d10n Labの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

d10n Lab の仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
12:03 2020年10月27日

本日は「Libra White paper v2.0で示された主な変更点」を配信しました。 ・バスケット型ステーブルコイン ・スイスの決済システム(FINMA)ライセンスを申請 ・AML/CFT基準を含むコンプライアンス ・パーミッションレスシステムへの移行見送り など、詳しく概観しています。
BTC
グレイスケールのビットコイン信託の購入された金額は2020Q1に過去最高を記録。 機関投資家からのビットコインの注目が増している。
BTC
本日は、「論考・新型コロナウイルスによる不況と経済政策は暗号資産市場にどのように影響するか」を配信しました。 Bitcoinに与える5つの良いシナリオパターン、トークンなどの暗号資産市場への影響などを整理しています。

Geminiが Chainlink、Dai、Orchidを上場予定。同社は規制された米国の取引所で先日にはBATを上場させている。

MakerDAOに対する集団訴訟。 3月の暴落の際にEthereumのネットワークが混み合っており精算が上手く機能せず、想定していた以上の資金を失ったため。 MakerDAO Users Sue Stablecoin Issuer Following ‘Black Thursday’ Losses via @coindesk

中国の中央銀行デジタル通貨のテストインターフェイスの画像が公開される。開発元は国有の銀行の1社。 Chinese State-Owned Bank Offers Test Interface for PBoC Central Bank Digital Currency via @coindesk
BTC
BTCとWBTCのコンバートが1クリックでできるように
BTC
BTCを簡単にLiguidのサイドチェーンにコンバートできるサービスがリリース。
BTC
Keep protocolおよびtBTCの開発企業は7.7Millionを資金調達。 特定の第三者への信頼が少ない形でBitcoinをEthereum上で使う手段としては、今最も注目されているプロジェクトの一つ。
BTC
また、2008年のリーマンショックの際にゴールドの価格は株式などと連動して大きな下落をしている。これはレバレッジ取引の精算やパニック売りによるもので、SoVの失敗ではない。 ゴールドはその後3年間で価格を3倍にあげている。Bitcoinが同様の動きを出来るかに注目される。
BNB
IBCが進捗する中で期待されるプロジェクトの一つがKavaで、他ブロックチェーンの資産を担保にStblecoinを発行するアプリケーションが開発されている。既にコードベースとUIが出来ており、IBCの実装が待たれている状態。 デモではBNBを担保にUSDのStablecoinを発行している。
BTC
ポイントサイトを運営するセレスはPantera CapitalにLP投資をしたことを発表。 Pantera Capitalはブロックチェーン業界で有名なファンドですが、成績は芳しくないことは複数メディアでこれまで指摘されており、最も成績が良いファンドもBTCのパフォーマンスを下回るとされる
BTC
アフリカで成長をするP2PのBitcoin取引所Paxfulは前年から50%を成長。 アフリカでのBitcoinの成長を裏付けている事業成長。
BTC
Twitterの共同創業者ビズストーンがBitcoinを簡単に購入出来るアプリに投資。 Twitter出身者のBitcoinへの傾倒が目立つ。
BTC
2020年に入り、Lightning Network関連の商用プロダクトが続々とローンチ。 ・SquareがSDKを公開 ・Lightning Labがウォレットを公開、およびシリーズAの調達 ・Strikeが銀行口座からLN支払いのBTCへのペイメントゲートウェイのデモを発表
BTC
銀行振込、またはデビットカードで決済、受取手は、Lightning NetworkでBitcoinを受け取れるプロダクト、Strikeが発表。
BTC
Binanceによるマーケットレポート。 BTCとの相関が低い通貨はCOSMOSやTezosなどが挙げられ、強く価格が推移していることが示されています。
BTG
Bitcoin Goldは51%攻撃を何度受けても死んでいない。ブロックチェーンを破壊することは困難である。
BTC
CMEのBitcoinのオプション取引初日には$2.3Mが取引された。業界全体ではFTXなどでも新たにオプション取引を開始しており、今年上半期注目される市場になる見通し。
BTC
アメリカのチャリティや寄付プラットフォームのトップ100のうち12%がBitcoinや暗号通貨を受付しているとのこと。多くの人の想像より大きい割合ではないかと思われる。
BTC
CoinbaseはBitcoinをEメールアドレス宛に送るサービスを開発して特許を取得した。
BTC
tBTCの仕組み解説です。 BItcoin>Ethereumのトラストレスなブリッジを実現しようとするプロジェクトです。
CTR
韓国の中央銀行はPhDレベルの暗号通貨のスペシャリストを募集していることを発表。中国の中央銀行のデジタル通貨などに影響をうけてリサーチを進める方針。 South Korea’s central bank to hire digital currency specialist
BTC
直近一週間、d10n Labで配信したレポート一覧です。 日本国内のSecurity Tokenの現状や課題について、およびスイス証取レポートの要約、Kadena概要、BitcoinのDeFiではtBTCなどの仕組みを解説しています。
BTC
・投資対象のステージは、アーリーであれレイターであれ、またはBitcoinやEthereumのような成熟したプイラットフォームにも投資をする。 ・a16zは投機的なユースケースには関心がない。将来、数億から数十億人が使用するプロトコルやアプリケーションに投資をする。
BCH
「Proof of Workのセキュリティについて考察する。過去の攻撃事例やPoSとの比較論点について」を配信しました。 PoW vs PoSの比較論争、Bitcoin Cashなど上位PoWブロックチェーンを現実的に攻撃する方法の検討、PoWのブロックチェーンのセキュリティについて見解など、PoWを再考する包括レポートです。
BTC
Paypal CEO、Libraを脱退した理由は法的懸念の理由ではなくより良い選択肢の可能性がありえるからだとインタビューで回答。また、Paypal CEOは個人としてBitcoinを保有することを明かす。
BTC
本日のd10n Labのレポートでは、「Bitcoinで実現可能なDeFi・オープンファイナンスを概観する。(サイドチェーン、アトミックスワップ、DLC、tBTC等)」を配信しました。 Bitcoinの様々な先進的な取り組みを概観するレポートです。スマートコントラクト以外のDeFiの可能性について触れています。
BTC
BitcoinによるDeFi ・既存の機能の活用(HTLC、P2SH) ・複数企業によるサイドチェーン(Liquid) ・レイヤー2(Lightning Network ) ・他のブロックチェーンへブリッジ(EthereumのWBTC、tBTC、CSOMOS)
BTC
CMEはBitcoinのオプション取引を来年1月に開始する予定で、規制当局のレビュープロセス中であると発表。 同取引所の先物はすでに十分に取引ボリュームがあり、市場で影響を高めている。
BTC
Ren Protocolのカオスネットがローンチ。 Bitcoin<>Ethereumのクロスチェーンのアセット交換を実現している。 メインネットで公開されているが、監査されていなく、まだ試験的ではあるが、最近のDeFiの中では最も大きいブレークスルーの一つと言っても良いリリースでしょう。
BTC
REN VMでBTC<>Ethereum上のDAIのアトミックスワップが実現。メインネットでトランザクションされています。
BCH
Bitcoin Cash、謎のマイニングプールのハッシュレートが50%に。 10/26には3時間新しいブロックが生成されないという事態にもなっており、ネットワークが不安定になっている。
BTC
2018年は売上$400 million、利益は$8.3 million。 しかし、2019年は$45.8 millionの損失を既に計上しており、売上も85%減少しています。 2018年はQ1の売上が多くを占めているはずで、2019年は通年売上が悪いことはBitcoinの価格を見れば予想通り。
BTC
Bakkt、当初の予定通りペイメント分野のアプリケーションもリリースし、スターバックスでビットコイン決済利用できるようになる予定。
BTC
Bitcoin市場の効率性についてのレポートです。 約2年前のBitcoin高騰時期と比べて今回の高騰では市場のインフラや参加者はどのように変わったかを様々な観点で説明しています。 Bitcoin市場はこの2年でどの程度効率的になっているか。
BTC
DeFiに次にどのような段階になるか。by MakerDAO。 規制産業になっていてもBitcoinやEthereumはプロトコルとして認められ、規制当局はそれらに触れず、取引所を規制している。 DeFIにおいても同じようなことが起こることが予想される。
BTC
WeChat検索でのビットコインとブロックチェーンが爆増。 習近平のブロックチェーンを推進するという発言を受けて。
BTC
本日のd10n Labのレポートでは、「BTCレンディングをサポートするBlockFiのビジネスモデルと貸出ユーザーとしてのリスクを概観する」を配信しました。 レンディングサービスでおなじみの同社ですが、実際同社に貸し出しされたBTCはどのように運用されているかなど紹介しています。
BTC
Bitcoinのサイドチェーンで動くゴールドのトークン化。 スイスに保管されているゴールドと結びつく。
BTC
Layer1が資金調達。ピーター・ティールも投資。 米国で再生エネルギーを使うマイニング企業となる予定。 シード時期と事業内容が変わっているが大きくピボットしている模様。 Peter Thiel Backs $200 Million Valuation for Renewable Bitcoin Mining in the US
BTC
Bakktローンチ後のレビューレポートです ICE傘下のBakktのローンチ後の反応やこれからの課題。Bitcoinの機関投資家市場の整備について。
BTC
Bakktは9月23日にローンチを果たしました。 現物を翌日受け渡しをする先物を提供する形式であり、極めて現物取引に近い形の同取引所はBitcoin市場に大きい影響を与えると期待されていましたが、ローンチ後の現状や今後の課題について整理したレポートをd10n Labで本日配信しました。
BNB
【過去レポート紹介】 取引所トークンもBNB以後、それをベースとしながらも様々なモデルが出てきており、Btimaxはその代表例です > 新興取引所BitMaxの概要。2019年に最も価格を上げた取引所トークンの仕組みやインセンティブ設計
BTC
SunmaがCOSMOSとBitcoinのブリッジを作る。 Interchain Foundation (ICF) と提携をするので、これがCOSMOS<>Bitcoinのブリッジ規格として標準になると思われる。
BTC
Lightning NetworkのBTCでOTC取引を提供 Lightning Wallet Zap Launches in-App OTC Desk for Bitcoin Buyers via @CoinDesk
BTC
CMEはBitcoinのオプション取引を2020年前半に開始。
BTC
SECにBitcoin ETFを申請しているBitwiseがSECにプレゼンテーションしたスライドが公開されています。 Biotcoin市場は日に日に効率的になっているという主張で、様々な数字を示しています。
BTC
Bitcoinを2011年に買った21才の富豪が泡沫アルトコインに資産の大部分を投下するというニュース。 The teenager who made millions on Bitcoin is staking it all on this obscure token
BTC
Bitcoinの実装の種類とLNの実装の種類の一覧
BTC
ブラジルの決済会社大手がBitcoin決済を導入。 140万店舗がBitcoin支払い可能に。
BTC
Casa。 ユーザーが自分のBitcoinのフルノードが正常に動いているか簡単にチェックできるツールを発表。 ちゃんと定期的にチェックしているとCasaから少額のリワードがもらえる。 Bitcoinのネットワークにフルノードが増えることを促す。
BTC
tBTCが生成されるまでのグラフィック。 署名グループの組成は結局Federatedでもあり、Liquidよりトラストレス性が高いというのは誇張ではという、議論もすでに起こっています。 テストネットが年内にローンチ予定。 より詳しいレポートはd10n Lab内で後日配信しようと思います。
BTC
SODAが。 BTC担保にDAIを借り入れできる。
BTC
仕組みは下記 1.ユーザーはBTCをSODABTC(ERC20)の変換する。 2.SODAスマートコントラクトにSODABTCを入れて、それを担保にDAIを借り入れできる。 3.担保率は140%でそれを下回ると、ロスカットがコントラクトによって動作。 4.DAIを返せば、SODABTCは戻ってきて、SODABTCはいつでもBTCに戻る
BTC
最初からWBTCを使えば済む話でこのプロジェクトは欠陥なのですが、BTCがEthereum上に乗るとこんなことも出来るよねという事例。
BNB
本日から明日にかけて、d10n Labでは、新興取引所BitMaxの概要・考察についてレポートします。 同取引所のトークン、2019年に最も価格を上げた取引所トークンで、BNBのパフォーマンスを引き離しています。 その仕組みやインセンティブ設計などについて概観と考察します。
BTC
VanEck/SolidXやBitwiseの申請するBitcoin ETFのSEC承認が再び延期されました。 判断は9月、10月にそれぞれ引き伸ばされています。
DASH
Coinbaseが新規トークンの上場検討をしていることをアナウンスしました。 検討トークンは、Algorand, Cosmos, Dash, Decred, Matic, Harmony, Ontology, Wavesの8つで、全てPoSのトークンです。 ATOM, DASH and More: Coinbase Considers Adding 8 New Cryptos
BTC
2019年はサイドチェーンの実用化の年で、さらに1年くらいをかけてユーザビリティも向上するのではと予想されます。 BlockstreamやLiquidに関するレポートはこちらです。> Bitcoin関連技術に特化をするBlockstreamの企業概要・取り組む事業領域・考察
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト