【06/11】人生100年時代 2000万円が不足 金融庁が報告書

仮想通貨NEWS一覧
金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの

「【06/11】人生100年時代 2000万円が不足 金融庁が報告書」に対するTwitterの反応

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。「95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になる」。厳しい現実を突き付けられた感がある。
「人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書」 『日本経済新聞』
ニュースが報道されるタイミングは、それなりのワケがあるわけで、これはあからさまに増税しないとこうなるぞ、という脅し。


であれば、13年間社会保険料(税)を上げ続けた責任を取ってからだろう。

これは一般企業ならば、必ず誰かが責任を取らなければいけない案件。
四十代は全力で働いて、全力で資産運用するしかない。
金融庁発表の老後資金2000万円必要っていう報告書では、資産形成のために投資を推奨してる。確かに投資で資産形成することも重要だと思うけど、シンプルに仕事で高い給料がもらえる職に就くことの方が大切かなと思う。そのために、その仕事のためのスキル等を身に付けるべき。
95歳まで生きるには年金だけでは2000万円足りなくなるという発表がありました

奨学金の返済、共働き、親の介護、副業の解禁、金融資産の形成‥‥、いろんなリスクや負荷が徐々に個人の側に寄ってきてる気がします

わからないなりに将来のことイメージしてくのは大事やで
金融庁の発表ってリアルに消費が落ち込むと思うんだけどなぁ。
記事の中で当たり前に触れている退職金とか転職や非正規雇用が
当たり前になったこのご時世に今消費が活発である20-40代の中で
どれだけ受け取れるのだろうか。
この状況で消費税増税も来るの?

2000万円もの貯蓄をしてる老人がどれだけいると思ってるのか?だとすれば若いうちから貯蓄をしろと?そりゃ中央官庁の連中みたいにたんまり給料貰ってれば使っても使っても貯まるだろうが一般市民には無理。益々少子化、景気低迷が進むだろうな。給料安いから使えないもん。
こつこつ円で積立した先には、現在の2000万円の価値あるかどうかに疑問を感じます
想像すると答えが浮かんできます、未来は人工知能やロボットが活躍し、人間はマイクロチップで支払いする時代だと思うので。

人生100年時代、2千万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
It's too serious to say anything.
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書
人生100年時代。

2000万は貯蓄ないと、老後、『あなたは死ぬ』

数日前の記事。元の金融庁の報告書もざっと見てみた。
収入減ったら、支出を減らすことで対応する方法もあるから、2000万円という金額だけ全面に出るのはどうなのだろう?
あと、65歳と60歳の夫婦で無職の設定だけど、70歳まで働けるように企業に要請してますよね?
このニュースを聞いた直後に社内基準に則り真面目に退職金を計算したが、2千万円を生み出して老後を迎えるのは、しんどいと予想される。35年家のローンとか組んで、退職金で完済させようもんなら、なおしんどい。
人生100年時代2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
こうなると企業が厚生年金支払いストップは難しいが国民年金払っている人は国を相手に裁判しながら国民年金支払いをボイコットしてもよいと思う(そして老後の2000万円の足しにする)
若者の皆さんいかがでしょうか?

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
定年までに2,000万円の老後資金が必要なら、消費税廃止しないといけない。
#消費税はもういらない
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞

思うところはいっぱいある!
そもそも平均所得っていうけど…、月収30万って普通じゃない人達がたくさんいる事に気づいて欲しい。
人生100年時代とか #老後に2000万円 必要とか、景気が悪くなることばっかり言うのはなんでなんだろう。個人金融資産の大半を待つ高齢者が財布の紐を締めるのは目に見えてるのに。 人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞

先日金融庁がこう発表しましたね

それなのにも関わらず
みんな危機感無さすぎ

なるようになると思ってるの?
なんもしなければ
なるようにもならないよ

行動&継続した人だけが
絶対生き残れる。。
今から2000万てさ、考えたら60歳まであと28年。月々約6万貯金し続けなきゃ行けないわけ?
#人生100年時代#2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
年金制度、崩壊してるとは言わなくても、それだけではリタイア後に生きていけないから、現役時代にしっかり資産形成しといてねーってお話

こういう流れが副業をポジティブなものに変えていってるのかな

でも楽しく働けなきゃ、しんどいだけ

充実した「複業」を!!

今さらだけど。これあなたたちが高齢者になる頃には2,000万老後資金が必要で、このままだと確実に足りないから、現役時代から投信や株式投資で資産増やさなきゃダメよあんたたちって金融庁さま直々に注意喚起したよって記事なのね
年金では2000万円足りないって・・・
いきなりは無理だから、今からの備えが大切ってことですね。
#日経 #相互 #副業 #投資 
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
現時点で毎月積立できてない人は、政府が言うように、まず『支出の見直し』が必要だと思う。支出の見直しというと、日本経済が悪くなる!ていう人がいるが、個人レベルではそんな事考えなくていいと思います。
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
円で貯蓄しておくのも危険と言うことか。外貨預金はどうすればいいのだろう?知識が全くない!預金するお金もないけど…

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書

#人生100年時代 結局は!お金がない人達は長生きできないよ~!と御上からのお告げだ~!!無責任国家!!!
今のうちから行動に起こすことが本当に大事

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
これ、経済に少しでも興味を持って情報とってたら、前から分かるはず。
だけど、金融教育をしないから知らない人が多いのが問題。他の国でやっているように、早く金融教育を学校教育からやっていくべき!!

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
金融庁が老後資金2000万円が必要との提言を出しました。今の生活で手一杯で貯金に回す余裕なんてないですよね。しかも国家予算は徴収60兆円に対して100兆円赤字垂れ流し予算。そりゃ年金支給も出来なくなりますよね。投資、副業で稼ぐしかないですね。
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報
てはじめにNISAの無税枠の拡大や仕組みの簡素化からだね。そのうえで減税幅を広げるべき。年金崩壊を認めたわけだから、大胆な改革は必要でしょう。いつもでも、国民を国家のシモベって考える江戸時代からの流れを改めるべき。
家とか車とか安いやつにしとく
→消費冷え込みスパイラル

どーすりゃええんだ。

日頃から節約してれば
2000万いらないし、2000万貯まる
と思うけど…

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞

これ、資産運用とか資金運用とかをするんだぞっていう、昔から言われていた話だと思うのですが…
「資産/資金 = 貯金」だと思い込んでる人には衝撃なのかな
子供がますます産みづらいっていう人いるけど、

①働き方見直して所得上げて貯める
②働かなくても収入見込める仕組み作る
③節約して貯金する

ってなると、
子供は②だから、
問題じゃない気がするんだよな。

いま親になんかあったら、
なんとかしようと思うもん。

夫婦で2000万か、これからは養育費も掛かるし、結婚しても子供産まないで老後の為に夫婦で貯めとけ!という国からのお達しが出たのね。
公文書偽造の得意な金融庁だけど、このデータは忖度あるの?

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
ケースバイケースなので、ライフプランを作って確認するのが良いです。作り方はこちら。

なんとなく定年後が不安なあなたへ。簡単なライフプランの作り方


人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
こういう報道があると消費冷え込む気がするんだよなぁそれでも増税するんかな/
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
毎月5万円の赤字が30年続くと2000万円不足。
逆に考えると毎月5万円づつ貯金して30年で2000万円貯まるということ。20代で始めてやっと今頃達成か~。結構大変だな。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
年金払いながら資産運用してます。もちろん2千万円を公的年金と別に貯めるつもりで運用してる。それでも…開き直られたら腹がたつ

いやそんなしれっと「この国の公助のシステムに期待しないでください、もう機能しませんから」と云われてもさ。> 人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
先日のイベントでも人生100年時代をテーマとして取り上げました。
お金がないのも問題だけど、定年から30年なんて途方もない時間をどう使おう…
そもそもまだ30年も生きてないから想像できない
#明後日で生まれて22年

夫婦で生きるには2000万円要るとか。
本気で稼いでいかないと死にますね。
2000万じゃ、全然足りないと思うけど〜www
金融庁の発表なんか待たなくたって、分かってたじゃーん。

まぁ、公に認めちゃったのが問題なんだけどね…

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
ごめん、年金溶かしてしもて
もらっといて悪いねんけど
下手したら払えへんかもしれん。

もうどうにもならんし
自分らでなんとかしてー

これが日本の正体
少子高齢化や財政の問題もとっくのとうに、何十年も前から予測してきたのに、人気取りのために手を打ってこなかった末路。

2050年には団塊ジュニアが年金を食いつぶす可能性という試算も。

年金はでないと思ったほうがいい。 #NewsPicks
令和元年は政府が国民の扶養を放棄した歴史的年となった。

良いか悪いかは別として、「無理なものは無理」と表現したのは素晴らしい。

国民総投資家時代が幕を上げた。

強制的に。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞

消費増税を上げようとする、財務省と金融庁の謀略ではないか。消費増税は凍結すべき。日本の年金制度は破綻してない。
お金を貯めておくのもそうだし、そもそも60歳とか65歳とかで仕事を辞めるのか。続ける場合、どんな働き方なのか、とか。色々準備しておかないとですね。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
100年時代とか言われても100歳まで生きることに魅力感じないからなー
すごくインパクトあったこの記事。上司は(65歳で2000万なんて、退職金あるから余裕やな。」
一般人の感覚とズレていると感じた瞬間。
このズレが日本の未来をさらに暗くする。
人生100年時代がもう来てます
ライフシフト勉強会ではこれからどう生きていくかの提案しています将来が不安な方、今、金銭的にお困りの方、ぜひ聞いて下さいメッセージにてお問い合わせ下さい

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞

自衛と自営の力を高めないとならないのかな。
勉強しなきゃ。
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
国の失敗でよく言うよな!2000万足らない言う前に国会議員や公務員の給料を減らせ!!!
100年も生きなくていい
もういいやって思ったときに潔く終わらせたいっていうのはわがまま?
死ぬ権利もあるはず
老後のために節約して楽しみを我慢するとか、何のために生きてるのか分からない

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
「子供は人形じゃない」
トグサ君の言葉の重みは常々考えされられるが
「私」の現代では残念ながら子孫と生活とで天秤にかけてしまうように
安楽死も来ない以上
子供を節約対象にしなければ本当に死んでしまう

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
社会人として、真面目に働いていれば、「国」や「企業」が守ってくれる。そんな時代は終わり、今や終身雇用<能力主義に変わってきています。
いろんな方が言われているようにこれからは、「個人の稼ぐ力」が大切
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
みんな、ちゃんと貯蓄と運用で貯めるんだよ!
わからない方はご相談を!

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
政府の出す数字は信じない!という室井佑月さんみたいな反アベ反原発界隈は当然この数字も信じてないやろ?日本の年金は大丈夫だ、老後は安泰だ、と疑ってないやろ?え?あれ?違うの?
【人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞 】
簡単に2000万円不足って言われてもねー…
物価は上がれど給料は…
やり繰りしても、なかなか貯められない
投資は、ヘタしたら減っちゃうしなー…

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
エビ偽装のスルガを絶賛し、1年前地銀に評価損の外債(現在爆騰中)を損切りさせた金融庁様のお達しダゾ

人ごとではないそりゃ頑張って貯金もするけど、もしこれが本当なら国は「貯蓄を頑張ってね」って言うのではなく税制や社会保障を見直してほしい。これまでの負の遺産が多すぎて、そのツケが回ってる

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
年金制度の破綻宣言だよね。さっさと定年上げるなり廃止にしましょう。iDeCoに回せるお金がない人も多いだろうし、日本株に投資したい人いないだろうし、政府の責任放棄だよね。まあ、政治が腐ってれば、金融庁も発表しただけ御の字かもね。
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞

とりあえずある程度のマンションを買って、最後はそれを抵当にいれれば生活費を賄え、亡くなった時は銀行が売ってくれる。相続紛争も起きない。

は売れると思ってる。
ここがまず最低ラインかな。
これ変な感じで広まってるけど、よく考えればおかしいからね。

初期の5万円の赤字はともかくとして、5万円もの赤字を毎月顧みず30年も延々と垂れ流して漫然と過ごす想定とか普通じゃないから。

【人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞】
60歳で2000万円ってのがここ最近あちこちで踊ってるけど、「100歳まで生きる」ってのと「夫婦で」って前提条件が付いてる。

100歳まで生きるつもりもないからなぁ~

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
国や年金制度を批判したり、節約や貯金など明らかに無理な方法で窮屈になるより、

収入を生み出せる人になるほうが、
楽しいと思うんだ(^^)

だから、人と違うことしてる看護師になりたいと思ったのよね。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書 。『長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。』破綻する制度の改革を先送りした今の老人の支給を基礎年金だけにしろ!
金融庁が資産形成を国民に促すというのは、政府として社会保障という行政を放棄しているに等しい。もちろん、現行の定年退職制度も改革すべきだとは思うが、社会保障費をちゃんと支出すべきだ。緊縮財政を卒業すべし
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書
政府が年金だけでは破綻することを認めた形。投資等の自助努力を促している。だけど人の不安を煽る甘い投資話にも注意したい。真面目にコツコツ。>人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
ニュースでもかなり報道されているけど
今、将来を考えられない人は
後々苦しい生活を味わうことになる。

政府がなんとかしてくれる
きっとなんとかなるだろうでは遅い

今どれだけ行動できるか。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
投資で大きな資産を作るにはある程度の元手と運用期間が必要なのでそれ以外に、雇用されなくても収入を得られる「自分のビジネス」を作っておくことも重要じゃね?人生100年時代に必要なのは投資よりもむしろ、何らかのビジネスを作っておくことだとワイは思うけど。
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書

60歳の時点で2000万持ってないと95歳まで生きるの辛いか・・・・・2000万かぁ・・・・・・
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
夫婦で約2千万円って。
若い人は今後結婚するかまだわからないだろうし、2千万円と言われてもあんまりイメージできないんじゃないかな。
老後の資産2000万円と聞くと焦りますし、不安になりますよね。
私も報告書は読みました。

ですが、事実なんです。
大事なことは現実を受け入れ、今からでも前を向いて行動することです。

弊サイトは、そんな行動を手助けするコンテンツを出していきたいと考えています。
今さら騒ぎ過ぎ。
老後のお金が不足することくらい単純計算すればわかるのに。
日本人はあまりにもお金の意識が低すぎる…。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
生まれて嬉しくない国になったな。

子どもが将来お金に苦労し続けるとか
悲しくて、さらに出生率も下がるわな。
ひたすら金を吸い上げる国
軍備増強の国
安倍首相は、旧帝国時代の転生者かよ。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
これはある意味仕方ない。年金掛け金を際限なく上げられないから。恐らくこれから生活保護を縮小して親族で面倒を見るように、となることが議論になる。介護も老後も生活保護も自己責任になりかねない:人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
早い段階で年金制度の問題点は指摘されていたかと思うが、なぜ対応出来なかったのかね?

これからはもっと給与水準は下がるし、生活するの無理でしよ。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
年金制度の崩壊や大企業の終身雇用終焉など社会インフラが揺らいでいる。資産運用も重要だが、長く働けるスキルを身につけるべく、主体的なキャリア形成をしていく方が先。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞

#キャリア #転職
なんで95歳??そんなに生きるのはマイノリティだし、いざとなれば生活保護もありますよね。投資を煽りたいのかと勘ぐってしまいます、、、/人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
老後2000万円必要なのに、安易に35年ローンで家を買う人が多いです
以前と違い年功序列で賃金も上がらない、退職金も少ない時代、住宅購入前は必ずFPに相談を

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
株の税金10%に戻そうよ。
今の世代ですら赤字ということは
今後更に支給が減る将来は真っ暗だな

65歳を超えて2000万円は…無理

「夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯では、毎月平均5万円の収支不足が生じているとし、今後30年の人生があるとすれば、単純計算で2000万円が必要と試算」

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
だから、老後どころか1年後生活してるかどうかかもわかんないんだよ!

電波の無駄遣いだから黙れよ

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
目先の蓄えですら難しいのにね。自分が老人になったら爺捨て山に行くんだろうなぁ・・・。現実的には自分が早めに病死して保険金で嫁に長生きしてもらうのが前向きなプランかw

⇒ 人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
今の厚生年金受給額での試算でしょうに。
この先は年金貰える保証すら無く政府は国民に死ぬまで働かせようとしてるんだからこんな事発表して頭おかしいんじゃないかと思う。
支える誰かを犠牲にしてまで100年も生きたくない。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書
クソ高い厚生年金保険料を自分で運用させてくれ。/人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書  :日本経済新聞
働き方改革とか言ってる場合かと思う。効率よく働ける人はともかく、時給を稼がないといけない人は破滅する。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書  :日本経済新聞
貯金2000万では足りないでしょう。
だけど、いくつまで生きるのかは、誰にもわからないんだよね。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
【それで年金不足は投資で稼げか?】金融庁の報告書のよる「30年間で約2000万円が必要」とする試算根拠は、厚労省が示したものだった。麻生財務相の「政府の政策スタンスと異なっている」は嘘だ。この間の「人生100年時代」に年金支給年齢70歳という政策と整合している。
本当に不足は2000万円なのでしょうか。
公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。

要するに死にたく無いなら株を買え、ですか。制度を見直すという発想は全く無いようですね。このままだと将来は道端に餓死者が転がってる国になりますよ。
大丈夫だよ俺たちには #MMT がある
2000万円を自分で確保せよという自己責任論は置くとして、まとまったお金を銀行や証券会社に預けると仕組債を勧められるよ。
あと日本の投資信託は手数料が高くてなかなか利益が出ないよ。

さすがは無責任、能無しな霞が関官僚が起こす、放置国家の極み。
官僚の盗人猛々しいとはこのこと。
ろくに日本国民に金融リテラシーの教育がなされないのに、長期・分散型の資産運用しろだと?
だったら、自分で資産運用と資産形成をやるから、公的年金を全額今すぐ返せや!
いやもうとりあえず今まで払った年金返してほしいし、これから先は年金制度をやめてほしい。
このまま年金払わせ続ける上に自分達でなんとかしろはそもそも論として違う。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
「人生100年時代」2000万円不足するのは、定年まで勤めた平均的な夫婦世帯が対象です。年金収めてない人は、65才から無職で95歳まで暮らすためには、月20万円として7200万円が必要ということなのです。年金制度反対の人は、65才までに7200万円貯金できますか?

年金を当て込んだ人生設計はもはや出来ませんね。金融庁は「あなたの老後はあなた自身で何とかしてよ」と定年70歳と年金払えないことの布石を投じた。そのくせ仮想通貨で稼いだ金は雑所得にして貪り、引き剥がしていく。
この国はどうかしてるんじゃないでしょうか?。。。
年金収入に頼った生活設計だと、男性65歳以上、女性60歳以上の夫婦で毎月約5万円の赤字に。95歳まで生きるには夫婦で約2000万円の資産取り崩しが必要――。金融庁が資産形成を促す報告書をまとめました。
退職(65歳)まで月々いくら積立すれば2,000万円になるか?

20歳:38,000円
25歳:42,000円
30歳:48,000円
35歳:56,000円
40歳:67,000円
45歳:84,000円
50歳:112,000円
55歳:167,000円

※利回りゼロの場合
【老後2000万円が必要 金融庁】


金融庁は、人生100年時代において、金融資産の不足を生じさせないための提言を盛り込んだ報告書を取りまとめた。生活水準を維持するには保有資産の運用など「自助」の取り組みが重要と指摘。
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
年金制度がこのまま弱体化していくと、夫婦で毎月5万円の赤字になるとの試算なのか。
夫婦共々95歳まで生きるとすれば、2000万円の貯蓄がいる…と

95歳って途方も無い…
本気で年金なんか払いたくないって思ってしまうよね。
自分の時はもらえないのに、なぜ払わないといけないのか。。
強制的に払わされるから払ってるけど、拒否できるのであれば絶対拒否したい、こんなもん。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
60代から働かず100歳近くまで生きて2000万円やったら安いんじゃないか

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
死にたく無いなら株を買え!長期・分散型の資産運用の重要性を強調
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
今29歳の私が60歳まで働くとして、今払ってる厚生年金保険料を毎月そのまま貯蓄に回せれば2000万円余裕で貯まるよ!株価操作で溶かされて下の世代にも負担かけて、どうせ年金ほとんどもらえないなら自分で貯蓄運用させてほしい
年利2%でささやかに運用するから
こんな発表は内閣が吹っ飛んでもおかしく無いので普通だったら選挙前にはしない。それでも自民党は勝てると見込んでいる。そしてその予想は多分正しい。
元本ガリガリ減ってるんですが。
人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
誰もが金融リテラシーを求められるね。これはトレンドになる。
富の獲得方法は、労働マーケットと、金融マーケットの2種類しかない。元気なうちは労働マーケットに従事できるが、老後は不可能。
金融庁の報告書、人生100年時代、2000万円が不足に釈明。 

「報告書不正確であり、誤解を与えるものだった。」
 


ただ・・ 輩は走り出します、皆さんは正しく学んで下さい。。
#人生100年時代#年金 だけでは足りず2000万円不足
退職金が減り、今後年金が減る見通しもある中、金融庁では若いうちから投資など自助努力で資産運用を始めるべきと警鐘。 いよいよ真剣に投資について学ぶべき時期に来ています。
(続)この厳しい結果を踏まえて金融庁が3日に「人生100年時代、公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性」と発表したのだろう。
先の記事では「高齢者に払う年金の原資を「仕送り」する現役世代が少子化で減っていくためだ。」としている(続)

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書:日本経済新聞
はぁ。僕はベーシックインカムとロボット、AIフル活用で、無一文で老後迎えてもなんとかなる世の中を目指すよ。現役世代の労働時間も週4,午前中だけくらいで。学校も週3くらいでいいと思うよ。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
お怒りの方々の中で、本報告書内の月赤字5万円にかかる収支の中身をきちんと見てる人どの程度いるのだろ。。

支出には『教養娯楽2500円』とあるね。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書: 日本経済新聞
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト