【07/04】中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に

仮想通貨NEWS一覧
 経済活動には、効率的で便利な通貨の仕組みが欠かせない。個人・企業など一般向け通貨には、中央銀行が主に発行する紙幣・硬貨など「現金」と民間が発行する「銀行預金」などがある。中銀が発行する通貨には現金の

「【07/04】中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に」に対するTwitterの反応

中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に: 日本経済新聞
メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

[日経] 中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に-白井さゆり 慶応義塾大学教授
[日経] 中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に-白井さゆり 慶応義塾大学教授 /
[日経] 中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に-白井さゆり 慶応義塾大学教授
[日経] 中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に-白井さゆり 慶応義塾大学教授 を投稿しました。
[日経] 中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に-白井さゆり 慶応義塾大学教授

●一般向け、スウェーデン・リトアニア先行
●カナダ・シンガポール、金融機関向け実験
●日銀は金融庁や民間企業との連携深めよ
すんげーまとも!笑
仮想通貨はこうなるやろーなって思ってたことを綺麗にまとめてくれてはる笑
中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に: 日本経済新聞
案4はショボい。データ産業革命()の起爆剤とするには案3がベストですね→「中銀版デジタル通貨案は一般向けと金融機関向けに分けられ、表で示したように全部で4つある」中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に:日本経済新聞
4日の「経済教室」は白井さゆり・慶大教授の論考です。各国の中央銀行がデジタル通貨の発行を検討しており、金融機関向け仮想通貨が軸になるのではないかと論じています。
金融機関向け仮想通貨は業務改善に繋がるし技術的障壁や弊害もないのでガンガンやるべき。リテール向けは経済危機時に資金逃避先となって信用収縮を助長するデメリットなど冷静な議論が必要 / “(経済教室)中銀版デジタル通貨の行方 金融機…”
中銀版デジタル通貨の行方 金融機関向け仮想通貨 軸に:日本経済新聞
挙げられているパターンのうち②が必須と思うが、白井氏がなぜ④を推されるのかよく判らない。金融機関向け仮想通貨の必要性とは何だろうか。
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
·

おはよう!
今日の夜はテーマ[仮想通貨]の番組配信をします!初心の方でもわかるようにお話できるように頑張ります!

ぜひ、気軽に遊びに来てください!
今の日本の企業や仕事の問題とからめてブロックチェーンの凄さが学べたら嬉しいなぁ!

お待ちしております!
取扱い取引所数が一気に10プラス。
保有者はなんと2万人増で全体で140万人超えました。
リップル争奪戦開始。

あなたのリップル保有数は世界で何番目に入りますか?

Moon
紐解くニュース、
【タイのサイアム商業銀行はすでにデジタル資産(=XRP)を保有している】

その他↓
■xCurrent4.0ではXRP(xRapid)をシームレスに使用できる
■XRP、9/21よりも11/12の方が出来高がある
1/2
タバコを卒煙してからはや1ヵ月以上が経過しました。
正直、こんなに毎日XEMを買えるとは思いませんでした。

「タバコはやめてXEMを買え。」

現場からは以上です。
ノアコインの下落に対して悲観している人は非常に多くいると思いますが残念な人たちなんだと思っています。普及しているにも関わらず、こんなにも安価で手に入るのですよ?悲観するより喜ぶべきです。
10万円が100万NOAH以上に!
何度も言いますがノアプロジェクトは詐欺ではありません。
#ノアコイン
明日以降ビットコイン価格の乱高下に注意すべき4つの理由、XRP(リップル)など主要アルトの上昇要因も


11月第3週は、仮想通貨市場にとって極めて重要な週となる。ハードフォークやバイナンスの大規模メンテ等によるBTCの乱高下要因と、XRP、BCH、XEMの上昇理由に関して解説。
#XRP
おはリップル

もし10年後に2000兆円ならどの様な推移をするのだろうか?

仮想通貨の実需で懸念されているのは価格の変動(ボラ)の大きさである。
これが早く改善される必要があり、それは市場の時価総額が増えるが答えである。

私は3年以内に1000兆円規模に向かうと見ている。

SKR
仮想通貨相場に大きな影響を与え得る「重要ファンダ」予定表


明日(日本時間15日午前5時45分 *米サマータイム終了)は、CBOEのBTC先物11月SQ。日本時間16日午前1時40分頃には、BCHのハードフォークが控えており、仮想通貨市場の乱高下に要注意。
XEMが再び上昇に転じ、13.6円まで価格が復調。
コインチェックの購入再開を受け、昨日時点では前日比50%高近くまで高騰していた。

関連記事
ネム(XEM)がコインチェック内購入再開発表で50%弱の大暴騰、ETHも5月以降初のトレンド転換に期待か
おすすめサイト