポートが機能してくれないと今日中に5500までも可能性あります。
明日の夜まで粘ってくれたら5700までサポートが上がって来ると思いますが

波は今がやっと下げ3波目が有力。

今はL/Sどっちも安易に手出しできない領域ですね。
人々が持つ仮想通貨への需要と注目度
今まで作られてきたビジネス環境からこのマーケットがオワコンになる可能性は低い。

だったら今まで無数のマーケットがそうだったように
チャートは必ず回帰します。

私は次の出来高爆発は
もうひとつのSCよりSOSになると信じているし、
そうなって欲しいです。
ETH/BTCは
4月から支えられてきたサポートアングルから下へ割れる動きです。
ここでイーサがBTCより弱くなったままBTCがさらなる下落を迎えると

まだ4月の安値に達してないALTにはかなり厳しい雰囲気になるでしょう。
因みにETHの場合4月の安値まで17%ほど値幅が残っています。
「BTC,安値も更新したのに出来高がない
多量出来高を伴うセリクラ(SC)が来るまでは下がり続ける」

必ずそうとは限らない
バブル崩壊後のSCから調整が長引くレンジ相場は
次の出来高急増はSCよりレジ突破のケースも多い。

実際2015年のBTCがそうだったし
バブル感のあるIT株に多く見られるパターン。
#btcfx キックオフ同時に下げまくりwwww
サッカー見るためにポジ解除すなw
底を判定するのは難しい
仮想通貨みたいな相場操作の規制がないマーケットは尚更

だから底を予測する必要はありません
次の出来高がSCか
レジを突破するSOS(Sign of Strength)かを確認してから対応しても
全く遅くないんです。

それが、凄腕のトレーダーじゃない人が資産を守る最高の手法でしょう。
BCHミートアップは世界94ヶ所で開催。
こんなに世界中の人から支持されている暗号通貨はBCHの他には無い。

ダブルボトムになるのか、思いっきり底が抜けるのか大きな局面。長期的に見ていると言っても、さすがにそろそろ反転して欲しいですよね。頑張れBTC!
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト