CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
10:04 2018年11月16日

このブロック総容量は10MBに満たなかった為、現状ではブロック容量が32MBであるBitcoin ABC側のチェーンに大きな影響はなかったようだ。

BitcoinCashハードフォークまとめ

#BCH
BTC
国内仮想通貨取引所のシステム不備による強制ロスカットで計5500万円損失:取引の無効化求め「ADR」申し立て


ZaifでビットコインFX投資した際、システムの不備により他取引所価格の半値近くで強制ロスカットされ多額の損失を被ったとして、顧客18人がADRを申し立てた。
BCHBTC
ハードフォークの直後から行われていた「ABCへのスパム攻撃」の可能性を映した映像が公開

超少額の取引が同一のアドレスへ5万以上もBitcoin ABC側のチェーンで処理されている内容が映っているが、その総額が0.5BCHにも満たない大量の送金が行われている。
BCHBTC
【速報】
SVブロックの停止状況を受け、SV側が攻撃を仕掛ける準備をしている可能性が浮上

Bitcoin ABCとSVとで違いが生じている10以上のブロック数の差に関して、ABC側の開発者が「SV側が攻撃に備えている可能性がある」との見解を示した。
BCHハードフォークの内容はこちら
BCH
【追記情報】
ビットコインキャッシュのハードフォークで通貨分裂を確認|今後の仮想通貨価格と展開は?


現在ビットコインキャッシュを送金していいのか?送金時のリスク
今後の情報を追っていく上で見たいサイト一覧

を追記掲載しました。
BCH
ビットコインキャッシュのハードフォーク実行|今後の仮想通貨価格と展開は?


現在の状況と今後の展開まとめ
ビットコインキャッシュのハードフォーク実行が実行、BitcoinSV側がBitcoinABCのブロックを無効としたことも含め、明確に2つの通貨に分裂したことが確認された。
BCHBTC
セリクラに備える4つの判断材料、16万ビットコインを動かすクジラも確認|仮想通貨市況


BTCが年初来安値を更新したほか、時価総額でも2018年最安値を記録した。
緊迫する状況にある中で迎えるBCHハードフォークなど、明日以降の価格乱高下で注意したい情報をまとめた。
BTC
国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (11/15)

・仮想通貨ビットコイン急落で年初来安値更新|下落要因とは(★★★★★)
・米SEC「水面下」で仮想通貨規制を行なっている可能性を示唆(★★★★☆)
・ビットメイン社ジハン氏の会長職辞任は誤報か
ETH
MakerDAOのロックアップ額、100万 イーサリアム到達|ETH価格の上昇ファンダメンタルズ要因に

MakerDAOのスマートコントラクト上にロックアップされているイーサリアムが、総供給量の約1% = 100万 ETHに達したことが明らかに。
イーサリアム(ETH)価格上昇の要因となるか。

国際通貨基金の議長が中央銀行発行の仮想通貨(CBDC)の探求を呼びかける


国際通貨基金(IMF)の議長を務めるChristine Lagarde氏が、現金への需要減少とデジタル通貨への関心の高まりを踏まえ、中央銀行のデジタル通貨(CBDCs)を探求するよう奨励した。
BTC
【ビットコイン相場】

15分足チャートでビットコイン価格を確認すると、雲下へ抜ける重要局面にある。
急落から一時反発したものの、ここからのビットコイン価格推移には注目だ。
本日の仮想通貨相場に関する記事はこちら。
BCH
ビットメイン社ジハン氏の会長職辞任は誤報か|複数仮想通貨メディアの取材に対して否定声明


ビットメイン社共同創設者であるジハン・ウー氏の取締役からの降格の報道については誤報であると複数の報道機関の取材に対して回答。
BCH分裂前の状況だが、プラスの動きとなるか。
XRPBTC
NY州金融当局が新たなビットライセンス発行|ビットコイン、リップル(XRP)など主要仮想通貨のカストディサービス提供へ


ニューヨーク州金融サービス局がNYDIG Execution LLCとその子会社にビットライセンスを認可、14つ目のビットライセンスとなった。
BCH
【追記情報】
海外の大手仮想通貨取引所であるBinanceとCoinbaseが約14時間先に決行されるビットコインキャッシュへの対応方針を更新したので内容を更新しました。

BCHハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表
BTC
【追記情報】
下落要因、専門家の意見、リバウンド時の状況、クレイグ氏の過激発言について、情報を追記しました。

仮想通貨ビットコイン急落で年初来安値更新|下落要因と専門家の意見
BTC
【追記情報】
下落要因、専門家の意見、リバウンド時の状況、クレイグ氏の過激発言について、情報を追記しました。

仮想通貨ビットコイン急落で年初来安値更新|下落要因と専門家の意見
BTC
仮想通貨ビットコイン急落で年初来安値更新|下落要因要因と専門家の意見


ビットコイン価格は11月15日、前日比で15%以上の下落を記録し、年初来安値を更新、米ドル建でも6000ドルを大きく割った他、仮想通貨市場全体も全面安となり、1日で2兆円以上の時価総額が減少した。
BCHBTC
国内最大手の「bitFlyer」もBCHハードフォークに関するアナウンスを更新。基本的には、Bitcoin ABCのみをサポートする方針としている。

>分岐チェーンが発生した場合、bitFlyerのサービスにおける BCHは「Bitcoin ABC」を指す。
>ただし、ハードフォークの状況に応じて表記を変更する可能性あり。
BCH
ビットコインキャッシュ分裂騒動で緊急対応に追われる取引所 把握したい最新の状況とは 仮想通貨市況


BCHハードフォーク目前に、SV派が優勢になったことで危機感が現れ始めた仮想通貨業界。取引所は緊急対応方針を発表するも、各取引所で対応が大きく異なる状況へ発展する。
BCH
・関連記事
仮想通貨ビットコインキャッシュのハードフォーク、投資をする際の「4つの注意点」
BCH
ビットコインキャッシュハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表


国内取引所のQUOINEが方針転換、新通貨BTC SVのサポートも明言。アナウンスを行った。
『お客様の資産保護と利便性確保の観点から、「ビットコインSV」もサポートすることを決定。』

「今後も様々なカタチのお金が登場する」旧村上ファンド代表の村上世彰氏が、仮想通貨に言及


「仮想通貨が暮らしに根付くかは不明だが、お金は道具であると同時に人で言う血液のようなもの。日本人の金融資産の内、半数以上が銀行預金しており上手く巡っていない。」と述べた
BCH
ビットコインキャッシュの価格が急落した。
影響としては、急遽発表されたOKExのBCH先物の停止と清算発表だ。

本記事内に下落の状況を追記しました。

BCH急落の要因|仮想通貨取引所OKExのビットコインキャッシュ先物取引、急遽18時で取引を終了
BCH
【速報】仮想通貨取引所OKExのビットコインキャッシュ先物取引、急遽18時で取引を終了


OKExでのBCH先物取引が、日本時間17時5分に停止したこと、また18:00(2018/11/14 10:00amUTC)に清算が開始されることを急遽発表した。
相場もニュースに反応し一時下落に転じた。

新たに大規模な独仮想通貨ファンドが誕生|一般投資家の弱気とは反比例して増加する機関投資家の動向


元ドイツ銀のトレーダーが最大110億円以上の規模の仮想通貨ファンドCircuit Capitalを立ち上げる。
弱気相場で減退する一般投資家とは異なる機関投資家の状況を説明した。

豪政府機関、ブロックチェーンを利用したスマートマネーアプリの試行に成功|障害者支援に大きな一歩


豪連邦科学産業研究機構などが、DLT技術を利用したスマートマネーAPPの試行を成功。
障害者と家族のための全国サポートネットワーク(NDIS)から参加者が協力した。
ADAOMG
仮想通貨OmiseGo、人気ライドシェア用アプリ「TADA」で使われる未来は近いか


仮想通貨プロジェクトのOmiseGoは、人気ライドシェア・アプリ「TADA」を提供しているMass Vehicle Ledger (MVL)との間で、了解覚書(MOU)を締結した。

昼に読みたい3記事

1.メルカリ版の仮想通貨?「メルコイン」の利用例を日本初公開

2.リップル社CEOがSWIFTとの提携の噂を払拭、仮想通貨需要についても言及

3.仮想通貨価格への影響で注意したい4つの動き

#dailynews
ETH
次世代のWeb 3.0|Consensysの創業者が語るイーサリアムの可能性と今後の躍進


イーサリアムに注力したブロックチェーン企業Consensysの創業者であるJoseph Lubin氏は、今後のWEB2.0からWEB3.0への移行においてイーサリアムが主導権を握って牽引していくと力説した。
BCH
ビットコインキャッシュハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表


DMM Bitcoin、BTC .com、BitfinexとCoinbaseの対応方針を更新。
なおビットコインキャッシュのハードフォークは日本時間16日午前01:40頃に決行される予定だ。

Binanceの8時間メンテナンスまで15分を切りました。
その間、入出金や取引が停止するため、注意が必要だ。

また相場への影響などのまとめは以下の記事をご参照ください。
XRP
リップル社とSWIFTの動き、またリップル社CEOが語った仮想通貨に関する内容も追記しました。

リップル社とSWIFTの動き、またリップル社CEOが語った仮想通貨に関する内容も追記しました。

リップル社CEOがSWIFTとの提携の噂を払拭|「既にSWIFTの成し得なかったことを可能にしている」

#Ripple #XRP
BCHXRP
アクセスランキング

リップル社がxCurrent4.0を発表|xRapidへの利用が可能に

ビットコインキャッシュのハードフォーク、投資をする際の「4つの注意点」

明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由

大手仮想通貨先物取引所BitMEXのCEOがカバー取引などの疑惑を否定


レバレッジ最大100倍のBitMEXのCEOは、YahooFinanceUKとのインタビューで、最近公開されたブログ記事の中で論じられている批判に対し、BitMEXはカバー取引も行なっていないなどと反論した。
XRP
リップル社CEOがSWIFTとの提携の噂を払拭|「既にSWIFTの成し得なかったことを可能にしている」


リップル社のガーリングハウスCEOがブルームバーグとのインタビューに応じ、SWIFTとの関係性について触れた
またXRPのように実際に問題を解決している通貨が生き残ると言及
ETH
メルカリ版の仮想通貨?「メルコイン」の利用例を日本初公開


国内最大規模イーサリアム会議「Hi-Con」で、ブロックチェーン導入MercariXの開発理由や利用法を解説。メルカリ社内では試験的に「メルコイン」を使用して、様々な物品の売買を行っているという。
XEMBCHXRPBTC
明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由、XRP(リップル)など主要アルトの上昇要因も


11月第3週は、仮想通貨市場にとって極めて重要な週となる。ハードフォークやバイナンスの大規模メンテ等によるBTCの乱高下要因と、XRP、BCH、XEMの上昇理由に関して解説。

イベントページを更新いたしました!
CoinPostも複数のイベントにメディアパートナーとして参加させていただきます。

【注目イベント】
11/16:Tokyo Blockchain Game Show
11/19~20:NODE Tokyo 2018
11/24:業界合同説明会

年末までの大きなイベントになりそうです。
BCHBTC
仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


明日(日本時間15日午前5時45分 *米サマータイム終了)は、CBOEのBTC先物11月SQ。日本時間16日午前1時40分頃には、BCHのハードフォークが控えており、仮想通貨市場の乱高下に要注意。

仮想通貨のインサイダー取引、仕手グループの相場操縦行為|金融庁「第9回 仮想通貨研究会」


今回の仮想通貨研究会では、仮想通貨ではなく暗号資産と呼ぶべきかとの議論に加え、仮想通貨取引所に係るインサイダー取引、仕手グループの相場操縦行為についても言及された。
BCH
【関連記事】
ビットコインキャッシュのハードフォーク、投資をする際の「4つの注意点」
BCH
ビットコインキャッシュハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表


コインチェックは13日、「ハードフォーク発生以降、引き続きBitcoin ABCが参照するチェーンをBitcoin Cash(BCH)として表記する。(表記は変更となる場合がある。)」とアナウンスした。

仮想通貨大手取引所Binance、8時間のメンテナンスを14日に予定|入出金と取引の停止に注意


仮想通貨取引所Binanceが、8時間のシステムアップグレードを告知。同期間内は入出金と取引が停止するため注意が必要となる。
XEMETH
XEMが再び上昇に転じ、13.6円まで価格が復調。
コインチェックの購入再開を受け、昨日時点では前日比50%高近くまで高騰していた。

関連記事
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か

仮想通貨取引所Poloniex内でのBytecoin(BCN)の最低承認回数が2000回となる

CCNによると、大手仮想通貨取引所Poloniex内で、Bytecoin(BCN)を入金する際のconfirmations(承認)回数が2000回となっていることが明らかに。
ネットワークの不安定が原因となっている模様。

シンガポール証券取引所と金融管理局がトークン化資産の決済システムの開発に成功


シンガポールの金融管理局と証券取引所が共同声明で、トークン化資産のブロックチェーンを実装した決済システムの開発に成功したと発表した。資産トークン化への基盤として注目が集まっている
IOTA
仮想通貨IOTAで進むプロジェクトの躍進|欧州銀行会議にも参加表明


自動車のIoT化を目指しているスタートアップcarVerticalが、OBD、GPS、IOTA Tangleを組み合わせた先駆的プラットフォームを発表、その一部としてIOTAが利用される。
BCH
【追記】
ビットコインキャッシュのハードフォークに対する対応方針を仮想通貨取引所Bitstampが発表しましたので、内容を追記しました。

BCH(ビットコインキャッシュ)ハードフォーク:新通貨付与に関する「仮想通貨取引所」対応一覧表
XRPETH
アクセスランキング

専門家が語る|20兆ドルにも及ぶ米国債が仮想通貨の大きな追い風になる可能性

アメックスが中国市場における決済承認を取得|提携企業リップル社へのメリット

ETH、5月以降初のトレンド転換に期待か
XRP
リップル社がxCurrent4.0を発表|仮想通貨XRPを利用するxRapidへの利用が可能に


リップル社の新たなパンフレットから、xCurrentを利用している金融機関がXRPを用いるxRapidへのアクセスが可能となる事が判明した
今後の需要拡大につながるかもしれないとして話題を呼んでいる
BTC
仮想通貨ビットコイン価格は本来の価値以上で取引されている|豪大学の博士が最新論文で説明


豪クィーンズランド大学の金融分野博士は、最新の論文にて、『転売オプションの仮説』を裏付ける証拠を元に、「仮想通貨が本来以上の価値で取引されている」と論じている。
BCH
ビットコインキャッシュのハードフォーク、投資をする際の「4つの注意点」


ビットコインキャッシュはABC派とSV派で対立する状況が続いており、ハッシュパワーで覇権を争う「ハッシュ戦争」も状況は定まっていない。
本記事では、現在の状況と投資家の注意点をまとめた。

世界中のビットコインATM設置台数、4000台に到達間近へ


Coin ATM Radarのデータによると、現在、世界中に3992台のビットコインATMがされており、4000台到達間近となっている。
米国では2371台設置されており、日本では10台ほどとなっている。
#NewsPickUp
XEMETH
国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ (11/12)


・米「アメックス」が中国市場での決済承認を取得(★★★★☆)
・20兆ドルにも及ぶ米国債が仮想通貨の大きな追い風になる可能性(★★★★☆)
・コインチェック:イーサリアム、ネム、リスクの入金・購入再開

◉1分でわかる仮想通貨ニュース-CoinPost- 11/12(月)


CoinPost編集部で厳選、仮想通貨重要ニュース(YouTube版)の最新版を公開しました。
忙しいあなたのために今日の出来事を1分でお届けします。
XEMETH
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か|仮想通貨市況


追加銘柄の入金購入再開発表で、流出事件から一つの節目になったネムは、祝福ムードさながらの暴騰を記録、一時コインチェックでは前日比50%弱の高騰を記録。
FCTLSKXEMXRPETH
コインチェックで仮想通貨イーサリアム、ネム、リスクの入金・購入を再開


仮想通貨取引所コインチェックは、11月12日よりETH・XEM・LSKの売買を完全再開した。特にXEMとLSKは国内取り扱いが少ないことから、流動性が高まる可能性がある。残るは、XRPとFCTのみとなる。
BCH
【追記】
今週に控えるビットコインキャッシュのハードフォークに関する取引所やウォレットの対応方針を追記しました。

[国内]
・bitflyer(新)
[海外]
・BitMEX
・BitPay
・Kraken
・Bitfinex
・HitBTC
・Huobi(更新)
BTC
マイニング大手Bitmainが保有していた550万ドル相当の仮想通貨ビットコインハッキング被害に|米裁判所に陪審裁判を申請


マイニング大手のBitmainがBinanceの口座で保有していた約6.2億円相当のビットコインが、ハッカーによって盗まれていたとする訴状文書が公開された。
XRP
米「アメックス」が中国市場における決済承認を取得|提携企業リップル社とのメリットを考察


リップルネットのパートナー企業である米国のクレジットカード大手企業『アメックス』が初の海外カード企業としての許可を取得。リップルの業務範囲拡大にもメリットも期待される。
BTC
全米最大級の五大湖科学センターがビットコイン決済の受け入れ発表


米国オハイオ州に位置する最大級の科学博物館と体験型教育施設である五大湖科学センター(Great Lakes Science Center)が、11月13日からビットコイン決済の受け入れを開始することを発表した。
XRP
アクセスランキング

20兆ドルにも及ぶ米国債が仮想通貨の大きな追い風になる可能性

リップル社への集団訴訟、米連邦裁判所へ移転

三菱UFJ銀行、リップル社技術を利用する「日本-ブラジル間」国際送金システムの開発へ
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
みんな、握力しっかりな。BTC⇒XRPに流れてきてるよ。
歴史的な転換点になるかもしれない。#XRP
XRPに興味がある人は Discord に参加することをお勧めします。文字チャットや音声チャットで誰でも気軽に質問や雑談ができます。

チャット部屋 – Ripple総合まとめ
XRP、まだ私に買い増ししてほしいのかい?
ふふ…いけない子だ…
この一件でXRP基軸が加速するならそれも良し
コインパーティーの独占取材記事です^_^
emurgoの児玉さんに色々聞いてきました〜!
ADA好きな方は読んでみてください^_^
皮肉なことに、ハッシュウォーという訳わからん争いは、
XRPが「本物」であることを証明する自爆テロだったということ。
まだ、やりあうのかどうか知らないけど、XRPアンチも気付き始めているよ。
こうやって最終的には本物に集約される。みんな、握力しっかりね。
#XRP
「全てのBTCマイナーに告ぐ・・。もし君らがBCHに鞍替えしたら、我々はその分をBTCで補う必要がある。ドルに換金することになる・・。仮想市場は耐えられないと思うがね・・。よく考えてみて欲しい。物凄い量を売る。良い一日を(P.S.私はBTCが1000ドルになっても全然構わないよ)」クレイグ・ライト
ロニーピーターソンが乗っていたマーチのドライバー、スティーブさんが「おいで、座ってみなよ」って言って下さり、大好きなロニーのマシンに座らせて貰いました
号泣
「全てのBTCマイナーに告ぐ
君たちがXRPを銀行コインと呼ぶのなら、リップラーはハッシュウォーとやらに全く無関係なはずだ。
だから、巻き込まないでほしいし、どうせならそのドルでXRPを買わないか。」マシュー
おすすめサイト