CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
07:36 2019年07月23日
TRX
バフェット「5億円昼食会」4人目の参加者決定、eToro創業者とバイナンス慈善基金責任者を招待へ


仮想通貨TRON CEOのジャスティン氏は、先日5億円の落札で大きな反響を呼んだバフェット会食のゲスト枠に、eToro創業者とバイナンス慈善基金の責任者を招待したことを明かした。
XRP
米バンカメ、決済システムの特許申請でリップル技術を引用


米大手銀行「バンカメ」が申請中のDLT決済特許で、リップルブロックチェーンの技術を引用していることが判明した。「即時差金決済」分野を重要視か。
XRPETHBTC
リップル、イーサリアムのBTC建チャートとドミナンスを独自考察|タキオン


BTCドミナンスが70%の大台を前に反落する中、アルトドミナンスは長期下落局面と解釈できる。BTC建てアルトは底の見えない展開が続くが、ETH/BTCは短期では反発期待も。XRP/BTCチャートも独自考察。
XRPETHBTC
朝の注目記事
▶︎Bakktの正式ローンチ、今四半期中に予定か

▶︎バイナンスの仮想通貨証拠金取引、日本人の利用を解禁か

▶︎XRP、ETHのBTC建チャートとビットコインドミナンスを独自考察
BTC
国際通貨研究所、ビットコイン価格上昇で再燃する「消費電力問題」レポートを発表


公益財団法人国際通貨研究所が18日、「ビットコイン価格上昇に伴い再燃する消費電力問題」をテーマとしたレポートを発表。マーケットの上昇と消費電力問題について言及した。
BTC
【新着コラム】
フィッシングやDNSハイジャックの手法とは? 敵の手口を知って資産防衛|BTCプロトコルのセキュリティ編(2)


フィッシングやDNSハイジャックなどの攻撃手法をご存知でしょうか?ビットコインと銀行システムを比較しつつ、その仕組みについて解説します。
BTC
機関投資家向けアナリスト、BTC8500〜9000ドルがサポートになる3つの理由を解説


機関投資家向けに金融市場分析を提供するMacro Risk Advisors社アナリストが、Bloomberg TVでビットコイン市場の今後の展望を考察。長期上昇を見込む中で、短期的には調整が起こり得るとみる。
XRP
11月開催のファンイベントへ向けて解説、『仮想通貨XRP』とリップル社が目指す未来


@xrpmeetupJA の次回コラムは、XRPミートアップに向けた"てにったー氏"(
@tenitoshi)によるQ&A記事です。
質問受付は、明日7月23日(火)19時迄となっております。奮ってご参加ください 。
BTC
テザー裁判とBakkt先物、明日に控えるビットコイン「重要ファンダ」を考察|仮想通貨市況


●ビットコイン(BTC)、直近値動きの重要ラインを分析
●市況に及ぼす影響など、23日の材料の注目ポイントを解説
BTC
【新着コラム】
仮想通貨業界の今後に必要なものは「金融業界のコモンセンス」


仮想通貨業界が信頼を得ていくには「金融業界のコモンセンス」が必要となります。それはどのようなものであって、なぜ必要なのか。
DMMビットコイン(@DMM_Bitcoin )コラム第3弾。
BTC
「ビットコイン2度に渡る一万ドル割れ 背景のニュースは?」週間仮想通貨マガジン|7/13〜7/19


仮想通貨市況に大きな影響を与えた直近1週間のニュースを選別。
下落に傾いた1週間のニュースを相場とともに解説します。

通貨に国家という発行体は必要か?その2 ~ツケ払いで回り続けた経済~


クリプタクト(@Cryptact)の斎藤氏(@Cryptact_gaku)寄稿コラム第2弾。
1970年、ある国で殆どの銀行が閉鎖、市場から現金が無くなる。その状況でも「あるモノ」を使うことで経済は回り続けました。
BTC
20日注目記事
1. 「ビットコインなど仮想通貨は違法ではない」=インド財務大臣

2. 「仮想通貨の誕生で米通貨システムが変容」米国セントルイス連銀総裁

3. SBIの仮想通貨取引所がロゴを変更 板取引の本オープンに期待感
BTC
仮想通貨ビットコインを利用した資金洗浄 米捜査当局がブロックチェーンデータ解析で押収に成功


米政府は、麻薬密売人が約20億円の価値に及ぶビットコインを用い資金洗浄。捜査当局は専門家を雇い、ブロックチェーンデータを分析することで資金の押収に成功している。

xRapid利用を表明したメキシコの仮想通貨取引所、ラテンアメリカ初のライセンスを取得


メキシコの仮想通貨取引所Bitsoが、ジブラルタルの金融サービス委員会(GFSC)から分散台帳技術(DLT)ライセンスを取得。今年の8月1日から規制に準拠したサービスを開始する。

「仮想通貨の誕生で米通貨システムが変容」米国セントルイス連銀総裁が否定的な見解示す


米セントルイス連銀総裁が、仮想通貨の乱立によって米通貨システムに変化が生じていると言及
金融システムに与える影響を懸念したほか、仮想通貨の未来についても否定的な見方を示した
XRP
世界大手送金業者マネーグラム、韓国送金企業と提携|リップル社もパートナーヘ


世界大手送金業者マネーグラム社が、韓国送金大手のSentbe社との提携を発表した。海外からの居住者やアジア近隣国からの労働者が増加している韓国で業務拡大を狙う。
BTC
先読みビットコイン情報|仮想通貨市場の「重要ファンダ」予定表


BakktのBTC先物テスト、Bitfinexの裁判再開も間近。仮想通貨市場価格に影響を与える得るイベント情報を随時更新。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
TRX
バフェット氏とトロン財団CEOとの会食にCircle設立者を招待


TRON財団CEOのサン氏が、バフェット氏との会食にCircle社のCEOであり共同設立者のAllaire氏を招待。Allaire氏は「誇りに思う」と参加する意思を表明した。
BTC
禁止法案が不安視されるインド「ビットコインなど仮想通貨は違法ではない」財務大臣が議会で発言


現時点でに、ビットコインなど仮想通貨の取引および保有がインドにおいて、違法ではないことが明らかになった。インド財務大臣が連邦議会で言及を行った。

仮想通貨デリバティブ「BitMEX」にCFTCが捜査、米国民にサービス提供か=ブルームバーグ報道


大手メディア「ブルームバーグ」によれば、米商品先物取引委員会(CFTC)が、世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXへの捜査を開始したという。
XRP
仮想通貨XRP市場の売り圧力か、データ分析企業が指摘するリップル社の事情


XRP価格の上値を重くしている原因について、仮想通貨データ分析企業2社が分析。リップル社および創業者らによる売り圧力や、通貨の流通率について独自の調査を行なった。

G7議長声明、「仮想通貨ステーブルコイン」で主要な考慮すべき事項を特定


規模の大きいテクノロジー企業や金融機関による新たなステーブルコインの取り組みは広く普及する可能性があると評価する一方、「最高水準の規制を満たし、社会的信認を得ることが求められる」とした。
BTC
過去2年の仮想通貨ビットコイン市場、最も価格変動の激しい時間帯が判明=LongHash調査


ブロックチェーンメディア「LongHash」の分析により、日本と北アメリカとの時差などから、ビットコインの最もボラティリティの高い時間帯が判明した。

アンチ仮想通貨のルビーニ氏、海外最大デリバティブ市場BitMEXを猛烈に批判


破滅博士の通り名で知られるルビーニ教授が、業界最大の仮想通貨デリバティブ市場BitMEXに対し「組織的に違法行為を行っている、顧客の資産を清算資金として不当に吸い上げている」などと批判した。
BTC
ビットコイン(BTC)暴騰で反撃の狼煙、2つの上昇要因と今後の展望|仮想通貨市況


●反転攻勢を見せるビットコイン。継続か、否定か
●海外著名アナリストはが10,850ドルに注目する理由

【新着コラム】
仮想通貨業界、今後発展していくのは分散型と中央集権のハイブリットモデル


次の仮想通貨市場の黄金期はいつ来るのか。
リキッドグループ株式会社共同創業者・CEO栢森氏( @MikeKayamoriJP )が見る5年後の仮想通貨とブロックチェーンの未来像。
BTC
米艦艇がイランの無人機撃墜:地政学リスクでゴールドが一時急騰、仮想通貨ビットコインも


トランプ米大統領は18日、中東のホルムズ海峡で米艦艇がイランの無人機を撃墜したと明らかにした。この報道を受けてゴールドが一時急騰。ビットコイン価格も一時上昇した。
BTC
グーグル検索数「草コイン」が急上昇、リブラ公聴会議員がビットコインと草コインに言及


リブラ公聴会でDavidson議員が、BTCと草コイン(Shitcoin)を対比して質問したことで、「草コイン」のグーグル検索数が大幅上昇。リブラとビットコインとの違いにも言及した。
BTC
朝の注目記事3選
▶︎総悲観のBTCは急反発、FB株の続伸が示唆するもの

▶︎国税庁、仮想通貨の取得価額認定などで新たな通達 税制優遇の可能性も

▶︎BTC 30分で9%反発|中国の裁判で初めてBTCが合法なバーチャル財産に
BTC
ビットコイン30分で9%反発|中国の裁判で初めてBTCが合法なバーチャル財産に


BTCが18日夜、短時間で大幅に上昇し前日比10%高を記録。中国の裁判所で初めてBTCをバーチャル財産とみなすことや、昨日米公聴会でのビットコインに関するポジティブな言及が材料視されたか。
BTC
「ビットコインなどの仮想通貨が匿名銀行口座になることを阻止」米財務長官


米財務長官は新たな取材で、仮想通貨がスイスの匿名銀行口座にならないよう、【厳格な規制】が必要不可欠だと指摘。先日の会見に続き、資金洗浄問題などの対策に重点を置く姿勢を見せた。
BTC
7/18注目記事

▶︎続発する不正流出事件の裏側、仮想通貨取引所のセキュリティ担当が本音を語る

▶︎金融庁と財務省、FATF承認の仮想通貨SWIFT創設へ

▶︎BTCは総悲観から急反発、フェイスブック株の続伸が示唆するもの
LTCBTC
総悲観のビットコインは急反発、フェイスブック株の続伸が示唆するもの


100万円を割り込んだビットコインが一時反発を見せた。前日比13%高のライトコインなど値ごろ感から一定の買い戻しも確認されている。米フェイスブックの株価が示唆する、仮想通貨市場の行く末は?
EOS
仮想通貨取引所バイナンス、証拠金取引にEOS、LINKのペアを新たに追加


バイナンスは先日正式に開始した「証拠金取引」に、「EOSとLINK」を新たに追加した。*日本や米国での利用は対象外。
BTC
公聴会と相場への影響に関する記事を公開しました

ビットコイン(BTC)が100万円台を維持した理由 米公聴会における温度感の変化と今後の注目点
BTC
ビットコイン(BTC)が100万円台を維持した理由 米公聴会における温度感の変化と今後の注目点


日連続で行われた公聴会。上院の追及内容に対し、下院では仮想通貨市場に影響が及ばなかった理由を解説。今後の注目ポイントも併せて掲載。
BTC
「政府はビットコインを排除することができない」米国会議員


下院議員は18日の下院公聴会が始まる前に、CNBCに対して、ビットコインとリブラの特徴を比較し、「政府はビットコインを殺すことができない」と発言した。

新規事業NODEEも始動!CoinPostでは一緒に働く仲間を募集中です

仮想通貨・ブロックチェーン業界で働いてみませんか?

CoinPostでは正社員、インターン、アルバイト、リサーチャーを募集中です!(仮想通貨や投資好きな方歓迎)
金融、投資知識を仕事をしながら学びませんか?
ETH
「Devcon 5」の第一回一般チケットが本日22時より販売開始されます。


10月に大阪で開催される世界最大のイーサリアム開発者カンファレンス「Devcon 5」
去年は3分で売り切れになった一般チケットが本日販売開始いたします。ぜひこの機会にご参加ください。
ETH
「Devcon 5」の第一回一般チケット販売が本日22時に開始! 


10月に大阪で開催される世界最大のイーサリアム開発者カンファレンス「Devcon 5」
去年は3分で売り切れになった一般チケットが本日販売開始いたします。
BTC
7/17注目記事

▶︎米フェイスブック主導の仮想通貨リブラで注目された、米国の「公聴会」とは

▶︎米公聴会、明日に控える下院の方向性を探る

▶︎暴落止まらぬビットコイン(BTC)、日米の下落要因が相場の重しに
ETH
「Devcon 5」の第一回一般チケット販売が本日22時に開始! 


10月に大阪で開催される世界最大のイーサリアム開発者カンファレンス「Devcon 5」
去年は3分で売り切れになった一般チケットが本日販売開始いたします。

フランス政府、新仮想通貨規制では初となる複数社の認可準備へ


フランスの金融規制当局が新たな仮想通貨法律で初めて、複数の仮想通貨関連企業を認可する可能性が浮上した。今週開催予定のG7会議内容も注目される。

国際通貨基(IMF)、デジタル通貨が現金や銀行預金を凌駕する可能性を指摘


IMFは「デジタル通貨の台頭」と題した論文の中で、現在最も一般的な現金や銀行預金が、急速に普及しつつある電子マネーによって厳しい競争に晒され、凌駕される可能性も考えられると主張した。
ALIS
ALIS|企業・団体向けブロックチェーン証明書発行サービスを開始


ALIS社は学歴や資格、デジタルコンテンツなど様々な証明を行いたい企業・団体向けに『ブロックチェーン証明書発行サービス』の提供を開始。ブロックチェーンを利用したサービスで企業や団体をサポートする。

米機関投資家向け投資ファンド「グレースケール」、Q2の運用資産が過去最高を記録


米最大手機関投資家向け仮想通貨投資ファンド、グレースケールの2019年Q2における投資運用資産額が約3000億円を記録した。利用者の8割が機関投資家で、ヘッジファンドが大半を占める。
XRPETHBTC
暴落止まらぬビットコイン、日米の下落要因が相場の重しに


急落続く仮想通貨市場、1万ドルを大きく割り込んだBTCの下落要因を探る。ETHやXRPなどのアルトコインも危険水域にあり、10日時点で38.6兆円だった総時価総額は1週間で-29%安の27.6兆円まで激減した。
BTC
【注目記事】
仮想通貨市場下落に繋がった米公聴会、明日に控える下院の方向性を探る


米下院の共和党リーダーMcCarthy氏が、BTCの非中央集権的な性質やセキュリティの仕組みを支持する一方で、リブラは厳しく追及すると公表。明日開催される下院の公聴会を発言から読み解く
TRX
注目記事3選

1.仮想通貨トロン財団CEOがトランプ大統領へ招待状

2.財務省・金融庁・日銀が仮想通貨リブラの連絡会を設置|来週開幕のG7で主要議題に

3.仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表

新データ協定も、仮想通貨の出来高水増し問題は改善されず|米データ分析企業CEOが指摘


仮想通貨のデータを分析する米The TIE社のCEOであるJoshua Frank氏は、仮想通貨取引の87%はフェイクであると指摘。トレーダーが安心して取引をできないことが1番の問題と警鐘を鳴らす。
BTC
「ビットコイン市場、2連テザー砲の急騰後に暴落」週間仮想通貨マガジン|7/6〜7/12


仮想通貨市況に影響を与えた直近1週間のニュースを選別。bitFlyerの新規口座の受付再開やトランプ大統領の仮想通貨への言及。ビットポイントの資金流出事件など多くのニュースで溢れた。

ドイツ中銀「デジタル革命は今起きている」|伝統金融機関の仮想通貨への見解に変化


従来の金融システムを脅かす勢いで仮想通貨の存在は大きくなり、無視できなくなってきている。しかし仮想通貨を肯定的にみるか否定的にみるかを明確にすることは今でも難しい。
TRXBTC
5億円で落札した米富豪のバフェット氏との会食、仮想通貨トロン財団CEOがトランプ大統領を招待


ジャスティン・サン氏が、バフェット氏との会食に、トランプ大統領を招待していたことが判明した。
先日、トランプ氏はリブラやビットコインなどに痛烈な批判を展開している。
BNB
VISAカード発行計画?仮想通貨BNBの価値向上モデルなど|バイナンスCEOが語る今後の事業計画


最大手取引所バイナンスのCEOであるCZ氏が生放送を行い、寄せられた質問に回答。仮想通貨決済に関する構想など、今後の事業計画などが語れらた。
BTC
先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


米国会によるリブラ公聴会。またG7でリブラが主要議題になる見込み。Bitfinexの裁判再開も間近。あらかじめ材料をチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。

財務省・金融庁・日銀が仮想通貨リブラの連絡会を設置|来週開幕のG7で主要議題に


財務省は12日、金融庁および日銀と共同で、「リブラ」に関する連絡会を設置したことを明らかにした。リブラが世界経済に与える影響や、資金洗浄対策など、広範な議論が行われる予定だ。
ETH
「ミスリードになり得る」イーサリアム共同設立者、リブラの中央集権性を懸念


イーサリアム共同設立者のAlisie氏が、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の中央集権性に懸念を示す。規制当局のミスリードのもと、承認を試みているのではないかとの指摘も。

【新着コラム】
お金も時間と共に価値を失えば、世界は良くなる(後編)|Freewillコラム


時間と共に価値が減っていくお金の仕組みは人の意識をどのような方向に剥けるのか。
前回、NODEEで好評を博したコラム記事の後編を公開しました。
ぜひご覧下さい!
XRPETHBTC
7/12注目記事

▶︎米トランプ大統領、BTCとリブラを痛烈批判

▶︎ビットポイントで35億円のハッキング被害、BTC、XRP、ETHなど不正流出

▶︎トランプ大統領の仮想通貨批判やハッキング事件など悪材料でBTCが急反発した理由
XRPETHBTC
トランプ批判やハッキング事件など悪材料でビットコインが急反発した理由


トランプ大統領の仮想通貨批判や国内取引所の不正流出事件でもデッドラインを死守したビットコインの反騰理由を探る。売れらすぎ水準のリップル(XRP)やイーサリアムなど主要アルトも買われた。
BNB
バイナンストークン第8回バーンで80万BNB消滅|エコシステム貢献のため社員報酬を充当


仮想通貨取引所バイナンスは、独自トークンの希少価値を高める第8回BNBバーンでトークン26億円相当の焼却を完了した。バイナンスチームの社員報酬を充当するなど献身性の高い取り組みも。
BTC
「1BTC=900円時代からビットコイン投資」DCG最高責任者が語る仮想通貨の将来性


デジタル・カレンシー・グループの最高経営責任者が、米インターコンチネンタル取引所(ICE)のインタビューに対し、ビットコインなど仮想通貨市場の展望について言及。期待する理由を述べた。
BTC
仮想通貨取引所ビットポイントがビットコイン(BTC)など全取引を停止|株価急落など市場不安も


ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所BITPointは、緊急メンテナンスでビットコイン(BTC)などの仮想通貨取引、全サービスを停止することを発表した。
USDT
米メトロポリタン銀行、仮想通貨テザー(USDT)口座を半年以内に凍結する方針


米メトロポリタン銀行が、USDT発行会社テザーとその関連会社の法人口座を半年以内に停止する方針を明らかにした。NY司法当局とBitfinexの裁判で、調査権限を証明する最新文書が原因と考えられる。
BTC
米トランプ大統領、ビットコインとフェイスブックのリブラを痛烈批判


トランプ大統領が、ビットコインとフェイスブック主導のリブラに対してTwitter上で批判。規制面の問題に加え、麻薬取引など違法行為を助長するとして懸念を表明、米ドルだけが”本物の通貨”だと主張した。

ブロックチェーンスタジオHashHub、ステーキング事業「Sanka Network」を開始


ブロックチェーンスタジオのHashHubは、新たにステーキング事業「Sanka Network」の開始を発表した。対象の暗号資産を活用することで、ユーザーが金利のような収入を得られる仕組みになっている。
XRPETHBTC
朝の重要記事3選
▶︎BTCの暴落要因を探る、ETHやXRPも大幅安

▶︎BTC利用の高速決済サービスが発表|スターバックス、アマゾンなどで利用可能に

▶︎米連銀総裁「ビットコインはゴールドのように価値貯蔵手段」
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
【在韓国日本総領事館に6人侵入】


韓国警察当局などによると、南部・釜山の日本総領事館に、男女6人が侵入し、日本政府の輸出管理強化措置への抗議行動を行い、警察に連行された。総領事館内で「日本は謝罪せよ」などとシュプレヒコール。
XRPミートアップにむけてNodee( @Nodee_coinpost )のコラム上でQ&A記事を寄稿させていただきます。
明日23日19時を締切りにご質問を募集しております。(XRPに関して多かった質問、興味深い質問からお答えします。)
以下の記事の末尾からご応募ください。m(_ _)m
ブルガリアの保有するBTC総額が金準備金を上回った。世界初、とのこと。
押収されたBTCが20万ほどあるみたいだね。
テザー裁判とBakkt先物、明日に控えるビットコイン「重要ファンダ」を考察|仮想通貨市況


●ビットコイン(BTC)、直近値動きの重要ラインを分析
●市況に及ぼす影響など、23日の材料の注目ポイントを解説
#やながせ裕文 比例代表の当確待ち。
まだまだかかる見込み。

・・ということで「頑張るぞ!」の中締め。

#当確まちガチ勢
#おときた駿
11月開催のファンイベントへ向けて解説、『仮想通貨XRP』とリップル社が目指す未来


@xrpmeetupJA の次回コラムは、XRPミートアップに向けた"てにったー氏"(
@tenitoshi)によるQ&A記事です。
質問受付は、明日7月23日(火)19時迄となっております。奮ってご参加ください 。
思いのほか常識的なことが語られてて退屈だが、これをひろゆきに語らせることがホリエモンやイケハヤにコロッと騙されちゃう層の頭から水をぶっかける上で大切なのか / “ひろゆきの仕事哲学【中編】:ひろゆきが斬る「ここがマズいよ働き方改革!」――「年収2000万円以下の…”
わいも「0.0014btcチャレンジ」やったよ。
3日で10524btc達成。7万5000倍にしました。
ブルガリアが20万BTCか。
2100万BTCという総数は思っている以上に少ないのかもしれんね。
#BTCNEXT メンテナンス中だぉ

どんな取引所も不具合もあればメンテナンスもある。
送金や着金が遅いとか、セキュリティが頑丈なら当たり前!
いくら使い勝手が良くても大事なお金を失えば全く意味がない。
日々改善に努めてるし感謝だね
何も騒ぐ必要はない

#NOAHCOIN
#QDAO
#Stablecoins
おすすめサイト