【05/15】仮想通貨技術で国際送金

仮想通貨NEWS一覧
 三菱UFJ銀行と三菱商事は14日、米リップル社の仮想通貨技術を使い、国際送金の実証実験を月内にも始めると発表した。一般的に使われている国際送金は数日間かかっていたが、数分で済むなど時間が大幅に短縮で

「【05/15】仮想通貨技術で国際送金」に対するTwitterの反応

仮想通貨技術で国際送金 : 日本経済新聞
正しい使い方。
昨年もMUFGの動きで上昇しました。 #XRP これはBic wave の予感…

#Ripple #MUFG

国際送金「数分で」…仮想通貨技術で実用化
仮想通貨技術で国際送金 実験 - Y!ニュース #Yahooニュースアプリ
私達の生活に浸透する新技術。
投機ではなく新産業として育てている。
目先の騰落はノイズに過ぎない。
閾値を越えれば爆発的な急騰が来る。
企業の時価総額を担保に、株式で投資をする時代から、アプリ単体で投資をする時代へ、揺やかに移行している。

これが、未来を想定する上での重要な文脈だ。

仮想通貨は、その入口で起きているひとつの現象にすぎない。

やがて通貨は銀行ではなく、デバイスに支配される。
日本の新聞社はこのところブロックチェーンも分散台帳技術も全てひっくるめて「仮想通貨技術」と言うことにしちゃっているのかな? 一般人の耳に馴染みやすいから?
三菱UFJ銀行と三菱商事は14日、米リップル社の仮想通貨技術を使い、国際送金の実証実験を月内にも始めると発表した。

#xrp
仮想通貨技術で国際送金 実験 | 2018/5/14(月) - Yahoo!ニュース @YahooNewsTopics
丸の内グループの逆襲やー
仮想通貨技術で国際送金: 日本経済新聞
最近リップルのニュース多いですね

仮想通貨技術で国際送金:日本経済新聞
今日の日経で適社探し 仮想通貨技術で国際送金:日本経済新聞  金融経済
リップルついにyahoo TOPに掲載
ついに始まるのか、始まるよね?

仮想通貨技術で国際送金 実験 2018年5月14日
暗号資産「XRP」の実ユースの近未来が確実に近づいている。
その先は #XRP本位制 の到来かな~
#xrpthestandard #XRP #Ripple
国際送金、数分で完了=三菱UFJ銀などが実証実験:時事ドットコム ついに来たか...
XRP、、、

仮想通貨技術で国際送金: 日本経済新聞
仮想通貨技術で国際送金 三菱UFJ銀など、時間・コスト大幅減 :金融経済面から
国際送金を数分で 仮想通貨技術使い三菱UFJ銀など
日本のメガバンクが怪しいモノの技術をわざわざ使う訳ない

将来的にはXRPそのモノを使うというニュースでMOONだね⤴︎

「三菱UFJ銀行と三菱商事は14日、米リップル社の仮想通貨技術を使い、国際送金の実証実験を月内にも始めると発表した。」

国際送金「数分で」…仮想通貨技術で実用化:読売新聞
【UFJがリップルネットの実証を今月開始!!】
これは大きいですよ!しかも英(香港含)スタンダードチャータード銀行の協力です。
注目は三菱商事の企業間送金を始めから想定していること。個人送金と扱う金額が桁違いですよね
■三菱商事など大企業は月に数万件の国際送金
三菱商事とMUFGによる、Ripple技術を活用した新たな国際送金の仕組み作りについて読売新聞一面トップ記事で扱って頂いています。日本代表する事業会社と銀行が手を組んでの先進的な取り組み、大変ありがたいです
こんな何でもデジタルでスムーズになってる時代に今の送金システムはおかしい!!何かそうしない意図を感じてしまうのは僕だけ??手数料もちょっと取られすぎかなぁ、、、

でも、全てが変わりますよ(^^)イェイ!

国際送金「数分で」…仮想通貨技術で実用化:読売新聞
来たな。三菱UFJグループ、仮想通貨技術を利用し国際送金の仕組みづくりに乗り出すようだ。

【 仮想通貨技術で国際送金】
今朝は日経新聞にリップルの文字昨日は読売一面
XRPの波が来る~

三菱UFJ銀行と三菱商事は14日、米リップル社の仮想通貨技術で国際送金の実証実験を月内にも始めると発表
国際送金には数日間要するが、数分で済み大幅な時間短縮に

MUFGが実証実験始めるってよ!

タイのアユタヤ銀行の口座からシンガポール・ドルを送金。スタンダード・チャータードのシンガポールの口座で受け取る。

日本経済新聞にも、三菱商事さん、MUFGさんらとの実証実験について、取り上げていただきました!
おはようございます!

これはリップルにとって期待大なんじゃない( 。゚Д゚。)

I'm リップラー♪( ☆∀☆)/

国際送金、数分で完了=三菱UFJ銀などが実証実験:時事ドットコム @jijicomから
国際送金「数分で」…仮想通貨技術で実用化 : 読売新聞
今まででも10分以内で届ける方法はあります。それより両替コストと送金手数料がどれだけ安いかがポイントです。
国際送金でのブロックチェーン技術利用は仮想通貨が当初描いていた発展の形。投機先行で技術が後を追う構図はITバブル崩壊後のIT技術発展と同じ進路。「国際送金を数分で 仮想通貨技術使い三菱UFJ銀など」:日経電子版
[時事] 仮想通貨技術で国際送金=三菱UFJ、三菱商事など実証実験

>実験では、タイからシンガポールにシンガポール・ドルを送金する計画。実証実験に使う分散型台帳技術は米リップル社が開発したもので、データ改ざんなどの不正が起きにくいとされる。
Ripple新聞記事の内容だね。
これは企業にとってもインパクトのあるニュースだろうね!

国際送金が、数分で、割安に。そして手続きも簡略化。
これほどの変革がRippleにはできるのさ!もっと早くニュースになるべきかと思ったけど、

ここはRipplerの先見性を誇るべきだね!
仮想通貨技術で国際送金 実験 2018年5月14日
数分って書いてるけどリップルの所わ数秒だよね〜(๑>◡<๑)
#XRP #リップル
■国際送金「数分で」…仮想通貨技術で実用化

←コメント:三菱商事と三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、海外の大手金融機関と協力し、新たな国際送金の仕組みづくりに乗り出す
朗報!!読売新聞に三菱商事の名前とともにリップル様が掲載!!!
今朝の読売一面ものってるらしいよ!
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト