【04/20】TSMC「スマホの次」育む 車載・AIが柱に

仮想通貨NEWS一覧
 半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が半導体市場の変化を先取りする戦略を加速している。スマートフォン(スマホ)市場の飽和で逆風が吹くなか、2018年1~3月期は、仮想通貨特需で最

「【04/20】TSMC「スマホの次」育む 車載・AIが柱に」に対するTwitterの反応

[日経]TSMC、スマホの次 育む 車載・AIが柱に 半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が半導体市場の変化を先取りする戦略を加速している。スマートフォン(スマホ)市場の飽和で逆風が吹くなか、2018年1~3月期は、仮想通貨特需で最高益を更…
TSMC「スマホの次」育む 車載・AIが柱に: 日経

台湾TSMCの業績推移とセクター別売上構成比。1~3月期は、iPhoneの「X」の不振や中国スマホ市場の落ち込みを仮想通貨のマイニングに使われる「ASIC(エーシック=特定用途向け集積回路)」と呼ばれる半導体が補った。
TSMC、スマホの次 育む 車載・AIが柱に - 日本経済新聞
虚業と実業の接点→マイニングは取引システムの維持に協力する報酬として仮想通貨を受け取ることを指し、膨大な計算を繰り返す必要がある。より多くの仮想通貨を得るため半導体メーカーが最新のASICを次々に投入し、TSMCに特需をもたらした
TSMC、スマホの次育む 日経
車載・AI…
ん〜なんだかなぁワクワク感がない
TSMC、スマホの次 育む 車載・AIが柱に:日本経済新聞
"制御技術の高度化に伴って、自動車に搭載される半導体の数は急増している。先行きが見通せない仮想通貨関連と違い、こうした分野は中長期的に伸びが続くとみられる。"
[NIKKEI]TSMC、スマホの次 育む 車載・AIが柱に 1~3月は仮想通貨特需
「TSMC、スマホの次育む 車載・AI半導体柱に 1~3月最高益 仮想通貨が特需」 ( )を読んでるよ。
より多くの仮想通貨を得るため半導体メーカーが最新のASICを次々に投入し、TSMCに特需をもたらした

TSMC、スマホの次育む 車載・AI半導体柱に:日本経済新聞
『足元では車載用など産業向け半導体が好調だ。制御技術の高度化に伴って、自動車に搭載される半導体の数は急増している。』
TSMC、スマホの次 育む 車載・AIが柱に:日本経済新聞
TSMC、スマホの次 育む 車載・AIが柱に:日本経済新聞
タグ

Twitter プロフィール
人気のツイート
XRPの歴史を調べれば調べるほど

「ここで上がるだろ!」
「これなら上がるだろ!」
「今年は期待出来る!」

というタイミングで上がってないのがよく分かる。今は過去であり未来であり現在。繰り返されてきた歴史というわけだ。

という訳で今までのスタンスのまま投資続行。何一つ変わらない。
$BTC
リブラ公聴会ショックで一気に10000ドル割れ
一時期600~700ドルあった先物乖離もいつのまにかほぼ消えた。先安感からのバックワーデーション発現。
ここをそこ抜ければきれいにダブルトップ完成。
目先反発あってもいいけど・・

#TradingView
BTC建てでXRPの価格が急上昇してたから円建てもきたかな?と思って見てみたら無風だった。

今、BTCが下落したのとタイミングをほぼ同じだから、要はBTCが下落したことによって、相対的にXRPのBTC建て価格が上昇したってこと。

3000サトシを回復して欲しい。2000サトシ台は、正直、目にしたくない。
XRPの週足。うーーーーん。今はまだ私にはわからない!
ビットコイン日足
午前1時からの1000ドル暴落、ギリギリ致命傷だったわ。
強く機能すると見ていたと上昇トレンドラインを割った。チャネル内に戻せるかどうか。8900、7500にサポートがあるがどこで反転するかな~。今は反発狙いのロング中。
残った2.7BTCからやり直しじゃ。
グレースケールのビットコイン投資信託

ビットコインにペッグされたERC20トークンのWBTC

bakkt先物

どんどんBTCがロックされていく商品が増えてく

いまは誰もビットコイン欲しがらないけど
2100万枚争奪戦激化中
もともと先に下がってるということもあるが、XRPはBTC建では見ての通り上がっている。

ポジティブシンキングでしかないが、今日とて晴れない天気。そんな日もある。雲がどく日も来る。
7/17(水)7am @ohmymorning795
今朝も、気になる情報だけを #大前亮将 @Omae_PuriKin がとびきりの音楽に乗せて紹介。
ohmy@radio-neo.jp
#おおまえ #radioneo795 #radiko
ブログを更新しました。「ビヨンド・ミートを使った苦肉の策?」
おすすめサイト