CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
05:22 2019年03月27日

BMWやインテルなど大手3社、ブロックチェーン企業にメンタリングやサンドボックス提供へ


シンガポールの「Tribe Accelerator」がBMWやインテル、そしてニールセンといった世界的な大手企業と提携を発表した。
スタートアップ企業に様々な面でサポートを行なっていく方針だ。
XLMXRP
ウェスタンユニオン、ステラパートナー企業と提携し仮想通貨を利用した個人間送金サービス開発へ


XRP(リップル)を統合したRipple社の国際決済ソリューションを試行するWU社は、事業拡大の目的として「銀行口座を持たない世界中の人々に金融サービス提供」することを掲げる。
XRPBTC
第11回『国際ブロックチェーン格付け』仮想通貨リップル(XRP)順位が2つ上昇、ビットコインは15位と現状維持


中国のCCIDブロックチェーン研究所は新たな「パブリックチェーン技術評価」を公表。XRPは前月比で2つ順位を上げ、BTCのランクは変動せず15位を維持した。
ETHBTC
Huobiレポート|上位100通貨の時価総額は前週比+3.4%の約15兆円に(3/11〜3/17)


Huobi研究所提供の3/11〜3/17のレポートでは、上位100通貨の時価総額は、前週比+3.4%の約14.9兆円に。ビットコインとイーサリアムのマイニングディフィカルティは共に下落した。
BTC
機関投資家向けビットコイン取引がアジアで提供へ 米仮想通貨取引所Seed CXの提携で


米機関投資家向け仮想通貨取引所Seed CXがシンガポールのフィンテック企業Hydra Xとの提携を発表。
アジア圏のトレード・プラットフォームから機関投資家向けの仮想通貨取引が可能となる。
BTC
仮想通貨支持者のツイッター社CEOが東京訪問、ビットコイン決済で玩具購入を報告
BTCBNB
なぜ仮想通貨BNBの最高値更新続く? 背景にビットコイン相場の低迷か


仮想通貨取引所バイナンスが提供するBNBの高騰が続いている。今回高騰した最新事例だけでなく、過去の流れからビットコイン建最高値更新までを解説。今後の展開を見る上での事例を紹介。
BTC
ビットコイン取引高の95%に偽装疑惑、ETF申請企業が米SECに報告


Bitwise社はビットコイン取引量の95%が偽装であると米SECへ報告。その他にも取引所の取引量操作などにも言及した。一方で、ビットコイン市場の健全性も主張した。

大手仮想通貨取引所OKEx、独自チェーンとDEXを立ち上げへ|OKBトークン需要を後押し


大手仮想通貨取引所OKExは、独自のブロックチェーンと分散型取引所(DEX)をローンチする予定を発表した。ノードの選定方法などエコシステムの詳細も明らかに。
XRP
リップル社に対する集団訴訟、今後の流れや日程感が判明|仮想通貨XRPの証券問題巡り


北カリフォルニア区米国地方裁判所のHamilton裁判官は先日、リップル社に対する仮想通貨XRPの有価証券問題の集団訴訟に関して、これからの大まかな流れを開示した。
BTC
ビットコイン価格、今年中に1万ドル|仮想通貨取引所BitMEXのCEOが2つの金融政策を理由に予想


BitMexのCEOであるArthur Hayes氏は、今年ビットコイン価格は「1万ドル」にまで回復すると予想し、そのための鍵として、連邦準備制度理事会と中国の経済政策の二つを挙げた。

詐欺仮想通貨発行者に最大20年の懲役刑|米テキサス裁判


米テキサス州「AriseBank」の代表者はダラス市で行われた裁判にて、投資家に対して「世界で最初の非中央集権の仮想通貨銀行となる」などと謳い、約4億6,500万円を騙しとったことを自供した。

速報
中国北京市、仮想通貨のSTOやステーブルコインなども違法金融活動に定める|中国の禁止範囲拡大に警戒


中国北京のIFIA協会は、IEOやSTOなどを違法金融活動とし、規制に取り締まりを促す警告文書を公式発表。中国の禁止範囲拡大に繋がる事例として警戒感が強まっている。
BTC
機関投資家向け取引プラットフォーム、企業買収でBTC先物とオプション提供開始


機関投資家向け暗号資産運用プラットフォームがBTCの先物やオプションを提供するDeribitの買収を発表した。仮想通貨先物取引とオプション商品を提供する世界初の機関投資家向けサービスとなる。
BTC
ブレグジットでEU側が「4月12日」に最終通告、ビットコインなど仮想通貨市場への影響は?


英EU離脱問題について、離脱交渉期間の延長に合意した。今後の動向が英ポンドやビ仮想通貨市場への波及を含め、金融市場にどのような影響を及ぼすか、投資家の関心の的となっている。
TRX
トロン、次回大型アップグレードを第2四半期までに実施へ|匿名送金の選択肢も採用か


ブロックチェーン・プラットフォームのトロンは、ネットワーク機能向上を目的としたアップグレードをリリースする。匿名技術zk-SNARKsを含む4つの主要アップグレードが行われる予定だ。
NAS
SBIが「仮想通貨マイニングチップ」の製造会社を設立|代表者にNASA出身の専門家


SBIがマイニングチップ・システム開発を行う子会社「SBI Mining Chip」の設立を公表した。マイニングチップの開発・製造に関しては、米国の大手半導体素子メーカーと連携して行うとしている。
BTC
Facebookの仮想通貨、狙いはビットコインではなく米ドル|専門家が分析


Kikの設立者のLivingston氏は、Facebookが国際通貨として米ドルから同社独自の仮想通貨に置き換える計画を立てていると分析した。
その掲載内容と、同氏が分析するFacebook社の動向を掲載する。
BTC
仮想通貨市場は今後どうなる?ビットコイン復調に向け新たな変化


BTCをはじめ、方向性が見えてこない仮想通貨市場。昨年末からの下落要因を見ていくと、2019年に入り状況が緩和しつつあることがわかった。ファンダ要因、ドミナンス、ハッシュレート推移などから考察する。

仮想通貨企業Bakktの企業価値が早くも800億円以上|CFTCはイノベーション賛成派


関係筋の情報によるBakktの企業査定は、米ウォール街の仮想通貨に対する関心も垣間見える。CFTCコミッショナーは「申請に全力で取り組んでいる」と述べたが、日程については言及を控えた。
ETH
イーサリアム創設者ヴィタリック氏、資産総額は100億円以上か|推定売却額などを仮想通貨ヘッジファンドが調査


仮想通貨イーサリアムの創設者であるヴィタリック・ブテリン氏の保有するETH口座の取引履歴から同氏の資産総額が100億円以上ある可能性が判明した。
XRP
仮想通貨XRPを利用した国際送金、週数百万円規模に拡大|Mercury FX社がxRapid導入事例に言及


英外貨送金企業Mercury FX社は、メキシコ及びフィリピンへの事業拡大に注力、仮想通貨XRPを利用したxRapidの送金が毎週実施。すでに週数百万円規模に拡大していることを明かした。

CoinMarketCap、仮想通貨インデックスをNasdaqなどに提供へ|2種のベンチマーク立ち上げを発表


金融インデックスサービスを提供するSolactive AG社との提携で実現、金融市場への仮想通貨の範囲拡大を目指す。
BTC
ツイッターCEO「仮想通貨コミュニティへ貢献したい」 エンジニアをビットコイン払いで募集


送金アプリのSquare社は同社の仮想通貨関連の取り組みのために、仮想通貨エンジニア及びデザイナーを採用するようだ。CEOのJack Dorsey氏がツイッターで直に募集を行った。
LTCBTC
最新情報更新
先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


楽天の仮想通貨取引所サービス展開についてや、ライトコインの半減期など、今後控える重要情報をまとめて掲載します。
BTC
BakktとErisX、正確な開始時期は未だ目処立たず 両CEOが仮想通貨市場への目標を語る


ビットコインの先物市場参入を目指すBakktとErisXのそれぞれ代表が、それぞれ二社の違いなどについて語った。
また、開始時期は未だCFTCとのライセンスで難航している状況を語った。
LTCBTC
先読みビットコイン情報|仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


●楽天の仮想通貨取引所(★★★★☆)
●VanEck版ビットコインETFの判断期限(★★★☆☆)
●ライトコイン(LTC)の半減期(★★★★☆)
ETH
イーサリアムのコア開発者「ファンダメンタルズが重要」仮想通貨市場の現状に対する見解を示す


イーサリアムのコアデベロッパーであるLane Rettig氏が取材に応じ、現在の仮想通貨市場やイーサリアムの現状についての見解を示した。
BTC
米CFTC元会長、仮想通貨の「原則的な規制枠組み」呼びかけ


米国の公共政策団体「The Brookings Institution」は米時間18日、元CFTCでビットコインをコモディティとして認定時に会長だったTimothy Massad氏の仮想通貨規制の強化を呼びかけるレポートを発表した。
XRP
SBI、個人間送金における100%子会社「マネータップ」設立


北尾社長は、今年1月に実施したCoinPostインタビューに対し『マネータップ推進はコスト削減で銀行にも大きなメリットがある。マネータップ上で「XRP」を活用した外為送金機能実装を検討している』と言及している。
BTC
豪新聞販売店でビットコインの購入可能に 仮想通貨取引所バイナンスが仲介サービスを展開


世界最大手仮想通貨取引所バイナンスの子会社である「Binane Lite Australia」は、豪州国内にて簡単なBTC購入を目的とした、新たな仲介サービスを開始したことを明らかにした。

バイナンスの仮想通貨ICO第3弾、「過去最大の需要」で4.4億円相当が約17分で完売


大手仮想通貨取引所バイナンスのICOプラットフォーム「Binance Launchpad」で3回目のトークンセールが実施され、約4.4億円相当の「CELR」トークンが開始から17分で完売した。
XRPETHBTC
スイス大手オンラインサイト、ビットコインやXRP(リップル)などの仮想通貨決済を開始


270万以上の商品ラインナップを誇るスイスの大手eコマースサイト「Digitec Galaxus」は19日、ビットコインやイーサリアム、XRPなど10の仮想通貨銘柄での決済を可能にすると発表した。
XLMBTC
ビットコイン価格の今後の展望、「Exchange Volume」が昨年4月以来の高水準に|仮想通貨市況


●英仮想通貨データプラットフォームが公開した、半年後のBTC価格オッズに市場の関心
●仮想通貨ステラ(XLM)が逆行高を見せた理由は?
BTC
米SEC、仮想通貨カストディにおける現行法適用のフィードバック募集|投資家保護の一環で


米証券取引委員会の長官は以前、「ビットコインETFに関する、徹底した仮想通貨カストディの充実化は、SECが市場健全化を判断する上でも極めて重要な基準になる」と言及していた。

世界初、ラジオ番組で「ブロックチェーンゲーム」キャラのリアルタイム配布に成功


Blockchain EXE主催のラジオ番組で、音声認識技術を使用したブロックチェーンゲームの限定キャラ配信が成功した。広告業界に革新をもたらす、博報堂TokenCastRadio参加レポートをお届けする。
BTCCET
米SECが審査中の「ビットコインETF」へのパブリックコメントが激減|過去の経緯から見る今後の展望


BTCETFが材料視され、市場価格に大きな影響を及ぼした昨年9月のコメント数1400と比較すると激減した。4月上旬の可否判断は延期濃厚と見られ、投資家の関心が低下している。
ZEC
マイニング最大手ビットメイン、仮想通貨Zcash対応「3倍の出力」を誇る新ASICをリリース


仮想通貨マイニング最大手メーカーBitmain社は19日、匿名通貨Zcashなどに対応する新たなマイニングASICマシンをリリースした。旧モデルの「3倍のハッシュレート」を叩き出すという。
BTC
ビットコイン上方ブレイクも揉み合う展開、「中国マネー」の再流入が観測される|仮想通貨市況


●禁止政策をかい潜り、前日比1.65億ドル、中国マネーが再びビットコイン市場流入か?
●米ウォール街出身トレーダー集団「Rhythm Academy」BTC最高値2万ドル再来の時期を考察

「アップルペイ」採用する全ての英店舗、仮想通貨Qtum決済導入を開始へ


英国の金融規制当局の認可を得たモバイル決済企業が新たに「Qtum」での決済を可能にしたことを発表した。アップルペイやサムスンペイが利用できる店舗での間接的な仮想通貨決済が可能となる。
MONA
仮想通貨の不正流出事件で国内初検挙、18歳少年がモナコイン1500万円相当を搾取


警視庁は、サイバー攻撃でモナコイン(9.3万MONA)を騙し取ったとして宇都宮市の少年(18)を電子計算機使用詐欺の疑いで書類送検した。匿名ツールを駆使した少年が特定された経緯が明らかに。
ETH
イーサリアムの開発者コミュニティ、新アルゴリズム「ProgPoW」に関して再び議論


先週開催されたイーサリアム開発者会合にて、ASICマイニングの耐性を強化する新アルゴリズム「ProgPoW」について意見が交わされた。
コミュニティ投票サイトでは大多数が導入に賛成している。
BTC
朝に読みたい記事3選

NY証券取引所の親会社ICE、 数千種類の仮想通貨リアルタイムデータ配信を開始

米上場企業がSECに仮想通貨取引所の設立を申請

弱い上昇トレンド継続のビットコイン、トレンドの方向性を探る

CEO急死で160億円相当の資産消失の仮想通貨取引所「QuadrigaCX」、事件の新たな展開


唯一の秘密鍵管理者であったCEOの急死により、顧客資産が失われたカナダの取引所「QuadrigaCX」。本記事では、その事件のこれまでの動向を報告していく。
BTC
弱い上昇トレンド継続のビットコイン、トレンドの方向性を探る|クリプトキツネ


OBVサポートライン内回帰、反発確認をしたBTC価格は、ロング玉とショート玉双方を焼くような激しい動きを見せた後上昇に向かい、現在は今後のトレンドの方向性を探るような値動きとなっている。

Huobiレポート|上位100通貨の24時間取引高、前週比+34.3%の約3.3兆円


Huobi研究所提供レポートを公開。3月4日〜3月10日は、時価総額上位100通貨のうち89通貨が上昇し、3月10日時点で上位100通貨の24時間取引高は前週比+34.3%の約3.3兆円となっている。

金融庁、BCBS公表の「仮想通貨に関する金融機関への注意喚起」をHPに掲載


金融庁は、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)が3月13日に公表した「暗号資産に関するステートメント」と題する声明を、同庁ホームページにて掲載した。
BTC
米ビットコイン先物取引、Cboeは一時終了も「CMEは継続」:仮想通貨先物市場を独占か


15日に、米CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)はビットコイン先物契約を引き続き追加する予定であると、同社の代弁者が述べた。14日のCboeの先物提供取り止め発表を受けての発言だ。

分散型金融 「DeFi」現在の市場規模 マーケット・相場にはどのような影響を与えるか?


注目が集まる分散型金融DeFI、現在の市場規模はどこまで拡大しているのか?また、暗号通貨市場への影響について触れていきます。

提供:LongHash(@longhash_jp)

保険大手アクサXL、セキュリティトークンやクラウドファンディング保険の提供を開始


アクサXL社は、Assurely社と共同で、STO及び株式投資型クラウドファンディング向けの保険商品を新たに提供開始する。
当商品は、トークン発行者と投資家の両方の保護が可能である。

米規制当局SEC、仮想通貨などに関する一般カンファレンスを主催開催へ


米国証券取引委員会(SEC)は、「分散型台帳技術(DLT)および仮想通貨」に関する一般カンファレンスを主催することを発表した。
米規制当局のカンファレンスで何が語られるのか?
LSKXEMBTC
仮想通貨リスクの上昇要因に新情報、ネムが前日比10%高と好調に推移|仮想通貨市況


●前日のビットコイン価格で異常な値動き
●Liskプロジェクトと提携の可能性が示唆される欧州金融機関
●LongHashがバブル・レシオで仮想通貨分析

Money2020のメディアパートナーになりました!

【CoinPostフォロワーはUS$600OFF】
決済、フィンテック、金融サービスの各業界が一堂に会してお金の未来を築きます。最も革新的なリーダーから最新の問題や動向についてぜひ現地で学びましょう
日程:3月19〜21日
CODE:MASCP

イベントを更新しました!
今月もブロックチェーンイベントがたくさんあります。

<注目イベント>
3/19-3/21: Money2020
3/25:STO(資産のトークン化)はナスダックを凌ぐ次の金融マーケット!?
4/6:TEAMZ BLOCKCHAIN SUMMIT
4/8:EDCON2019
BTC
米著名仮想通貨アナリストが、ビットコインの高騰相場を「今夏」と見込む理由


米著名投資アナリストのトム・リー氏が経済番組CNBCに出演し、仮想通貨市場及びビットコイン価格の上昇時期を予想した。今年8月に向けて期待される複数の「ポジティブ要因」を解説した。

1年間で仮想通貨のクリプトジャックが78%増加|出版業界に問題視された「漫画村」の事例も


サイバーセキュリティ企業Darktrace社が、ランサムウェアに替わって増加傾向にあるクリプトジャックに警鐘を鳴らした。海賊版サイト「漫画村」の事例も報告されている。
BTC
米SEC長官、次の「ビットコインETF審査」を4月上旬に控え可否要件を再び強調


米SEC長官Jay Clayton氏は、次回のビットコインETF可否判断日程を4月上旬に控えている今、承認に必要な条件について改めて言及した。
BTC
2014年に国内で発生したビットコイン大量流出事件、Mt.GOX元代表に執行猶予判決


東京地裁は15日、日本を拠点に運営され、85万BTC(当時のレート480億円相当)を消失させたMt.Goxの元代表に対し、懲役2年6月・執行猶予4年の判決を言い渡した。業務上横領罪は無罪に。

日本政府、仮想通貨に関して金融商品取引法と資金決済法の改正案を閣議決定


金商法と資金決済法の改正案が閣議決定された。仮想通貨の呼称が「暗号資産」に変更されるほか、顧客資産流出時の弁済に備える資産の確保を義務づける。業界の健全な発展に向け、大きな前進となる。
BTC
【速報】米Cboe、ビットコイン先物提供を一時見送りへ|仮想通貨デリバティブを再検討


デリバティブ取引所であるシカゴオプション取引所は、今月から新たなビットコイン先物契約を追加しない方針を発表。
仮想通貨デリバティブの方針を検討するためだと説明している。
USDT
仮想通貨USDT、裏付け資産の規約改訂|テザー問題の再燃に警鐘


時価総額9位のステーブルコイン、テザー(USDT)の担保となる資産の組成が変更された。担保資産として新たに「関連会社を含む第三者に提供するローンの債権」が含まれたことがわかった。

藤巻議員、麻生大臣に対し「仮想通貨の税制問題」を質問


麻生大臣の答弁内容を追加掲載。
藤巻議員は「国税当局は仮想通貨も外貨預金も、譲渡所得や一次所得にないことを証明しなければならない。仮想通貨譲渡益は譲渡所得とすべき」とし、学説的な根拠からも反論した。

米CFTC最高責任者、仮想通貨などの方針における「4つの基礎」を語る|任期満了前最後の登壇に


米CFTCの理事長は「国際先物産業会議」にて、ブロックチェーンなどの技術的発展に応対するための「4つの基礎」に言及。4月の任期満了を迎える理事長のこれまでの方針とは?
BTC
ロシア中銀、ビットコインなど仮想通貨への投資上限額を「年1000万円」に定める方針を示す|露大手メディアが報道


ロシア中央銀行は、一般投資家の仮想通貨への投資上限額を年間600万ルーブルに定める方針であることが判明した
ETH
SEC長官「イーサリアムの非有価証券」発言に初の賛同|仮想通貨の発展で重要な事例に


Jay Clayton氏が、仮想通貨イーサリアムが有価証券に該当しないと見解を示していたSECコミッショナーの見解に賛同。SEC長官としての明確かつ前向きな見解が示されたのは、初となる。
QTUM
日本最大規模TEAMZブロックチェーンサミット開催:無料チケットあり


日程:4月6日・7日
場所:虎ノ門ヒルズ森タワー5階
<参加企業>
モーガンクリーク、wikipedia、QTUM、LINE、DMM bitcoin、Quoine、Huobi
CoinPostフォロワー限定無料チケットもあります。ぜひご参加ください
LSK
リスクか高騰した3つの理由、海外主要取引所に重要な動き|仮想通貨市況


●リスク(LSK)高騰に複数の要因
●Bittrex初の「IEOセール予定」に大きな反響
●海外主要取引所の動きに、トークン価格が好反応
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
粛清始まる■「反トランプ」の米弁護士、ナイキへの恐喝容疑で逮捕
反トランプで名を売り、民主党の大統領予備選挙に出る予定だった。 ■ポルノ女優弁護士マイケル・アベナッティ氏 恐喝や銀行詐欺容疑などで訴追
リップラーの多くが、ビットコインから入って XRP を知って。そして知るほどに XRP に惹かれていったわけよ。

だから今後も同じ道を辿る人達が出てくる。
そう考えるのが普通じゃないの?
ジャック・ドーシー氏にBitcoinについて質問してみました。
3.25
BTC 2万チャレ 258勝75敗
+9398円
合計 7518910円

BTCは動きが遅すぎて、INしてダラダラしてたら放置してます(°∀°)

多分もう・・・

BTCはちょっと稼げたらOK!

デヘヘ(ㆆᴗㆆ)
勘違いしてはいけないことが一つだけある。
RippleはあくまでXRPの『最大保有者』であって『運営』ではないということ。
 
だから、価格やXRP Legerの運行などに関してはRippleは一切法的な責任を負うことはないってこと。
これはRipple自身が説明していたことだからね。
私の勝手な考えですがXRPの価格に関しては、この先ジワリジワリと上がって1000円くらいになる?ってのは無い気がします。

ある日を境に突然訳の分からん連動から外れドッカーンってのが濃厚だと思います

XRPがもしも無価値になったとしても私は死にはしないので、その時を待つだけです。おはよう
BTC、去年の11月の暴落前と似た雰囲気は確かにある。ただし違いは「前回と似た雰囲気があると感じている人が多いこと」。
NOAHクルーWORLD

下記はテレグラムに投稿さた記事です

1. SCIにNOAHを掲載する

2.ホライゾンマニラはすでに環境コンプライアンス認証に合格しており、現在、政府が彼らに進行通知を出すのを待っています。これは今年うまくいくことを願っていますが、それは本当にフィリピン政府次第です。
おすすめサイト