【06/09】インディーゲーム元年 世界へ冒険(日経MJ)

仮想通貨NEWS一覧
 個人や小集団で製作する「インディーゲーム」がレベルアップしている。開発ツールなどが充実し、プログラムの経験値ゼロでも世界市場を狙えるようになった。スマートフォン(スマホ)などのゲームアプリ市場は20

「【06/09】インディーゲーム元年 世界へ冒険(日経MJ)」に対するTwitterの反応

インディーゲーム元年 世界へ冒険(日経MJ): 日本経済新聞
インディーゲーム元年 世界へ冒険(日経MJ):日本経済新聞
インディーゲーム元年 世界へ冒険(日経MJ):日本経済新聞
インディーゲーム元年 世界へ冒険(日経MJ):日本経済新聞
「面白い使い方を最初に見つけるのはインディーの人たちかも」。#WWDC18 で出た新機能について、ゲーム開発者と話していた時に挙がった話題です。「そうかも」と思わせる記事がちょうど日経MJから転載されていました。
自分もゲームは作ってみたいけど、『一獲千金のチャンス』みたいな煽りはやめよう(笑)「App Store で配信されてるアプリの8割はゲーム」だということは忘れてはいけない。ツルハシを持って大挙して金を掘りに行くようなもの。市場は大きいが、当然その分競争は激しい。
インディーゲーム元年 世界へ冒険(日経MJ):日本経済新聞
大手企業がインディーゲームの発掘に力を入れる背景
”開発費が高騰し、大作は100億円以上の予算規模~
そのためリスクを避け、一定数ファンの購入が見込める人気作の続編などに開発費を投じることが多くなった。だが、新しいゲームファンを増やすには新作も欠かせない”

インディーゲーム元年 世界へ冒険
高額の大作ができないニッチな市場開拓の余地はすごく大きいと思う。開発ツールも充実して、プログラミング素人でも参入できるようになっていることも大きい。/インディーゲーム元年 世界へ冒険(日経MJ)
これ。クリエイターはUnityを使いますよね。Unityで使われる仮想通貨は #GameCredits になる予定です。クリエイターへの支払いも既存プラットフォームでは数週間かかりますがGAMEなら数日で済みます。徐々に色々つながってきた気がします。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト