【07/01】「仮想通貨 信頼性が課題」IOHKのCEO

仮想通貨NEWS一覧
仮想通貨(暗号資産)スタートアップのインプット・アウトプット・ホンコン(IOHK)のチャールズ・ホスキンソン創業者兼最高経営責任者(CEO)は、日本経済新聞の取材に応じ、仮想通貨の現状と課題について

「【07/01】「仮想通貨 信頼性が課題」IOHKのCEO」に対するTwitterの反応

チャールズ 日本経済新聞の取材に応じたんだね!
やっぱり凄いね!
チャールズ 日本経済新聞の取材に応じたんだね!
やっぱり凄いね!
「法整備などが進み、健全性の担保に向けて動いている。価格の変動率(ボラティリティー)は高いが、健全性に必要な公正さと信頼性が確立されていない。将来は金や石油のように変動率と健全性は両立できると考えている」
Goguenの後に、芭蕉ね

―今後の展開予定について
「スマートコントラクト機能などを整えたい。歴史上の偉人になぞらえて、戦略を5つのフェーズに区切っている。今は第2フェーズの『シェリー期』で、今後は大規模データ扱う応用性を高める『芭蕉期』に入る」
[日経] 「仮想通貨、信頼性が課題」IOHKのCEO

>IOHKのチャールズ・ホスキンソン創業者兼最高経営責任者(CEO)は、日本経済新聞の取材に応じ、仮想通貨の現状と課題について語った。
日経新聞にも取材される #CARDANO プロジェクト
無料会員になれば読めます(^o^)

#ADA
「仮想通貨、信頼性が課題」IOHKのCEO:日本経済新聞
「仮想通貨、信頼性が課題」IOHKのCEO

(事業について)今は第2フェーズの『シェリー(詩人のパーシー・ビッシュ・シェリーから)期』で、今後は大規模データ扱う応用性を高める『芭蕉期』に入る

高度な例えすぎてまったくわからない

「仮想通貨、信頼性が課題」IOHKのCEO
『なぜエチオピア?
「エチオピアほど仮想通貨を作るのに適した国は無いからだ。人口の7割は30歳以下ともいわれ、生活が不安定でネットに精通した若者が多い国は、仮想通貨にぴったりだと思った」』|
「仮想通貨、信頼性が課題」IOHKのCEO: 日本経済新聞
【仮想通貨ニュース】「仮想通貨、信頼性が課題」IOHKのCEO - 日本経済新聞 /
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト