【10/11】高額払戻金の大半 税務申告なく

仮想通貨NEWS一覧
競馬や競輪などの公営ギャンブルで1千万円以上の高額な払戻金を得た人の大半が税務申告していないとみられることが10日、会計検査院の調べで分かった。馬券、車券といった投票券の購入や払い戻しの際に本人確認

「【10/11】高額払戻金の大半 税務申告なく」に対するTwitterの反応

高額払戻金の大半、税務申告なく: 日本経済新聞
(´-`).。oOそりゃせんわw
公営ギャンブルで得た一定以上の所得は一時所得や雑所得として申告義務がある。-->一時所得か雑所得か?一時所得なら税金は「約半分」。一時所得の金額×1/2×税率=税金だからだ。仮想通貨利益の半分?国会で追及事項とする。

高額払戻金の大半、税務申告なく:日本経済新聞 競馬競輪公営ギャンブル
先日公開した「競馬の払戻金と所得税」に関する記事(
)の関連話題として。大半が申告されていない以上、配当金をめぐる税法面の動きが今後もいろいろ出てくるのかもしれませんね(O)

高額払戻金の大半、税務申告なく:日本経済新聞
高額払戻金の大半、税務申告なく:日本経済新聞  ○国税庁も、徴税に本腰を入れるならば、競馬場や競輪場に出張所を設けるぐらいでないと…。
高額払戻金の大半、税務申告なく:日経 こんなものほど、「返礼金支払い時に、本人を確認できるものを提示させ、源泉徴収を義務づける」税法の改正をやるべきと思うが。面と向かって反対などできないはず。
馬券というと外れ馬券訴訟を思い出す。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト