【11/26】仮想通貨のICO 一般向け制限へ 金融庁検討

仮想通貨NEWS一覧
金融庁は仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)に対する新たな規制の検討に入った。配当を出すなど投資とみなせるICOは一般投資家への流通を制限し、取り扱う業者には金融

「【11/26】仮想通貨のICO 一般向け制限へ 金融庁検討」に対するTwitterの反応

規制が縮小に追い風を与えませんように。
まあほとんどのICOは、ほぼ詐欺。
仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討: 日本経済新聞
「ICOは企業や団体が『トークン』と呼ばれるデジタル権利証を発行することで投資家から資金を募る。中小企業が低コストで資金を調達しやすくなるとの期待がある一方、事業計画がずさんで詐欺まがいの案件も目立っている。世界にあるICOのうち、約8割が詐欺との調査もある」|
非上場トークンは適格機関投資家に制限、現状のICOを考えると上場前にアマが買うメリットとリスクのバランスが悪いし、自然な帰結だとは思う / 仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討: 日本経済新聞
『ずさんな事業計画による詐欺まがいの案件』って言っても巧妙化してますけどね。

仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討: 日本経済新聞
適切な規制 >非上場のトークンは投資勧誘に制限をかけて、適格機関投資家以外への投資勧誘を禁止。一方、仮想通貨交換業者がICOを取り扱う場合は、業者自身が審査した上で問題がないと判断したもののみ、販売する方針だ。

「仮想通貨交換業者がICOを取り扱う場合は、業者自身が審査した上で問題がないと判断したもののみ、販売する方針」
COMSAを取り扱ってるテックビューロホールディングスはライセンスを持ってない認識なんだけど、つまり今はCOMSA使ってICOできない....?
金融庁が消費者保護の観点から規制に乗り出したことは一歩前進だが、最も肝心なことは「一般的な消費行動の決算」への使用を禁ずることだ。あくまでも投機対象商品として扱うべき。

仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討:日本経済新聞
金商法対象になればインサイダーや相場操縦をあからさまにはできなくなる。とはいえ今の株式投資界隈を見てれば、風説はやり放題だとわかる。あと、過去に遡っては処罰できないからガクトコイン関係者は安泰かな。 / 仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討:日本経済新聞
ICOと聞けば何でもかんでも喜んで飛びつく人達にこの検討では焼石に水な気がしますよね

金融庁による制限が本格化するようですね。金融庁がしっかりとした規制をかけることで素晴らしいプロジェクトがスキャムに埋もれる事なく資金調達できるようになれば仮想通貨業界は盛り上がるでしょう。#ICO

仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討:日本経済新聞
「配当や利子を出して投資とみなせるICO」じゃないICOはまた別ってことなのかな
配当とか利子付きのICOの方が見かけないけどな感覚的には
「有価証券と同様に金商法の規制の対象になれば、相場操縦や風説の流布を禁止できるようになる。」

仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討

機関投資家しか参加出来ないようにするなんて、また日本の個人投資家は世界から置いていかれる

発行者をきちんと規制して誰もが安全に買えるようにするのが正解

ICOは簡単に少額から新プロジェクトに参加できる唯一の手段

あれ?最後の「有価証券と同様に金商法の規制の対象になれば、」のくだりは紙面(12版)に載ってない

仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討: 日本経済新聞
こりゃますます日本でICOできなくなりそう
(何もなかったところにできるルールが定まったわけだが実質やれない)
仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討


#まちるだニュース
仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討:日本経済新聞
ICOのずさんな実態を考えれば規制の強化は不可欠に見えます。ただ、規制に乗り出すということは、行政が手間とコストをかけて仮想通貨を見守るという側面も併せ持ちます。どう対処すべきだと思いますか?皆が賛成する正解は無いかもしれませんね。
仮想通貨のICO、一般向け制限へ 金融庁検討: 日本経済新聞

ずさんな事業計画による詐欺まがいの案件が相次いでおり、利用者保護を徹底する。

今更www
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
短期トレード好きとしては

大きな方向性が決まることなく
一本のスイング波で5%以上が簡単に取れてしまう
今のBTC相場が永遠に続いて欲しいと思えたりする。

2018年12月現在最も楽しいゲームはスマブラではない。
ETH quick review

イーサリアムはBTCと同じ方向で動きながらもっとピュアなチャートを描いたりする。
ALTコインの対BTCパフォーマンスを決める基準も今はまだETH。

更なる下げ波はBTCで説明しているので、
今日はBULLなシナリオを考えて見る2分20秒。
XRPの価格上昇ロジックの需要は
①投機マネーの流入
②xRapid利用での需要
③銀行、企業による直接保有(投資目的ではない)
と大きく3つに分けれるわけだけど、
②についての価格上昇がわからない人が多いっことだよね。
議論が難しいのはこの3つの関わりが価格上昇に大きく関係するにも関わらず...
LISK→XRPへの移行組が多く、XRP→LSKの移行組が少ないのは当たり前。リップル社は既存の各種サービスをXRPを介して繋ぎ合わせるという名目だから、投資対象として見た場合危険度が圧倒的に少ない。一方LISKは「ブロックチェーンが一般に定着する」というハードルをまず越えなきゃならない。
XRPに限らずどの仮想通貨にも言える事ですが
まずは「仮想通貨の信用」を得ることが大事だと思います
いつまでも怪しい、難しい、ただの投機、取引所のハッキングリスク高いと言うイメージを払拭しなければ一般市民に受け入れ難いものとなってしまいます
( ˘•ω•˘ )ウーン
てにさん
いつも丁寧でわかりやすいご説明ありがとうございますとても勉強になりました
リップルXRPを理解しようとしない人達には響かないかも知れませんが
リップルXRPを理解したいと思う人達にはちゃんと伝わったと思います
ありがとうございます
@tenitoshi +5 @xrptipbot
(人´∀`)アリガトー♪
深夜24時から
@JWAVESPARK
@HZshizuku 雫
@POLKA_fukuoka がナビゲート☆ゲストにウィッシュ「DAIGO」さんが登場
#今週のビビ 改め #今週のジルくん 猫好き同士、愛猫についてアツく語ります
☆『スパチューポジティ部』
☆面白ラジオネーム『今週のラジオネームMVP』
#jwave #radiko #sp813
リップル社、色んな国の銀行や送金業者などにRipplenetを広げていく仕事をしながら、世界の暗号資産取引所にもRipplenetを広げる仕事をしている。

以前、BradがXRPの価格が低迷してる時「価格の話は社内では出ない!」ってツイートしてた。
XRPの価格は後からついてくる!って解釈してる。まだ先~
BTC

40万円ラインのサポート化に失敗しました。

中期的に見て、現在の保ち合いの形や位置から大きな買い圧を誘うことは難しいと思います。

この価格帯での反発がこと程度であることを考慮しても、

一度一切の売り圧を削ぐ=セリクラ

がトレンド転換には必要でしょう。
12時50分の。上昇は。XRP連れ。と判明。ゆくぞ。わらう。IYRK
おすすめサイト