キャスパー(о´∀`о)さんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

キャスパー(о´∀`о)さんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
05:11 2018年11月14日

昔ウェブ制作に足付け始めたころ、米国住のフレとこんな話した
僕「英語がわかるとHTMLやCSS、他PG言語も言葉に見えるんでしょ?僕からしたら全て単なる記号の羅列だよ」

「知性三割引」レベルは異なるが気持ちは十分わかる
XRP
もう何年も仮想通貨元年とか言ってるよねwって?

違うね。今までは仮想通貨を投機としてしか見れなかった人らの時代だっただけ。

本当の仮想通貨(電子資産)元年は2019年。 XRPと共に始まる。ガチ。
XRP
XRPの証券云々に関して個人的な考え
まずxRapidの件。取引所必須のxRでの国際送金ソリューションが進捗しなくなる懸念。
xR対応の取引所が証券化したXRPを扱えるようになるか、証券取引所がxR対応するか。なかなか難しい道筋に感じます。
XRP
次にRipple社とXRPの独立性(非中央集権性)
Ripple社は「XRPは独立した電子アセットであり、仮にRipple社が無くなったとしてもXRPは生き続ける」といっています
XRPは最終的にはRipple社の業績動向に左右されず、独自に価値を持っていかねばなりません
この点も証券とは認められない理由の一つです
XRP
これは考え方というか考える人の立場によってなので難しいと思います。
安心してXRPを売買して、益を得るものと考える投資家と、国際送金時のブリッジ通貨(製品)として考える立場の違いもあるかもしれません。
BCHXRP
買い煽りの姫君「BCHがだめならXRPを買えばいいじゃない」
BTC
2009年にBTCが完成していれば良かった
今はもう遅すぎるんだよね。支払い決済に関しては世界のすべての人間が「信用」でいいってなってる。電子マネーで、モバイルウォレットでいいって。
勝負所はもうそこじゃなくて手数料を削減でき、利用者に恩恵をもたらすことができるか?そこじゃない?
BTC
前TLで見かけた気がするけど、BTC等の店頭支払いもIOU発行して云々って。
そういうことな気がするよ。思想とは離れるのかもしれないけど使う道が見えるじゃない。
XRP
オペと言えば現代の国際送金は病を抱えてると言えるでしょう。
それをオペするのが「Ripple」です。
いわゆる仮想通貨XRPを利用した国際送金の革命です。唯一世界で商用化されているデジタルアセットです。
詳しくはご覧ください

あと群馬とチャーハンとえーとなにかある?
XRP
考え方はそれぞれだけど例えば年末いくら目指せとかあるでしょ。例として年内2000円とか
今から言えば40倍よ?それでも僕は通過点だと思ってる
株で40倍超えるってなかなか見れるもんじゃないよね
XRPにはそれだけポテンシャルあるわけ
僕が3割分株買う言ったのは「Rippleはワシが育てた」やりたいから
XRP
もちろん現時点ではXRPの価格はRipple社が遂行するミッションの進捗に左右されますのでXRP=Ripple感があるのは否めません。
しかしいずれはXRPが独自に価値を持つ瞬間がやってくるんですよ。
株のキャピタルゲインなんて目じゃないお
そうなったときこそ真にガチホラーが昇天昇月するときなんですお!
XRP
Ripple社応援のため(つまりは社への投資の意味も込めて)XRPに投資
という意見も見られますね

しかし、これは頭に入れておいてほしいことなんですがRipple社も「XRPとRipple社は独立している。Ripple社が無くなってもXRPは稼働し続ける」と言ってますね。つまりこれも含めXRPは証券ではないと。
XRP
最終的にR社とは離れたところでXRPは価値を持つ物になっていきます

R社への応援~投資の意味を持たせるというのは悪い事ではないですが、XRPの証券性を認めてしまうことにもなる。そこを突っついてくる人もいるということです

R社とは独立し高騰する商品。そんな考えも持っておくといいと思います
XRP
MW3の頃やBFのように「FPS得意だわ」って言える頃は強武器使うのはよくない感あったけど、最近のCODは全くついていけないので必死で最強武器にしがみついてる。
投資も一緒。舐めプあかん。必死でXRP(強武器)に食らいつく。すがりつく。それでいい
XRP
つかリップルの株価っていくら?

結局マルチホップの全容を把握せぬままここまで来たが、銀行の送金経路にxRapidが含まれるかも?というのはマルチホップの文脈で語っていいものなのか?

件の銀行が年内にxRapidは、それとの絡みも考慮すべき事なのか?
XRP
クリスマスの準備は着々と進行中
XRPよ、君も準備の真っ最中なんだろう?

例えば、A、B、Cや、あ、い、う それぞれに意味はないよね(あったらすまんw)

でも いいですかぁ皆さん~「人」というじはぁ人と人とがぁ~
意味がある。

木の上に立って見守る「親」なんて素敵やん?w
parentの語源は・・・おお?ラテン語の「生む」から来てるのね?
これもなんか素敵じゃん?

アホかとw
僕の隣にいて一緒に朝の公園手つないで散歩してて、この女性が隣の田中さんの奥さんなわけないだろw

って日本人は思う

「愛してる。」って言ったとき言われた人は「誰が誰を?」とは思わない
私が愛されてるって思うでしょ

こういうのなんか面白いなぁって。高度の話とは関係ないけどw
XRP
将来的に考えればボラが安定したほうがいい気はするけども
XRPは投機家を儲けさせるためにあるわけでもないのでね

これ難しい問題だけど、ブリッジさせるために市場での流動性が必要だった。ここが悩ましいというか

それを不問にするのが直接保有って面もある。
こっちが進んでいくなら安定は不可欠

今Q3レポみた笑

あーね。institutional direct sales
を機関投資家への直接販売ってね

どちらかと言うとニュアンス的には直接販売の仕組みで法人に売った。ってことかなぁと。
XRP
(過去記事)
ジャスティン・ビーバー氏のマネージャー「リップル(XRP)が標準となる」

あるから使わせよう!とする動きじゃなく
こうやって、スゲーもんあるからうちは使うぞ!って動きが超重要。
決済や支払い用途でも全然意味合いが違うよね
XRP
Xpringを例に出したけどあくまでXRPが世に出て行く活用事例の一つとしてね
XRP
つまりXpringなどを通じて世に出て行き決済利用されるXRPもそれはそれで流動性を生み出します。
市場にただXRPを放出することだけが自社保有XRPの活用ではないですよね。
こういった方面からでもXRPは自身の流動性を生み出していきます。
XRP
よく、XRPでの決済はいかがなものか?
って言われる。僕もよく言う。
でも決済方面で活用を考えてる動きも勿論ある。Omni社なんてその筆頭。
スクーターブラウンが国際送金するとは思わないからコレだって決済方面での活用を考えてるでしょう
そこで使われるXRPはやがて市場で売買されます
XRP
我々は数千万ドルの出資を受けているしソフトウェアの販売益もある
保有するXRPは預金を切り崩すようなものではなく戦略上の武器として使っていく
販売して販売益を得るかもしれないがそれは給料の支払いのためではないし社の存続のためではない

まぁこの辺は理解不理解じゃなく信じる信じないだわね
XRP
資金調達云々まだやってるんだ笑
まぁ外から見たら全部同じに見えるから仕方ないよね

「資金調達の為にXRPを売っているわけではない」
これを信じるのは宇宙の果てを見つけるよりも難しいんだろうね
XRP
やろうと思えば出来るけどやらない。
やる必要がない。そもそもやるつもりもない。

言い方はどうでもいいですが、これは信じる信じないという話じゃないです。
リップル社の見つめている未来を、やろうとしていることを理解しているかしていないか。です。

Microsoftのやり方が気に入らない
iphoneが気に入らない
ZOZOが気に入らない
そう言ったってどうにもなんないでしょ。世界は認めてるもの。
Rippleのやり方が気に入らない以下略

例えば僕が新宿、NYに送金店を持ってるとする
電話で「来週中に1万ドル送るから立替えてお客様に払い出ししといて」
で送金は完了する
信頼できるから。秒は言い過ぎだけど分で終わる
これを暗号的にやっちゃお。ってのがILP、xCurrent
で各店の払い出し用の資金を不要にしてくれるのがxRだったりする

登場機関はあくまで仮の話

群銀はxVia導入してる。仮想通貨自体には懐疑的
A銀、B社(送金企業)があり、ともにRippleNet参加済み。
送金先もRippleNet参加済みでXRPの流動性も見込める。
A銀xC導入。B社xR利用。
群銀はA銀とよしみの仲。
さぁ群銀のxViaはどこへ繋がるか?

ああ、なんかわかった。
Moneynetintのパターンも、Flutterwaveと同じ感じじゃないかな?
自社でxCurrent導入。提携機関が単一のAPI(xVia?)で接続。

これの概要図で見るとそんな感じ?

ちょっと前までは
法定通貨送金→xCurrent
XRP送金→xRapid
xVia→イミフ
と別れて考えてた。
でも今は公式見ても「xV、xCどちらでもXRPを利用することができる」と明記されてる。
これが自動なのか選択性なのか?
「うちは絶対法定通貨がいい!」って場合はどうなるのか?
色々知りたい部分がいっぱい
XRP
僕らが言うXRP保有は歴史的に「XRP保有→xRapid を経てXRP保有」なとこあるでしょ。言わば第二次XRP保有
でも彼らの言う保有は第一次XRP保有だよね。だからボラがあるから銀行は使わない。になる。しかもxRapid もXRP保有と勘違いしてるよね。
まずxRapid の概念を経てからじゃないと多分伝わらない。
XRP
某やり取りを眺めていたけど、リップルを把握されてない方はやはりxRapidやxViaが何をするものなのか理解してないってことが多いね。
xViaは特に分かりにくいのかもしれないね。
ましてや今の時点でXRP保有での送金の話が出てくると一気にこんがらがりそう。
XRP
当初:XRPを保有しての国際送金→反論も多く一時断念

ILP~xR:価値の移動~XRP保有せずともXRP送金が可能に。

今後:さらなるコストカットの為XRP保有パターン再び

実現するためには、流動性、リスクヘッジ等が必要。
今それらも段々と解決されつつある段階

もう見えてるでしょ?
XRP
suicaと比較している
オリンピックの件をリップルorリップラーがやってると思ってる

これだけでスルー案件でOK
XRP
いずれにせよ、企業によるXRPの保有は、市場からの調達と言われているね
これはつまり大規模な流動性の供給となり得ると言える
銀行による保有、企業による保有、xRブリッジ。その根底には流動性が関わってきます。
相乗効果もあり、あらゆる状況に応じてのXRP送金が行われていくと予想します
XRP
銀行がXRP保有してxC送金って考え方を当てはめれば、一般企業XRP→xVia→xCってのもあるかと考えたが、この場合相手先がXRP受けるかどうかがより見えないからやっぱxRが妥当かな?
XRP
例えば取引先への支払いに毎月5か国の企業に国際送金を行うA社がある
彼らは5か国の法定通貨を保有し、毎月それを利用し支払いに充てている
しかし、これからはXRPそしてxViaがある
必要分のXRPをプールし、必要に応じて自社(または提携先)のxViaにのせるわけ
xViaがxRapidに接続できるのは周知の通り
XRP
僕は真の実需は「xRapid稼働のその先。一般企業によるXRP保有」と言ってきたお
今日において、日々国際送金を行う必要がある大企業は、各取引先の国に膨大な法定通貨を置いている。
xRapid送金は送金会社や銀行だけのものではない
こういった一般企業こそが真に必要とする仕組みではないだろうか?
BCHBTC
門外漢なので戯言と思っていただいて構わないが、現状、性能としてはBCHのほうが優れてるのかな?では流動性はどうだろう?
取引所が保証してくれる限り、性能よりも流動性のほうが重要視される場合があるかもしれない。単純に性能だけでBTCが負けるとは限らないのじゃないかな
LTCBCHXRPBTC
本質的な話ではないけれども、XRPや、他いくつかの通貨がさらに値上がりする(条件ではなく)理由として、通貨の淘汰もあるだろうね。
例えば実用化がされたとして、BTCとBCHが並び立つ世界はなかなか考えにくい。そこにLTCなどが共存することもね
淘汰され、投資家や保有者は投資先を絞り込まれていく

いずれxCurrent、xRapid 合わせた、つまりRippleNetの送金網がswiftのそれを上回れば、swiftを利用し続ける必要性も無くなってくるんじゃないかな?

言うてもxCurrentは送り先もxCurrentを導入してある必要がある。
それ以外に送金するには既存の手段も未だ必要。
swift gpiの採用は至極当たり前で特に違和感あるようなものでも無いおね
XRP
ある時期を境に、個人商店や専門店はデパートや、モールなどに淘汰されていきました。
人々は専門性よりもその場でなんでも揃う利便性を求めました。

国際送金も、お支払いも、価値の交換を伴う全ての事をハイレベルで出来る通貨があります。

XRPは何でも出来る利便性をもつ存在ではないでしょうか
XRPBTC
XRPはボラが激しい?
BTCお前のせいじゃないかw
一旦基軸やめてみろって結果が見えるから
XRP
2018年末のXRP価格。専門家の予想

専門家A「5000円は超えるだろう。しかし5000円に届かない可能性もある」

専門家B「80円が限度だろう。しかし80円を大きく超える可能性もある」

言ってることも結果の正否も同じだけど印象の違いよの٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

このあたりを織り交ぜて考えると色々捗る

ヒント:担保の手段とその額
BCHBTC
バンドってさ友好的脱退と、音楽性の違いとか金の問題とかで敵対的脱退とかあるでしょ
BTC、BCHのハードフォークってのは基本どっちになるの?今回の11月?のとかさ
BCHBTC
本当は純粋な取引所先導よりSBIみたいに自社でマイニングもしてるような取引所兼金融機関が先導したほうが何かといい気がする
特に最近は取引所に対する不信感あるだろうしビッフラ使ってるビックカメラなんて不安ないんかな?
ビックもBTCやめてBCHにしますとかなりゃまた一歩世界変わる気するがなぁ
BCH
GMOコイン、各銀行コインの記事色々見てたが、純粋な仮想通貨で対抗できるのはどう?今はもうBCHくらい?
リーダーがあってはいけないんだろうけど、SBIやビットポイントはじめ取引所や金融機関がどんどんけん引していかないとね。
どうやってデメリット上回るメリット見出していけるか。

気づいたらもう何に通知がきてるのかわからん状態になってるw
XRP
ああ、OnePayFXのXRP云々奴ざっと見てみたけど、これ誤報とかいうより書き方の問題な気がするねw
多分
Ripple(XRP(を扱ってる会社))みたいなニュアンスでしょこれ
もしくわ若干のSEO意識or知識浅い読者向けに。コインポストもよくこういう書き方するでしょ。リップル(XRP)みたいに。
XRP
XRPが証券かどうかは僕には分からない。違うと信じてるが。
ならばいいっそのこと・・・

「XRPはチャーハンです!!」

響き似てるからこれでいい
XRP
凄い無理やりなこと言うと
XRPは本来ブリッジ用に使う製品。株等のように投資家が利益目当てで投資するものではない
しかし、法定通貨との価値を取り持つため相応の価格が必要。それを中央ではなく民意で決めるには上場して価格を付ける必要があった
つまり投資目的の物ではない
うん無理やりすぎw

まぁこんなん経過はどうでもよくて、結果次第なんだろうけどw
XRPETH
あと、取り上げられるのが中央集権化の部分?
イーサはICOを経たものの、現在は完全に分散化されているので証券ではない。という話。XRPも分散化されているが、今の状況で十分なのか?どこまでそれが通るかってところなのかな?
XRP
XRP売却の益はあくまでその後の事業の資金等になっているわけで、それは、資金調達して車作って、車売って次の資金調達してるのと同じというか。
こう感じる。
ただこの話が通じるのかどうかはわかんないw
XRP
もう一つは第三者の頑張りで価格がどうこうってやつ。
Ripple社が頑張ることで、XRPの価値が上がり、それによって投資家が利益を得る。
ここね。ここはうーん・・・・w
僕の中だとアカンw
わかんないわ。

一応仮想通貨に精通しそれで商売をしている会社が、非中央集権の必要性を言葉にしつつも、他の解決法として、自社で完全に中央集権なコイン発行するわけですよ。円ペッグとは言えね。
中央集権という幻想に囚われていたら何もできずに取り残されてしまいますよ

日本円と連動したステーブルコイン(円ペッグ通貨) 「GMO Japanese YEN(ティッカーシンボル:GJY)」を アジア地域で2019年度に発行 | GMOインターネット株式会社

こんなんがどんどん出てくるんだからさ。よその心配してる場合じゃないんですよ。

あ、買って売られて、だから上がらないってのは国際送金だけじゃなく他も一緒だからねw
個人が買ってお店で使ってお店が売る。の形だからね
それを踏まえての投資家、利用者の分離ね
実用用途での保有が企業か個人かの違いもお忘れなく
買い物用に個人が保有するのと送金用に企業が保有する規模の違い

sibosは、まず天井の高さが気になる。

逆に言えば、銀行がDLT、ブロックチェーン関連を推し進めるということは送金分野だって視野に入れてるのは認識しておかないと。
そのうえでRipple社はどう動いていくのか、それに対して銀行は・・・
バンカメなんて数十ものブロックチェーン関連の特許取ってるんやで?

Sコインだって、コインを発行できるプラットフォームを組織として使うこともできるわけでしょ。
もちろんコンビニやネットショップの決済にも視野は広げてるわけですよ
プラス、組織独自のポイント通貨みたいな使い方もできる
こういった勢力と戦っていかなきゃいけない。
それを無視するのはよくない
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
·

おはよう!
今日の夜はテーマ[仮想通貨]の番組配信をします!初心の方でもわかるようにお話できるように頑張ります!

ぜひ、気軽に遊びに来てください!
今の日本の企業や仕事の問題とからめてブロックチェーンの凄さが学べたら嬉しいなぁ!

お待ちしております!
紐解くニュース、
【タイのサイアム商業銀行はすでにデジタル資産(=XRP)を保有している】

その他↓
■xCurrent4.0ではXRP(xRapid)をシームレスに使用できる
■XRP、9/21よりも11/12の方が出来高がある
1/2
タバコを卒煙してからはや1ヵ月以上が経過しました。
正直、こんなに毎日XEMを買えるとは思いませんでした。

「タバコはやめてXEMを買え。」

現場からは以上です。
明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由、XRP(リップル)など主要アルトの上昇要因も


11月第3週は、仮想通貨市場にとって極めて重要な週となる。ハードフォークやバイナンスの大規模メンテ等によるBTCの乱高下要因と、XRP、BCH、XEMの上昇理由に関して解説。
#XRP
おはリップル

もし10年後に2000兆円ならどの様な推移をするのだろうか?

仮想通貨の実需で懸念されているのは価格の変動(ボラ)の大きさである。
これが早く改善される必要があり、それは市場の時価総額が増えるが答えである。

私は3年以内に1000兆円規模に向かうと見ている。

SKR
仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


明日(日本時間15日午前5時45分 *米サマータイム終了)は、CBOEのBTC先物11月SQ。日本時間16日午前1時40分頃には、BCHのハードフォークが控えており、仮想通貨市場の乱高下に要注意。
XEMが再び上昇に転じ、13.6円まで価格が復調。
コインチェックの購入再開を受け、昨日時点では前日比50%高近くまで高騰していた。

関連記事
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か
仮想通貨のウォレットを提供するWEBサービスにも規制が入るなら、気軽に仮想通貨を扱えなくなりますね。例えばxrptipbotも日本が主体だったら、日本の規制を受ける可能性もあるわけで。
Ripple社CEOブラッドは、SG FinTech festival 2018で『来年銀行はデジタル資産のカストディソリューションを提供するだろう』と発言した。
おすすめサイト