【10/12】GMO 仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言

仮想通貨NEWS一覧
「もう救いようがありませんね。そろそろ諦めたらどうですか」GMOインターネットにとっていよいよ倒産の悪夢が現実味を帯びてきた2007年12月。米系証券会社の幹部は、熊谷正寿に500億円でGMOを売り

「【10/12】GMO 仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言」に対するTwitterの反応

バズワードの周辺事業で儲ける、っていうのも、それをアメリカの財閥の歴史から学んだっていうのもいい。色々勉強になった。
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言:日本経済新聞
GMOあおぞらネット銀行にはそんな背景があったのか…
点でなく線で考える。テクストよりもコンテクスト。セカンドペンギンよりファースト´(ダッシュ)ペンギン。

GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言:日本経済新聞
あおぞら銀行、めちゃくちゃいい。
ブロックチェーンが間違いないならマイニング事業も間違いないってことだよね。
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言: 日本経済新聞
あおぞら銀行はGMOの将来性を疑っていなかったということ。センスあるね。
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言:日本経済新聞 「ヤフーも買収に動いていた」
Yahoo!は貪欲に何でも吸収するんだな。
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言:日本経済新聞

とても懐かしい、当時の記録の歴史記録化が進んでいるようだ。
良記事です。コメント欄に記事の一部を抜粋。

GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言:日本経済新聞
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言
■あおぞら銀や村上氏が救いの手

【ホリエモンの助言で倒産危機乗り越える】

GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言
ライン@【】 #BTC #ETH #XRP #NEM #XEM #ICO #インサイダー #上場 #ノアコイン #noah #副業 #お金 #億り人 #コインキャッシュ
ネット興亡記第2部面白かった。みなホリエモンの才能に嫉妬しているのが印象に残った。
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言:日本経済新聞
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言: 日本経済新聞
インターネット産業の栄枯盛衰はめまぐるしい。そこで戦う者たちも勝ち続けてきたわけではない。— だが再起にかける「敗れざる者たち」が明日の扉を開いていく。
窮地を救ったあおぞら銀、その恩義を忘れない社長、、
いい話すぎて泣ける

GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言
この一連のシリーズ当時のネットバブルの興隆から考えるとメチャ面白かった。
一敗地に塗れても這い上がれる強さ。
「人間、心が動いてしまう金額がその人の価値だ。俺の価値はたったの500億円なのか。そう認めてしまっていいのか」ってすごい自問自答。
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言
堀江は株式の分割で「投資単位が下がって買いやすくすれば取引量が増える。だったらそれを(ユーザーに)配ればいいと考えた」と言う。今で言うネット企業の「経済圏」の中核となるポイント経済の発想だ。
こういう舞台裏のドキュメンタリー、興味深いよね。どの会社にも歴史と苦闘と葛藤がある。

GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言  :日本経済新聞
連載終了。面白かった。総じて言えるのはホリエモンやっぱり凄い。

GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言: 日本経済新聞
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言 - 日本経済新聞
俺的TuringのGMOマイナーが在る。テ社の様にならなければいいね!
確かにそうだ^_^。。 最近やっとスーパーの1円の価格差を気にしなくなった。。。でも10円差気になる(´・ω・)

>「人間、心が動いてしまう金額がその人の価値だ。俺の価値はたったの500億円なのか。そう認めてしまっていいのか」
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言  :日本経済新聞  『熊谷は「最初はなんのことかよく分からなかった」と振り返るが、堀江貴文はその後も何度か熊谷を訪れて仮想通貨の可能性を説いた』
ヒントはリーバイス。ゴールドラッシュにわく鉱山労働者向けにジーンズを作り大ヒット。周辺事業こそ狙い目であり、インターネット黎明期のプロバイダも同じ。仮想通貨であればマイニング。
GMOにヤフーの資本が入ってるの疑問だったけど、実質救済だったのか>GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言: 日本経済新聞
"熊谷はこう自分に言い聞かせて甘い誘惑を断ち切ったという。

「人間、心が動いてしまう金額がその人の価値だ。俺の価値はたったの500億円なのか。そう認めてしまっていいのか」"

GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言  :日本経済新聞
「人間、心が動いてしまう金額がその人の価値だ。俺の価値はたったの500億円なのか。そう認めてしまっていいのか」 / “GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言  :日本経済新聞”
仮想通貨の考えが始まる前にホリエモンはライブドアの株式分割で同じようなことをしようと考えていた。すごいな。
『債務超過の回避には資金が足りない/「熊ちゃんだったらいいよ」。そう言って無利子で30億円を貸してくれたのが/村上世彰』
捕まる前まで村上ファンドとしてGMO本体を大量保有してた
GMO、仮想通貨で再出発 ホリエモンの助言: 日本経済新聞

瀕死だったんだなー。。。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
短期トレード好きとしては

大きな方向性が決まることなく
一本のスイング波で5%以上が簡単に取れてしまう
今のBTC相場が永遠に続いて欲しいと思えたりする。

2018年12月現在最も楽しいゲームはスマブラではない。
SKY-HI
@SkyHidaka
@SKYHI_STAFF

12月16日(日)まで
東京メトロ全線の中吊り
「ENRICH YOUR LIFE WITH METRO SONGS」

#メトロソングス
#グッとくる歌詞

〜いつもの通勤通学時間が、音楽を通じて別世界に変わる〜



#jwave #radiko
ETH quick review

イーサリアムはBTCと同じ方向で動きながらもっとピュアなチャートを描いたりする。
ALTコインの対BTCパフォーマンスを決める基準も今はまだETH。

更なる下げ波はBTCで説明しているので、
今日はBULLなシナリオを考えて見る2分20秒。
XRPの価格上昇ロジックの需要は
①投機マネーの流入
②xRapid利用での需要
③銀行、企業による直接保有(投資目的ではない)
と大きく3つに分けれるわけだけど、
②についての価格上昇がわからない人が多いっことだよね。
議論が難しいのはこの3つの関わりが価格上昇に大きく関係するにも関わらず...
LISK→XRPへの移行組が多く、XRP→LSKの移行組が少ないのは当たり前。リップル社は既存の各種サービスをXRPを介して繋ぎ合わせるという名目だから、投資対象として見た場合危険度が圧倒的に少ない。一方LISKは「ブロックチェーンが一般に定着する」というハードルをまず越えなきゃならない。
XRPに限らずどの仮想通貨にも言える事ですが
まずは「仮想通貨の信用」を得ることが大事だと思います
いつまでも怪しい、難しい、ただの投機、取引所のハッキングリスク高いと言うイメージを払拭しなければ一般市民に受け入れ難いものとなってしまいます
( ˘•ω•˘ )ウーン
てにさん
いつも丁寧でわかりやすいご説明ありがとうございますとても勉強になりました
リップルXRPを理解しようとしない人達には響かないかも知れませんが
リップルXRPを理解したいと思う人達にはちゃんと伝わったと思います
ありがとうございます
@tenitoshi +5 @xrptipbot
(人´∀`)アリガトー♪
深夜24時から
@JWAVESPARK
@HZshizuku 雫
@POLKA_fukuoka がナビゲート☆ゲストにウィッシュ「DAIGO」さんが登場
#今週のビビ 改め #今週のジルくん 猫好き同士、愛猫についてアツく語ります
☆『スパチューポジティ部』
☆面白ラジオネーム『今週のラジオネームMVP』
#jwave #radiko #sp813
リップル社、色んな国の銀行や送金業者などにRipplenetを広げていく仕事をしながら、世界の暗号資産取引所にもRipplenetを広げる仕事をしている。

以前、BradがXRPの価格が低迷してる時「価格の話は社内では出ない!」ってツイートしてた。
XRPの価格は後からついてくる!って解釈してる。まだ先~
BTC

40万円ラインのサポート化に失敗しました。

中期的に見て、現在の保ち合いの形や位置から大きな買い圧を誘うことは難しいと思います。

この価格帯での反発がこと程度であることを考慮しても、

一度一切の売り圧を削ぐ=セリクラ

がトレンド転換には必要でしょう。
おすすめサイト