【02/16】「地域仮想通貨」地方で脚光 イオン系が支援サービス

仮想通貨NEWS一覧
企業や自治体がIT(情報技術)を使った地域限定の仮想通貨を相次ぎ発行している。イオン子会社は今春以降、自治体向けに独自通貨の発行・運用を支援する新サービスを始める。商品券などの形で発行されていた地域

「【02/16】「地域仮想通貨」地方で脚光 イオン系が支援サービス」に対するTwitterの反応

「地域仮想通貨」支援サービス(イオン)
ダボス会議以降、異常な独自通貨ブーム!
これって・・・もしかして・・・
#ETH が上がってる理由では!!
[日経] 「地域仮想通貨」地方で脚光 イオン系が支援サービス

>企業や自治体がIT(情報技術)を使った地域限定の仮想通貨を相次ぎ発行している。イオン子会社は今春以降、自治体向けに独自通貨の発行・運用を支援する新サービスを始める。
○○ペイが続々と増える中、 #自治体ペイ ??なるものが。
企業や自治体がIT(情報技術)を使った地域限定の仮想通貨を相次ぎ発行している。イオン子会社は今春以降、自治体向けに独自通貨の発行・運用を支援する新サービスを始める。
「地域仮想通貨」地方で脚光 イオン系が支援サービス - 日本経済新聞
「地域仮想通貨」地方で脚光 イオン系が支援サービス:日本経済新聞
嘘だろー。『地域仮想通貨は、多くが仮想通貨の基盤となるブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用』少数の例は存じ上げておりますがね。記者さんには具体例を挙げて反論していただきたいものです(笑)
#地域仮想通貨 #ブロックチェーン
[日本経済新聞]
「地域仮想通貨」地方で脚光 イオン系が支援サービス
(会員限定)
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト