【02/28】仮想通貨悪用疑い7000件=業者届け出 昨年急増-警察庁

仮想通貨NEWS一覧
仮想通貨が犯罪収益のマネーロンダリング(資金洗浄)などに悪用された疑いがあるとして、交換業者が昨年1年間に届け出た「疑わしい取引」が7096件だったことが28日、警察庁のまとめで分かった。669件だった前年(4~12月)から急増した。 2017年4月施行の改正犯罪収益移転防止法で、顧客の本人確認や疑わしい取引の届け出などが仮想通貨交換業者に義務付けられた。警察庁は「届け出義務が定着してきた。金融庁による指導強化の影響もあったのではないか」と分析している。 届け出には、複数の利用者の本人確認書類に…

「【02/28】仮想通貨悪用疑い7000件=業者届け出 昨年急増-警察庁」に対するTwitterの反応

仮想通貨悪用疑い7000件=業者届け出、昨年急増-警察庁
仮想通貨悪用疑い7000件=業者届け出、昨年急増-警察庁:時事ドットコム @jijicomさんから
仮想通貨悪用疑い7000件=業者届け出、昨年急増-警察庁:時事ドットコム @jijicomさんから
仮想通貨悪用疑い7000件=業者届け出、昨年急増-警察庁
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト