【08/29】仮想通貨の取引履歴 「鳥の目」で把握 警察庁

仮想通貨NEWS一覧
 警察庁は、仮想通貨の取引履歴を効率的に把握するシステムを導入する方針を固めた。仮想通貨は匿名性の高さから、犯罪やマネーロンダリング(資金洗浄)に悪用される可能性が指摘されている。取引の流れを俯瞰(ふ

「【08/29】仮想通貨の取引履歴 「鳥の目」で把握 警察庁」に対するTwitterの反応

仮想通貨の取引履歴、効率的に把握 警察庁
仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁: 日本経済新聞

「ただ仮想通貨は千種類以上あるとされる。取引の透明性が低い仮想通貨もあり、サービスの対象はビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨に限られる。」

これ書いちゃうと犯罪者さん…釣りか?釣りなのか?
仮想通貨の取引履歴、効率的に把握 警察庁
仮想通貨は、マネーロンダリング、テロリスト資金確保など違法取引に使われている確率が高いというのが国際的な共通認識。それだけコントロールしようのない通貨だということだ。
仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁:日本経済新聞
【仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁】
既に欧米では取引を可視化する民間のサービスがある中、国内では警察庁が取引履歴を監視する対応。不正取引をなくす良い流れです。

#仮想通貨初心者 #ビットコイン
『サービスの対象はビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨に限られる』

仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁: 日本経済新聞
仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁: 日本経済新聞
こういったことは積極的にやるべきだと思います。
この記事には「口座」と書かれていますが、「仮想通貨アドレス」と書いたほうがいいのではないでしょうか。
仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁: 日本経済新聞
仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁
#暗号通貨 #仮想通貨
警察庁は、仮想通貨の取引履歴を効率的に把握するシステムを導入する方針を固めた。
取引の流れを俯瞰(ふかん)的に追跡できるようにすることで、仮想通貨がからむ犯罪の捜査に役立てる。

仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁:日本経済新聞
仮想通貨を含めサイバー空間の脅威に
計27億円を計上

このシステムは、ブロックチェーンに積極的な
富士通がメインで担当かな?

仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁:日経
仮想通貨の取引履歴、「鳥の目」で把握 警察庁:日本経済新聞
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト