【06/07】出直し仮想通貨(3) マネロン抑止 国境の壁

仮想通貨NEWS一覧
 「マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがある取引が見つかりました」。3月、東京都心にオフィスを構える大手仮想通貨交換会社の一室で、報告を受けた同社の役員は顔をしかめた。「またか。最近多いな」 日本で

「【06/07】出直し仮想通貨(3) マネロン抑止 国境の壁」に対するTwitterの反応

[日経] マネロン抑止、国境の壁 出直し仮想通貨(3) (ルポ迫真)
海外では、仮想通貨を使って闇サイトで違法薬物などを購入し、転売して資金洗浄する手口も横行。葛野は「国ごとの対策では限界がある。日本の政府や業界団体は国際的なルール整備を積極的に呼びかけるべきだ」と話している。
マネロン抑止、国境の壁 出直し仮想通貨:日本経済新聞
マネロン抑止、国境の壁 出直し仮想通貨:日本経済新聞
[日経] マネロン抑止、国境の壁 出直し仮想通貨(3) (ルポ迫真)  #仮想通貨
マネロン抑止、国境の壁 出直し仮想通貨:日本経済新聞
マネロン抑止、国境の壁 出直し仮想通貨(3)
『マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがある取引が見つかりました」。3月、東京都心にオフィスを構える大手仮想通貨交換会社の一室で、、、』って、あそこですよね…?

出直し仮想通貨(3) マネロン抑止 国境の壁:日本経済新聞
マネロン抑止、国境の壁 出直し仮想通貨:日本経済新聞

「疑わしい取引」の届け出義務を課した。 警察庁によると、17年4~12月の届け出は669件。

弁護士猿倉健司
日本の仮想通貨規制は世界でも最高レベルと言われる。しかし、インターネットでやり取りされる仮想通貨は国境を跨いだ取引も容易だ。国境を越えた不正送金などは規制が難しい。国ごとの規制だけではなく、国際的なルールの枠組みが必要だ。
日経報、出直し仮想通貨 マネーロンダリングの抑止
「マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがある取引が見つかりました」
「中国の口座にカネが入るところまでは追えたが……」。警視庁幹部は唇をかむ。

こういうのが取材ですね。

出直し仮想通貨(3) マネロン抑止 国境の壁: 日本経済新聞
「国ごとの対策では限界がある。日本の政府や業界団体は国際的なルール整備を積極的に呼びかけるべきだ」
とは言っても、国際ルールを執行するのは各国政府。結局国ごとに意識が異なっていればルールがあっても履行が確保されるわけではない。
ウォルターも今の時代ならそうするのかな

マネロン抑止、国境の壁 出直し仮想通貨(3):日本経済新聞
出直し仮想通貨マネロン抑止 国境の壁:日本経済新聞

マネロン等防ぐには仮想通貨でなく日本円での入出金が1番安全だわニャ。だからSBIは安全第1優先にしたのかなン?

仮想通貨は国境をまたぐ取引も容易で、本人確認も甘い海外の交換会社を使われると追跡は難しい
出直し仮想通貨(3)マネロン抑止 国境の壁
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト