BC GODさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

BC GODさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
09:05 2018年11月14日

「開発者やブロックチェーンスタートアップは価格の上昇によりお金を儲けることより、自身のプロジェクトの目標に情熱を持って取り組む必要がある」と話した。

証拠金倍率(レバレッジ)は現在、交換業者が任意で設ける。最大で25倍とする業者もいるが、これを2~4倍に抑える案が出ている。

マネックスグループ(8698)の松本大社長は29日の決算会見で、4月に完全子会社化した仮想通貨交換業のコインチェックの事業再開について「しっかり準備をしている状況で、あとは金融庁のゴーサインを待つのみ」と語った。

「新規口座開設」「一部仮想通貨の入金・購入」を再開する準備が整い、2018年10月30日より再開いたしましたので、お知らせいたします。

イギリスの金融行動局(FCA)は先物取引など仮想通貨が関わる全てのデリバティブ商品について、販売を2019年の第一四半期内に禁止するかどうかの協議を開始したと報じられた。

米国の大手金融機関JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOが31日、これまで通りビットコインに対する悲観的な見方を変えてはおらず、「ただビットコインはどうでもいいと考えている」と発言した。

100倍レバレッジで人気の仮想通貨取引所ビットメックス(BitMEX)のアーサー・ヘイズCEOは、現在の弱気相場は2020年春まで継続するとの見方を示した。ヤフーファイナンスが31日伝えた。

外部からの不正なアクセスで70億円分に上る大量の仮想通貨が流出した仮想通貨の交換会社「テックビューロ」は、事業を別の会社に譲渡して解散すると発表しました。
BTC
ビットコインが底を打つとの見方は、つい最近もファンドストラット社のトム・リー氏や、マイク・ノボグラッツ氏らも示していた。
BTC
米証券取引委員会(SEC)は10月4日、8月下旬に拒否判断を下した9つのビットコイン上場投資信託(ETF)の再審査について、11月5日を期限に意見書の提出を求めると発表した。
BTC
安いところでBTCを数千枚持てれば、次代の神になれるでしょうね。世界を牽引する米中双方が、特定の暗号通貨において存在価値を認めるということは、そのくらいのインパクトがあるのです。
XRPBTC
執筆時点でのビットコイン(BTC)価格は、6665ドルで、リップル(XRP)は約0.52ドル。両教授の計測が正しければ、今年、ビットコイン(BTC)は少なく見積もっても2倍以上、リップル(XRP)は3倍以上伸びる余地があることになる。
BTC
仮想通貨ビットコインを使った国際送金の仕組みを開発する米Veem(本社サンフランシスコ)が、ゴールドマンサックスやGV(元グーグルベンチャーズ)等から約28億円調達していたことがわかった。

仮想通貨取引所「Zaif」から約70億円相当の仮想通貨の流出事故を起こした、交換業者テックビューロ。同社に対し3ヵ月に1度のペースで処分を下すことになった金融庁からは、行政による監督・指導が全く通じないことへの深いため息が聞こえてくる。
BTC
雲ねじれは狙えませんでしたが希望に近い上昇を見せました。現在は下降トレンドラインで止められており、ここは過去何度も何度も跳ね返されている部分です。現在ショートがさらに増えているのでトレンドラインと22日の高値を抜けると新しい景色が見えそうです。一旦押した後にどうなるか?頑張れBTC!
BTC
途中までは希望シナリオのように動いたのですが、2時間足からの突き落としが思ったより大きいものになりました。現状1時間足の雲内での価格推移で、この雲を下に抜けると大幅下落の可能性もあるので注意したいです。頑張れBTC!
BTC
上下に固い印象です。どちらかというと72万円をギリギリ守っているようにも見えます。個人的にはグリーン矢印の値動きを期待。予想ではなく期待です。頑張れBTC!

マネーフォワードによる出資先としては7件目だが、仮想通貨関連への出資としては初となる。クリプタクトは仮想通貨の投資家支援プラットフォームのほか、仮想通貨の個人・法人向け損益計算サービスを提供している会社である。
BTC
BTCは2時間足の雲を抜けきれずに大きく売り込まれました。現在は下ヒゲをつけつつ雲底に位置しています。この雲をローソク足の実体で割り込むとさらに下を見にいく展開となります。その際は72.1万円前後で下落が止まると見ていますが、これを割ると大底の確認に行く可能性は高いです。頑張れBTC!
BTC
BTCは1時間足の雲をサポートに価格推移を続けています。右上に見えているのは日足での下降トレンドラインです。これを抜けると雰囲気は大きく変わるでしょう。出来高が減少傾向で今日明日中に大きく動くかもしれません。雲をジャンプ台にして上を目指して欲しいです。頑張れBTC!
XRP
ちなみに中国人の間ではリップルはさほど人気がない。決済手段として懐疑的に見る声が多いという。一方で、まだまだ中国トレーダーが参戦してくる余地があるということだろう。

仮想通貨交換所「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社は9月20日、顧客の資産保全およびフィスコグループへの経営陣の引き継ぎを全うした後、現経営陣が役員を退任する意向であることを表明した。

金融庁は、仮想通貨取引所Zaifでのハッキング被害を受け、運営会社のテックビューロ(大阪市)に対し、立ち入り検査を実施する方針だ。

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロは20日未明、同社がハッキング被害に合い、計67億円相当の仮想通貨が流出したと発表した。

仮想通貨プロジェクトを評価する際注目されるのが開発動向だ。ここでは直近の90日間で一番活発なやり取りが行われている仮想通貨上位6種を紹介する。
BTC
デジタル資産顧問のエレメント・デジタル・アセット・マネジメントが、10ー12月期にビットコイン価格が上がる季節性を示したチャートを公表した。

仮想通貨市場の著名投資家、マイケル・ノボグラーツ氏は、バブルがはじけた「2018年の大暴落」後、同市場は既に底を打ったとの見方を示した。

BitGoのスポークスマンによると、今回の承認は、BitGo Trust Companyが機関の顧客向けに設計されたデジタル資産の安全なストレージ(カストディ)を提供できるようになったことを意味している。
BTC
「ビットコインを破壊しようとしているのではないか」という陰謀論につながっているが、実際のところは、誰かがセキュリティー強化のために資金を移動した可能性もあるし、本当のところの理由は分からない。
BTC
未だ決着つかず。むしろ、ここからが勝負本番です。4時間足の雲に横から入って行きます。頑張れBTC!
BTC
BTCは上昇を続け4時間足の大きな大きな雲にぶつかっています。現在ショートが急増中。これまでであれば既に叩き落されていてもおかしくはない場所ですが、しぶとく食いついています。この雲を抜けると80万円まで見れそうです。朝には決着がついているでしょう。頑張れBTC!
BTC
ブルームバーグの報道によるとクライアント向けにBitcoinのデリバティブを提供することを計画していると報道した。報道によると技術的にはすでにBitcoinのスワップは提供可能であるという。

仮想通貨は史上最大の暴落として歴史に名前を残しそうだ。年初につけたピークからの下げは80%に達し、ドットコム・バブル破裂時のナスダック総合指数の下落率を上回った。2000年のバブル破裂後、ナスダックのピークから底までの下落率は78%だった。
BTC
BTCは現在ピンクで引かれている移動平均線での攻防です。ここで頭を抑えられていますが何度もアタックしています。ここを抜けることができればブルーのトレンドライン、そして72.2万円へのアタックです。弾かれると再度下を見に行くでしょう。頑張れBTC!

匿名性の高い仮想通貨は禁止、ICOプロジェクトは実現可能性を審査し、レバレッジは4倍までとする —— 。仮想通貨取引所の業界団体、日本仮想通貨交換業協会が2018年9月12日、自主ルールの概要を明らかにした。
BTC
ビットコインのドミナンスはこれからも大きくなっていくだろう。アルトコイン、草コインをホールドしている人は今後も生き残っていく銘柄なのかもう一度見直す必要があるかもしれない。

米国証券取引委員会(SEC)のへスター・ピアース委員が、先週CNBCのインタビューに答えて、規制機関はアメリカ人が最も大切にする原則の一つ「選択の自由」を尊重するべきだと発言した。
BTC
9日よりペナント内での価格推移が続いています。再度68万円台まで下がるのは個人的には想定外でした。資金が抜けアルトは壊滅状態。TLの雰囲気も沈んでいるように感じます。このBTCの上下動が収束した後、どちらへ動くかに注目しましょう。頑張れBTC!上へ行けBTC!

中国に拠点を持つ世界第6位の規模を持つマイニングプール「F2プール」のシシン・マオ共同創業者兼CEOは6日主要仮想通貨に関し、さまざまなマイニング機器を使ってマイニングする場合の損益分岐点になる価格水準のリストを公表した。

ロイズマン氏がSEC委員に就任し、 3–1で共和党が多数派となれば、SolidXの申請は取引市場部によって3月までに承認される。最近の先物ベースのETFに関する決議でもそうであったように、委員会で否決されても審査が再開され、最終的には投票によって3–1で可決されるだろう。
BTC
米コインベースがビットコインETFの作成を模索しており、投資信託世界最大手のブラックロックのブロックチェーンワーキンググループを専門家として呼ぶため、話会いを行ったという関係筋とみられる人物からのリークがビジネスインサイダーにより報道されている。
BTC
15分足の雲に突入し動きを見せたBTCですが大きな下落の開始地点から引いたグリーンのラインに跳ね返されています。このラインをしっかり超えられるかが、この後の大きな動きを決めますので注視しましょう。頑張れBTC!

時価総額で世界第2位の株式取引所ナスダックは通貨取引プラットフォームを通じた仮想通貨取引のサポートを実施する可能性があると報じられた。2019年の第一四半期に申請し、第二四半期にアナウンス・取引開始を行う予定だという。
BTC
BTCは平行チャネルから一気に大幅下落をして、現在は6時間足の雲上部で止まっています。この後、雲に突っ込みブルーのトレンドラインを割り込むと状況は極めて悪くなるため個人的にはかなりの局面と見ています。BTCドミナンスは55.1%、L:Sは43.6:56.4。頑張れBTC!

仮想通貨市場は大幅に値を下げ、全体の時価総額はわずか1時間で120億ドル減少した。米ビジネスインサイダーが5日、ゴールドマン・サックスが仮想通貨のトレーディングデスク設置の計画を撤回したと報じたことが影響したとの見方も出ている。
ETH
Monethaはこの度、1周年を迎えることができました! わずか18分のICOラウンドで95,000 ETH (当時3,700万ドルに相当)の資金調達に成功したのは、ちょうど1年前の2017年8月31日のことです。
BTC
BTCの価格インジゲータであるMACDヒストグラムは長期的に見て、ゼロラインに達し、今年の一月から続いている弱気のトレンドから一転して強気のトレンドへと変化する可能性が強まってきた。
BTC
とても強いです。今の所は大きな仕掛けが無い限りは85万円に向かっていると見ています。ここを越えると本格的な上昇トレンドへと移行するでしょう。ショーターの多くはまだ諦めてはいないようです。頑張れBTC!
BTC
ビットコインのオープンソースソフトウェア「ビットコイン・コア」の大幅アップデートが9月8日に行われることが判明。新言語の追加、スケーラビリティ大幅向上、取引手数料削減などの内容が注目される。
BTC
日足の雲を抜けました。現在は81万円で上値が重たく買いが弱くなっている状態です。まずは雲上定着、80万円定着、そして85万円へのアタックを期待します。頑張れBTC!

ニューヨークで開催されたCryptoBlockConで当社が演説を行ったことは、すでにお伝えしていますが、このカンファレンスは非常に興味深いものであったため、経済誌『フォーブス』で特集されることになりました。
BTC
堀江貴文のQ&A「ビットコインを始めよう!!」〜vol.1109〜
BTC
12時間足の雲がサポートとして効いているようです。79.6万円は8月下旬の下落追い打ちの始まりでしたので、このタイミングでしっかりと抜いて行きたい所でした。ここから戻す事なく日足更新となれば日足の雲を上抜け85万円を目指せます。頑張れBTC!
BTC
7月下旬には一時94万5000円(フィスコ仮想通貨取引所の価格)まで上昇したビットコインだが、相場をけん引したビットコインETF(ビットコインが投資対象に含まれる上場投資信託)への期待感が剥落したことで、上昇分の値を消す「往って来い」の格好となっている。
BTC
やはり意識されていたブルーのラインを抜けた後に一気に上昇。そのまま79.6万円を抜けてくれました。勢いのまま80万円も抜けましたが、ここは一旦調整。79.6万円がサポートとして機能するかを見極めます。頑張れBTC!

IT(情報技術)大手が相次ぎ仮想通貨事業に乗り出す。楽天は31日、仮想通貨交換事業者を買収すると発表。LINEも同日、独自の通貨を発行すると発表した。
XEM
「エミネムのアルバムで歌われたことは大きい。すぐに金持ちになる方法やオンラインで違法商品を売るための手段としてではなく「みんながやっているもの」として扱われている。メタルを噛んで質を確かめるようにね」
BTC
海外勢も意識していたブルーのラインを上抜けました。このまま79.6万円にチャレンジできるでしょうか。頑張れBTC!
BTC
ブルーのラインを超えられると80万円も素直に抜けられると見ています。頑張れBTC!
BTC
2時間足で寄っていくと、やはりこのブルーのトレンドラインが上昇を阻んでいます。頑張れBTC!
BTC
海外トレーダーの発信を見ていますと、このブルーのトレンドラインを意識する向きが多いようです。現在はちょうど日足の雲とトレンドラインに頭を抑えられる位置にローソク足があります。9/3に日足の雲のねじれがあり、この前後の動きは要注目ですね。頑張れBTC!
BTC
米国証券取引委員会が、申請されたビットコインETFを不許可にする、または一度不許可を取り消して再審査を宣言するなど、規制局によるETF実現の見通しは不透明なままだ。しかし、バンク・オブ・アメリカが仮想通貨管理関連の特許申請を行うなど着実な進歩が見られている。
BTC
ビットコイン相場は現在低迷しているが、リー氏は価格が今年2万5000ドル(約277万円)まで行く可能性があるとあくまでも強気姿勢を堅持している。
BTC
ビットコインVSその他の仮想通貨ではなく法定通貨VS分散型の通貨という対抗軸を意識するべきと発言。仮想通貨業界内での争いに終始することで本当に戦うべき相手を見失わないよう呼びかけた。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
·

おはよう!
今日の夜はテーマ[仮想通貨]の番組配信をします!初心の方でもわかるようにお話できるように頑張ります!

ぜひ、気軽に遊びに来てください!
今の日本の企業や仕事の問題とからめてブロックチェーンの凄さが学べたら嬉しいなぁ!

お待ちしております!
取扱い取引所数が一気に10プラス。
保有者はなんと2万人増で全体で140万人超えました。
リップル争奪戦開始。

あなたのリップル保有数は世界で何番目に入りますか?

Moon
紐解くニュース、
【タイのサイアム商業銀行はすでにデジタル資産(=XRP)を保有している】

その他↓
■xCurrent4.0ではXRP(xRapid)をシームレスに使用できる
■XRP、9/21よりも11/12の方が出来高がある
1/2
タバコを卒煙してからはや1ヵ月以上が経過しました。
正直、こんなに毎日XEMを買えるとは思いませんでした。

「タバコはやめてXEMを買え。」

現場からは以上です。
ノアコインの下落に対して悲観している人は非常に多くいると思いますが残念な人たちなんだと思っています。普及しているにも関わらず、こんなにも安価で手に入るのですよ?悲観するより喜ぶべきです。
10万円が100万NOAH以上に!
何度も言いますがノアプロジェクトは詐欺ではありません。
#ノアコイン
明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由、XRP(リップル)など主要アルトの上昇要因も


11月第3週は、仮想通貨市場にとって極めて重要な週となる。ハードフォークやバイナンスの大規模メンテ等によるBTCの乱高下要因と、XRP、BCH、XEMの上昇理由に関して解説。
#XRP
おはリップル

もし10年後に2000兆円ならどの様な推移をするのだろうか?

仮想通貨の実需で懸念されているのは価格の変動(ボラ)の大きさである。
これが早く改善される必要があり、それは市場の時価総額が増えるが答えである。

私は3年以内に1000兆円規模に向かうと見ている。

SKR
仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


明日(日本時間15日午前5時45分 *米サマータイム終了)は、CBOEのBTC先物11月SQ。日本時間16日午前1時40分頃には、BCHのハードフォークが控えており、仮想通貨市場の乱高下に要注意。
XEMが再び上昇に転じ、13.6円まで価格が復調。
コインチェックの購入再開を受け、昨日時点では前日比50%高近くまで高騰していた。

関連記事
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か
おすすめサイト