【03/29】マイニング不正:他人PCで仮想通貨「採掘」無罪 無断作動「ウイルス」否定 横浜地裁判決

仮想通貨NEWS一覧
 仮想通貨を獲得するマイニング(採掘)のため、ウェブサイトを閲覧した人のパソコン(PC)の演算機能を無断で動かすプログラム「コインハイブ」は違法なコンピューターウイルスか。コインハイブを自身が運営するサイトに設置したなどとして、男性が不正指令電磁的記録(ウイルス)保管罪に問われた裁判で、横浜地裁は2

「【03/29】マイニング不正:他人PCで仮想通貨「採掘」無罪 無断作動「ウイルス」否定 横浜地裁判決」に対するTwitterの反応

高木浩光・情報法制研究所理事「ウイルス罪が守ろうとしているのは、プログラムに対する社会の信頼なのだから、誰にとっても不正なものだけが対象となるべきだ。今回のように使う内容を個々に判断することになれば、新しい技術が出る度にウイルスだと言われかねない」
高木理事「保護法益はプログラムに対する社会の信頼なのだから、誰にとっても不正なものだけが対象となるべき。今回のように使う内容を個々に判断することになれば、新しい技術が出る度にウイルスだと言われかねない」/マイニング不正:他人PCで仮想通貨「採掘」無罪
この記事にコメント出てるはず。
コインハイブの無罪判決。全国の警察は昨年3~6月無罪となった男性を含む10人以上を検挙しました。技術者を中心に反発の声が噴出し社会通念自体がIT知識によってかけ離れている実情が明らかになりました。横浜地裁判決は「行き過ぎの感を免れない」と苦言を呈しました。
マイニング不正:他人PCで仮想通貨「採掘」無罪 無断作動「ウイルス」否定 横浜地裁判決 坂村健・東洋... (毎日新聞)
”本間敏広裁判長は、コインハイブは「人の意図に反する動作をさせるプログラムに該当する」と認めた。一方、不正な指令か否かは、プログラム内容が社会的に許容しうるかどうかで検討すべきだと指摘” / “マイニング不正:他人PCで仮想通貨「採掘」無罪 無断作動「ウイル…”
4ヶ月で10人以上検挙。「技術者を中心に反発する声が噴出し、社会通念自体が世代やIT知識によってかけ離れている」。横浜地裁も当局が決めた規範を「行き過ぎ」と釘刺し。→マイニング不正 他人PCで仮想通貨「採掘」無罪 無断作動「ウイルス」否定 横浜地裁判決(毎日)
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト