BC GODさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

BC GODさんの仮想通貨に関するツイート

PR
変動が起きてから動くのでは間に合いません。常に変化に対応できるよう、口座開設はしておくことをお勧めします。
BitTrade(ビットトレード)対応通貨:BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC
QUOINEX対応通貨:BTC,ETH,BCH,QASH,XRP
17:33 2018年07月16日
BTC
キレイに阻まれましたね。今回の上昇はここまででしょうか。5時くらいになれば一旦冷まされるので再チャレンジを期待します。71.2万円を切るようだと一旦利確でしょう。頑張れBTC!

トークンの焼却が、重要な相場の変動を創り出していることは明らかです。同様にDORにおいても大量のトークンの焼却が予定されており、その結果、価格が上昇することが予想されています。

元ゴールドマンサックス副社長のChris Matta氏は仮想通貨のリターンは他の資産に比べて高く、自身も母親の資産を仮想通貨に投資しているとした上で今年中に15,000ドル突破は現実的だと見ていると発言。

投資プラットフォーム、シェアーズポストの取締役で研究主任であるロヒット・クルカルニ氏は、「悲観的な投機家」が及ぼすある程度の影響を認めつつ、責任の大半は18年前半の規制の混乱にあるとした。

これまでにインド国内での仮想通貨の全面禁止が囁かれていたが、関係者の情報によると、現在のところ全面禁止を行う予定はないようだ。また、インド財務省内の仮想通貨パネルの関係者から得られた情報によると、仮想通貨が”コモディティ(商品)”として見なされる可能性がある。
BTC
結局2時間足の雲に押し返され良い所を見せられませんでしたね。大崩れはしなかったものの、まだ時間がかかりそうです。右肩下がりで不恰好な亜種の逆三尊なのでしかたありません。頑張れBTC!
BTC
暴落が起これば「ビットコインは終わった」と言われ、一方でビットコインは始まったばかりであると考える人も多い。そんな中、様々なビットコインの将来性が議論される機会が増えている。

金融サービス大手のアメリカン・エキスプレスが、ブロックチェーンを用いた支払証明システムに関する特許を申請した。同特許では、こうした安全なシステムの様々な利用事例として、ホテルの予約、不動産賃貸、イベントや会場へのチケット無しでの出入りが提案された。
BTC
頼りない動きのBTCですが、2時間足の雲に負けず明日の9時の段階で70.7万円以上をつけていれば跳ねるチャンスです。流れとしては厳しい形。とはいえ、可能性もあるので雲にぶつかる前にジャッジして売買してみます。(相場が退屈なので)買うかどうかはこの数時間の観察で決めます。頑張れBTC!

倍率1倍未満、すなわちICO時の価格を下回るトークンが増えている一方で、ICO価格の5倍、10倍の高値をつけるトークンも常に存在しており、トークンごとに非常に大きな差があることが分かります。最高では、ほぼICO価格の70倍にまで高騰しているトークンも見られました。

”資産1兆円の男”として知られるスティーブ・コーエン氏が、仮想通貨とブロックチェーン関連企業に特化したヘッジファンドに投資をしていたことが明らかになった。
BTC
TLは下目線がまた増えてきたように感じます。今朝の上昇も騙しだという意見が多数。かなり不恰好ですが12時間足の雲を抜けると逆三尊になります。そして逆三尊が形成されるタイミングで日足の雲にぶつかるので、ここは雲を一気に抜けるチャンスでもあります。頑張れBTC!
BTC
米証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)について承認か拒否かの判断をする日が、来月10日になる可能性があることが分かった。ビットコインETFが仮想通貨相場にとって追い風になるという見方は多く、市場にとって注目の日となりそうだ。

こうしてみると12月バブル以降ことごとくダブルトップを作っては崩れる展開が続いています。127.5万円が最も重たいかと見ていましたが価格帯別出来高を見ると100〜107万円周辺がかなり厳しそうですね。何か業界ごと沸騰するようなニュースが無ければ、ここを超えるのは難しそうです。
BTC
なんとか踏ん張っていますが非常に苦しい。頑張れBTC!
BTC
12時間足の雲下端が個人的に見ている短期の生命線です。これを割ると市場心理的には一気に落ちていく可能性が高いでしょう。明朝起きたら大きく割っていたら悲しいですね。下抜けする事無く数日かけて盛り返し雲を上に抜けると非常にいい形になるのですが。頑張れBTC!
BTC
仮想通貨関連のスタートアップ、TenXの共同創業者であるジュリアン・ホス氏は11日、CNBCとのインタビューの中で、2018年のうちビットコイン(BTC)が6万ドル(673万円)をつけるとの予想にまだ「自信をもっている」と語った。
LTC
ライトコイン財団は、スイスに拠点を置く仮想通貨決済を手掛けるトークンペイと新たに戦略的パートナーシップを結んだ。このパートナーシップの一環で、ライトコイン財団は、トークンペイからドイツのWEG銀行の株式を9.9%取得した。

OperaのAndroid用ブラウザーでもうすぐ、暗号通貨を保存できるようになる。そのシステムはまだベータだが、ユーザーが自分のブラウザーに暗号通貨とERC20トークンを保存でき、暗号通貨の送受をオンザフライでできる。

Ontologyは、Ontology信頼エコシステム上で顧客確認(KYC)を実行するために、IdentityMind Global™, Digital Identities You Can Trustに関して、デジタルIDサービス提供企業のIdentityMindと提携するというすでに発表済みの計画を本日、選定しました。
BTC
Susquehanna International Groupのデジタル資産部門責任者、バート・スミス氏は、今日あなたが実際に使うことができ、人々が機能的に使用している資産を所有したいのであれば、それはビットコインである」とCNBCで話している。
BTC
BTCドミナンスが上昇しています。不要な草が枯れ果ててくれないとBTCもなかなか上昇できません。ちなみに43%というのは3月下旬から4月上旬にかけての水準です。
BTC
警戒していましたが落ちてしまいましたね。横ばいで守って欲しかった所ですが仕方ありません。頑張れBTC!
BTC
短期的に過熱感が出ていること楽観論者が増えてきたことから、少しだけ警戒してもいいかもしれません。ただし、さすがにここから底をさらに掘りに行くような下落は考えにくいとは思います。3日ほど横ばいでこの価格帯を守ってくれれば合格です。頑張れBTC!

我々は時価総額トップ10の仮想通貨のほとんどが底値をつけたか、底値にかなり近い水準で取引をしていると考える。この水準からの猛烈な上昇は見込んでいないものの、次の2、3ヶ月でほとんどが上昇局面を迎えると考えている。さて、どの仮想通貨が底をつけたのだろうか?
BTC
ビットコインと他の暗号化通貨は、お金のための論理的な “次のステップ”であり、新しい調査によると、主流の支払い形態に近づいているという。Imperial College Londonと取引プラットフォームeToroの研究者は、暗号の暗号がどれだけ従来の通貨に近づいたかを測定した。
BTC
米国はCBOEグローバル・マーケッツから新たな申請を受理した。残念ながらこれまで他の申請が承認されたことはないが、今次はビットコインETFに成功に向けたより好ましい変化がもたらされたようだ。

ソフトウェア開発に関する最も重要なお知らせは、TrustNote メインチェーンにおける初回のシステムアップグレードが完了したことです。今回のアップグレードによってメインチェーンの性能およびスケーラビリティが改善し、ユーザー数がさらに増加することが見込まれます。
BTC
疑心暗鬼な人々の短期利確による調整だと見ています。引き続き12時間足の雲抜け、76万円超えの期待。頑張れBTC!
BTC
8時15分からの上昇は出来高も伴っていて良い上昇でした。多少戻す動きは当然あるとは思いますが、73.4万円を割る事がなければ期待度は増します。頑張れBTC!
BTC
7/8の9時ジャッジは上でしたね。この勢いのまま12時間足の雲、そして76万円を抜けてもらいましょう。頑張れBTC!

チャートも煮詰まってきましたね。そろそろ動くか?
BTC
下目線の人が多いですが自分は今の所上目線です。この2日間これまでなら大きく崩れそうなところを耐える動きが何度か見られました。ただ、状況は刻々と変わるので臨機応変に。76万円抜けがトレンド転換の明確な水準である事は変わりません。目先は7/8の9時に再ジャッジができると思います。頑張れBTC!

すでに知られているように、Facebookは社内にブロックチェーンの研究グループを作り、長年MessengerのチーフだったDavid Marcusをそのトップに据えた。しかし最近の役員人事を見ると、同社はブロックチェーン技術とその応用について、より本気になってきたことが伺われる。

オランダの規制当局は仮想通貨の売買をしないように呼びかけていたが、フロー・トレーダーズはこの警告を意に介さずに参入を決めたことになり、仮想通貨業界にとっては追い風になるかもしれない。

5日の仮想通貨相場は、全体的にマイナスが多かった。下落の一因としてCNBCなどが上げているのは、米決済サービス大手スクエアが銀行業務を始めるためのライセンス申請を取りやめたことだ。
BTC
BTCはここから1時間に注目。この足を閉じた時に雲より下に落ちていたら上目線は完全に取り消しです。72.3万円ならばイーブンもしくは、やや上。押し上げて下ヒゲを作れば、さらに上目線。市場心理は現状やや下寄りですが押し上げに期待します。誰か無理やりチャートを作ってくれないかな?頑張れBTC!
BTC
価格横ばいで12時間足の雲に入りましたので個人的には上目線がやや強まりました。現状からの見立てでは64.5万円まで再度落ちる可能性は低くなったと感じています。とはいえ、やはり76万円を明確にクリアするまではトレンド転換を強く宣言できないところです。勝負どころは続きます。頑張れBTC!

タイ政府は4日、同国のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)規制を7月16日から施行すると発表した。これにより、タイにおいて資金調達手段として、ICOを活用することができるようになる。

国内Eコマース大手の楽天が、完全子会社が運営するメッセージアプリ「Viber」を使って、ロシアで独自の仮想通貨「楽天コイン」を2019年にも発行する計画だ。
BTC
上下に大きく動いていますが、これまでの傾向から行って叩かれるならこの足か次の足でしょう。ここを横ばいないし上に動きながら12時間足の雲に入った場合には雲抜けの確率が大きく上昇すると見ています。いずれにしても短期売買やFXの方は臨機応援に。頑張れBTC!
BTC
勝負所。12時間足の雲に叩き落されるか上へ抜けていくのか。ポイントは以前に言った76万円を明確に抜ける事です。今の価格帯近辺で短期利確やショートを狙っている人たちも76万円を超えると明確に狙いが逆転します。74〜75万円の価格帯は下狙いが優勢。個人的願望はもちろん上。頑張れBTC!

仮想通貨が長く存続することへの信念が述べられているのに加え、報告書は反対論者たちに狙いを定め、もし彼らが仮想通貨技術を本質的に違法な仕組みと考えているのであれば、それは「誤り」であると直接非難している。

Monethaの技術・プロダクトチームのリーダーたちが今、シリコンバレーを訪れています。ここで多くの企業や投資家と面談する予定ですが、そのほかにもブロックチェーンやトークン経済の専門家から知識を得る機会を設け、私たちのプロダクトに活かす予定です。
BTC
BTCは悪くない動きです。ここまでの流れですと、そろそろ大きく売り込まれてもおかしくない頃なのですが売られる様子もまだ見えません。とはいえ今日明日でこれ以上の上昇はボリンジャーバンドを見ても難しい所。価格を維持しつつ7/4〜7/6に12時間足の雲突破を期待します。何か材料来い!頑張れBTC!
BTC
この流れで76万円を明確に抜けられたら強さも本物だと思います。仮に76万円に届かず売られていくと70万円までは簡単に落ちていくので見極めが必要です。望みすぎではありますが願わくば一気に84万円まで。勝負の1週間です。頑張れBTC!
BTC
出来高を伴った上昇。ここから売られずに、そして大きな上ヒゲを残すことなく推移すると状況はかなり好転します。頑張れBTC!
BTC
BTCは6時間足の雲を抜けるかどうかの値動きを続けています。もし雲抜けとなると5/10以来となります。ブルーで引かれているトレンドラインは5/6から始まっている下降トレンド。出来高、値動きからは完全にトレンド転換したとは言い切れませんが雲抜けで一歩前進です。頑張れBTC!

多くの指導者たちは過去数ヶ月間のあいだ傍観し、仮想通貨の有機的な発展を(多かれ少なかれ)受け入れてきた。だが、公的機関の行動を起こす時がいよいよ近づいている兆しも出始めた。

エストニアを中心に世界6都市に拠点を持つOSA DCは、AIとブロックチェーンを活用したデータ管理方法で、年間5000億ドル(約55兆1100億円)もの損失を生み出している小売の在庫問題を解決しようと挑戦している。
BTC
トレンド転換には出来高を伴った大陽線が必要であると自分は考えます。これこそが市場参加者の目先が上へと向かう状態への変化を表すものだからです。今日の値動きは重要。値は動きましたがこのくらいではまだ大きく売られる可能性もある事を頭に置いておきましょう。ここからです。頑張れBTC!
BTC
低調な仮想通貨相場が続く中、香港の仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは、30日のCNBCとのインタビューの中で、年末までにビットコインが5万ドル(約550万円)に到達するという予測を堅持した。

Coinbaseが暗号通貨インデックスファンドを米国投資家向けに開放してから間もなく、同社CEOが独自のファンドを発表した——ただし、今回は慈善事業に焦点を絞っている。

不思議ですね。誰かが作っているのか人間心理がそうさせるのか典型的なバブルのチャートとなっています。これをなぞるのであれば2/6の安値64.5万円を割った6/24日の安値を、さらにもう一段割ってくる可能性が高いです。その時は60万円、もしくは57万円が底として適当でしょう。歴史は繰り返すか?

バイナンスの創業者兼CEOである趙長鵬氏(通称CZ)が28日、コインテレグラフによる独占取材の中で、法定通貨と仮想通貨間の交換が可能な仮想通貨取引所を東アフリカに位置するウガンダ共和国で間もなく立ち上げることを明かした。

LINE社は2018年6月28日、定例開催している事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2018」で、仮想通貨交換所事業「BITBOX(ビットボックス)」を日本とアメリカ以外で展開することを発表しました。

新しい高性能パブリックマルチチェーンプロジェクトで、分散型信頼コラボレーションプラットフォームのOntologyは、MainNetのリリース前イベントを6月26日にサンフランシスコで開催しました。発表によると、Ontology 1.0は6月30日に公式リリースされます。

静岡銀行は、関連会社のマネックスグループが買収した仮想通貨交換業者のコインチェックについて、将来的に安全性が確認され社会的信頼が高まれば、口座連携などを検討し、協力して新たなサービス創出を模索する考えを示した。
BTC
トランプは、イランとの全ての貿易を11月4日から停止するように要求している。イランはその次善策として、Bitcoinを利用する可能性がある。

シンガポールに本社を置くコインベネが一時1位になり24時間取引高は21億ドル(約2310億円)を超え、香港に本社を置くビットZが2位で24時間取引高は約15億ドル。同時期のバイナンスのランキング4位で、日間取引高は約6億2900万ドルだった。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
何かが起こりそうな今夜の予想キープライス。

BTC 6370-6430
ETH 447-458
XRP 0.452-0.470
BCH 713-740
EOS 7.48-8.08

根拠はW.D.GANNのカーディナルマップ
ETH速報:イーサリアムのガスコスト高騰はiFishYunYu(iFish)というERC20トークンを210ずつ1時間につき50ETH(25万円)という巨額な手数料で24時間絶え間無くFcoinへ送金しているトランザクションスパム攻撃が原因の模様
#イーサリアム #Ethereum #仮想通貨 $ETH #ブロックチェーン
#ERC20
1年前の7/15、分裂問題で終わると言われたBTCは下げ続け20万円まで落ちたがこの日を底値に反転、9月には50万を越え、アルトも高騰した。

あの日買えた人は爆益だった訳だが、今も去年と状況似てるよなぁ。7/20のG20と8/10のETF承認加否、ここが大きなきっかけになりそうだな。
新規が入ってこないとか言うけど、たとえばBTC120万とかこえてアゲアゲしだしたらどこから湧いてきたんだってくらい人が群がってくるでしょ
流石に言わなくてもわかると思うけど
「いい通貨」と「稼げる通貨」は別物だからね

いくら通貨の性能やホワイトペーパーが良くても上がらないものは上がらない

よって、別にいい通貨でも無く、稼げる通貨でもないTRXこそがスキャム
15時から2時間は大きなレジスタンスとぶつかる予定。

BTCは36時間をこの斜め上ライン沿いで動いてきました。
このチャートをポスト始めたのはロウソクがラインに触れてもなかった13日からです。

その時点でこの角度のラインを予測して描けるのはフィボナッチスパイラルのみ。

だから私は使うんです
BTC, 25日から今までの足跡は
今夜の周期を予兆する。

144分足(1日の1割)サイクルで
今夜21時前後で相場が大きく動く確率は8分の6、
75%。
昨日の昼辺りからロング目線に切り替えてたけど伸びたな、、 $BTC
何も起きてないようで

地味に6280.8と6280.9で隠しオーダーの壁合戦が
Finexで丸1時間経過している。

BTCにしてはこんな長時間は珍しい。
おすすめサイト