CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
17:35 2018年09月26日

「東京クジラ:Mt.Gox」直近3ヶ月でも259億円相当の仮想通貨を売却、合計は約700億円に


Mt.Goxは公式サイトにて、2018年3〜6月に合計259億円分の仮想通貨を売却していたことを明かした
前回の約429億円との合計で約700億円に登り、海外では東京クジラと批判の声が上がった
NASXRP
米リップル、Coinbase、NASDAQも参加:米国おける仮想通貨の規制整備会合が本格化


米国の仮想通貨およびICO規制明確化のため、伝統金融業界を含む代表者80名が集結。とある連邦議会議員は、規制サイドの仮想通貨関連知識が不十分だとして「議員教育の必要性」を訴えた。

XRP(リップル)が、2つのニュースに急反応か|仮想通貨全面安の中プラスに転じる


仮想通貨XRP(リップル)は、26日早朝に反発を見せ、仮想通貨市場が全面安の中、価格が上昇しプラスに転じた。
これは本日早朝に明らかになった2つの材料に反応した可能性がある。
#XRP
BTC
『カナダ政府がブロックチェーン産業に寛容な理由』ビットコイン信託ファンドCEO


ビットコイン投資信託CEOのClark氏は、カナダ政府がブロックチェーンなどの新興技術に寛容な理由を解説。今後5〜10年間に仮想通貨の市場規模は、数兆ドル規模まで成長するとの見通しを示した。

【速報】世界証券最大手取引所NYSEのBakkt:ビットコインの現物受渡し先物取引のペアを紹介

世界最大の証券取引所NYSEの親会社ICEが今年の11月に開設する予定の仮想通貨取引所Bakktは、公式ツイッターにて、独自のビットコイン先物契約について紹介した。
#CoinPost速報
XRP
全面安相場の中でショート比率が急減少、短期的な上昇を推測する「ある見方」が海外で話題に


アルト市場を牽引していたXRPが下落を記録した事で、市場が一時的に冷え込み全面安相場に
しかしBitfinexのショート比率が急減少するなど、上昇目線が強まっている傾向も見受けらた

北朝鮮:アメリカの経済制裁回避のため仮想通貨利用の疑い

仮想通貨はマネーロンダリングなどでの悪用が多いとされているが、北朝鮮は仮想通貨をうまく使ってアメリカからの制裁を逃れているという主張が、ワシントンの2人のアナリストから言われている。
#NewsPickUp
XRP
リップルの提携企業7社:最大70%のコスト削減「xRapid」の利用体制整う


英ロンドンのMercury FX、米国の大手取引所Bittrex、東証一部上場企業SBIホールディングスなど米Ripple社の提携先7社では、「xRapid」の利用体制を整えている。

米大手仮想通貨取引所「コインベース」がトークン取引ツール提供のCaspianと提携


大手取引所Coinbaseが、プロトレーダーや金融機関を招き入れるため、トークン取引プロトコルを提供するCaspianと提携を発表。より成熟した取引可能資産として規制の中での適応を加速させる。

金融庁が「Zaifの仮想通貨流出事件」の記者ブリーフィングを開催、最新の見解が明らかに


本日金融庁が、Zaifで起きた仮想通貨流出事件の記者ブリーフィング(状況説明)を開催、最新の動向が明らかになった他、かなり厳しい見方が示された。
最新情報も続々と明らかになった。

マレーシア:国家主導でブロックチェーン活用目指す|電力、パーム油、金融分野

マレーシア政府は、国のトップ産業であるパーム油、再生可能エネルギー、イスラム金融の3業種においてブロックチェーン技術を活用しようとしていることが明らかに。
#NewsPickUp
BTC
5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/25)

「ビットコイン価格の底値打ちはしてない」(★★★★☆)
「仮想通貨ビットコイン普及における”最初の難関”を突破」(★★★☆☆)
旅行者必見!ビットコインが便利に使える4ヶ国(★★★☆☆)

米大手仮想通貨取引所「コインベース」がトークン取引ツール提供のCaspianと提携


大手取引所Coinbaseが、プロトレーダーや金融機関を招き入れるため、トークン取引プロトコルを提供するCaspianとの提携を発表。より成熟した取引可能資産として規制の中での適応を加速させる。
ETH
FINSUM2018:SBI北尾氏が「SBIVCの展望、 Sコイン発行、Ripple社の訴訟問題」に言及


SBIの北尾氏がFINSUMで講演。Zaifハッキング事件などで見解を述べた他、SBIVCの展望を明かした。

2018年12月:仮想通貨入出金とETH取引開始
2019年3月:取引所形式とレバレッジ取引開始

【速報】Zaifを運営するテックビューロ社、3度目の業務改善命令へ


近畿財務局によると、本日9月25日付で仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社に対し、3度目の業務改善命令が出された。仮想通貨交換業者への行政処分等が行われているが、3度目の行政処分は異例

米国のベンチャーキャピタルが「仮想通貨Maker」に多大な投資


米国VCが仮想通貨Maker財団との提携を発表した。米ドルに裏付けられた安定通貨Daiの価値や信頼性を保証する通貨として知られており、初の自立分散型組織(DAO)としての「安定通貨の実現」に向けて注目されている。

元ウォール・ストリートのアナリスト:”ガチホ”がビットコインを殺している

元ウォール・ストリートのアナリストのJon Horvath氏は、ガチホがビットコインを殺していると述べ、ビットコインのトランザクションが減少していることを指摘した。
#NewsPickUp
BTC
海外旅行者必見!ビットコインが便利に使える4つの国

ビットコイン保有者の中には、旅行先での決済に使いたいユーザーがいる中、ビットコインが簡単に使用でき、環境が整っている代表的な場所が、スイス、マルタ、アンティグアバーブーダ、アムステルダム(オランダ)だ。
BTC
補足:一覧表の注目度は、ビットコイン価格への影響など主に仮想通貨市場での注目度であり、状況に応じて変化します。
BTC
先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


・金融市場に大きな影響を及ぼす『FOMC』
・日経新聞・金融庁共催イベント『FIN/SUM x REG/SUM』
・CMEのBTC先物限月
・『ビットコインETF』の二次審査期限

重要ファンダ情報を更新。

世界最大のベンチャーキャピタルAndreessen Horowitz、Maker(MKR)への投資で仮想通貨投資の継続示す

世界最大のベンチャーキャピタルの一つであるAndreessen Horowitzが、仮想通貨プロジェクトのMaker(MKR)に1500万ドル(約17億円)の投資を決定した。
#NewsPickUp
BTC
経済学者「仮想通貨ビットコイン普及における”最初の難関”を突破」


仮想通貨調査会社Chainalysisの経済学者が、ビットコインに関する最新報告書のデータを分析、成熟した市場への兆候があると言及した。直近データが示す「個人ウォレット」の保有率上昇が示唆するものとは。

アイルランド政府:ブロックチェーンを中心としたプロジェクトを始動へ

同政府は、ブロックチェーン、デジタル決済や規制技術などに関連するソリューションを研究や開発を目的とした500万ユーロ(約6億6000万円)のFinTech Fusionプロジェクトを立ち上げた。
#NewsPickUP
XRPBTC
Cboe専門家「ビットコイン価格の底値打ちはしてない」今後の展開を不安視


BTC価格は上値を切り下げつつも6000ドル付近で反発して推移する中で、Kevin Davitt氏は過去の事例を元に、底打ちをしていない見方を示した
XRPなどアルトが牽引した今後の相場がより重要となりそうだ
BTC
「ビットコインアドレスに評価制度」Longhashがアドレスの信頼性を可視化するBTCトラッカーを公開


ビットコインの来歴を視覚化するトラッカーが公開された。
より安心してビットコインを使うことが目的に置かれ、匿名性を不安視する機関投資家を主にしたツールの公開となる。
BTC
どの規制ニュースがビットコイン価格に大きく影響?日本情報は反応が遅れる傾向|国際決済銀行報告書


ビットコイン価格と規制ニュースの関係性に関する国際決済銀行の最新報告書が公開。
なぜ規制ニュースがビットコインに影響するのかを踏まえ、規制の影響度を記載した。

仮想通貨自体を禁止することはない|シンガポール金融管理局Pang氏が示唆


Singapore Consensus 2018にてシンガポール金融管理局のPang氏は、仮想通貨を必要に応じて規制すると言及したものの、仮想通貨自体を禁止することはなく、許容していくことを示唆した。
BTC
ビットコイン価格は急上昇後、揉み合い状態に|テクニカル分析


CoinPost所属のテクニカルアナリストが今週のビットコインの値動きを振り返り、次のシナリオや節目、可能性などを解説。ボリンジャーバンド、RSI、フィボナッチリトレースメントを用いてチャート分析。

SBI RemitとBitPesaが提携|アフリカと日本間の送金・決済インフラ向上へ


SBI Remitとケニアを基盤にブロックチェーン技術を使用した決済サービスを提供するBitPesaが提携を行った。この提携により、日本とアフリカ間の決済インフラが向上すると期待されている。
XRP
アクセスランキング

1. XRPの価格急騰と反落の背景とは

2.第5回『国際ブロックチェーン格付け』発表

3.仮想通貨は指数関数的な成長が見込める|米経済番組

ユニセフが人道支援活動への寄付に仮想通貨を受付開始


ユニセフのフランス事務局は、今回9つの仮想通貨による寄付を受付開始した。寄付支援者は直接的な寄付の他、自身のPCが持つコンピューティング能力をマイニングに貸し出すことで間接的な寄付を行うことも可能。
XRPBTC
9/23 注目記事3選

■中国政府発表の「国際ブロックチェーン格付け」XRPは15位、BTCは16位

■半年以内に新たなクジラ到来か、仮想通貨資産は指数関数的な成長が見込める

■21日に前日比一時100%高、XRP価格急騰と反落の背景
BTC
偽ビットコイン発行のバグを秘密裏に修正:深刻な脆弱性はすでに対応済み


ビットコインの脆弱性がCVEレポートで発覚したが、より深刻なバグに気付いた開発者はすぐさまパッチverをリリースしていた。問題の時系列などを掲載している。

日経新聞社・金融庁共催イベント『FIN/SUM x REG/SUM』開催間近|仮想通貨関連ブースも多数


日本最大級の金融サミット「FIN/SUM x REG/SUM」が、9月25日〜28日に開幕。公式メディアパートナーとなった仮想通貨メディアCoinPostもブース出展などで本イベントをサポートする。
BTC
半年以内に新たなクジラ到来か、仮想通貨資産は指数関数的な成長が見込める|米経済番組


Novogratz氏はBTCの目先$10,000予想を堅持。VCの巨額投資等を列挙し機関投資家のFOMOが始まると言及。半年以内に年金基金運用機構などが投資し、指数関数的な成長が見込まれるとした。
XRP
21日に前日比一時100%高、仮想通貨リップル(XRP)の価格急騰と反落の背景


2018年以降に暗いニュースが相次ぎ、仮想通貨市場は「バブル崩壊」などと揶揄されていたが、ここへ来て好ファンダ相次ぐXRPが急騰するなど復活の兆しを見せている。急騰後の反落には何があったのか。
EOSXRPETHBTC
第5回『国際ブロックチェーン格付け』イーサリアムは2位、リップル(XRP)は15位、ビットコインは16位


世界中の専門家が技術評価する「国際パブリックチェーン評価」の最新版が中国行政機関に公開された。首位はEOSで、4ヶ月連続。BitsharesとSteemが大きく順位を伸ばした。

米大手ヘッジファンドの元経営者:仮想通貨ヘッジファンドを来月に開設



米国大手ヘッジファンドPoint72の元経営者Kling氏は仮想通貨ヘッジファンドを来月に開設予定と発表。

豪州仮想通貨大手|AUD基軸の価格安定仮想通貨の発行を計画



豪ドルを担保とした、国内初価格安定通貨立ち上げるため、豪州の仮想通貨大手企業EmpartaとBit Trade2社が共同事業を発表した。

ブラジル最大の独立仲介業者:「仮想通貨取引所の開設はせざるを得ない」


米国大手ニュースメディアのブルームバーグ紙によると、ブラジルにおける投資仲介業者最大手XP Investimentos SAの親会社Grupo XPは仮想通貨取引所の開設を進めている模様。

Huobi研究所提供ブロックチェーンビッグデータWeeklyReport:超大口取引が10.8万BTCに到達

Huobi研究所が提供する、貴重なデータを公開。10,000BTC以上の超大口取引が急増した一方、1000BTC以上の取引量は半減していることが判明。



#huobi #フォビ
@HuobiJapan
BTC
ビットコイン開発者、大手投資銀行の元CEOらがSECに抗議文書を提出



アメリカ証券取引委員会(SEC)に対して、大手金融やビットコイン開発者出身の複数の著名なリーダーが共同で、規制を今の時代にあったものにしてほしいとの旨を綴った文書を提出した。
XRPBTC
アクセスランキング

1.仮想通貨XRPが再び急騰

2.仮想通貨リップル(XRP)、週足のMACDが2月以来初めて「ゴールデンクロス」を記録

3.BTC価格分析「7日間で100万円到達の可能性を示唆も、63万円の底値も警戒」米Forbes紙が掲載
XRP
【速報】XRPをベース通貨と検討|カナダ大手仮想通貨取引所


カナダ発の大手仮想通貨取引所CoinField Exchangeは9月22日に公式ツイッターにて、69ヵ国へ事業拡大する計画にあたり、法定通貨4種に加え、XRPも『ベース通貨』として追加することを検討中と発表。

仮想通貨メディアCoinPostでは、重要ニュース、速報ニュースのみを配信する「LINE@」の運用を行っています。

・ニュース速報
・仮想通貨の高騰、暴落
・重要ファンダ

国内外の情報をいち早く入手したい方にオススメです。
EOSETH
分散型取引所Bancor、イーサリアムに次いでEOSネットワークにも対応可へ


分散型取引所BancorのネットワークがEOSにも対応する事が発表された。昨年最も成功したICOプロジェクトの一つを開発したチームの将来的な計画が公式ブログで明かされた。
XRP
海外取引所ポロニエックスがサバーダウンした模様
これが影響してか、海外取引所のXRP価格が更に下落
今回の状況を以下の記事でまとめました。

XRP価格、海外仮想通貨取引所と大きな乖離が発生
XRP
XRP価格、海外仮想通貨取引所と大きな乖離が発生|Bitbankなどの取引板に問題発生か


一時BitbankなどのXRP価格が止まったまま、海外取引所の価格が急騰、価格乖離が見受けられた。
しかし、その後はXRP価格が動かないのを確認したか、海外取引所の価格も下落に転じた様だ。
XRPETH
【速報】Bitbankにて、XRPが70円を突破
時価総額2位浮上後も勢い止まらず、すでに100円も射程圏内と言える状況に

仮想通貨XRP、イーサリアムを時価総額で抜き2位に|前日比は驚異の60%越え
XRPETH
仮想通貨XRP、イーサリアムを時価総額で抜き2位に|前日比は驚異の60%越え


仮想通貨XRPは、朝から急騰する勢いを保ち、50円台の大台に到達も、更に価格を急伸し、一時66.599の値をつける。
この影響で時価総額ではイーサリアムを抜き9ヶ月ぶりに、2位に返り咲いている。
MONABCHXRPBTC
【9/21の注目記事3選】

Zaif、流出したBCHとMONAの被害額を公表

XRP、週足のMACDが7ヶ月ぶりに「ゴールデンクロス」を記録

ビットコイン価格「7日間で100万円到達の可能性を示唆、63万円の底値も警戒」米Forbes紙
MONABCH
仮想通貨取引所Zaif、流出したビットコインキャッシュとモナコインの被害額を公表

取引所Zaifを運営するテックビューロは、流出したビットコインキャッシュとモナコインの正確な流出額を公開。

MONA:6,236,810.1(円換算:671,704,448)
BCH:42,327.1(円換算:2,107,677,945)
XRPBTC
ビットコイン価格分析「7日間で100万円到達の可能性を示唆も、63万円の底値も警戒」米Fobes紙が掲載


ビットコインは21日、前日比5%高を記録した他、XRPが再び急騰し圧倒的な存在感を示した。また米Fobesが興味深い価格予想を展開、複数の分析家も今後の価格高騰を示唆した。

ニューヨーク規制許可を得たペッグ通貨「Paxos Standard Token(PAX) 」がBinance上場

GUSDと同時にブロックチェーンスタートアップ企業によって開発されたPAXが大手仮想通貨取引所Binanceに上場。
#NewsPickUp

Enigma、ロードマップ第1段「DISCOVERY」のイーサリアムメインネットでの導入を延期

Enigmaが、シークレットコントラクト1.0を含むプロトコルの最小機能を実装する段階であるDISCOVERYのイーサリアムメインネット上での導入延期を発表。
#NewsPickUp
BTC
米SEC、プロジェクトを実行しないICOに対し本質的な取り締まりを行う方針


米証券取引委員会は消費者保護と技術の革新を両立する規制を模索、詐欺撲滅へと大きく踏み出す方針だ。
また、ビットコインETFに関しては、現在の市場からは切り離して考えるべきだと言及しました。
QTUMXLMEOS
仮想通貨投資アプリCircleが新たにクアンタム、ステラを含む4通貨の取扱追加

Circle Investが新たに4つの通貨、Qtum(QTUM)、0x(ZRX)、Stellar(XLM)、EOS(EOS)を追加すると発表。
採用理由は、仮想通貨市場拡大で強力なインフラとなる可能性がある通貨を選んだという。
XRPBTC
国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/21)


SEC、VanEck版CboeビットコインETFの正式な審査を開始(★★★★★)
バイナンスの世界展望、全大陸に2取引所を開設予定(★★★☆☆)
XRP|2月以来、初の週足MACDで「ゴールデンクロス」を記録(★★★★★)

「米連邦政府も直接的に仮想通貨規制への体制を確立すべき」連邦預金保険公社 前会長


同氏は、SECとCFTCがメインとなる仮想通貨規制だが、米国議会も仮想通貨のマーケティング、トレーディング、販売の規制体制に踏み込む必要があると、政府の直接的な介入の必要性を述べた。

スイス:イスラエルの仮想通貨市場整備に外交協力

仮想通貨先進国として知られるスイスの銀行が、イーサリアムをはじめとする複数の仮想通貨をイスラエルで取引できるようになる可能性があると最新の報告で明らかとなった。
#NewsPickUp

仮想通貨プロジェクトICON、韓国最大のマイレージシステム運営のSKと提携を発表

韓国でもっとも評価を集めるブロックチェーンプロジェクトであるICONと、同国最大の情報通信大手SKが提携を発表した。
#NewsPickUp

世界の2大取引所が雇用強化、市場のさらなる伸びに期待がもたれる

昨年末のピーク時から市場全体で80%もの下落を見せている仮想通貨市場の弱気相場にあって、世界最大の取引所であるBinanceとCoinbaseの2社は活発な雇用をすすめている。
#NewsPickUp

dAppsゲーム #マイクリプトヒーローズ への投資が加速

本日9:00〜プレセール開始。
レジェンドキャラが早くも2ETH→6ETH前後と高騰中。エピックでは「ナイチンゲール」が一番人気で限定100体が早期完売する可能性も。「ライト兄弟」が無料でもらえるエアドロップも開催中。
XRP
リップル(XRP)、週足のMACDが2月以来初めて「ゴールデンクロス」を記録


今日の明朝に一時前日比50%を超える驚異の暴騰を見せた仮想通貨XRP。
週足でのMACDを見ると、ゴールデンクロスが完成、これは2月中旬以来の変化となり、XRPチャートにおいて重要な動きが観測された。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
XRPの出来高が凄いことになっていますね。
SBIVCが、今年12月から仮想通貨での入出金を開始することを発表しました!また、あわせてイーサリアムの取扱を開始し、来年の3月にはレバレッジ取引開始。

リップル社とr3社の和解を仲介していたことも明らかにし、今後の仮想通貨事業の加速に期待です!

#リップル #XRP
簡単に説明すると、銀行がRippleNetで国際送金をすると自動的にXRPが使われる仕組みですね。
BTC超速報:マウントゴックス(Mt.GOX)は民事再生手続きの開始までに259億円にのぼるビットコイン24,658BTCとビットコインキャッシュ25,331BCHの売却を発表。合計売却は700億円にのぼる #ビットコイン #仮想通貨 #Bitcoin $BTC #ブロックチェーン #ビットコインキャッシュ #GOX #マウントゴックス
XRPは。SWELLまで。踏ん張れば。大丈夫や。どんな下落相場でも。抜け出せる力ある。SWELLは。元アメリカ大統領はじめ。中央銀行の面々多数出席や。重大発表に期待からのmoonや。ただ。もし。何も起こらなければ。今年も。絆全民で叫ぼ。『わしらは。SWELLには期待してなかった』ゆうて。わらう。IYRK
みんな分かってんのか
xシリーズが統合されるということは、アンチが今まで散々言ってた「銀行はRippleのシステムは使ってもXRPは使わない。ほらxCだ、そら見たことか」という主張が丸ごとひっくり返るんだぞ

特大ブーメランセットよし
【Forbes大絶賛

「xRapid成功なら
XRPは青天井の大暴騰」

先週XRPは驚異的に成長し米国top10銀行PNCもRippleNetに参加です。

あなたはすぐに、パブから水タバコカフェまで至る所で、リップルについて語る人々の声を聞き始め、その時こそ市場は爆騰するでしょう。

#XRP
リップラーさんはよく脳内お花畑っていじられますが
リップル社の人達はお花畑じゃないよ真面目だよ
リップルの取り組みはその辺の企業が簡単に出来る代物ではございません
彼等だから出来るものだと思います
見ていてこんなにワクワクする企業はないよ
#Ripple
#XRP
#イケイケゴーゴー
XRPの実需に向けて水面下で着々と準備が進んでると思うと
オラわくわくすっぞ!
XRP(リップル)が、2つのニュースに急反応か|仮想通貨全面安の中プラスに転じる


仮想通貨XRP(リップル)は、26日早朝に反発を見せ、仮想通貨市場が全面安の中、価格が上昇しプラスに転じた。
これは本日早朝に明らかになった2つの材料に反応した可能性がある。
#XRP
おすすめサイト