えぐざりXRPっぴさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

えぐざりXRPっぴさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
20:42 2018年10月17日

xCurrent vs SWIFTgpiには納得だけど
XRP直接保有、xR vs ノストロ口座、口座振替
は競合というより補完関係にあると思っている。
銀行や送金業者目線で考えたら送金方法が増えて、企業の最適化を計りやすい状況。
業界全体の最適解に向けて移行していくイメージ。

グローバリゼーションが進むに比例して国際送金の需要は右肩上がりで増えていく。
これをコルレス方式でさばくには限界があり抜本的な解決策はSWIFTにはない。gpiはあくまでコルレス方式の改善でしかない。

そこに舞台の上手からXRPが現れる
XRP
全てのXRPが最大限に回転してる状況ってまずありえないよね。
長期で保有してキャピタルゲインを求める者、送金に利用して運用コストカットをしたい者、有事に備え信用あるアセットとして保有したい者、トレードして運用したい者、いろんなニーズが現実にはあるんだから。
XRP
異なる動機をもつプレイヤーたちがつくる需要と供給の均衡点。
価格はこれを反映する。
これはXRPがどれだけ信用されるアセットになるかでも変化する。
XRP
私が価格を予想する時に1番見てるデータは
①XRPの全取引量
②XRPledgerでの支払い量

昨日24時間で
①約20億XRP
②約5億XRPの取引量がある

xR利用時の送金ボリュームを知りたいなら②がどれだけ年末にかけて増えるか、①、②の比率がどう変化するかに注目してたらおもしろいかも
XRP
トラッキングノードはRippleネットワークに接続する中継点なんだけど、ここに通信処理が集まると処理しきれなくなる。これが年末XRPにも起きた送金遅延の原因。

だから取引所は自前のノード建ててアップデートしてね!って話。
これに対応してるのがこの前のCCのアナウンス。チャンチャン

言葉狩りかー
まー最悪私はおっぱい&XRPさえ死守できたら大丈夫
XRP
XRP失敗のシナリオか...
私が心配してるのはスキャンダルかな。
競合に関しては、市場に競争原理が働いてることが独占禁止法などへの対処にもなるのでもっと背後の関係まで見た上で判断したいと思ってる。
表面的な競合関係だけで判断できることじゃないから。
XRP
当たり前の投資スタンスと投資判断能力をもってる人なら、時価総額上位の通貨の情報は集めるはず

XRPホルダーはアンチに感情的にならず、正しい情報を発信して、コミュニティがさらに盛り上がるイメージをもって行動しとけばいいと思います
XRPBTC
間違った認識もまだまだ多いけど、XRPに注目が集まってるきてるのは喜ばしいこと。
BTCの検索数を抜き出したのは大きい(๑›‿‹๑)

Amazon Google Microsoftがクラウドを意識しだしたのがいつかを調べたりしている...
特にベゾスの決断のきっかけはなんだったんだろう…

マルタ証券取引所の子会社であるMSX PLCが、Binanceとの備忘録にサイン。
当証券取引所を通して、Binanceはセキュリティ・トークンを発行しようと目論んでいる模様。

【リップル金魚えぐざりに恋心を抱いている人の誕生日】

いません
#あなたに恋心を抱いている人


マジでクソwww(^∀^)
XRP
WannaCryという身の代金要求のランサムウェアあったけど、
Rippleの戦略には何か似た所を感じる。
xRapid(XRP)には旧金融システムを崩蝕していくほどのゲームチェンジャーの力がある。
ウイルス感染のようなネットワーク効果……
敗者と勝者が残酷なほどに分かれるゲーム

SCBは今年の3月にユーロとポンドを対応通貨に加えると言ってたな。
つまりxCurrentのハブになるってことじゃないだろうか。

仮想通貨に投資してる人達は通貨危機などには強いですよね。
グローバルな性質を持つデジタルアセット。
次の金融ショックで運命をわけるキーワードだと思います。

そのころ裏では様々な小切手や証券の電子化が進んでいてだな……

みんな月を低く見積もっておったんじゃ……(`へ´*)

今出てきているファンダのほうが大切ぅ
BitpesaとSBIレミットの動きは貿易関連を期待させるぅ

どんな逆境にも動じない子になってほしいと願い名付けられました。

『僕の名前は在仏(ざいふ)です』

#会見はしません

bbは1分あたりの取引量に上限かけるしかないんじゃないのかな??
現物取引でここまで注文殺到し、客が集中するとも思ってなかったんだろう、(CC事件など想定してなかったんだろう)サーバー増強だけでなく仕様を変えないと問題は解決しない。

って詳しい方がおっしゃってました

今アビトラやったらヤバいよなー
xRapidってそっちでも使ったらぼろ儲けできそう♪( ◜௰◝و(و "

退職タイミングばっちりだったかも

AIとの統合でGPIに新機能追加。
事前に予見分析して手数料の明確化、エラー検知。

はるまきが救われてしまう
XRP
そのうちアンチさん達が「銀行はxRapidを使ってもXRPを使ってるのは3~4秒だけ」って正論言い出しそう…

その時はみんなで祝福しようね
XRP
【XRPのユースケース】銀行はXRPを使うことにより、事前にノストロ口座に資金を投入することなくオンデマンドでリアルタイムで流動性を得ることができます。引用元
BTC
xRapid始まったらBTC連動は終わりヽ(´▽`)/
その前に上げてきそうな気はする(BTC建ていい感じ♪( ◜௰◝و(و ")
XRP
現状、国際送金をするにあたってもっともコストをかけずに速く両替ができる仕組みを作ってるのがRippleであり
技術の核になってるのがXRP。

そして実需目前!(来月!?)

これに投資することを批判される筋合いはない(๑›‿‹๑)
XRP
将来XRPより高性能なものができるならそっちにも投資すればいいだけの話。
これを「XRPに投資しない理由」にすり替えるなんて思考回路がめちゃくちゃやで

iPhoneXとPhoenix(フェニックス)

iPhone9がないのはみんな忘れて〜
Phoenix元年アピールなのかな…

客の口座のお金をマッチングすることで、固定費を最低限に抑える発想はかなりイケてるよな〜

ここからは予想ですが、マッチングうまくいかない端数が生まれた場合は、TWがインターバンクで資金を現地調達するなどして帳尻を合わせてると思います。
詳しい方いたら間違い指摘よろしくです

xRapidエコシステムを使う銀行とそうでない銀行の10年後を考えた時、大袈裟でなく後者の銀行は潰れる可能性が高い
xRapidを使うことで浮いたお金は新たな投資に向けれるし、その他のスワップ市場でも競争力のある金利を提示するのに役立つ
銀行事情を知る人ほど意味の重さに気づくのがxRapidなのだろう

SWIFT GPIって言っちゃえばメガバンクに都合のいい中小銀行、企業へのシワ寄せだよね

宗教はドーナツみたいに中心が空だから人類史上ロングヒットしてるじゃないかと考えてみた 笑

中心は誰にもわからないし食べきることができない。
ゆえに信仰というパワーが必要になる。
この形にこそ神性が宿る

リップル金魚えぐざりに会いたいと思っているフォロワーさんは10人います。全員ド変態です。
#あなたに会いたいフォロワーさん


(๑•﹏•๑`)ぷえ〜っ
いつものパターンwww

RBC ロイヤルバンクオブカナダの資料です。
98~100ページ目にRippleのクロスボーダー決済の説明がありますね

この界隈モラルが低いのは言わずもがなだけど、やり方が単純すぎて逆にちょろい

xRapidに対応する取引所は災害時の停電にどう対応するんだろ??
やっぱ拠点を複数にするんかな?

Davidが日本育ちならドラえもん好きだったかもな〜|・`ω・)

ちなみに私は炎上させる教団の人達全員ブロックしてるw
うるさいから仕方ない
XCP
昨日の座談会、途中参加でしたがUSDの信用で成り立つ決済ネットワークはオープンソースであろうとIOVは不可能だという結論になりました。
なぜならカウンターパーティーリスクが残るからです。
不透明な部分はまだありますが、今わかってることで有意義な話ができました。
ありがとうございます

『USDペグのデジタルマネーでIOVは可能か?』
ある領域で決済システムとして機能することと、IOVには雲泥の差がある…
この辺りに焦点当てるとおもしろいかも

USDペグのブリッジング送金のメリット、デメリット。
特定の第三者に依存しない独立したデジタルアセットでのブリッジングのメリットと超えなきゃいけない課題。
この辺りをdiscordで話したいなー

ILPの存在を忘れて単一ledgerで物事考えてしまうのはまぁ仕方ないんだろうなー…
性能だけでなく、公共性、利便性の側面が注目されるのはまだ先かな。
相互運用性を軽んじるプロジェクト多すぎるよ〜
XCP
CLS銀行(世界一の決済システム、1日の取引量500兆円)について
結論を言うとこのシステムを使えば流動性リスクやシステミックリスクは回避できるが、外貨準備金が流動性資金として使われてるため、通貨危機などのカウンターパーティーリスクは完全には回避できない(軽減はできる)
あと手数料かかる

どんな決済システムにもオペレーショナルリスクがあるんだとすると、IBM WWなどの取り組みは第二選択肢として必要なのかもしれない。
銀行や企業が確実な決済インフラシステムを求めているんだとすると、『予備の道具』としてのニーズはあるんじゃないだろうか??

ドラクエ11やって気づいたんだけど、MP減らないし、用がなければ迷わずルーラを使う。
移動において一番合理的な方法に慣れたら歩いてなんていられない
XRP
競合領域にいるからと言って脅威になるかはまた別の話。
XRPledgerのような決済システムはネットワーク効率化を上げるため何個も必要ない。
共存繁栄が一番の道。
夢は同じなんだから

最近お下がりのドラクエにハマってしまって、この三日間でレベル15上げました(。・v・。)

みんな勘が冴え渡ってるなー笑笑

カリウムさんだったかな…たまに思い出しては心配になる。
今どうしてるのだろう…
XRP
決済リスクは
1.信用リスク
2.流動性リスク
3.システミックリスク
4.法的リスク
5.オペレーションリスク
に大きく分けれるわけだけど、
XRPとRippleネットワークは信用リスク以外の2~5に関わってくるんだよな
壮大なソリューションだわ
XRP
反映されてるからではないかと推察してみる。
具体的な価格への言及などがないようにXRPへの性質を理解してもらうためにRippleの中では対応すべきことと敢えてしないことが棲み分けされてると考えたら辻褄が合ってくる気がする。
XRP
そういえばRTJのFUDの時はRippleやSBIの中の人たちが対応してくれた。これはゲートウェイ関連だったからだと思う。
逆にXRPのFUDに対しては、公式のプロモーションに集中するだけで、訴訟にでもないかぎりいちいち対応していない。
ここには中の人たちがXRPを証券として扱ってない意識が つづく

MercuryFXの流れで南アフリカにもxRapidパートナーの取引所来い!!щ(・д・´щ)コイヤ

誰が誰を信頼してるかわからない、けど自分と同じ状況に他者もいることを前提にすることで、より分散化が進みコンセンサスアルゴリズムが生きるってほんとおもしろい
XRP
取引所間のXRP移動を見てると、いずれはこれがコール市場を形成することを予感させてくれる
XRP
XRPledgerは誕生以来ずっと稼働し続けていてほんとにすごいと思う。
これも資産だよね
XRP
この日がXRPledger誕生から5周年ってことになってるけどその前にXRPは初期の開発者たちから譲渡されたんだよね。
XRP
そもそもXRPはopen coinが設立される前は何て呼ばれてたの??
XRP
来年にはXRPのETFもあったりするのかもな〜(^q^)
XRP
XRPがればSDRは機能的には必要ないんだけど、政治的な理由で存続するってのが私の持論。
そしてそんなにでかい市場じゃない。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
【@chemicalism21】はSacrifice、けんくんさん公式ページに妄想して
私が価格を予想する時に1番見てるデータは
①XRPの全取引量
②XRPledgerでの支払い量

昨日24時間で
①約20億XRP
②約5億XRPの取引量がある

xR利用時の送金ボリュームを知りたいなら②がどれだけ年末にかけて増えるか、①、②の比率がどう変化するかに注目してたらおもしろいかも
10月27日の楽天さんのカンファレンスにブロックチェーンスタートアップのスピーカーとして参加します!英語サボってきたので日本語枠ですが、来年は英語枠目指します!#NANJ
XRPが。どの通貨よりも。トレ転本格化早いとよむ。この。読みが。成功すれば。XRP時価総額一位は。射程圏内やから。わらう。わしが勝ち組や。いくで。やるで。リップル買い増しや。
XRP

時間足レベルでEMAをサポートにする位置まで上がってきました。

この辺りで定着できると短期的にも目線として上を見る人がかなり増えてきます。

サポート際の買い支えによる安心感ができると、次は高値からのフィボナッチラインを攻略する流れになります。

全ての下準備が整うと…
ってか。そろそろ。ビットフライヤーも。XRP上場したらどや?IYRK
ドイツのDZ Bankの資料でリップルについて言及があり、導入を検討している可能性か?

DZ Bankは、資産規模でドイツNo.2であり、2018年の総資産は$6,071億(約68兆円)を誇る。

UKのEU離脱を受けて、EUの金融機関の中心はドイツへと移る。欧州大陸でのドイツの影響力は、絶大。
#XRP #ripple
BTC速報:AUM(運用資産)240兆円を誇るブローカレッジファーム"フィデリティ(Fidelity)"は機関投資家向けビットコインとイーサリアムの売買プラットフォームを提供。カストディサービスや教育、助言なども行う #ビットコイン #仮想通貨 #フィデリティ #Fidelity
仮想通貨取引所Cobinhood:XRP(XRP)・ネム(XEM)の上場まで残り3日


取引手数料無料の取引所CobinhoodにXRP(XRP)とネム(XEM)が日本時間10月19日(金)午前9時に上場される予定だ。
#NewsPickUp
おすすめサイト