【09/25】仮想通貨採掘の超高速マシン 業界地図塗り替える

仮想通貨NEWS一覧
 仮想通貨の「マイニング(採掘)」や人工知能(AI)解析などのために、高速に演算するコンピューター「超高速マシン」の需要が高まっている。超高速マシン特需は、半導体の先端プロセス(回路線幅)開発を促し、

「【09/25】仮想通貨採掘の超高速マシン 業界地図塗り替える」に対するTwitterの反応

「ビットコインなど仮想通貨のマイニングが、新たなけん引役だ。」

ビットコインってDRAMも高速インターフェイスも不要だから最先端プロセスをいち早く使うのには適しているんだよねぇ。
『そこでGMOインターネットは、18年8月に発売した最新マシン「B3」で、消費電力よりも演算性能を重視するモードをユーザーが選択できる機能を新設した。』

仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える:日本経済新聞
超高速マシンで計算力を独占したら、反原理的でリスク分散にならない。AI活用にしても、人間の脳みそ程度にダウンサイジングできるまでは、一般消費者には無縁だろう。/
仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える:日本経済新聞
仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える

半導体メーカーでは、米シリコンバレーの企業よりも中国の新興企業が存在感を高めている
中国新興企業、米エヌビディアを抜く
仮想通貨採掘の #超高速マシン、業界地図塗り替える:日本経済新聞
仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える 破壊と創造をもたらす超高速マシン(上)
[日経] 仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える 破壊と創造をもたらす超高速マシン(上)

>半導体メーカーでは、米シリコンバレーの企業よりも中国の新興企業が存在感を高めている。さまざまな分野で主役が代わり、業界地図が塗り替わる可能性がある。
仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える 仮想通貨マイニング用ASIC市場を主導しているメーカーは中国のビットメイン。13年の創業から急成長、17年に40億米ドル近い利益。米エヌビディアが同期間に稼いだ利益を上回る。同2位の企業も中国企業カナン・クリエイティブ
個人のマイニングは…

仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える:日本経済新聞
ここ数年、半導体先端プロセスの製造ラインを真っ先に埋めてきたのは、スマートフォン。それが今や超高速マシン向けに変わろうとしている。次の主役は、高い収益性が期待できる仮想通貨をはじめとするフィンテック向けや、開発費をいとわず性能を求める軍事向けになるだろう
仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える

仮想通貨の「マイニング(採掘)」や人工知能(AI)解析などのために、高速に演算するコンピューター「超高速マシン」の需要が高まっている。
仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える 破壊と創造をもたらす超高速マシン(上)
いつまでこんな無駄な浪費を続けるのか。撤退のタイミングを逸した愚行だろう。存在感など全く高まっていない。これこそFake Newsである。
「注目を浴びるのが、熱の拡散効率が高い「相変化」技術だ。チップが発する熱を液体冷媒の気化熱で奪う」仮想通貨採掘の超高速マシン、業界地図塗り替える: 日本経済新聞
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト