CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

CoinPost -仮想通貨情報サイト-さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
13:51 2019年05月22日

日本最大級仮想通貨・ブロックチェーンメディアで働いてみませんか?


CoinPostではインターン、アルバイト、正社員、ライター(海外在住可)、通訳、翻訳、Webデザイナーといった業種を募集中です。

金融知識をつけるチャンスぜひこの機会にご応募くださいませ!

米コインベースCEO、米国版仮想通貨決済のクレジットカードや証拠金取引について言及


仮想通貨取引所CoinbaseのCEOであるBrian Armstrong氏がAMAセッション中、コミュニティからの質疑応答で米国版Coinbase cardや証拠金取引について言及。今後の展開を示唆した。
ETH
アップデート未完了のノードがイーサリアムにもたらす脆弱性


イーサリアム・ネットワークにおいて多くのノードが最新版のソフトウェアクライアントであるParity・Gethに更新していないことがセキュリティ企業SRLabs社のレポートで判明。ノードのパッチ適用事情を解説した。
BTC
Huobiレポート|ビットコインの高騰で24時間取引高が前週比+95.0%の約9.4兆円と倍増


ビットコインなど仮想通貨市場全体が暴騰したことで、上位100通貨の総時価総額は、前週比+14.7%となる約22.2兆円にまで膨らんだ。
BTC
朝の注目記事3選

ビットコイン今年最大のナイアガラにDumpの影

BTC高騰で24時間取引高が前週比+95.0%の約9.4兆円と倍増

急騰により続伸したBTC、2週間の値動きと今後の展望を考察
BTC
金融大手JPモルガン、ビットコイン「2017年バブル相場」との類似性を指摘


米金融大手のJPモルガンが、現在のビットコインが2017年に類似していると指摘するレポートを公開。別のアナリストも、過去相場比較で一時的なプルバックから再上昇が始まることを示唆している。
BTC
VanEck版「ビットコインETF」延期ではなく却下の可能性も|米弁護士が解説


21日までに可否判断下される予定のVanEck版ビットコインETFに関して、米弁護士が見解を述べた。最近の市場動向も考慮した上でSECの判断を延期75%、却下24.9%、認可0.1%と予測した。
BTC
ビットコインと高い相関性も、オーバーストック社CEOが株の大量売却について弁明


米eコマース大手のオーバーストック社CEOが自社株を50万株売却していたことが判明した。なお、直近180日間の同社株とビットコインの値動きの相関性は85.5%に及ぶという。
BTC
ビットコインは重要局面、明日に控えるビットコインETFの注目点は?|仮想通貨市況


●三尊ネックラインでの攻防が激化
●ビットコインETF、SEC判断の注目ポイントを再解説
BTC
米NY証券取引所傘下のNYSE Arca、債券含む「新ビットコインETF」を申請


米NY証券取引所傘下のNYSE Arcaから、米債権を含むビットコインETF商品の申請が提出された。ETFやETNなど株式以外の商品にも注力した取引所として知られる。重要な動きの一つと言えるだろう。

【学生必見】
ブロックチェーン、仮想通貨や投資に関する勉強会。@SwissborgJ さんによるイベントとなります。

日時:6月8日 (土)
時間:17:00~20:00
費用:無料


ぜひ、将来も見据えた投資について、この機会に学んでみてはいかがでしょうか?
XRPBTC
朝の注目記事3選

金融大手JPモルガン、ビットコイン「2017年バブル相場」との類似性を指摘

リップル社CEO、金融規制機関対象に「SWIFT 2.0」とするxCurrentの優位性を解説

VanEck版ビットコインETFが再び延期へ
ETH
テック業界でもっとも影響力のある25名にヴィタリック氏が選出


プログラマーに人気のStack Overflowで「テック業界で最も影響力のある人物は」との質問に約3万人が回答。1位にイーロン・マスク氏、16位にイーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリン氏が選出された。
BTC
VanEck版ビットコインETFが再び延期へ|BTC相場への影響は


米SEC(証券取引委員会)はVanEck社が今年1月に提出されたビットコインETFを再び延期することを発表。延期の決定がBTC価格に与える影響も考察した。
BTC
NHK朝のニュース番組でビットコインに言及、Google検索数は昨年11月ハッシュ戦争超え


NHKは20日、BTC価格の高騰を報じ、短期的な利益を求めて投機資金が入り込んでいるとの専門家の見方を紹介した。市況好転が、間接的に中高年への認知度向上につながる効果も期待できる。
XRP
リップル社CEO、金融規制機関対象に「SWIFT 2.0」とするxCurrentの優位性を解説


米リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は17日、スイス国立銀行主催のカンファレンスで、仮想通貨XRPを利用したxCurrentについて、国際送金システムにおける優位性を強調した。
BTC
未だ残るビットコインフルノードの脆弱性とは

昨年末、Bitcoin Coreの脆弱性が報告され、フルノードのDoSを引き起こしうる問題が含まれていたことが判明している。ビットコインでは、そうした脆弱性を持つノードはどれくらい放置されているのだろうか。その詳細を調査した。
BTC
急騰により続伸したビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)


4時間足のダイバージェンスを解消し、強い上昇トレンドを継続したBTCは約10ヶ月ぶりとなる90万円台に返り咲き、超長期的な上昇トレンドへ転換の足がかりを作った。
XRPBTC
注目記事
3. ビットコイン今年最大のナイアガラにDumpの影

2. ビットコインは近い将来に史上最高値に達する」大手仮想通貨VCがファンダメンタルズを分析

1. リップル社、当初よりも「21年早く」保有のXRPを放出か
BTC
アマゾンがPoW暗号システムの技術特許を取得|ビットコイン類似の独自システム構築へ


Amazonが、独自のproof-of-work暗号システムを構築する技術特許を取得した。BTCなどのブロックチェーンもPoWプロトコルを採用しており、セキュリティ攻撃への解決策として注目されている。
XRP
リップル社、当初よりも「21年早く」保有のXRPを放出か


ブロックチェーン調査会社がレポートを公表し、XRPの放出プロセスが、リップル社の当初の発表内容よりも早いペースで進んでいると指摘。調査会社は不一致による影響についても言及。

Bitfinexが独自の取引所トークンの上場を発表|10億ドルの資金調達に成功


仮想通貨取引所Bitfinexは、10億ドルに及ぶ資金調達を完了し、新たなトークン「LEO」を同取引所に上場させることを発表。取引開始は、日本時間で20日午後5時からを予定している。
BTC
「ビットコインは近い将来に史上最高値に達する」大手仮想通貨VCがファンダメンタルズを分析


米Digital Currency GroupのCEOが現在の市場のファンダメンタルズを分析。ビットコインが急成長し、近い将来に史上最高値に達する可能性があると強気に述べた。
LTC
ライトコイン、スターバックスなどで決済可能か|決済アプリ創設者が示唆


仮想通貨決済アプリを提供するFlexa社の共同設立者が、決済アプリへのライトコインの追加を示唆する内容をツイッター上に投稿。同アプリはスターバックスなどの大手企業でも導入予定となっている。
BTC
仮想通貨取引所Bitstamp、5000ビットコインのダンプを調査


17日にビットコイン最大30%の暴落を引き起こしたBTC大量売りに対して、取引所Bitstampは調査を始めている。今回のダンプでBitMEX上では275億円のロングポジションが清算。

複数のメガバンクがデジタル通貨の決済システムに55億円投資|激化する大手銀のブロックチェーン「開発戦争」


ロイター通信によると、UBSやHSBCなど約12の大手銀行はデジタル通貨決済システムに55億円を出資。2020年のローンチが予定されている。
BTC
マーケット記事3選
3. BTCのフラッシュクラッシュ、Bitstampでクジラの大量売りか

2. 直近数ヶ月のBTC高騰に「人民元」の急落の影響

1. BTC今年最大のナイアガラにDumpの影、国内大手コインチェックには明るい兆しも
BTC
ビットコイン今年最大のナイアガラにDumpの影、国内大手コインチェックには明るい兆しも|仮想通貨市況


●BTC調整局面が続いた場合の下値余地は
●週足のRSIが2018年以来、およそ1年半ぶりの高水準に
BTC
「ビットコインは生き残ると信じている」伝説の投資家マーク・モビアス氏


投資家として世界的に有名なマーク・モビアス氏がBloombergのインタビューでビットコインに対する考え方を改めていることがわかった。送金時の匿名性に着目。
BTC
直近数ヶ月のビットコイン高騰に「人民元」の急落の影響|中国投資家の動向は


先日まとまりかけていた米中通商交渉が事実上決裂し、直近2週間で人民元が対ドルで2%下落した状況下で、中国投資家の動向も注目されている。ビットコイン市場の影響を分析する専門家の見解は。
BTC
ビットコインのフラッシュクラッシュ、欧州取引所Bitstampでクジラの大量売りか


海外取引所Bitstampでは急落時に1900BTC(約15億円)の売り板が観測されていた。同取引所の売りが、フラッシュクラッシュを誘発した可能性も指摘されている。

ニューヨーク州最高裁判所、テザー社担保金の移動を禁止も現在は一部制限解除に


ニューヨーク州最高裁判所は、テザーとBitfinexに対し一時的な準備金の移動禁止を発令した。ただし、通常業務の中での支出を除くものであるとしており、業務の遂行には支障をきたさない模様。
LTCXRPETHBTC
昼の注目記事3選

クジラが仮想通貨イーサリアムに与える影響

米Poloniexがアルトコイン9銘柄の米国取引を停止へ 通貨価格は反落

ビットコインが一時前日比-15%と暴落、リップルやライトコインなどのアルトコインも全面安
LTCXRPBTC
仮想通貨ビットコインが一時前日比-15%と暴落、リップルやライトコインなどのアルトコインも全面安


仮想通貨ビットコインが一時7000ドルを大きく割り込むなど10万円幅以上暴落した。コンセンサス期待で高騰していたアルトコインも全面安となっている。

ルイ・ヴィトンの親企業などで開発、高級ブランドの真贋証明ブロックチェーンとは


ConsenSysは高級ブランドの真贋証明に用いることができる、ブロックチェーンを活用したAURAというプラットフォームを正式発表。ルイ・ヴィトンの親会社LVMHやマイクロソフトと構築している。

国内大手取引所QUOINE運営のLiquidグループが米国市場進出を発表、新会社Liquid USAを設立


国内大手取引所QUOINE運営のリキッドグループ株式会社は15日、Virtual Currency Partnersと共に新会社Liquid Financial USA Inc.を設立し、米国市場への進出を行うことを発表した。
XEM
ネム、独自トークン発行機能におけるカタパルトでの新たなアップデートを発表


NEMの独自トークン発行機能「ネームスペース」と「モザイク機能」が、カタパルトにおいてアップデートされることが発表された。これまでにない柔軟性でのNEMアカウント利用が可能になるという。

【速報】17億円以上流出した仮想通貨取引所Cryptopia、正式に破産を申請


今年1月に総額17億円以上の仮想通貨を盗まれた「クリプトピア」は取引サービス停止に伴い会社の破産申請手続きを進めていることを公表した。現時点では顧客資産の引き渡し方法などは開示されていない。
BTC
仮想通貨ビットコイン、99%の確率で強気相場|著名アナリストが予想


著名アナリストWilly Woo氏が、BTC相場は「99%」の確率で強気相場に入ったと予想。すべての時間足における200日移動移均線の突破をその理由とした。また、100%の確信へ変える条件についても言及した。
BTC
仏中銀総裁、ビットコインには懐疑的もステーブルコインに高い関心


フランス中央銀行総裁が、価格変動の抑えられたステーブルコインに言及。ビットコインのような投機的資産とは大きく異なり、より有望との見解を示した。
BNB
【BNBが最高価格更新】

時価総額7位のバイナンスコイン(BNB)が本日11時40分頃に最高価格(ATH)を更新した。本日行われるメンテナンス完了後に予定されている入出金再開が要因と思われる。

関連記事
最高値を更新した仮想通貨バイナンスコイン|好成績を収めた3つの要因
XRP
リップル社幹部「仮想通貨やブロックチェーン技術は、国家安全保障において重要」


米Ripple規制関連部門ディレクターが、NYで開催中のConsensus2019で、ブロックチェーンが米国の国家安全保障において重要になると主張。イノベーションの観点から米国の状況を説明した。
BTC
ビットコイン価格の驚異的な上昇|高騰要因を投資アナリストが解説


米投資運用企業Fundstrat社の投資アナリストであるトム・リー氏がパラボリック的なビットコイン高騰の背景にある複数の要因を解説。新たな投資家層からの資金流入や来年に迫るBTC半減期などを挙げた。
XRPBTC
朝の注目記事3選

米Coinbase、NY州にてXRP(リップル)取引を開始

米SECがビットコインETF判断を再び延期へ

仮想通貨XRP(リップル)が前日比20%以上の高騰を見せた理由
BTC
米SECがビットコインETF判断を再び延期へ|BitWise社の次期判断期限は8月


米SECが投資運用企業BitWise社の申請した仮想通貨ETF商品に関する最終判断を再び延期した。米SECは申請に関するコメントを募集している。
XRPBTC
XRPが再び急騰、45円の前日比25%高と年初来高値を更新

高騰要因
1. Coinbase、NY州で取引開始
2. 欧州でXRP連動型のETN取引開始
3. BTC建の底値圏のサポートライン到達による急反発

仮想通貨XRP(リップル)が前日比20%以上の高騰に関する記事はこちらから
XRPETHBTC
ビットコイン80万円突破で米仮想通貨ファンド『寿司・プレミアム』に言及、リップルやイーサリアムなど主要アルトも全面高


さらに高騰したBTCが80万円を上回った影響で、国内最大手取引所のbitFlyerでサーキットブレイクが発動。相場が乱高下する中、海外投資家の見解は?
BTC
Huobiレポート|上位100通貨の時価総額、前週比+7.5%の約19.4兆円まで急回復(4/29〜5/5)


GW中にビットコインが年初来高値を更新したことで、5/5時点の24時間取引高は前週比+16.7%の約4.8兆円まで上昇した。BTCが大暴騰した翌週分のデータにも関心が集まる。
BTC
【仮想通貨市況】
ビットコインは一時80万円台まで急騰、2018年9月5日以来249日ぶりの水準に。これに伴い、アルトコインも全面高となった。
bitFlyer BTCFXではプラス乖離でオーバーシュートし、100万円を超える場面も。その後、急落するなどしており乱高下注意。

●関連記事
BTC
【速報】
ビットコイン、75万円を突破。75万円(6820ドル)超えは、2018年9月以来。

●関連記事
ETH
米連邦準備銀行、ブロックチェーン監視ノードの設計開始へ|イーサリアムでの概念実証も明らかに


米ボストン連邦準備銀行が、今夏にブロックチェーン・プラットフォームの試験に乗り出す計画が判明。これまで不明瞭であったプロジェクトの詳細が明らかに。
XEMBTC
注目記事3選

3. アルトコインへの資金流入を考察

2. ネム財団、カタパルト実装に向けたウォレット開発へ

1. ビットコインは70万円台まで高騰、異常な強さにある「5つの理由」と今後の展望
BTC
ビットコインは70万円台まで高騰、異常な強さにある「5つの理由」と今後の展望|仮想通貨市況


BTCは11日深夜に70万円(6400ドル付近)に到達。約半年ぶりの水準まで回復。いよいよ本格的なトレンド転換の節目にあると言える。2日後に迫る最重要カンファレンス情報も記載。
ETH
世界最大イーサリアム技術者会議の開催地が大阪に決定|33億円の年間予算も明らかに


世界最大のイーサリアム技術者会議「Devcon 5」の開催地が大阪に決定した。開催日は2019年10月8日から10月11日の四日間。またイーサリアム財団が今後積極的に出資を行う意向も示された。
BTC
「ビットコインが世界マーケットシェア5%を占める」25万ドル予測の米著名投資家


米著名投資家Tim Draper氏がFOX Businessの番組に出演。ビットコインの今後について2023年までに世界全体のマーケットシェアの5%を占めるだろうと語った。今後のビジネス展開にも言及。
ETHBTC
新たな「ビットコイン・イーサリアムに連動するETF」米SECが審査へ


新たな仮想通貨ETFの申請が米SECへ提出された。現在VanEck版など2つのETFを審査中のSECがどのように判断するか5月の中旬には再び結果が出る予定。
BTC
【速報】
ビットコイン、70万円の心理的節目を突破。70万円(6400ドル)超えは、2018年11月14日以来、約半年ぶり。

●関連記事
XRPBTC
ビットコインは70万円付近まで高騰、異常な強さにある「5つの理由」|仮想通貨市況


●米中貿易戦争で大荒れの株式市場、ビットコイン市場に与える影響は?
●BTCドミナンス高騰でXRP/BTCが大底圏へ
●最重要カンファレンス、コンセンサス2019迫る

バイナンスハッキング事件の対応進捗、週明けに入出金再開|12の業界トップセキュリティ専門チームと協力


最大手取引所バイナンスがハッキング事件に関する最新情報を公表した。週明けの入出金の再開を予定している。複数のセキュリティ項目において変更を加える。
XEM
ネム財団、カタパルト実装に向けたウォレット開発へ|SPプログラムにおける提携企業が決定


ネム財団のSPプログラムにおける初のRFPが発表された。カタパルトの機能をより幅広いユーザーに利用可能とするウォレット開発を、インド拠点のブロックチェーン企業と提携して行う。

米国会下院、仮想通貨(ブロックチェーン)などの「フィンテック・タスクフォース」を発足


米国会下院の金融委員会は、新たにフィンテックに特化した特別委員会を立ち上げる。仮想通貨やブロックチェーン技術も取り組みの一環となるが、その狙いとは。
BTC
仮想通貨ビットコイン(BTC)はさらに騰勢を強め、一時69.3万円に。2018年11月暴落前水準となる「70万円台」に迫る勢いで続伸している。

●関連記事
ビットコイン6000ドル突破の重要性 今後の注目ポイントとアルトコインへの資金流入を考察

米金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)が「仮想通貨規制ガイドライン」を発表


米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は9日、同国の銀行秘密法(BSA)が適用可能な仮想通貨を扱う金融サービス業者向けに「解釈的な指針」を公表した。

欧州刑事警察機構(ユーロポール)、仮想通貨利用のマネロン犯罪を本格捜査


ユーロポールが、スペインを拠点に仮想通貨の大規模資金洗浄サービスを提供していた犯罪組織の実態解明に向け支援を行なっていた。スマーフィングなどの手口が明らかに。

「米国人の仮想通貨購入を禁止すべき」米民主党議員が提議


米国会議員は、仮想通貨の性質や国際金融観点から「仮想通貨購入の禁止」を提起した。米国全体における「法的支配」自体も無力化してしまう恐れがあるとする理由とは。

米ペイパルCFO、将来の仮想通貨(ブロックチェーン)業界参入をほのめかす|Yahoo Finance経済番組


大手決済企業PayPal社のCFOがYahoo Finance主催の番組に出演。仮想通貨・ブロックチェーン業界への参入は時期尚早としつつ、今後の導入については含みをもたせた。

日本最大級仮想通貨・ブロックチェーンメディアで働いてみませんか?


CoinPostではインターン、アルバイト、正社員、ライター(海外在住可)、通訳、翻訳、Webデザイナーといった業種を募集中です。

金融知識をつけるチャンスぜひこの機会にご応募くださいませ!

岐阜県警が、駐車違反金滞納の男性から仮想通貨を差し押さえ|過去には複数同様の事例も

岐阜県警が、駐車違反金を滞納していた男性から、約40万円分の仮想通貨を差し押さえたことを公表。
県警が、仮想通貨交換業者に差し押さえを要請し、それに同業者が応じた。

バイナンスの証拠金取引は「間もなく開始」 CEOが語る今後の展望


仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏はハッキング発覚直後に予定通りAMAセッションを実施。話題となっていた証拠金取引など今後のサービス展開に関する構想を語った。
ETH
イーサリアム2.0初のテストネット公開でステーキング可能に PoS移行に向け大きな進展


イーサリアム2.0のテストネットの公開が開始、実際にETHを送信して仮想通貨マイニングを伴わないPoS(プルーフ・オブ・ステーク)システムを試用することが可能となった。
BTC
最大手バイナンスのハッキング事件でビットコイン急落、今後の値動きは?|仮想通貨市況


●ネガティブサプライズでBTC急落も、リバウンドの強さは健在
●早期に一定の安堵感が広がった理由
BTC
ビットコインのロールバックに関するバイナンスの最終的な判断も追記しました。
BTC
ハッキング事件に関するCZ氏の発言内容や今後の対応に関する詳細を追記しました。

バイナンスが仮想通貨ビットコインのロールバックに言及|ハッキング被害直後のAMAで
BTC
バイナンスが仮想通貨ビットコインのロールバックに言及|ハッキング被害直後のAMAで


約45億円相当のハッキングが発覚した大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏がAMAセッションを実施。ロールバックの検討など、今後の対応方針について語った。

藤巻議員、日銀・黒田総裁に対して「仮想通貨や経済」について質問予定


藤巻健史議員は、9日の参議院財政金融委員会で、黒田日銀総裁に「経済や仮想通貨」について質問する予定を明かした。3月20日には、麻生大臣や国税庁に対し、仮想通貨税制について質問している。
BTC
ビットコイン流出被害直後のバイナンス 本日12時に「公式声明」|AMAセッションを実施


7000BTC相当(約45億円)のハッキングが発覚した仮想通貨取引所バイナンスは、本日12時よりAMAを実施、公式の声明が発表される。市場にも重要な状況だけに、発言に注目が集まっている。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
VanEck版ビットコインETFが再び延期へ|BTC相場への影響は


米SEC(証券取引委員会)はVanEck社が今年1月に提出されたビットコインETFを再び延期することを発表。延期の決定がBTC価格に与える影響も考察した。
2017年のBTCの240万円に比べたら、今の90万円はまだまだ、と思う方もいると思いますが、240万円の時はテザー社が引き上げている可能性が高い。

それに比べたら、テザー社が監視される中での90万円は、以前よりもかなり価値が高いです
皆さん、いよいよ本日!

#ADA 所有者に付加価値をもたらすエマーゴ が開発した新しい公式カルダノ・ブロックチェーンエクスプローラ【#Seiza】を発表します!ウェブサイトもアクセスできるようになりましたのでぜひご覧ください

全ての足で完全にトレンド転換
調整もほぼ無く利確組を絶望に追い込むハリケーン
これ利確した人が後悔してまた勝ってるよ…

0.09円突破
CMC170位突破
時価総額28億突破

6.12迄は大崩れの可能性は極小

行けー

頑張れノアコイン

#NOAHCOIN
#ノアコイン
日本時間の17:13頃に投稿

BTCNEXT取引開始は現在5/21AM6:00表記だから日本時間でいくと今から11時間後くらいにトレード開始ですな...

現在送金テスト中・・・
また報告します!

#NOAHCOIN
#ノアコイン
#BTCNEXT
上限が60円付近まで上がってきた
中心回帰がちょうど50円の水準
そろそろ動き出しそうな気もする。。。
#XRP
これはこれは
"「ヤマキ」はデータ分析みたいな事業やってると述べ、「儲かりそうもないなー」と私は勝手に思っていました。"
手嶋浩己, XTech Ventures
一番のAnti-Portfolio: カンム
ベネズエラは、ロシアとの貿易の決済手段に暗号通貨ペトロとルーブルの導入を検討!米ドルとの関係を遮断し、経済制裁の回避を試みている。「ペトロ」とは、ベネズエラ政府によって発行される、国内の原油が価値の裏付けとなる暗号通貨。


【Ripple CEO:『最大の大手』でさえ暗号,blockを採用するでしょう】

◆Rippleアプローチ:systemに対してではなく、金融機関や規制当局と協力する事と強調

◆銀行:解決策の一部を強調しながら、暗号分野と伝統的な金融の交差点で生じる利点と抵抗の両方に取り組んできた
おはようございます

昨日の晩とても寒いなぁと思うと、今朝は暖かくて、、、その差にビックリして目覚めましたみんなのところのお天気はどうかな?

星座百景のつぎのイベントは
5.25(土)
タワーレコード錦糸町パルコ店さん
13:00~

観覧無料ライブ&特典会

おすすめサイト