【09/20】仮想通貨の不正送金急増=被害件数 前年の3倍超-上半期まとめ・警察庁

仮想通貨NEWS一覧
 ビットコインなどの仮想通貨が利用者のアカウントへの不正アクセスにより盗み取られる被害が、今年上半期(1~6月)に前年同期の3倍を超える158件確認されたことが20日、警察庁のまとめで分かった。被害額は、1月に仮想通貨交換業者のコインチェック(東京)から流出した約580億円を含め計約605億円に上る。 上半期に被害に遭った仮想通貨は、ビットコイン(94件)やリップル(42件)、イーサリアム(14件)など。 利用者のパソコンをウイルス感染させるなどしてIDとパスワードを入手し、個人アカウントに不正

「【09/20】仮想通貨の不正送金急増=被害件数 前年の3倍超-上半期まとめ・警察庁」に対するTwitterの反応

仮想通貨の不正送金急増=被害件数、前年の3倍超-上半期まとめ・警察庁:時事ドットコム
"うち102件では、被害者が他のインターネットサービスと同じID・パスワードを使っていた…本人だけが所有するスマートフォンアプリなどによる認証も取り入れるよう呼び掛けている"
仮想通貨の不正送金急増=被害件数、前年の3倍超−上半期まとめ・警察庁
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト