テクニカルスナイパーの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

テクニカルスナイパー の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
20:19 2020年08月09日
BTC
現物を一回手放すのであればコロナショックによる株価暴落に巻き込まれた際の急落前水準であった114万円・10340ドル付近がめどになります。世界情勢が鮮明になるにつれて見通しも回復に時間がかかることがはっきりしてきているため、BTC程度の市場規模でも大きく伸びる可能性は低いと見ています。
BTC
抵抗の節目付近で近めの損切りを入れて突破を狙うのはBTC-FX特有の方法かもしれません。反落の可能性もありますが、損失を最小に抑えられるなら何度でも入り直す意味があります。それは流動性の低さがもたらす値動きが魅力だからであり、事前裁量でロングしておかないと注文が通らないからです。
BTC
半減期直後にそれなりの売りが入ると見ていますが、全体としては緩やかな上昇が続くでしょう。私はBTCを完全なるリスクオン商品と捉えているため、実経済が低迷する限りは買いは入りにくくなります。特に庶民層が興味を持つことはないでしょう。実はあまり良い投資商品だとは思っていません。
BTC
ビットコインの半減期が近づいています。新規や買い増しについて尋ねられることが多いのですが、どのタイミングで参入しても遅くはないと考えています。できれば今のように上がっているタイミングが良いでしょう。動き出せば一気に伸び、ニュースを織り込むのが遅いという特徴を利用しましょう。
BTC
ビットコイン相場についてのコラムをLINE@に投稿しますので必ずお読みください。
BTC
ビットコインは流動性がまだ不十分であり、いまだに長い髭をつけることがしばしばあります。対策としてはローソク足の実体がはっきりと節目を越えることを確認することと、多少切られても耐えられる程度の注文量に抑えることです。ストップを入れることは徹底すべきで、無論張り付いた方が取れます。
BTC
4時間足 世界経済が月火で先週の上昇を受けてわずかに上がりましたが、耐えきれなくなっています。これまでBTCも多少なりとも影響を受けてきており、これだけ上がれない相場が続く限り、重要な防衛ラインとしていた64万5900円も割れる公算です。52万円までの下落を覚悟すべきところです。
BTC
【ビットコイン】 金融市場が軒並み落ちている中で、唯一独自の防衛ラインを守りながら推移しています。ここ1年弱を振り返ると76万円台に強い抵抗があり、直近ではここを背に売られているという状況です。現物の買い増しはここを超えたところからが安全圏でしょう。ターゲットはひとまず117万円です。
BTC
本日は某プレミアム会員さんと面談をしており、そこでお話ししたことをツイートでも共有しておきます。ビットコインは4時間足における日柄調整とチャートパターン、プライスアクション、重要な高値安値を押さえておけば十分だと私は考えております。上昇でも下落でも段階的に節目を追うだけです。
BTC
平均以上のパフォーマンスは大きな利益ではなく、損失を抑えることによって実現されます。短期トレードでは適切なタイミングで手を引くことが大切になります。連続したエントリーの中で連勝直後に連敗した時や、ダウ・日経・ドル円・BTCなどの基軸チャートが急落した際に買いを控えることです。
BTC
声に覇気がないかもしれませんが単純にゆっくりと話したのが初めてだったため、雰囲気が違うと感じられたのでしょう。私はビットコイン現物こそ時価評価額として大きく目減りさせたものの、レバレッジトレードにおいてはショートで急落の中盤を取りました。敵は自分の中にしかいません。
BTC
2か月半ぶりにビットコインを買います。
BTC
株やBTCなどの暴落時は瞬間的な反発を取ることができるほか、ボラティリティが高くなるため、短期トレードが有利となります。ゴールドも含め、新規の中長期ポジションを見切り発車で入れることはしません。現金こそが最強で、それを証拠金にして利幅を稼ぐことに徹するべきです。
BTC
急騰急落は同時多発的な損切りによって引き起こされるものですが、殊BTCの急落については悪材料による現物の投げ売りが大きな要因となることがしばしばです。ショーターも現物を保有している以上、本当に下がってほしいと思っているわけではありません。それだけ上がる蓋然性が高いと考えています。
BTC
【重要】 BTC-FXをする際、ショートを取ったときほどすぐに手仕舞うべきです。デイトレード以上の時間軸でショートを打つべきではありません。もともと現物を保有しているため、相場が上がれば法定通貨で換算で原資が増え続けるところにレバレッジがかかるため、資金の目減りが早くなります。
BTC
本日東京セミナーでも話しましたが、ビットコインが急落する場合はファンダメンタルによる現物投げ売りが要因であることが多く、もし第1波の下落ではっきりとした要因が掴めなければ、それは一時的なロンガーロスカットの精算であり、リバウンドする可能性が高いと考えられます。
BTC
ビットコイン118万円までロング目線です。 しばしば買い煽りが散見されますが、私はもうこれ以上現物を仕込むことはなく、投資の相談をされても現有BTCを増やすことに注力するようアドバイスするのみです。含み益を増やすのではなく、細かく利確&再ロングをします。相場をこまめに見たが有利です。
BTC
4時間足 天井の固さがあるものの、安値はわずかながら切り上げており、102万円水準の突破が待たれます。ビットコイン特有の話をしておくと、急騰はショーターロスカットで急落は現物の投げ売りによって起こりやすくなっています。重要ポイントなので覚えておいてください。
BTC
先週の合宿で行われたクイズ大会の景品で「個人コンサル権」を獲得されたOさんがそれ行使されたので、パレスホテル東京のラウンジに来ています。ビットコインFXのトレードスタイルについてや実際にエントリーしたあとの利確損切りの目安と立ち振る舞いについてお話をしました。Xiaomi
BTC
日足 過去最高値の220万円を突破したら私は短期トレードを引退して株・為替にフルシフトし、ビットコインはフィボナッチリトレースメントでおおよそ予想できる次の抵抗帯である317万3500円までただひたすら現物を持って上がるのみになるでしょう。高値を追えなくなるまでは続けます。
BTC
ビットコイン相場についてお話ししておきます。4時間ベースで明確に98万4248円を超えているため、今日戻されない限りは多少保ち合ったとしてもこのまま上昇するでしょう。次に見据えるべきは107万6980円で、短期的に利確&再ロングで高値を詰めていきます。またこの辺りから現物は仕込めなくなります。
BTC
ビットコインは4時間足、為替は日足をきちんと見るようにしてください。大局を意識に入れながら短期で利幅を取っていくべきで、これは主に期待できる利幅を把握するために大切なことです。今あるポイントからどれだけの距離を詰められるのか、大きな抵抗を見つけて小さく確実に利益を積みます。
BTC
2020年のBTC相場は春先の金融商品取引法改正や半減期を迎えることを大きな根拠に上昇していくものと考えています。220万円以上は未知の領域となりますが、必ず意識されるラインであると見ているため、早めの利確と再エントリーができれば効率良く勝っていけるでしょう。短期トレードもこれに準じます。
BTC
BTC-FXをやるのであればBitMEXや最近ではクリプトGTにも注目しています。それぞれ初めは0.1BTC程度からにしておくことを推奨します。取引のやり方に慣れたり、為替などとの違いを体験しておいた方が無用な損失を出さずに済むでしょう。今年は上昇相場になると思いますので挑戦してみてください。
BTC
5万円でFXを始めて短期トレードに慣れておき、100万円で本格スタートしたあとはその原資をひたすら回転させ、以後100万円作るごとに株やビットコインに振り分けていく。事業投資などがここに入ってくることもありますが、基本的に資産形成のフローはこれだけです。今すぐ始めてください。
BTC
【注意】 レバレッジ30倍というのはトレードしている対象が3%も動けば資金が溶けることを意味しています。ビットコインを100万円でロングして、仮に97万円に下がってしまったら証拠金はすべて吹き飛ぶことになります。自らがどれだけ大博打をしているのかを理解して、改めてください。
BTC
締め切りなどは特にありません。仮想通貨の流れについてですが、近々BTCが反転すると見ています。何かのきっかけで82万円を突破すればそこからはトレンドに乗るでしょう。アルトコイン保有者も多いかと思いますが、こちらは多少引っ張られたとしてもどれもインパクトを残せないと考えています。
BTC
このタイミングでビットコインの現物に大きく張るというのはポートフォリオを無視した資産形成という観点において非常に合理的だと考えています。もちろん株式投資で小型株を乗り換えていくやり方も良く、FXで利益を積み増していくのも良いのですが、圧倒的に稼ぐスピードと増える蓋然性が違います。
BTC
【基本ルーティン】 土曜日:ビットコイン 日曜日:ビットコイン 月曜日:ビットコイン 火曜日:ポンド円 水曜日:ポンド円 木曜日:ポンド円 金曜日:ポンド円
BTC
7か月ぶりにビットコインを買います。
BTC
下落余地が限定されていると見ています。半減期までの時間を考えても転換は秒読み段階にあり、中期的に現在価格から3倍近くにまで上昇することを見越しています。手元流動性のある余剰資金を投入するには株式などと比べてビットコインに1点張りするのがもっとも効率的であるという判断です。
BTC
本日はあの菅官房長官もよく訪れるという横浜赤レンガ倉庫にある『bills』にてパンケーキとレモネードをいただきました。休日の良きひとときを過ごすとともに、週明けからの為替相場の方向性について詳しく語り合うことができませんでした。土日であるため、BTCの大きな価格変動が待たれます。
BTC
アルトコインが軒並み機能停止している今、中国の悪材料による市場の歪んだ評価を利用してBTC一本に集中投資できるかどうかが大きく勝負を分けるでしょう。 この76万円以下にあるタイミングで怖がらずにAll inできれば大きく伸びます。 悲観の極みにしては飛び込みやすい相場です。
BTC
【保存版】 BTCなどのように成熟しきっていない市場ともなると複数のチャートを比較することが大事になってきます。 私であれば常にbitFlyer4時間足とBitMEX15分足を同時に表示させて値動きを見ています。 最近では前者が先行するパターンが多いように感じます。 アービトラージと本質は同じです。
BTC
東京&横浜セミナーでもお話ししましたが、為替は主要5通貨に限定するのが良いでしょう。 その中でもポンドと豪ドルは大きく伸びるときと狭いレンジを形成するときの差が激しく、ビットコイン同様にコンスタントに利益を積むことのが難しい通貨です。 張り付けるのなら短期間で稼ぐのに適しています。
XLMUSDT
$XLMUSDT 日足&4時間足 底打ちのタイミングから張っていましたが、3週間経って鑑みると市場は織り込んでいたように映ります。 今後の方針についてですが、一昔前とは違って上場インパクトが薄れているほか、それなりの流動性もあるため、一波目については早めの利確をする準備をしておくべきです。
XLM
【速報】 XLMコインチェック上場です。
BTC
BTC取りきったので散歩に来ました。
BTC
【重要】 BTCは2020年6月に半減期を迎える予定です。もう一段下がると見ていますが、ここから9か月かけて上昇に転じる展開になるでしょう。150万円ないし200万円が目標で、当然その上昇波に対してロングで乗れるかがポイントです。その時までにトレードスキルが身についているかが左右します。つまり
BTC
ビットコイン急落について、量子コンピュータに関するニュースが悪材料であるとして取り上げられています。 こちらは1か月前の2019年9月23日(祝)に公開されたコインオタクのニュース記事です。 改めて暗号資産はファンダメンタルを織り込むのが遅いということがわかります。
BTC
1000~2000万円くらいまでは投資対象を分散させる必要はないと考えています。為替なのかBTC-FXなのかも決めて振り切るべきです。個別株を保有する場合も東証一部や二部ではなく、マザーズやJASDAQの方が資金回転の効率が良く、長期するくらいならば手元流動性の高い現金で置いておく方が良いでしょう。
BTC
ビットコインの中短期目線ですが、73~76万円くらいまでは簡単に下がると見ています。 半減期まで意外にも時間がないため、年内には底打ちをするでしょう。 73万円で5月以来となる現物が買えれば御の字と考えています。 それまではひたすらショートを取ることに集中していきます。
BTC
とりあえずポジションを取ってみるというのは必要なことかもしれません。 ビットコインを例に挙げたりもしましたが、人間はやってみて初めて勉強したくなるものです。 短期トレードならばポジションを薄く入れるだけでチャートから目が離せなくなります。 やってみることで向き不向きもわかります。
BTC
15分足 落ちると見てショートを積み増していきます。 ストップも近く、ビットコイン特有の引きずられる展開を見ています。 8208はかなり重要なラインであるため、ここを割り込めばさらに大幅な下落となる見込みです。 8016まで引っ張るのが理想ではありますが、細かく利確していきましょう。
BTC
現有資産を全て洗い出し、現時点で打てる最善の方法を試していくしかありません。 基本的にBTC現物は最強なので、無理に手を広げるくらいなら全クリプト資産を一点に集めてください。 そのうち10%でもトレードに振るなどすれば良いのではないでしょうか。 新規の資金投入はタイミングを図るべきです。
XRPBTC
【全国セミナー6都市開催】 特別セミナーをコインオタクとして主催します。 『BTCやXRPの相場予測』をお話しします。 那覇に続き、東京・横浜・大阪・名古屋・福岡・札幌の6都市にて行いますので、お近くの会場にぜひお越しください。
BTC
1時間足 FXでデイトレードをする上で一番基準となる時間足ですが、今のBTCもこの視点がもっともはっきりと中短期の方向性を見るのに適しています。 長い日柄調整となっており、82〜93万円のハイボラティリティレンジを抜けた方向にスキャルピングで追随するのがセオリーです。
BTC
ビットコインに触れられたのは好機であり、保有したがゆえに情報を得るために調べ、類似する株やFXにも興味を持てるようになった方もいるはずです。 さらに派生してBTC-FXなるものも知ることができたはずです。 良いことは一つもなかったという方もいますが、視野は確実に広がっています。
BTC
同時に、資金的なリスクも追わなくてはならず、必然的にレバレッジや注文量が増えます。 副業感覚でのらりくらりではなく、スタートダッシュを決めようと思うのなら、為替トレードで20倍・BTC-FXで10倍張って勝率重視のスキャルピングに徹するしかありません。 全リソースを集中させる必要があります。
BTC
ビットコイン再開します。 レンジです。
BTC
元手資金についてよく聞かれますが、為替なら100万円くらい欲しいところです。 BTC-FXならばもっと保険をかけて0.1BTCに抑えても十分でしょう。 強制ロスカットなど万が一もあるので単利で回すイメージが良いと思っています。 倍々で原資抜いて株などに振るのが王道的なやり方です。
BTC
ビットコインが急落しました。 リバウンドに注意してください。 大局107万6980円付近をめどにショートカバーを待って再ショートを検討していきます。 ディセンディング続行で、次は98万4248円付近をターゲットとしていきます。 いまだショート余地があることが今の下落で得られた収穫です。
ETCXRPETH
ETHの23000円とXRPの35円での反落を見ている限り、流動性の低さが感じられます。 ETCがこれに続いたとしても10月のファンダを挟んで下落する可能性が高いため、一部利確しながら効率的に回すプランを立てておく必要があるでしょう。 中長期投資のやり方は一部利確&底値買いの繰り返しです。
BTC
目まぐるしく移り変わる暗号資産市場が今後どのように発展していくのか未知数です。 ETF承認の兆しが見えてもさほど目立った反応もなく、BTCの半減期までは期待が残りますがその後は良くも悪くも安定する可能性があります。 適応していくために為替でトレードを学んでおく必要性を感じます。
ETHETC
チャートを見ても今のアルトコイン市場でもっとも上がる蓋然性が高いのはETCでしょう。
XLMMONA
MONAコインに続く11番目のコインチェック上場銘柄に注目が集まっています。 その中でもXLMは日本マーケティングを強化させ、一番手とも言われます。 現在チャートでは全く判断がつかない状況ですが、上位アルトでプロジェクトの進捗として安定感があることは間違いなく、市場次第で化けるでしょう。
ETH
どこまで行っても日本の暗号資産市場においてコインチェック銘柄というのは一つの大きな指標になります。 注目のイーサリアム兄弟がそれぞれ違った道で次の市場を牽引していくと見られます。 インフラストラクチャーとして、既存の経済システムとの架け橋として期待していきます。
BTC
仮想通貨のメリットとして自国通貨の信用が低い新興国でのキャピタルフライト需要が挙げられます。 2013年のキプロスが例に挙がることが多いのですが、これはギリシャショックの影響で起きた財政危機を救済するEUが預金課税を要求したことに対するBTCへの資金移動で、通貨不安ではありませんでした。
BTC
ビットコインFXの場合、0.1BTC以上で始めていくのであればレバレッジ10倍くらいがMAXでしょう。 1BTCあればMAXは5倍で、逆に0.05BTCなら15倍フルで回さねば早く勝つことはできません。 為替の場合、レバレッジは10倍が最低で、時には20~50倍をかけることもあります。 無理な推奨はしません。
BTC
ビットコイントレードは短期的なトレンドでは転換する際に急激な値動きを見せることがありますが、基本的にパターン化されやすく、向こう数年間は利益の取りやすいチャートでしょう。 騙しなどがあるとも言われますが、時間軸ごとの確定足に対して順張りで追えばかなりの確率で勝てます。
BTC
レバレッジ400倍は取引に対して0.25%しか証拠金を入れていないわけで、言い換えれば相場が0.25%、つまりドル円で言うと1ドル=100円の場合、25銭動けば強制ロスカットとなって資金が溶けます。 これがビットコイン並みのボラティリティを誇る資産である場合、その危険性は計り知れません。
BTC
15分足 ビットコインにしては珍しくトレンドラインが発生しており、終盤で天井での反落があったものの押し目となって反発を見せる瀬戸際にあります。 バイイングクライマックスを迎える最後の上げが来るとすればここは絶好のロングポイントになりえるでしょう。 ひとまず11149を見据えます。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト