CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
00:39 2019年01月19日

3月に迫る確定申告、仮想通貨にかかる損益計算の課題と解決方法 |『Cryptact(クリプタクト)』


確定申告へ向けた仮想通貨の損益計算を簡単に行える損益計算ツールをご紹介!
面倒な計算をすることなく確定申告を行えます。
@Cryptact

昨年2月の歴史的大暴落|VIXの市場操作疑惑で米SECとCFTCが本格調査へ


米規制当局は14日、市場心理を示すVIXに関する不正を調査していると報告した。昨年2月に発生した世界同時株安で、人為的な介入操作があり、投資家が数千億円規模の損失を被った可能性があるとしている。
USDT
仮想通貨クジラの追跡BOTが「20兆円規模のUSDT送金」を報告|ブロックチェーンデータから誤報の可能性が浮上


大口の動きをトラッキングするBOT「Whale Alert」は1月16日11時、過去最大級とみられるUSDTの大口送金を報告し、市場参加者の警戒感が高まった。
BNB
約10億円相当の仮想通貨BNBをバーン 大手仮想通貨取引所バイナンスが報告


大手仮想通貨取引所バイナンスが約10億円分の独自トークンであるバイナンスコイン(BNB)をバーンし、通算6度目の通貨消滅イベントとなった。流通量を減らし、通貨価値を高める狙いがある。
TRX
仮想通貨トロン(TRX)基盤のTRC-10トークン、初となる取引所への上場決定


時価総額9位の仮想通貨トロンを基盤としたTRC-10トークンが初めて仮想通貨取引所に上場する事が発表された。また明日から米国サンフランシスコにてトロン財団主催のカンファレンスが開催される予定。
TRX
DAppsに力を入れるTRONがniTROn SUMMITを開催|新たなDappエコシステム発展の方針を発表予定


2019年1月17・18日に米国サンフランシスコでの開催されるTRON主催のブロックチェーン業界サミットにて、DAppエコシステム発展の新しい方針が発表される。
@tron_Japan
XEM
イベントページを更新しました!

【今月注目イベント】
1月19日:Binance Week
1月20日:NEM Bootcamp - Hello, Blockchain!
1月25日:blockfanz STOセミナー#1

ぜひ会場にてブロックチェーン、仮想通貨について学んでみてはいかがでしょうか?
ETHBTC
「世界初」仮想通貨から金やFXへ分散投資が可能に ベラルーシ企業が150種のトークンを発表


東欧のブロックチェーン企業がトークン化された証券を提供するプラットフォームを発表。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を金やFXなどへ投資する事で分散化が狙える。
BNBETHBTC
米政府機関閉鎖が「ビットコインETF」と「Cboe先物決済SQ」に悪影響か、価格変動に警戒感


●JPモルガンも警鐘を鳴らす米政府閉鎖の影響
●イーサリアムの急落に伴うBTC推移と意識されやすいポイント
●バイナンスコインが好調に推移
ほか
ETHBTC
本日の注目記事
1,仮想通貨イーサリアムの大型アップデートが延期

2,大手仮想通貨取引所バイナンス、英ポンドとユーロ建ペアを提供する取引所を発足

3,米政府機関閉鎖が「ビットコインETF」と「Cboe先物決済SQ」に悪影響か
BTC
一時撤退のビットコイン採掘企業が「出戻り」 市場の底値を見ての動きか|仮想通貨朝市況


本日の記事内容 
●ビットコイン相場
●相場の注目点
●マイナーの出戻り
●ビットコイン分散化で好材料
●米政府閉鎖の影響
●米債券も担保とするビットコイン関連ETFが登場
BTC
ゴールドマン・サックス関係者、超富裕層による「ビットコイン」買いが増加中と明かす


ゴールドマン・サックス関係者が明かしたところよれば、昨今の国際金融市場の不確実性の高まりを受け、UHNW(超富裕層)の顧客によるビットコインなどのOTC取引量が増加しているという。
BTC
米ドルと米国債券に加え仮想通貨ビットコインの値動きも反映する「ETF」の申請書がSECに提出される


注目点はUSDと米国債券に加え、ビットコインにも準拠している点で、これまでのビットコイン単一の指数とは異なるETFとなる。
XRP
世界初、仮想通貨XRPを海外送金に利用する銀行の重要性とは


Euro Exim Bankがリップルネットへ加入を表明し、銀行では初のxRapidと仮想通貨XRP利用を発表。リップル社送金技術の利点として送金スピードと透明性の2点を挙げ、競合他社との違いを評価した。
ETCBTC
朝の重要記事
3. 51%攻撃によって盗まれたETC、取引所へ返還

2. 米連邦準備銀行、「BTC下落の要因はアルトコインの増殖

1. 再び局面のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

米ワイオミング州 仮想通貨・ブロックチェーンの改革法案が委員会で可決|加速する法整備の動向


米ワイオミング州議会の委員会は仮想通貨の改正案と金融技術のサンドボックス法案を可決した。米国内で仮想通貨のイノベーションを推進する法整備の動きが多く見られる。
BTC
再び局面のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望|クリプトキツネ


前記事のシナリオ通り、4400ドル〜3750ドルを天底とするレンジ内を推移したBTC価格は、再び下落を左右する局面にある。過去の値動きを参照しつつ、今後期待される複数シナリオをインジケーターから考察。
ETC
51%攻撃によって盗まれた仮想通貨、被害報告の取引所へ返還|ホワイトハッカーによる脆弱性への警告か


仮想通貨取引所Gate ioは、51%攻撃を行なった攻撃者から、ETCが返還されたことを発表した。
攻撃者はなぜ51%攻撃を行なったのか、まだその真相はわかっていない。
BCHXRPETH
Huobiレポート|NLP分析で注目の仮想通貨は「BTC、ETH、XRP」(12/26~1/2)


世界有数の取引所Huobi提供。ビットコインの大口取引は前週の1009回から886回に微減するも、ビットコインキャッシュのハードフォーク直前(318回)と比較すると、依然として高い数値を保っている。
TRX
BitTorrentの元戦略責任者 仮想通貨トロン(TRX)に厳しい見解を示す


仮想通貨取引所バイナンスのローンチパッドからのサポートが決定したBitTorrentのICO。それを機に、BitTorrentの元最高戦略責任者だったSimon Morris氏がトロンについて厳しい発言をした。
BTC
米セントルイス連邦準備銀行、「ビットコイン下落の要因はアルトコインの増殖」|ゼロになる可能性は低い


米Fedの経済学者はBTC価格の「天井なしの高騰・ゼロ・中間」の可能性から、価格は中間で落ち着くと予想。下落要因の1つとして、増殖するアルトコインを指摘。
NAS
NASA、航空交通管理に「ブロックチェーン」の活用を提案


米航空宇宙局(NASA)が、航空交通管理へのブロックチェーン技術導入を検討していることが明らかになった。実現する場合、Linux財団によるブロックチェーンプロジェクト「Hyper ledger Fabric」が採用される見通しだ。
BTC
仮想通貨パイオニアが予想、「中央銀行は金準備からビットコイン準備へ」


中央銀行はいずれ従来のゴールド準備から、仮想通貨による準備金の裏付けを代替案として採用するだろう、と仮想通貨業界の重鎮であるNick Szabo氏が発言。
BTC
仮想通貨マイニング最大手のビットメイン「テキサス巨大マイニング工場の建設計画」保留|地元のラジオ番組報道


ビットメインは、テキサス州ロックデールでの巨大ビットコインマイニング工場の建設計画を保留していることが、地元の裁判官から明らかになった。
BTC
重要記事3選
3. ロシア政府、米経済制裁を受け1兆円相当の予算を仮想通貨ビットコインに投じる構想

2. 新たな現物決済のビットコインETF申請が米SECへ提出

1. 金融庁、仮想通貨取引所コインチェックを認可
TRX
国内外仮想通貨・ブロックチェーンイベントページを更新いたしました!


【今月の注目イベント】
1/14:Blockchain Disruptions in China & Japan
1/15:【中国最大ブロックチェーンメディア主催】日本市場における仮想通貨取引所に対する見通し
1/17:NITRON SUMMIT 2019
BTC
本日の注目記事3選(1/11)

■金融庁がコインチェックを認可

■ロシア、米経済制裁を受け1兆円相当の予算をBTCに投じる構想か

■スクエニがブロックチェーンに高い関心|dAppsゲーム市場へ参入した場合、仮想通貨業界に追い風
BTC
仮想通貨・ビットコイン(BTC)ニュース「仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)が金融庁認可へ」他(2019/01/11)

仮想通貨重要ニュース(YouTube版)の最新版を公開しました。
本編はYoutubeリンクよりご覧ください。
BTC
2月末発表予定のビットコインETFに関する最終判断結果 認可メドについて仮想通貨取引プラットフォーム社長が語る


eToroのCEOであるYoni Assia氏が「ビットコインETFの承認には時間が必要となる」という見解を示した。また仮想通貨の将来的bな利用状況の予想も語った。
TRX
仮想通貨TRON主催のniTROn Summit 2019に元NBAスターの「コービー・ブライアント」が登壇を予定|1月17日〜18日


2019年1月17・18日に米サンフランシスコでの開催が予定されるTRON主催のブロックチェーン業界サミットに、投資にも精通する元NBAスターコービー氏が登壇を予定。
TRXETHBTC
注目記事3選(1/10)

●香港一の富豪も仮想通貨へ関心、Bakktへ出資判明

●トロンが直近1週間で60%の上昇、最新状況まとめ

●BTC急落でシンプソン形成、次のターゲットは?香港の仮想通貨リサーチ企業が40,000ETH移動を考察
XRP
英中銀総裁、2017年からリップル社と「送金決済に関する共同検証」していたことを明かす


英中銀総裁は、2017年からRipple社と連携し始め、分離した「グロス決済」と、異なる法定通貨による同時決済の概念の証明における共同検証を明かし、より低コストの送金が可能とした。
TRXBTC
ビットコイン急落でシンプソン形成、次のターゲットは?TRONは前週比+40%の快進撃|仮想通貨市況


●BTCFXプラス乖離からのBTC価格急落で全面安
●次の要警戒ライン
●全面安の仮想通貨市場で前週比+60%の躍進を見せるTRONの原動力
など
BTC
仮想通貨・ビットコイン(BTC)ニュース「香港一の富豪が『Bakkt』へ出資」「ビットコイン方向性探る動き」など(2019/01/10)

CoinPost編集部で厳選、仮想通貨重要ニュース(YouTube版)の最新版を公開しました。
本編はYoutubeリンクよりご覧ください。
TRX
仮想通貨トロン、直近1週間で60%の上昇 プロジェクト最新状況まとめ


時価総額8位まで上昇を続けている仮想通貨トロンの勢いが止まらない。前週比+60%、前日比でも約21%の上昇を続けるトロンの最新ニュースをまとめて掲載。

仮想通貨取引所の「倒産リスクと資産保全」の問題点


既存金融市場では提携先銀行が返済する信託保全制度があるが、現行の資金決済法では、「(仮想通貨交換業者に対し)信託保全まで求められているものではない」とされており、優先弁済の対象とするなど整備が求められる。
ALIS
ソーシャルメディアALISのオープンβ版が本日公開 「仮想通貨・ブロックチェーン」以外のカテゴリーも投稿可能に


ソーシャルメディアALISのオープンβ版が本日公開された。限定されていたカテゴリーが全開放となったほか、デザインも大幅にリニューアルされている。
BTC
香港一の富豪も仮想通貨への関心示す ビットコイン先物提供予定「Bakkt」への出資が判明


先月約200億円の資金を調達した仮想通貨取引プラットフォームBakktに香港で最も裕福な長江実業グループの創設者、李嘉誠氏も出資していた事が判明した。
XRPETHBTC
BTC方向性探る動きも、直近での記録的な価格変動の可能性をインジケーターが示唆


本記事の内容
●相場
●GTI VERA Bandsを用いた分析
●ジブラルタルの仮想通貨取引所にXRP上場
●弁護士が分析、日米間のビットコインETF影響
●イーサリアム財団、Parity社へ5億以上の支援金
ADA
本日公開した記事に関しまして、以下の内容に誤りがありましたので訂正いたします。



カルダノ(ADA)
2月1日平均価格予想:【誤】0.14円→【正】6.53円
年末平均価格予想: 【誤】0.07円→【正】8.7円

誤解を招く表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます。
XEMXRPBTC
仮想通貨・ビットコイン(BTC)ニュース「リップル(XRP)を利用したxRapidを新規5社が採用」「ネム(NEM)基盤の『mijin』実験検証を発表」など(2019/01/09)

仮想通貨重要ニュース(YouTube版)の最新版を公開しました。
本編はYoutubeリンクよりご覧ください。
BTC
大口投資家による「ビットコインOTC取引」が買い優勢に、年始以降の買い戻し需要を示唆|仮想通貨市況


●ビットコインテクニカル分析、今後の展開とターゲットライン
●米債権王として知られる「著名投資家」がBTC価格予想
●OTC取引で「ロングポジション」が優勢に
など
BTC
「休眠状態のビットコイン」数量と相場の相関性を考察|Huobi研究所が10年間のBTCデータを分析


Huobi研究所が、ビットコインジェネシスブロックから10周年を記念して、特別版BTCデータ分析を公開。
今回は10年間の中で動きがないBTCデータから相場との相関性を分析した。
TRXETCBTC
ETCへの51%攻撃の影響で様子見基調が強まる中、逆行高のトロンは毎月1つの「ICOプロジェクト」を好感


ETC51%攻撃の影響でBTC価格など様子見基調強まる中、独自トークンセールプラットフォーム『ローンチパッド』に関する材料が好感されてトロンが続伸。逆行高を見せている。
ETCBTC
仮想通貨・ビットコイン(BTC)ニュース「金融庁が仮想通貨ETF検討か」「ETCが攻撃を受け約5千万の被害」など(2019/01/08)

CoinPost編集部で厳選、仮想通貨重要ニュース(YouTube版)の最新版を公開しました。
本編はYoutubeリンクよりご覧ください。
XRPBTC
ビットトレードが日本で運営するHuobi取引所が仮想通貨の取引を開始|XRP取引を先行して公開へ


BitTradeは8日、新たにHuobiとしてオープンする日本の仮想通貨取引所のXRP/JPYのほか、4つのBTCペア取引を開始した。
法定通貨建ではXRP建の先行リリースを行なった形だ。
XRPBTC
昼に読みたい注目記事3選

リップル社CTOが仮想通貨XRPの優位性を強調

金融庁、「仮想通貨を利用した出資」も金商法の規制対象に

新たな51%攻撃報告で該当通貨が下落 米ビットコインETFに関する新たな見解も
BTC
ウィンクルボス兄弟「ビットコイン時価総額はいずれ760兆円超える」 AMAでETFの課題克服や独自のステーブルコインについて言及


仮想通貨取引所ジェミニのウィンクルボス兄弟が8日、Reddit上でAMAセッションを開き、BTCはいずれ現在の時価総額の約100倍になると予想した。
ETC
イーサリアムクラシックの51%攻撃を受け、国内最大手仮想通貨取引所「コインチェック」も入出金停止措置


ETCの51%攻撃被害を受け、米大手取引所Coinbaseに続き、国内最大手の「コインチェック」でも入・出金停止措置を発表。
安全性が確認でき次第、復活するとしている。
ETCXRP
51%攻撃再発を受け、リップル社CTOが仮想通貨XRPの優位性を強調


ETCの51%攻撃の報道を受け、XRPの暗号学者でもあり現リップル社のCTOは、51%攻撃が起きうるリスクは、XRP台帳『XRP Ledger』ではすでにリスク対策済み(懸念点を取り除いている)だと説明、優位性を強調した。
ETCBTC
新たな51%攻撃報告で該当通貨が下落 米ビットコインETFに関する新たな見解も


●本記事の内容
●BTC相場
●bitfinexメンテ前後の詳細解説
●ETC51%攻撃
●朝の最新ニュースまとめ
-コロラド州で仮想通貨新法案
-ウィンクルボス兄弟、ETFや新たな自主規制団体について言及
ETC
イーサリアムクラシックが51%攻撃受け、5千万円弱の被害|米Coinbaseも入出金を停止


Coinbaseは米8日、51%攻撃を含む【Reorg】行為を発見したと報告した。
ETC公式デベロッパー団体も攻撃の状況を調査しながら、各取引所にブロックの「確認数」を増やすように勧告している。
BTC
ビットコイン、複数の要因を背景にショート比率が急減少 金融庁ETF承認検討の報道も


BTC相場は7日、ついにペナントを上抜け、出来高を伴う急騰が確認された。
相場の乱高下が警戒されたbitfinexのメンテナンスも予定通り開始され、引き続き注意すべき状況は続いている。
ETHBTC
速報
金融庁が「仮想通貨ETF」承認を検討か|米有力誌ブルームバーグが報道


日本の金融庁が仮想通貨ETFの承認を検討中だと、ブルームバーグ誌が報道した。金融庁はこれまでビットコインやイーサリアムの先物やオプション取引に対して否定的な姿勢を示していた。
XMR
他人のPCで仮想通貨モネロのマイニングを行うコインハイブは違法なのか|9日初公判


他人のPCでモネロを採掘するコインハイブ問題に関連し、9日より裁判が行われる。全国10県警が「ウイルス供用容疑」で16人を逮捕・書類送検したが、業界から理不尽だとして反発の声も強い。
XRPETHBTC
上昇を続けるイーサリアムに新たな好材料 XRP(リップル)出来高にSNS投稿との相関性指摘も


本記事の内容
●ビットコイン相場
●現相場における2つの注目点
●米株式市場が大幅反発
●イーサリアムが強い理由
●イーサリアム最新好材料
●XRP出来高とSNS投稿数の相関性指摘
BTC
アクセスランキング
3.国税庁が「平成30年分確定申告特集」の掲載を告知

2.トム・リー氏の2018年仮想通貨ビットコイン価格予想と価格推移まとめ

1.コインチェック等5社、金融庁認定「自主規制団体」の第二種会員に加盟
BTC
本日の注目記事(1/4)

■金融市場の地合い急悪化でBTCの「LS比率」にシグナル

■大手eコマース企業がビットコイン納税を発表

■コインチェックやLINEグループ企業含む5社、金融庁認定「自主規制団体」の第二種会員に加盟
BTC
金融市場の地合い急悪化でビットコインの「LS比率」にシグナル点灯:米経済が及ぼす影響は


米中経済がリセッションの危機に陥り国際金融市場が大きく動揺する中、海外取引所「Bitfinex」における、BTCのLS比率におよそ2ヶ月ぶりの変化が表れた。今世界で何が起きているのか。

■仮想通貨ニュース5選
「仮想通貨取引所コインチェックやLINEグループ企業含む5社、金融庁認定「自主規制団体」の第二種会員に加盟」


CoinPost編集部で厳選、仮想通貨重要ニュース(YouTube版)の最新版を公開しました。フル動画は上記リンクからご覧ください。

『日本市場におけるHuobiブランド確立を目指す』取引所や仮想通貨自主規制団体など、2019年の抱負まとめ


新年の抱負では、2018年に失われた”信頼回復”を目指すべく前向きなメッセージが相次いだ。そんな中、世界最大級の取引所Huobiは、日本市場に改めて期待を寄せている。
BTC
米大手eコマース企業が米国初となる「ビットコイン納税」を発表|米議会の仮想通貨動向は


米大手eコマース業者Overstockが、オハイオ州の事業税をBTC払いすると発表。「仮想通貨のような新技術を政府が導入することは、米国が世界経済で地位を保つために重要」だと述べた。

本日13時より、
・財務省 浅川財務官
・金融庁 遠藤長官
・日銀 前田理事
らが出席する情報交換会合が開催される。

現在は世界的な景気減速懸念から米国株が急落。急激な円高・株安が続いており、仮想通貨市場への影響も考えれることから注視したい。

●CojnPostの関連記事

【速報】仮想通貨取引所コインチェックやLINEグループ企業含む5社、金融庁認定「自主規制団体」の第二種会員に加盟


金融庁認可済み自主規制団体「JVCEA」は4日、みなし事業者のコインチェックやLINEグループ企業含む5社が、第二種会員として新たに加盟したことを発表した。

国税庁が「平成30年分確定申告特集」の掲載を告知|仮想通貨税金に関する記事もピックアップ


国税庁が、平成30年分の確定申告に関する情報を紹介した特集をホームページ上で掲載したことを報告した。
2018年の仮想通貨税金記事もピックアップして掲載。
BTC
仮想通貨業界初「OTC取引基準のビットコイン・インデックス」が始動|ETF承認への解決策との見方も


複数の投資インデックスを提供するMVIS社が米国のOTC取引プラットフォームの取引データを基にしたBTCインデックス「MVIS Bitcoin US OTC Spot Index」の開始を発表した。
BTC
米株式市場の下落に影響されたBTCは、東京株式市場の寄り付きの時間にあたる午前9時に2度目の下落が確認された。
このパターンの動きは直近でも過去2度あり、再現性のあるチャートの値動きとなる。
注目ポイントと過去の事例を内容として追記しました。
BTC
米国時間に発表された3つのニュースもピックアップして掲載。
●ナスダック上場株のERC20トークン化
●米eコマース大手、米企業初のビットコインでの納税を発表
●ビットコイン誕生から10周年
BTC
ビットコイン弱気相場に「金融市場のリスクオフ」の影響続く 米企業初のBTC納税発表も


BTCは2日連続で日本時間未明から明朝にかけて急落する場面が見られた。
年明けから顕著になりつつある金融市場と仮想通貨市場の相関性と、リスクオフの動きが高まっている背景を掲載。
XMRETHBTC
注目記事3選(1/3)

■バイナンス、イーサリアムハードフォークのサポートを表明

■1.25億ユーザーを抱える人気ゲームFortniteで匿名通貨モネロ採用

■閑散相場を襲った為替クラッシュがBTC価格にも影響、ETHの高騰要因
BTCC
中国の報道や過去の報道でBTCCとBTCChinaの関係性に不明確な点があり、中国のソースなどすべての見直しを行い、一部報道を変更いたしました。

この度は、申し訳ございませんでした。

元中国3大仮想通貨取引所を創業したBTCChinaが全株式を売却 ブロックチェーン開発に注力
BTCC
先ほど公開したBTCCの内容に関して、中国のソースによってBTCCとBTCChinaで異なる報道があるため、再度全て見直しを行なっています。
その関係で記事を一時非公開としております。

大変申し訳ございません。
XRP
838億円相当の仮想通貨XRPの送金報告も、送金手数料は約1円に|送金目的は?


大口送金をトラッキングするBOT「Whale Alert」が2,133,569,088XRPの送金をツイッターで報告した。
約838億円にも相当するXRPの送金にかかった費用は1セント以下であったことがわかった。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
精液を背中に注入した男性現る、理由は「背痛治療のため」
私は、少なくとも10年以内には完全にSWIFTをxRapidで置き換えられるとは思ってない。メジャー通貨同士の大口送金は以前としてノストロ口座が用いられると予想してる。暗号資産XRPが活きてくるのは、マイナー通貨への送金と少額送金。テールと思われるかもだけど、合わせると結構な需要(らしい)
【読者推薦】カルロ・ゼン『テロール教授の怪しい授業』

”カルロ・ゼンの巧みな話の展開、登場人物のティム先生の演技的な演出を見事に描いている石田点の技量とが見事な相乗効果で話を面白くしている(……)最近のハンターハンターのような会話劇を楽しめる人にはオススメ”
Intel: Operation Disclosure 1/17
Brexitは避けられない。イギリス政府は置き換えられる。財政再設定には3つの要素が必要。
1 Brexitが成功する。
2 FRBを廃止/奪還。
3 イバンカが世界銀行をリード。
条件が揃ったところでGESARAが発表される。

露骨な世界の癌、イギリス。
37円でXRPを買い増ししたけど、やはり私には短期トレードの才能は無いようだククク‥
Intel: Restored Republic 1/18
1/18にアメリカ政府は資金ショート。1/21は連邦政府終焉か?政府閉鎖の本当の理由は金欠。
イルミナティの民事裁判は無し。軍事裁判のみ。
バチカン、英女王、カバールの子供性的人身売買暴露。J項参照。
1/29 トランプ演説。カバール崩壊か?
NANJCOIN一周年おめでとう

ホント一年なんてあっという間
今年はどれだけワクワクさせてくれるか楽しみですね
経産省主催のブロックチェーンハッカソンに講師としてお手伝いさせていただきます。
ハッカソンについて詳しくはこちらご覧ください。
$BTC
抵抗帯は三段はあるどん

・396154
・405922
・422820

急落の可能性を含むので、抵抗帯を背にして売指値を指していく方向性で良いと思うのどん
Intel: X22 Report 1/17
今日は昨日と違ってナイス。

EUはBrexit遅れを喜ぶ。グローバリストはバラバラ。カバールなIMFはBrexit否定。カナダはデータまでアメリカに依存していた。トランプは中央銀行システム破壊を計画。

Brexit無しで世界経済破綻した場合、最悪の結果に。
おすすめサイト