【02/19】仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド

仮想通貨NEWS一覧
リクルートホールディングス(HD)は18日、仮想通貨技術を使って資金調達する企業向けの投資ファンドを設立した。投資の対価として株式ではなく、投資先企業が発行するデジタル権利証「トークン」を取得する。

「【02/19】仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド」に対するTwitterの反応

仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド: 日本経済新聞
海外で、メディカルチェインとかALISがしたのと同じ仕組みかな?これって株じゃないから議決権ないってこと?

仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド: 日本経済新聞
仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド:日本経済新聞
リクルートが海外向けにブロックチェーン投資か、ほう。
リクルートが主に海外スタートアップへの投資するファンドを設立。

仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド:日本経済新聞
仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド:日本経済新聞
仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド:日本経済新聞
仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド : 日本経済新聞
リクルートホールディングス、仮想通貨技術を使って資金調達する企業向けの投資ファンドを設立。

投資枠は約27億円で、主に海外のスタートアップに投じる。第1弾としてイスラエルのビームデベロップメント。

匿名性の高い仮想通貨Beam手掛けるとこ

海外ICOへの投資を目指しているようですが、このタイミングとは。
国内では一定の規制がかけられる見通しで、その部分がクリアになれば再び注目されるかもしれません。

仮想通貨技術使った資金調達 リクルートがファンド: 日本経済新聞
◆リクルート、流石早い

仮想通貨技術を使って資金調達する企業向けの投資ファンドを設立。投資の対価として株式ではなく投資先企業が発行するデジタル権利証「トークン」を取得する。ブロックチェーン技術のノウハウを取り込み、新技術を使ったビジネスモデルを発掘する。
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト