【05/07】仮想通貨闇との攻防(下) 取引実態捕捉へ包囲網

仮想通貨NEWS一覧
 東日本の国税局で法人税などの調査を担当する職員は2017年、税務調査先の会社事務所で小さな紙片を見つけた。記されていたのはQRコード。アドレスや「秘密鍵」と呼ぶ暗号コードなど、仮想通貨の取引に必要な

「【05/07】仮想通貨闇との攻防(下) 取引実態捕捉へ包囲網」に対するTwitterの反応

国税当局は仮想通貨を使った課税逃れや資産隠しへの警戒を強める。実際に購入して仕組みを研究。一部の交換会社の協力を得ながら、高額取引者のリストを作成した。

 警視庁も17年12月、大手交換会社10社との間で情報共有に向けた協定を締結した。
仮想通貨闇との攻防(下) 取引実態捕捉へ包囲網: 日本経済新聞
[日経] 取引実態捕捉へ包囲網 他国の身元確認、なお甘く 仮想通貨 闇との攻防(下)

>税務調査先の事務所で小さな紙片を見つけた。記されていたのはQRコード。アドレスや「暗号コードなど仮想通貨の取引に必要な情報を紙に印刷して保管しておく「ペーパーウォレット」だった
業者・取引者の行動目的や本性・欲望に根差す問題であり、社会的効用の欠落がどう足掻いても末路を確定する。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト