【10/03】店舗網ない銀行 アジアで台頭

仮想通貨NEWS一覧
【シンガポール=中野貴司】全国的な支店網や多くの行員に頼らない個人向け金融(リテール)業務がアジアで急速に広がっている。照会や送金の補助といった応対の大半を人工知能(AI)が担い、スマートフォン(ス

「【10/03】店舗網ない銀行 アジアで台頭」に対するTwitterの反応

「脆弱な店舗網がネックだったが、技術革新がその弱みを強みに変えた」
≒「店舗網が脆弱ならば技術革新を取り入れることなしでは競争優位性は確保できない」
■店舗網ない銀行 アジアで台頭
・照会や送金の補助といった応対の大半をAIが担い、スマホを使った金融サービスでしのぎを削る
・大半の問い合わせにもAIが年中無休で回答する。個人顧客に対応する店舗そのものが不要に
店舗網ない銀行 アジアで台頭 預金や送金、スマホで完結 手数料軽減、口座が急増 :金融経済面から
未開発の国の方が何もない分吸収率いいんだろうなぁ。
店舗網ない銀行 アジアで台頭:日本経済新聞
店舗網ない銀行 アジアで台頭預金や送金、スマホで完結 手数料軽減、口座が急増:日本経済新聞
「店舗網ない銀行 アジアで台頭 預金や送金、スマホで完結 手数料軽減、口座が急増 :日本経済新聞」()を読んだよ。
今日の日経でやりたいこと強化 店舗網ない銀行 アジアで台頭:日本経済新聞 金融経済
世界で銀行口座を持たない人や携帯電話を使った送金サービスを使っていない人は17億人という。ただその約3分の2は携帯電話は持っている。携帯電話を使った銀行サービスはフィリピンやベトナムなどで急速に広がる可能性を秘めている。
店舗網ない銀行 アジアで台頭:日本経済新聞
店舗網ない銀行 アジアで台頭: 日本経済新聞

規制やしがらみを取っ払えばある程度日本でも普及はするのだろうけれど、どうなのかね?
セキュリティ的な問題なんかは昨今の仮想通貨業界見てると不安にはなるよね。
店舗網ない銀行 アジアで台頭:日本経済新聞
世界最先端?だったATM網など古臭い金融インフラが仇となって→アジア諸国にフィンテック分野で技術逆転された。アジアに学べ!
全国的な支店網や多くの行員に頼らない個人向け金融業務がアジアで急速に広がる。照会や送金等の応対の大半をAIが担い、スマホを使った金融サービスでしのぎを削る。銀行以外の新規プレーヤーとの競争も激しさを増す景色は日本の未来を予感させる。
AIでビジネスモデルが変化している。
店舗立地が競争要件だったが・・・・
金融機関の閉鎖・統合が進んでいる。
時代はもはや、次へ変わろうとしている、で送金から銀行の代わりになり全て完結ニャる時代に

スマホで預金の預け入れや送金といった取引、大半の問合わせにもAIが年中無休で回答。個人顧客に対応する店舗そのものが不要になる時代になっていくだろうなぁ。
「預金や送金、スマホで完結 手数料軽減、口座が急増」店舗網ない銀行 アジアで台頭:日本経済新聞
銀行の未来像だが、銀行存在意味でもある、AIでは出来ない融資先同士のマッチングや地域貢献などは衰退しないで欲しい。
#銀行
#無店舗
#未来像

店舗網ない銀行 アジアで台頭 : 日本経済新聞
もともと銀行口座を持てない人も多い新興国から生まれるイノベーション。これが標準として世界に広がる可能性もある。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト