ジュンノスケ@仮想通貨投資・市場評論垢の注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

ジュンノスケ@仮想通貨投資・市場評論垢 の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
22:49 2019年09月23日
ETH
ちなみに、3位以下とは大きな差が開いているようです。 イーサリアムは8月末から価格上昇に転じており、アンソニー・ササーノ氏(イーサリアム関連の開発者)もイーサリアム需要の大きさに自信を示すなど、今後への期待が上昇中。   
ETHBTC
メサーリ(ブロックチェーンデータ分析企業)によると、イーサリアム(ETH)の1日あたりの手数料が、直近で、ビットコイン(BTC)を超えたようです。 具体的には、イーサリアムの1日あたりの手数料は20万4600ドル、ビットコインは18万2400ドルだったとのこと。
BCHETHBTC
楽天ウォレットが、仮想通貨の現物取引サービスの開始を発表しました。 現状、取引可能な通貨ぺアは3種類。 ・BTC/JPY ・ETH/JPY ・BCH/JPY 今回、まずは、アンドロイド版でのアプリを提供し、iOSアプリのリリースは、9月上旬予定のようです。
BTC
eToro(仮想通貨取引プラットフォーム)によると、米中貿易戦争の長期化による経済的混乱に対応可能な安全資産として、ビットコインを購入する個人投資家が増加。 米中貿易戦争における緊張の高まりを示す情報(量)と、ビットコイン(BTC)や金(ゴールド)取引におけるポジションの数が相関関係に。
BTC
ちなみに、これまで、SECがビットコインETFを承認してこなかった理由の1つとして「不十分なカストディ体制」が挙げられており、先日も、SECクレイトン委員長が、ビットコインの懸念点に「カストディ不備」と「価格操作」を指摘。 ビットワイズの申請は、10月13日が最終期限日のため、あと1ヶ月です。
BTC
また、あわせて、カストディ(資産管理)の整備が進んでいることや流動性の確保など、マーケットが成熟してきていることを指摘。 ちなみに、ビットワイズのビットコインETF最終判断(期限)は10月13日となっており、約3ヶ月後に注目です。   
BTC
また、ケリー・レフラー(バックトCEO)は、今回、米商品先物取引委員会(CFTC)から承認を受けたことを公表。 バックトの「現物受け渡しのビットコイン先物」は、「ビットコインETFよりマーケットに与える影響が大きい」と見るアナリストもあり、今後の動向に注目。  
BTC
また、ブロックチェーン技術を使ったトランザクションに関する「法規制リスク」の軽減も想定されるとのこと。 2019年に入って、様々な実用化が進む中、ビットコインに対する強気予想も相次いており、これからの数年間に期待。   
BTC
また、残りの1つは、ザ・トラストで、次回の判断期限は9月29日となっているものの、こちらは、さらなる150日の延期も可能。 ビットコインETFは、機関投資家の参入が期待できるとされているため、次回の秋の判断にも注目。   
BTC
インターコンチネンタル取引所(ICE)が、バックトのビットコイン先物取引の「証拠金」の概要を発表。 ちなみに、バックトのビットコイン先物は9月23日から開始予定。 今回は、証拠金倍率(証拠金の何倍まで取引可能か)は発表されていません。
BTC
グレースケール社(大手仮想通貨投資ファンド)によると、世界でビットコイン(BTC)を受け入れている企業や団体が10万社を突破したようです。 同社は、ゴールド(金)の代用として、ビットコインへの投資を促進する「Drop Goldキャンペーン」を実施中。
BTC
コインメトリックス(仮想通貨分析企業)が、「8月29日にビットコインが7%ほど急落した背景に、コインベースでの大量売却があった」との調査結果を発表。 同社は、ビットコインの急落が長続きしなかったことから「価格操作ではない」と分析。
BTC
ニコラス・コーラス氏(データトレック・リサーチ共同創業者)が、「ビットコインが地政学的な混乱を示す経済指標として使える」という見解。 具体的には、ビットコインが安全資産であるという認識を示した上で、香港デモの関係で、香港と中国本土から「逃避資金」が集まっていることを指摘。
BTC
ハンター・ホースレイ(ビットワイズCEO)が、ビットコインETFの承認に自信。 同氏は、先日のSEC(米証券取引委員会)のビットコインETF可否判断の延期に対して、「手続き上の理由」との見解を示しました。
BTC
バックト(米仮想通貨プラットフォーム)が、9月23日にビットコイン先物と関連するカストディ(資産管理)サービスを立ち上げることを発表。 インターコンチネンタル取引所(ニューヨーク証券取引所の親会社)が手がけるバックトは、既に(7月に)ビットコイン先物のテストを開始。
BTC
ビットコインが、不透明感を先回りして反応した資産であることを強調しました。 ちなみに、様々な見方があるものの、ビットコインを「指標」として見る専門家は増加しており、それぞれの分析に注目。   
BTC
ビットコイン(デジタル通貨)を「安全で国境のない未来の通貨」とし、「ゴールドとは異なる実用性を持った点」を幅広い層にアピールしています。 「ビットコイン(BTC)は、ゴールドに匹敵する安全資産になるポテンシャルを秘めている」との声も増える中、来年の半減期に向けて期待です。
BTC
ビットワイズ(米仮想通貨資産マネジメント)が、SECに申請中の書類を修正して、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)をビットコインETF(上場投資信託)のカストディアン(資産管理者)に追加したようです。   
BTC
マーカス・スウェインポエル(ルノー※仮想通貨取引所CEO)が、「多くの顧客がビットコインを「投資」か「投機」目的で使っていること」を指摘。 ちなみに、ルノー社は、先進国・新興国を含む40カ国以上でサービスを提供中。(顧客:250万人以上)
BTC
中国では、これまで仮想通貨禁止統制の関係で金融機関などがビットコイン(仮想通貨)ついて触れることがほぼなかったことから、今回のインフォグラフィックの公開も注目です。   
BTC
中国銀行(中国4大商業銀行の1行)が、ビットコインの歴史や投資リスクなどについて、図解インフォグラフィックで掲載(公開)。 具体的には、「ビットコインとは何か」「ビットコインの歴史」「ビットコインの価格推移」「ビットコインの主要ユースケース(決済手段システム)」などについて紹介。
BTC
具体的には、マーケットメーカーや定量的なデータに基づくトレーダーが使うアルゴリズムが「情報を持つトレーダーによる売り」と判断し、売買の調整をしたのではないかとのこと。 BTCのドミナンスが高まり続ける中、複数の関連材料も控えているため、今後の相場にも注目。  
BTC
具体的には、購入額の「3.5%」がビットコインで還元されるとのこと。 今回の動きも、ビットコインに触れる機会の増加とともに、ビットコインがより一般的になることにつながるため、市場関係者からは期待の声。   
BTC
同氏によると、顧客の約9割が「投資・投資カテゴリー」に分類され、決済目的(eコマースや送金など)は約1割。 また、中国人によるビットコイン投資に関連しては、最近の人民元安による中国マネーの逃避先がビットコインになっているとの見方を示し、業界全体としても、今後の中国の動きに注目。
BTC
従来から、金は安全資産とされてきましたが、ビットコインも同様のものとして、多くの個人投資家が認識し始めている可能性があります。 2100万という発行上限があることに加え、来年の半減期も控えていることから、ビットコイン(BTC)への注目がますます高まる。   
BTC
現状、ビットコインが利用できるのは、Galaxy S10e、S10、S10+、S10 5G、Note10、Note10+の6機種で、利用できる国は、カナダ、ドイツ、韓国、スペイン、スイス、米国、英国のみ。 今後は、より多くの仮想通貨をサポートし、サポート地域も拡大していくようです。   
BTC
米証券取引委員会(SEC)が、ビットコインETF(3つ)の可否判断を延期しました。 今回、判断が延期されたビットコインETFのうちの2つは、ビットワイズとヴァンエックが申請していたもの。 次回は最終判断の期限となり、それぞれ10月13日と10月18日。   
ETHBTC
スマートヴァロー(スイス仮想通貨取引所)が、スイスフラン、英ポンド、ユーロ、米ドルの法定通貨(4種)と、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の取引を開始しました。 ちなみに、同社は、取引所、カストディ、仲介業のサービスを総合的に提供するスイス初の事業者。  
ETHBTC
ニュージーランド税務当局が、仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)での給与支払いが合法であることを認め、ガイダンスを公表。 ガイダンスによれば、今回、認められるのは「給料や賃金の支払いの場合」のみ。 ちなみに、仮想通貨を法定通貨に直接交換する場合のみ、課税対象になるとのこと。
ETHBTC
同社のサービスは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を預けることで、毎月金利が得られるというもので、最大、25BTC、250ETHの顧客残高に対して、年利6%が得られる形。 今回の対応によって、機関投資家だけでなく、一般利用者にも人気が広がる可能性があり、注目です。
ETHBTC
韓国のサムスン電子が、「Blockchain Keystore ※同社のdApps(分散型アプリ)ストア」向けに、ビットコイン(BTC)のサポートを開始したよう。 これまでは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンのみサポート。   
ETH
なお、今回の延期の要因は、「EIP(イーサリアム改善提案)の受け入れが遅れていること」とのことで、これに伴って、インスタンブールのメインネット立ち上げも11月にずれ込む見通しです。   
ETH
また、ユーザーは、ビットペイのウォレットにイーサリアムを保存して使用することや、同社のプリペイドVisaカードを持っている場合には、デビットカードへのイーサリアム追加も可能に。 これまで、30億ドルを扱ってきたビットペイでのイーサリアム扱い開始に、業界からも期待の声。
ETH
イーサリアムのハードフォーク「イスタンブール」のテストネット実行日が、10月2日に延期。 イーサリアム財団のハドソン・ジェームソン氏によれば、「10月2日頃と推定されるブロック番号を選んだ」とのこと。 ブロック生成スピードにも左右されるため、1〜2日程度、前後する可能性もあるようです。
ETH
ビットペイ(大手仮想通貨決済)が、イーサリアム(ETH)のサポート追加を発表しました。 これによって、ビットペイを使用する企業は、追加設定なしでイーサリアムでの購入受付も可能に。
TRXLTCETHBTC
また、その他の仮想通貨については、肯定的な割合が ・カルダノ:90.3% ・イーサリアム:88.7% ・トロン:88.7% ・ライトコイン:86.3% ・ビットコイン:83.5% ・テザー:66.4% だったようです。 SNS上での人気度も価格に影響することが認められていることから、今後の変化にも注目。
WAVESDASH
コインベース(米仮想通貨取引所)が、新たに8種類のアルトコイン上場を検討。 ●アルゴランド(ALGO) ●コスモス(ATOM) ●ダッシュ(DASH) ●デクレット(DCR) ●マティック・ネットワーク(MATIC) ●ハーモニー(ONE) ●オントロジー(ONT) ●ウェーブス(WAVES)  
XRPBTC
ちなみに、同社は、2014年設立で、コインスター(世界の大手小売店に約2万台の両替機・ポイント換金機を設置)と提携。 現在、全米2500ヵ所以上で、ビットコインの取引が可能な世界最大のATMネットワークを構築しています。 今回の動きにより、将来的には、XRPも扱われるのではないかとの憶測も。
XRPBTC
コインミー(ビットコイン用のATMを展開)が、Xpring(リップル社の投資部門)などから約1億6000万円を調達したことを発表しました。 今後、米国をはじめ、国際市場でさらにATMネットワークを拡大させるとのこと。    
XRPETHBTC
OKEx(仮想通貨取引所)が、デリバティブ取引のデータ分析プラットフォームを発表。 今回のリリースによれば、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどをはじめとする主要9通貨の先物市場や「永久スワップ」というデリバティブ商品のリアルタイムデータを提供。
XRPETHBTC
また、インドの富裕層は、「アルトコイン」よりも「ビットコイン(BTC)」を好んでおり、アンケート回答者の29.15%がビットコイン、8.74%がイーサリアム、6.8%がリップル(XRP)への投資を希望。   
XRP
ちなみに、同社はSBIホールディングスのグループ会社で、投資信託の格付けなどを手掛ける会社。 今回の目的は、「リップル(XRP)に触れる機会を提供したい」とのことで、期待の声も。   
XRP
ドイツ銀行が、JPモルガンのブロックチェーンを使った決済サービス「IIN(銀行間情報ネットワーク)」に参加したようです。 IINは、クロスボーダー送金(国をまたぐ送金)の分野で「リップル」や「SWIFT」とライバルになると見られているもの。
XRP
ブラッド・ガーリングハウス(リップル社CEO)とクリス・ラーセン(共同創業者)が、共同で米議会宛に手紙を書き、仮想通貨規制の不透明感に対する懸念を示しました。 具体的には、「リップル社の技術を使って責任ある技術革新を目指す米国企業が不利にならないよう規制機関に働きかけたい旨」を主張。
XRP
モーニングスター社が、中間期の株主優待としてリップル(XRP)を贈呈することを決定したようです。 具体的には、「2019年9月30日時点で100株以上を保有する株主が対象」で、「30XRP(約850円)」を贈呈するとのこと。
XRP
今回のxRapid利用によって、 ・米ドルから対象通貨への送金・換金が週7日&24時間可能 ・コストの削減(利益増加) などが期待されています。 なお、MoneyGramは、先日、リップル社と戦略的パートナーシップを締結し、リップル社から最大5000万ドルの出資を受けることも発表されています。

「SBlock(配当型ウォレット)は詐欺!」 「出金できなくなった!」 という旨のメッセージが複数届きましたので、私のほうで実際に確認・検証してみました。 エスブロックは本当に危ないのか? #仮想通貨 #SBlock #ビットコイン #エスブロック #副業 #投資 #配当

あわせて、「自律分散型金融システムの発展」が、これまでに経験のない状況をもたらすとし、今回、柔軟な対応を検討していく考えが示されています。   

ちなみに、このデジタル通貨は、銀行口座なしで送金可能になるとのこと。 今回の中国のデジタル通貨発行の目的は、「金融政策の効率改善」「世界での影響力拡大」など様々な指摘がなされていますが、今後のより具体的な動きに注目です。   

クレバコ・グローバル(仮想通貨リサーチ企業)のシドハース・ソガニCEOが、「インドが仮想通貨を禁止にした場合、129億ドル(約1兆3500億円)相当のマーケットを失う」という試算を発表。   

サークルのジェレミー・アレールCEOが「国家的デジタル通貨の開発において、アメリカが中国に遅れを取っている」とし、欧米企業の送金方法に変化をもたらす可能性があることや「人民元(法定通貨)に相当するデジタル通貨」の開発に関連して、決済における欧米のイニシアチブが失われる可能性を指摘。

バイナンスが、第8弾のIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)として「Perlin(PERL)」トークンセールの詳細を発表。 2019年に入って、バイナンスは、IEOプラットフォーム「Binance Launchpad」を介して7回のトークンセールを実施。 最高値の投資収益率(ATHROI)は、平均約10倍です。

今、一番稼ぎやすい仮想通貨投資。 私も投資しています。 配当でビットコイン(BTC)を増やす戦略もおすすめ。 日利0.2%〜0.5% 月利6%〜15% QUANT WALLET(配当ウォレット)の稼ぎ方 #仮想通貨 #副業 #投資 #配当 #配当型ウォレット #クオントウォレット #QUANTWALLET

具体的には、2019年末までに自主規制案を取りまとめて、2020年4月の認定を目指すとのことです。 法改正は来年4月の予定で、SBIは、法改正後、早い段階でSTOによる資金調達も検討しているとのことで注目。   

ちなみに、2017年のビットコイン最高値時との比較における計算力は約8倍になっているようです。
#仮想通貨 #暗号資産 #ビットコイン #bitcoin

ビットコイン(BTC)のハッシュレートが過去最高を更新。
※ハッシュレートは、マイニングにおける計算力。
ハッシュレートは、ビットコインの取引セキュリティの強さをはかる1つの指標として注目で、今、ビットコインのセキュリティーが向上傾向。
#仮想通貨 #暗号資産 #ビットコイン #bitcoin

仮に、申請が許可されれば、ニューヨークでの仮想通貨カストディ(資産管理)サービスが提供可能に。
今回申請したライセンスは、ニューヨークで仮想通貨事業を行うために必要なビットライセンスより権限範囲が広く、金融関連のアドバイスなども可能になるようです。
#暗号資産 #ビットコイン

フィデリティ・デジタル・アセッツ・サービス(米金融大手フィデリティ子会社)が、ニューヨークにて「投資信託企業」として運営する許可を申請。
今回、同社が申請したのは、ニューヨーク州金融サービス局(NYFDS)。
#仮想通貨 #暗号資産 #ビットコイン #bitcoin

今回取得したライセンスは8月から有効になり、これによってBitso(メキシコ仮想通貨取引所)は、仮想通貨の「カストディ」「トレード」「入出金」などのサービスをライセンスの下で提供可能に。
「xRapid」の採用が進むリップル(XRP)への期待もあり、他の動きにも注目。
#仮想通貨 #暗号資産 #XRP

Bitso(メキシコ仮想通貨取引所)が、ジブラルタルの金融サービス委員会(GFSC)から分散台帳技術(DLT)のライセンスを取得。
ちなみに、Bitsoは、リップル社提供のXRPを利用した送金システム「xRapid」の採用を表明している企業。
#仮想通貨 #暗号資産 #リップル #XRP

最近、ご質問の多い「SBlock(配当型ウォレット)」の実態と配当状況について、動画で解説しました。

あくまで可能性ですが、場合によっては「億」も狙えます。



#仮想通貨 #暗号資産 #ビットコイン #bitcoin #エスブロック #配当 #投資 #SBlock #配当型ウォレット
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト