【08/28】金融庁 相続株の長期保有促す

仮想通貨NEWS一覧
 金融庁は、個人投資家が相続で取得した株式を長期保有できるよう制度の見直しを財務省に求める。相続後3年以内に限って株式の売却益から相続税分を差し引ける特例を改め、税優遇の期限をなくしたい考えだ。個人の

「【08/28】金融庁 相続株の長期保有促す」に対するTwitterの反応

金融庁、相続株の長期保有促す: 日本経済新聞
金融庁、相続株の長期保有促す - 日本経済新聞
相続株、長期保有促す 売却時の課税優遇、期限を撤廃  金融庁は、個人投資家が相続で取得した株式を長期保有できるよう制度の見直しを財務省に求める。相続後3年以内に限って株式の売却益から相続税分を差し引ける特例を改め、税優遇の期限をなくしたい考えだ
金融庁のとある集いで、ある方がNISA終了の年を指して「僕にはこの先も続いているように見えます」と笑いながら話してたので期待してます > NISA恒久化
金融庁、相続株の長期保有促す: 日本経済新聞
国が長期投資を進めているので是非とも税優遇の期限を撤廃してほしいですね
NISAの非課税恒久化、仮想通貨の分離課税と併せて税制を変えるべきと考えます

金融庁、相続株の長期保有促す: 日本経済新聞
金融庁の税制改正要望では、少額投資非課税制度(NISA)の恒久化も盛り込む方針だ。NISA口座を持つ個人が転勤で海外へ一時的に出国した場合でも売却益や配当を非課税とする利便性向上も求める。
#NISA
#ニーサ
金融庁は、個人投資家が相続で取得した株式を長期保有できるよう制度の見直しを財務省に求める。相続後3年以内に限って株式の売却益から相続税分を差し引ける特例を改め、税優遇の期限をなくしたい考えだ。
金融庁、相続株の長期保有促す - 日本経済新聞
相続株、売却時の課税優遇、期限を撤廃:日本経済新聞
金融庁は、個人投資家が相続で取得した株式を長期保有できるよう制度の見直しを財務省に求める。相続後3年以内に限って株式の売却益から相続税分を差し引ける特例を改め、税優遇の期限をなくしたい考えだ。
金融庁、相続株の長期保有促す 売却の税優遇期限撤廃を要望 :日本経済新聞
2兆円て意外と少ない印象。でも今後増えるだろうし先を見越した対策でこれはグッジョブ。
なぜ3年に限っているのかといえば、財務省が相続税収が減ると反対しているため。
財務省は国民の財産形成よりも税収のほうが大切だと考えている典型的な事例。

金融庁、相続株の長期保有促す:日本経済新聞
「金融庁の税制改正要望では、少額投資非課税制度(NISA)の恒久化も盛り込む方針だ。」>金融庁、相続株の長期保有促す:日本経済新聞
「金融庁の税制改正要望では、少額投資非課税制度(NISA)の恒久化も盛り込む方針だ。NISA口座を持つ個人が転勤で海外へ一時的に出国した場合でも売却益や配当を非課税とする利便性向上も求める」⇒金融庁、相続株の長期保有促す:日本経済新聞
金融庁、相続株の長期保有促す:日本経済新聞  #相続税と所得税の二重課税 を排除して株式の長期保有を促したいようです。お金持ちにはうれしいことですが、まずは厚労省が要望している未婚者の寡婦(寡夫)控除のように庶民にうれしい改正を優先していただきたいものです。
金融庁、相続株の長期保有促す:日本経済新聞
純投資目的の場合には、相続税を優遇する理由はないと思うが。
■相続株、長期保有促す 売却時の課税優遇、期限を撤廃

金融庁は、個人投資家が相続で取得した株式を長期保有できるよう制度の見直しを財務省に求める。見直しの内容は、相続後3年以内に限って、株式の売却益から相続税分を・・

つづきはこちら:
金融庁、相続株の長期保有促す : 日本経済新聞

『相続後3年以内に限って株式の売却益から相続税分を差し引ける特例を改め、税優遇の期限をなくしたい考え』

不動産のように相続税評価額を時価の7割評価とかにしてくれれば高齢者が株を買って景気もよくなるような
金融庁、相続株の長期保有促す

高齢化で大相続時代を迎えるなか、世代を超えた資産形成を後押し

金融庁の税制改正要望…仮想通貨は…

日本経済新聞
相続株、長期保有促す 売却時の課税優遇、期限を撤廃 金融庁、税制改正要望
2018/8/27 18:02
こちらも注目!↓
>このほか、金融庁の税制改正要望では、少額投資非課税制度(NISA)の恒久化も盛り込む方針だ

相続株、長期保有促す 売却時の課税優遇、期限を撤廃: 日本経済新聞
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト