タカユキさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

タカユキさんの仮想通貨に関するツイート

PR
変動が起きてから動くのでは間に合いません。常に変化に対応できるよう、口座開設はしておくことをお勧めします。
BitTrade(ビットトレード)対応通貨:BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC
QUOINEX対応通貨:BTC,ETH,BCH,QASH,XRP
06:35 2018年07月18日
ETH
ETHアノマリー論アップデート 次の天井を8000ドルから8500-8700ドルへ変更 具体的には200MAにぶつかるあたりまで。

7800までは上がる可能性7割(直観)だと思ってるので、しばらくは現物放置します。
チャート見るとごちゃごちゃ動かしたくなるので、見ません。
さようなら
ETH
ETHアノマリー論
アップデート(仮)
ETHBTC
ETHは0.15BTC→0.04BTC→0.06BTC→0.02BTC(以下)→0.12BTCだったので
BTCが同じアノマリー説を取るなら
2万ドル→5700ドル→8400ドル→3000ドル→1万8000ドル
というのはあり得る気がします。

一時的には上がるかもしれませんが、ここからホイホイと上昇トレンドになるとは思ってません。

Bitfinexのロング/ショート差は1万以下になりましたが、一方でBitmexの金利は次々回はショート有利になりそうです。
どうもBitfinexの指標は意識されるようになったので、現物との注文の切り替えを駆使して操作されてる予感がします。
私はもう参照しません。
ETHBTC
「アルトコインが利確されるたびにビットコインやイーサリアムの価格が下がる」
この構造がある限り、機関投資家はビットコインもイーサリアムも購入したくないと思います。
不確定要因の売り圧としては複雑かつ大きすぎる。

結論はいまいち出ないが、仮想通貨市場は構造的に時価総額が低くなるようになってるだけで、流入している資金量は他の金融商品より劣っているわけではないのではなかろうか。
いつかちゃんと考えたらまとめて書いておきたい。
ETH
もう一つ、独特のシステムはICOだ。
ICOで集められたコイン(多くはETH)は開発費の捻出のために売られることになる
そしてETHはマイナーアルトとのペアも多いため、トークンの価格はやはり連動している
ICOが終わるたびにETHは売られ、それに連動してアルトの価格も下がる。
他の金融商品にあるだろうか
BTC
また、アルトコインの法定通貨への利確はBTCを通して行われる。
fiatペアのないアルトコインは多いし、そうでなくても、まとまった量を法定通貨にするための流動性の確保できる通貨はBTCしかないからだ。
つまり、アルトコインが利確されるたびにBTCへの売り圧力になる。
これは株にも金にもない。
BTC
つまり、BTCの価格が上がり、アルトのBTC建価格が維持した場合、アルトの法定通貨建価格、そして時価総額も上がることになる。これは奇妙な現象。
つまりアルトコインの時価総額は流入した資金量とも買われた量とも関係なく、BTCの価格とBTC建の最終価格で決定されることになる。
BTC
株ならまず手持ちの株を売却して法定通貨にしてから別の株を買うことになる。その場合、新たに買われる株の価値は上がることになる。
もちろん、売られる株の株価は下落するが。
ただし仮想通貨の場合、アルトコインの価値は、BTC建の価格とBTCの法定通貨建の価格の掛け算で算出されている
BTC
仮想通貨市場の特徴は仮想通貨同士のペアで取引が行われるという点である。
例えばBTCが欲しければ、法定通貨の売買板を通さなくても手持ちのアルトコインを直接BTCに変換することができる。
この方式でBTCを入手した場合、BTCの法定通貨建での価値に影響はない。
ここが株とは違うところ。

仮想通貨の時価総額は本当に株式より低いのだろうか
構造的に仮想通貨市場には時価総額が高くならない仕組みがあるように思える。

インデックス投資+ドルコスト平均法最強論の根拠は、過去の株価が平均して上がってきたという経験則だけです。
平均して下がるなら成立しませんし、長年損失を積み立てていくだけになります。
要するにみている時間軸が長いだけで、上げ下げ当てゲームであるのはアクティブ投資と同じです。
DASHREPZECXMR
ITに関しては世界最大の逆神である日本政府に追い出されたZEC、DASH、XMR、REPPLEは今後の展開に期待できます。
REPPLEはローンチできた時点で運を使い果たしてなければ良いですがね。
ETH
パブリックブロックチェーンはトラストレスと言われますが、コードはトラストしなくてはなりません。
バグや脆弱性と無縁なコードがない以上、巻き戻し不可能というブロックチェーンの性質は、巻き戻されないと困る情報や資産を搭載するには必ずしも向いてない気がします。
イーサリアムはそこが疑問

我々は仮想通貨とその他の金融商品の市場を比べる時に、あまりに資金の流れに重点を置きすぎていた気がします。
株式にある資金の5パーセントでも入ってくれば~というように、まるで金融商品であるからには、条件さえ整えば水が流れるみたいに資金が流れてくる気がしていた。
おそらくそれは誤り。

上場企業は世界で5万近くもある上に、企業の中にはインフラから従業員の生活まで詰まっているのだから、そこに資金が集まる構造なのは当然です。
株式市場は単なる金融商品の場ではなく社会インフラでもあるわけです。
仮想通貨がそのような構造を得ることはないでしょう。

仮想通貨の時価総額が低い理由の一つに、数が少ないということがあると思います。
むろん、数だけなら何百もありますが、大半が意味不明な取引所でしか買えない上に、内容もない糞です
東証だけで上場企業が3000もあるように、まともなコインが何千何万もあれば時価総額は比例して大きくなると思います

日本でインデックス投資で大儲けした人の話なんか聞かないのに、なぜか海外の学者の本を読んで信者になる人が多いのが不思議。
単に海外は株価がずっと上がり調子だっただけです。

最近になってインデックス投資があちこちで持て囃されるようになったのには理由がある。
100年以上も続いたマネタリーベースの増加と株価上昇の埋め合わせがこれから来ようとしている。
素人に十年に渡って積み立てさせることによって、来たる調整期間でババを引かせるつもりなのだ。

ウォール街のランダムウォーカーのマルキールは詐話師
日本で90年から2010年までインデックス投資した人の気持ちを考えろ

人と人とは分かり合えません。
チャートと人が分かり合えないのも当然です

チャートの声を聞いて、その真意を読み取るのです。
BTC
時期や細部は不明瞭ですが、今後のビットコイン価格はこうなりますよ。
ならなかったら木に埋めて貰っても構いませんよ
ZEC
しかしまあ、これでZECは一流銘柄確定かもしれませんね。
Geminiとコインベースに適格と認められたということは大きい。
ADA
しかし詐欺コインの代表格みたいに言われていたADAがコインベース上場候補まで来たのだから感慨深いですね。
ウォレット以外に何ができてるのか知らないですけど
ZEC
正確にはまだ検討のようです。
取り扱われるとしたら、近いのはZECかなと思います。
既にGeminiに上場済なので
ETH
1年以上仮想通貨の情報を追い続けてきた人なら開発の進捗くらい分かるでしょう。
2018年も後半になって開発も進まず、PRばかりしているプロジェクトなんてスキャムと同じですよ。
これからレイヤー2は本格化し、イーサリアムも第四形態が見えてきたのに、停滞してる通貨に関わる意味はありません。
IOTAADAXLMEOSZECXMRXVGTRXXEMNEOLTCBCHXRPETHBTC
2018年7月13日
僕の仮想通貨格付

A
BTC
ETH

B
XMR
NEO
BCH
LTC

C
XRP
XLM
ZEC
IOTA
Dash
LISK

D
ADA
NEM
TRX
Dash
ADK
Mona
XVG
EOS
LTC
開発が迷走しているのでライトコインの僕の中での評価をBからBマイナスに下げておきます

ETFが気になりますが、それ以外はドルコスト平均法が今の正しい選択だと思います。

過去数年のデータを見て思ったこと。
やっぱり大きな出来高を伴う取引がこないと大きくは動かなそう
具体的にはセリクラ
LTC
ライトコインはLitepay取りやめた代わりにドイツ銀行の株買ったりパートナーシップ結ぶ戦略みたいだけど、なんだかICOコインみたいになってきた
BTC
BTCが大量に動いてるのはETF絡みでCBOEが裏付けの現物を集めているという妄想をしています。

現物主導の下げだったのが少し怖いですが、ここから戻せたら綺麗な逆三尊になりそうですね。

直近底→7800ドル→セリクラ→moon→暴落→ヨコヨコ→価格安定→?
ETH
銘柄でよって差はありますが、一番取引高の近いETHで比べてみてください。
だいたい同じような推移をたどる可能性は高いと思いませんか?
BTC
よくビットコインのチャートを他のバブルを重ねる人を見受けます。シルバーや、ナスダック等々。
しかし、他の分野に目を向けずとも、我々の前にはバブル崩壊からの復活を果たしたチャートが既にあるんですよ。

ほとんどが7月に入ってから溜まったショートです。
もし解消されるとしたら早いかなと思います。
BTC
過去最高といってもUSD建てですけどね。
BTC建ては出来高自体が激減してます。
ETH
ETHのショートが過去最高に溜まっているようです。
ロングも結構多いですけどね。
BTC
Bitfinexのアルトの取引高を見たらBTC建が少なくてUSD建てが多いんですが、昔からでしたっけ?

Bittrexは手数料が高すぎて使いものにならない。

当面はこの8月10日のETF判断を基軸に考えていきたい。
BTC
アンケートをとってみます
今回のビットコインETF申請は承認されると思いますか?

ウォール街のランダムウォーカーを読んでインデックス投資最強とか思ってる人は90年から2010年までコツコツと20年間積み立てた人の気持ちを考えましょう。
XMR
先行指標のXMRが元気なのが心強い
ETHBTC
誰も言わない、現在の仮想通貨相場での最適行動
方向性が見えるまで、年末に向けてドルコスト平均法でBTC・ETH買い増し

世界統合の最後の希望、日足逆三尊。
果たして形成できるかどうか。
XRPBTC
2015年の時点で日本ではリップルの方がビットコインよりも人気があると言われていた。

仮想通貨は終わりデース

4時間足逆三尊作りに行くと思ってましたが、日足なのかもしれないしそうだとしたらまだ下がりますね
BTC
デジバイトは耐えきった模様。
あとはビットコインさえ無事ならもっと上を目指せるでせう
XEM
NEMはたった500-600のノードがブロックの承認作業を行なってる。
そこらの草POSコインよりも承認者の数が少ない。
時価総額と比べて余りにインフラが脆弱すぎる。
XEMBTC
元々少なかったとは言え、とうとうビットコインダイヤモンド以下の取引高になったXEM
復活の日は来るのか(多分こない)

「投資は余剰資金で」とよく言われますが、余剰資金が投資で溶けたらどうしたら良いのでしょう
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
相場が戻りそうに見えて来たら
XRPチャートを何度も覗くのは仮想通貨民として自然なことです。

あなたは間違っていません。
こんな動きは、大きなインパルス上げ波の途中で見られる特徴のひとつです。
言わばピュアな買い圧力が働く時の現象。

過去のBTCが元気だった時のチャート出して比べてみて下さい。

まだ初動で一度だけに終わってしまうかも知れないけど
こんな現象が繰り返されたら、それが真の意味でトレンド転換。
なんかDMで「FX教えてください」って来るけど
本当に身につけたいなら100万ぐらい損しながらゲロ吐きながら勉強すれば本当にすぐだと思うなぁ

10BTC失った時は俺もゲロ吐いたけど、そこから本当に文字通り寝ないで勉強した

投資はメンタル
唯一IHSのネックラインを突破しているJPY建のBTCチャートが
他のマーケットに対し一つの基準を作っている。

このネックラインに戻って来てサポートに替わってることが確認されたら
それを見ている全世界の相場が勇気づけられるだろう。

久々に日本が仮想通貨へいい影響を与えるかもしれない時間。
今日は妻と買い物。タイのよくわからないおばあちゃんが店番してる洋服屋で妻の服見てる笑
さすがに勝負は決したでしょう。恐らくまだ下落を狙って節目節目でショートが入ると思いますが、相当な大口が動かさない限りは方向性は変わらず燃料と化すように思います。1時間足のボリンジャーもまだ余裕あり。頑張れBTC!
【Bloombergニュース】

コインベースは、

「有価証券と見なされる仮想通貨の上場に関し、規制当局《SEC(証券取引委員会)とFIRA(金融取引業規制機構)》から許可された」

と語った。

▶︎なに
ということは、XRPが仮に証券と判断されても…

#XRP リップル
XRP 日足

会心の一撃
リップルは抵抗線をやっつけた

次の課題は攻撃スキル「Wボトム」習得

・58.6円に眠る「黄金の爪」を入手
・62.4円のバラモスを倒すこと

あ、ちなみにゾーマは400円のところに居るよ
XRPに好ニュース。
XRPがここから、100円、200円、300円と上げてくと思うとワクワクしかない!!

韓国の仮想通貨規制からはじまり、CC事件、テザー問題、GOX?大量売却etc

我々は歴史に残るフルボッコ相場、大暴落を耐えきったε-(´∀`; )

そろそろ報われても時期でしょ・:*+.\(( °ω° ))/.:+
おすすめサイト