【07/04】仮想通貨など中銀版デジタル通貨の行方(経済教室)

仮想通貨NEWS一覧
 経済活動には、効率的で便利な通貨の仕組みが欠かせない。個人・企業など一般向け通貨には、中央銀行が主に発行する紙幣・硬貨など「現金」と民間が発行する「銀行預金」などがある。中銀が発行する通貨には現金のほか、金融機関向けに発行される「中銀当座預金」がある。民間の決済手段はスマートフォン、デビットカード、クレジッドカード、プリペイドカードなど幅広いが、いずれも現金と等価かつ電子化したもので、取引・決済の証明は民間が担う。

「【07/04】仮想通貨など中銀版デジタル通貨の行方(経済教室)」に対するTwitterの反応

仮想通貨など中銀版デジタル通貨の行方(経済教室):日本経済新聞
仮想通貨など中銀版デジタル通貨の行方(経済教室):日本経済新聞
仮想通貨など中銀版デジタル通貨の行方(経済教室):日本経済新聞
中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に: 日本経済新聞
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

[日経] 中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に-白井さゆり 慶応義塾大学教授
[日経] 中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に-白井さゆり 慶応義塾大学教授

●一般向け、スウェーデン・リトアニア先行
●カナダ・シンガポール、金融機関向け実験
●日銀は金融庁や民間企業との連携深めよ
仮想通貨など中銀版デジタル通貨の行方(経済教室)
仮想通貨など中銀版デジタル通貨の行方(経済教室):日本経済新聞
[日経] 中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に-白井さゆり 慶応義塾大学教授  #仮想通貨
すんげーまとも!笑
仮想通貨はこうなるやろーなって思ってたことを綺麗にまとめてくれてはる笑
中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に: 日本経済新聞
4日の「経済教室」は白井さゆり・慶大教授の論考です。各国の中央銀行がデジタル通貨の発行を検討しており、金融機関向け仮想通貨が軸になるのではないかと論じています。
仮想通貨など中銀版デジタル通貨の行方(経済教室):日本経済新聞
金融機関向け仮想通貨は業務改善に繋がるし技術的障壁や弊害もないのでガンガンやるべき。リテール向けは経済危機時に資金逃避先となって信用収縮を助長するデメリットなど冷静な議論が必要 / “(経済教室)中銀版デジタル通貨の行方 金融機…”
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
これからの。結婚相談所では。年収いくらもってるか?より。XRP何枚もってるか?が。重要視されそやの?わらう。IYRK
誤→銀行がXRPを使うわけがない。

正→銀行がXRPを使わないわけがない。
IYRK
XRP

0.5$調整期間の最期の砦です。

現在カップアンドハンドルの形を作り、保ち合いの中で上優位な展開を形成しています。

0.5$のサポート化が終了した場合、日足レベルの大きな上昇波動をつくる準備は出来ています。
XRP

一ヶ月かけて、高値からのフィボナッチ抵抗ラインを着々と攻略してきました。

これは単なる上昇でなく、大きな波動をつくるための準備です。

チャートにはいつでも段階というものが存在します。

大切なのは 大きな波 に乗ることです。
最近のメガトン級のファンダとは…

・xRがxCからシームレスに接続
・サイアム銀行がXRPを既に利用

これでもう十分やろ
まぁ。BCHあかん。おもたら。まずは。SBIが。マイニング。手引くおもとるで。わしが。みてるんは。そこだけや。わらう。IYRK
XRPが再評価される舞台は整った!!年末に向け飛べ!!XRP!!!!!
·

おはよう!
今日の夜はテーマ[仮想通貨]の番組配信をします!初心の方でもわかるようにお話できるように頑張ります!

ぜひ、気軽に遊びに来てください!
今の日本の企業や仕事の問題とからめてブロックチェーンの凄さが学べたら嬉しいなぁ!

お待ちしております!
取扱い取引所数が一気に10プラス。
保有者はなんと2万人増で全体で140万人超えました。
リップル争奪戦開始。

あなたのリップル保有数は世界で何番目に入りますか?

Moon
リップル社CEOがSWIFTとの提携の噂を払拭|「既にSWIFTの成し得なかったことを可能にしている」


リップル社のガーリングハウスCEOがブルームバーグとのインタビューに応じ、SWIFTとの関係性について触れた
またXRPのように実際に問題を解決している通貨が生き残ると言及
おすすめサイト