アトレス@アート系リップラーさんの注目仮想通貨

仮想通貨毎のツイート頻度グラフ。

アトレス@アート系リップラーさんの仮想通貨に関するツイート

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
07:04 2020年05月25日
XRP
XRPの価格が不調な時は、ブラッドCEOの5年発言を思い出してます。

ブラッド氏は余裕持って5年と言ったと勝手に思ってて、実際は2,3年の見込みではないかと考えてます
XRPBTC
今の暗号資産相場は「BTCだけでやっぱり儲かるんや〜、他いらねぇ」という資金の動きを感じます。

しかし、しばし下落傾向が続いた場合にXRPの底堅さが証明されれば、XRPへの見直しが入ってくると思います。

長期的にはそうした市場の変動を見極めたいです
XRP
リップルがMoneyGramを選んだのが企業体力などに対する依存するためや、知名度を上げるためでもなく、

純粋に国際送金のためにXRPのゲートを開くだったということであれば、

意義は大きいし、今後の戦略にも期待は膨らむばかりです

いやいや、カラオケの採点はほぼ90点以上ですよ!

■通知表……アトレス

国語4 音楽-100
社会4 美術5  
数学4 保体4
理科5 技家3
英語4 道徳3

担任コメント
音痴にもほどがあります。もう登校にはおよびません。
#通知表見せ合いっこ

藤巻先生、たったのあと700票で届かなかったのは残念すぎます。。
引き続き、応援してます
XRPBTC
いつの間にかXRPが35円復帰してますね。良かった。

BTCはテザーによる影響が大きいのは確かですが、投資家の買いが多勢になってなければテザーもパンプはできません。

そういう意味で、投資家の暗号資産への熱量が数ヶ月前より大きくなってます

なんか芸能人みたいな名前で良いですね。
だが全然違いますよ笑

アトレスさんの本名は・・・
【堀 優希】ですね!
#絶対にあなたの本名を当てます

今週もみなさまお疲れ様でした
相場は不調でしたが、来週に向けて休養しましょう

今日は吊り橋を渡ってきました。
何となく今の暗号資産に対しても吊り橋を渡るような気分です。
必ず渡りきりますが

界隈の「宇」がつく方のツイートが、どうしても私には苦手で、ミュートにしてました。
すると、お相手からも最近ブロックされたようで、お互いに苦手だったんだと納得しました
XRPBTC
BTCもXRPも下がってしまいましたが。

想像以上に下がった時は、
想像以上にまた上がる、

と思って気長に待ちます
XRP
テザーの問題や、リブラなどのコイン乱立、
暗号資産をめぐり色んな事が起きれば起きるほど、最後はXRPに集約してくる気しかしないです。

ただ、その未来はもう少し先ですが

テザーの市場操作(し放題な状況)については、法の介入がないと長期の改善は難しいでしょうね。

ステーブルコイン乱立が引き起こすかも知れない、恐ろしい将来の一端が垣間見えてしまいます。

でも逆にステーブルコインが乱立した方が、規制が入って健全な市場になるかも知れませんが
XRPBTC
BTCが150万円まで行ったことの収穫は、投資家たちは暗号資産にチャンスがあれば参入する気満々なのが証明されたことです。

かたや、BTCとXRPなどアルトとの関係性(ドミナンス)が変わったことについて、その変化の展望はあと数週間くらいの動きで見えてくると考えてます

謝ってフォロワーさん減ると思っていたら、逆に増えるという、
界隈の寛大さと温かさを知りました
USDT
ビットポイント、USDT、トランプ発言、米株高、、

あらゆる事が同時に起きて暗号資産の行方に不安な方もいると思いますが、ここが堪えどころです。

現在起きている事が全て逆に作用していくターンが来ますので、焦らず見守りましょう

ビットポイントの問題、暗号資産補償をアナウンスして、落ち着いてほしいですね
BTC
リブラの件も、ビットポイントの件も、大局的に影響は小さいです。

それより現状で影響が大きいのは BTCに資金が集中していること。

ただこれについても、これまでの暗号資産の流れを見て投資家が慎重になっているだけで、主要なアルトにはじきに資金が集まってきます

今回の下落の原因がリブラなら、そんなに時間かからず回復するでしょうね。

なぜなら、現状のリブラは実社会との関わりがないからです

BTCとアルトコインが乖離するという動きが出ている現状、短期的なアルトの値動きは読みにくいです。

ただし、投資資金の流れがBTCで止まる、ということが無いのは分かります。

結論として、まったく焦りは無いです。
最終的に資金が流れてくるのはXRPなど主要アルトです
XRPBTC
XRPがこの数ヶ月上がってないことに不安な方もいると思いますが、
数ヶ月前とは状況がまったく違います。

BTCの時価総額は数ヶ月で膨らんでおり、そこからXRPに流れる量は着々と蓄積されているからです。

これからその流れが来るのを楽しみにしています
XRPBTC
XRPも他アルトコインもちゃんと上がっていきますので、BTC一強と不安を煽るインフルエンサーには気をつけて情勢を見守りましょう。

BTCも130万円前後で推移。
これはまだまだ暗号資産への投資資金が集まってきている最中である証拠です

アルトのターンが少し来てますね。
これからの暗号資産相場は、BTCだけが一気に上がることもあれば、XRPだけが一気に上がることもある、
そんな読めない相場になります。

ただ、BTCやXRP、いくつかの選ばれた通貨はタイムラグを抱えながら、今後も上がっていくことは間違いないでしょう

恐ろしいことに、何人かのインフルエンサーがアルトが終わるようにツイートすると、一気に界隈はそんな雰囲気になります。
しかしインフルエンサーの影響力はあくまで日本Twitterランド内での話。

世界の投資家にとっては日本のインフルエンサーの意見なんて届かないし関係ない。

アルトの春は来る
XRPBTC
BTC一強説が多くなってきましたが、例えばBTCが300万円に到達したとして、XRPが40円のまま、
があり得ないと想像できないのでしょうか。

投資家の性質は変わってきていて、2017年のようにBTCからタイムラグなく全アルトに流れる、ではなくなっています。

ただ、選ばれたアルトにはいずれ流れますよ

界隈で揉めているのに対し、一括りに両者を悪いように意見する方を見かけます。
ただ実際には、どちらか片方に圧倒的に原因があります。

嘘の情報ツイートを流す、または詐欺まがいの企画ツイートを流す、
など非難されて当然でしょう。

平和が一番ですけど

10日足らずで暗号資産の動向を判断するのは極めて安易です
XRPBTC
BTCがXRPやアルトコインより、先行している現状について。
恐らくこれは、アメリカ中心の暗号資産投資家が2017年よりも慎重になっているからでしょう。
まずはBTCの価格が一定額で定着するかを見定める層が大きい。

そのため、アルトコインへ勢いが波及するにはBTCの底固めを待つ状況となっています

暗号資産の値動きが各コインで異なる様相になってきました。
これまでほとんど無かった雰囲気です。
この現象が何を意味するのか興味深く考えてます
XRPBTC
BTCが将来的に暗号資産の一強になるとの記事を見ましたが、それはあり得ません。

これから時が経てば経つほど、様々なシナリオを持つXRPの価値は高まる一方となるからです。

すなわち、近未来はBTCとXRPの二強になります。

更に暗号資産をめぐる世界の法整備しだいでは、XRPは一強にもなり得ます

悲観のツイートが多く見られますが、XRPも40円台だし、BTCも110万円台だし、何が悲しいのか分かりません。

暗号資産が本当に危機的だったのは、1年前のハッシュウォーの時くらいです。

このボラティリティがなければ、大きな上昇もありません。
今後も暗号資産は可能性に満ちています

BTCもXRPも、大きなマイナス要素がないので、今の下落には何の心配もしていません。
現状は、大口が米国の政治状況を見ながら、様子見の資金移動をしている、というところでしょう。
すぐに大きな反発がきます

藤巻先生のブレない姿勢は素晴らしいですね。
本当に早期に税制改革を実現しそうな気がしてきました

BTCが優位なのは今に始まったことではなく、原始の暗号資産として殆どの取引所で基軸扱いされてきたので数年前から当たり前のことです。

ではXRPはどうか。
今年が最重要だと思います。
FATFの採択とSECを乗り越え、信頼を揺るぎなくすれば、今後も基軸取引所は増えていき、優位性が高まるからです
BTC
BTCは直近は急騰が続いていたので、今の停滞は良い調整期間です。
上昇基調は変わってないので、近日中に大きなリバが来ます。
アルトターンはその後です。気長に行きましょう

『ゲーム・オブ・スローンズ』をシーズン6まで見終えて、誰かとこの盛り上がりについて語り合いたいと思っても、オフラインには不思議と観ている知り合いがいなくて辛い
XRPBTC
XRPのターンはまだです。
今はまだ軽いリバです。

BTCがリバ終わって160万円以上のもうひと暴れがあってから、アルトターンが来ます
XRP
アエリアの株は高騰しても3〜5倍。
XRPは暴騰したら30〜50倍以上。

アエリアの株、昔600円で買って1,600円に急騰した時に全て売りました。
ゲームリリースまでの期待値だけで上がっているのが分かったので、将来性を感じず手放しました。
その後数年は急落と急騰を経て、現在は800円くらい。

与沢氏は最近アエリアを仕込んだみたいですが、果たしてどうなるか
XRP
XRPが53円から45円になって心配な方もいると思いますが、まったく問題ありません。

短期的に下がる理由なんて、これからも、いくらでもあります。

しかし、長期的に下がる理由がなければ、長期的に上がるんです。

どっしり構えて、すぐに戻ってくるのを待ちましょう

悲観がすごいですが、まったく心配することないです。
たとえ、今回のきっかけがハッキングでも、それが長く続く下落の引き金にはなりません。

2017年末と状況が同じではないですが、急落の後に一気に巻き返して上がっていく相場の繰り返し、という意味で同じです

日本勢ショートかけすぎですね。
またすぐ回復しますが
XRPBTC
おはようございます。
2017年末以来の楽しい日々が帰ってきましたね。
毎日がグリーンカラー

BTCはまだまだ伸びるので、そこからのXRPなどアルトコインの伸びが楽しみです
XRP
次のXRPターンで65円くらいは行くのではないでしょうか

暗号資産の主要通貨は現状売る理由がほとんどありません。
売るのはショーターぐらいじゃないでしょうか。

そのため、2017年末のようなチキンレース的な駆け込み急上昇も、逃げ出し急落下も起きません。

着実に投資が積み上がって価格が上昇していきます

多くのリップラーを小馬鹿にした言い回しが好きになれないです
BTC
BTCはもうすぐAHEの半分まで返り咲きます。
冷静に投資対象として、凄いことです。

いくつの新興株が最高値10分の1以下の戻らぬ旅に出たことか。

暗号資産のポテンシャルが終わったのなら、ここまでの回復はあり得ません
XRPBTC
XRPが54円から49円まで下がったことで、界隈から不安や心配の声も出ているようですが、まったく心配無いですよ。
まだXRPのターンは来てないに等しいので。

BTCは今後も上がり続けて、ある程度の時差があってから、XRPも上がる展開が繰り返されていきます
XRPBTC
コンビニの買い物ガマンしてAmazonで70円のお茶大量に買って自炊してもせいぜい1〜3万円程度の節約。
それが貧乏人と金持ちの境目ではないです。

金持ちになるなら節約でも副業でもなくて、今のうちにBTCかXRPを仕込み続けるのをお勧めします。

まだまだ上がり始めですから
XRP
未だに暗号資産の上昇相場に懐疑的な方も多いと思うのですが、2018年のXRP50円の時と今のXRP50円は質が全く違います。

新規で買う方のリテラシーは高くなっており、長期ホルダーは情報を精査し確信を強めているからです。

暗号資産そのものも、年々信用が高まって来つつあります

フォロワーが1万人以上いる、チャート系の方のツイートでも、中身が無い、保険かけたものが多いです。

①ここを抜けたら上がる、
②ここを切ったら下がる、
がほとんど。
実は何も予想していない。

相場が調子良くなると、過去の似た形の期間チャートを探し抽出し、①をツイートしています

フォロワー数が1万以上いる方のツイートだからといって、鵜呑みにしないようにしています。
フォロワー数と、発言の信用度は別物だからです

今の暗号資産の上昇相場でとても良い傾向なのは、急騰でないことです。

みんなが慌てて乗っかっていくような相場は、同じようにみんな慌てて降りてしまいますので。

このまま、じわじわとホルダーが積み重なっていけば、降りるタイミングがないので、長期的な上昇相場になります

去年から「6月以降」というキーワードを繰り返しツイートしてきた訳なんですが、ついに来ましたね笑

とにかく、みなさまおめでとうございます
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト