【02/10】仮想通貨に「マスターキー」の死角

仮想通貨NEWS一覧
ビットコインなどの仮想通貨に新たなリスクが浮上した。交換会社が顧客の仮想通貨を預かる際、その出し入れを集中管理するためのパスワードが実は設定されている。いわば仮想通貨の「マスターキー」的な存在だ。カ

「【02/10】仮想通貨に「マスターキー」の死角」に対するTwitterの反応

メカねっむが暗号通貨に関するニュースをお届けするよ!

[日経] 仮想通貨に「マスターキー」の死角 カナダの交換会社、創業者死亡で全口座凍結
(承前^4)ちょっと考えてみよう。もし、マスターキーが無くても仮想通貨を出し入れできるようにするなら、どのようなシステムに変えるべきだろう。 #仮想通貨 #ビットコイン #マスターキー #死角 #リスク #カナダ #交換会社 #クアドリガCX
顧客へのリスク管理0かいw
死んだら所定の手続きで組織が継続管理出来るくらいにはしておくべき
→仮想通貨に「マスターキー」の死角: 日本経済新聞
仮想通貨に「マスターキー」の死角   日経にも出てますね。コインベースのテントってのが予想外のアナログ未来で面白いよなー
仮想通貨を集中して管理するためのパスワードが存在する。そして、そのパスワードの生成は、電磁波を遮断するテントの中でオフラインのPCで行うっていうのが徹底的にアナログで面白い。

仮想通貨に「マスターキー」の死角  :日本経済新聞
【仮想通貨】仮想通貨に「マスターキー」の死角(日本経済新聞電子版 2/10配信)
#企業危機管理 #仮想通貨 #クアドリカCX #マスターキーリスク
無料会員で月10本までは読めるので。
特別な事例とことわりあるが。被害の補償は必要と思うが、今は大いに試す時期だろうね。人類史上初めてだから。
現在の市場、通貨の仕掛けは信用だけに依存してるけど、そう悪くないんだな。たまに超インフレがおきることはあれど。

仮想通貨に「マスターキー」の死角  :日本経済新聞 #仮想通貨 #BTC #XRP #ETH #XEM
マルチシグで管理しても管理者全員がいっぺんにロストしたら終わる問題か

仮想通貨に「マスターキー」の死角: 日本経済新聞
仮想通貨に「マスターキー」の死角: 日本経済新聞
社長が亡くなるとサービス停止するってマジかよ。どういうリスク認識なのか想像できませんな
カナダの交換会社「クアドリカCX」で、コールドウォレット用パスワードを管理していたトップの急死により、顧客資産150億円超が引出不能に。同社は、破産手続開始申立て。コールドウォレット用パスワードの管理体制は各交換会社でまちまち。
#大塚和成 #OMM法律事務 #仮想通貨
コールドウォレットとは、ネット環境から遮断されて、各企業で管理している仮想通貨の金庫のようなものです。
ネットから隔離されているので、サイバー攻撃も受けずに安全と思われていましたが、今回その金庫を開けるためのマスターキーが分からなくなった、ということです。

クアドリガは18年12月に創業者のジェラルド・コットン氏が旅行中に急死したと発表し、取引を停止した。2月5日にはホームページ上で「仮想通貨を取り出そうと試みているが、うまくいっていない」と公表。約150億円相当にのぼる顧客の仮想通貨を返金できる見込みは立っていない
[日経] 仮想通貨に「マスターキー」の死角 カナダの交換会社、創業者死亡で全口座凍結
例の創業者志望で取り出せない資産の話ですがさすが日経、噛み砕いて仕組みを解説しています。#BTC #仮想通貨 #ビットコイン

仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
[日経] 仮想通貨に「マスターキー」の死角 カナダの交換会社、創業者死亡で全口座凍結
MtGOX並の杜撰な管理に驚きました。ちゃんとリスクコントロールしないとね / “仮想通貨に「マスターキー」の死角  :日本経済新聞”
仮想通貨は通貨を作りやすい半面保守がおざなりにの物がほとんどですね。
中央集権型ではない分散型ゆえの一番のリスクと言えます。#仮想通貨 #リスク
仮想通貨に「マスターキー」の死角  :日本経済新聞
仮想通貨に「マスターキー」の死角 カナダの交換会社、創業者死亡で全口座凍結
パスワード知ってる人の急死で引き出しできないって、管理まぁまぁ杜撰だなw
いくつかの取引所の管理方法が書かれてるけど、100%安全な方法は無いよね。

仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
人の記憶、とても機密性は高いけど復元がきかない諸刃の剣、なんなら秘密保持の精度は人によるからメリットデメリットのバランス悪すぎな気がする、抽象化難しい
あまりに未熟だ。関わりたいとは思わない。◆仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
[交換会社が顧客の仮想通貨を預かる際、その出し入れを集中管理するためのパスワードが実は設定されている。カナダの交換会社、クアドリガCXでは集中管理のためのパスワードを知る唯一の存在だった創業者が急死し、顧客全員が仮想通貨を引き出せない状態に陥った]
マスターキー持ってる唯一の人がお亡くなりになり、ウォレット凍結するという。。

直ぐにスーパーハッカーとかクラッカーとかがあっさりマスターキー見つけ出しそうやけど。。

相次ぐ巨額資金流出事件を受けて外部と遮断されたコールドウォレットが不可欠との指摘が相次いだが、今度はコールドウォレットのパスワードが分からなくなる。まだまだ道半ばのイノベーションだと再認識させられる。「仮想通貨に『マスターキー』の死角」:日経電子版
現金に「金庫」の死角とはならないのが興味深い。コールドウォレットを使ってたのは暗号通貨ので仮想通貨にマスターキーは超訳レベルでは合ってるかも(諸説あります)

仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
管理者急死はレアケースとはいえ意外と詰み筋だな。 RT 仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
どこが新たなリスクやねん
仮想通貨の新たなリスクという記事が取り上げられています。
仮想通貨周りのトラブルは取引所によるものが多いな。

なお、「マスターキー」が誰もわからなくなると引き出せないが

その「マスターキー」が第三者に漏れるとコインチェックのような事件が起こる。。。。

何が新しいリスクなのか。。。

これは、まずいですね。
「バンクーバーに拠点を置くクアドリガは1月、2018年12月に創業者のジェラルド・コットン氏が旅行中に急死したと発表し、取引を停止した。」
仮想通貨に「マスターキー」の死角: 日本経済新聞
先週?話題になってたけど普通に詐欺じゃないのかな。コールドウォレット云々の前に2 of 3くらいはやっておく気もするけど。カナダは規制緩いのかな。/ 仮想通貨に「マスターキー」の死角: 日本経済新聞
“集中管理のためのパスワードを知る唯一の存在だった創業者が急死し、顧客全員が仮想通貨を引き出せない状態に陥った” ふぁー
-
仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
「カナダの交換会社、クアドリガCXでは集中管理のためのパスワードを知る唯一の存在だった創業者が急死し、顧客全員が仮想通貨を引き出せない状態に陥った」 RT @ 仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
結局、コールドウォレット用パスワードの管理というシンプルな問題になっているのか

仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
仮想通貨に「マスターキー」の死角 : 日本経済新聞
仮想通貨をネットから遮断して保管するコールドウォレットの管理者が死亡し、その者しかコールドウォレットから仮想通貨を引き出すPWを知らなかったため、仮想通貨を引き出せなくなった事例
仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞 出し入れを集中管理するためのパスワードが設定されている。カナダの交換会社、クアドリガCXでは集中管理のためのパスワードを知る唯一の存在だった創業者が急死し、顧客全員が仮想通貨を引き出せない状態に陥った。
いまさら「新たなリスクが浮上した」とか言ってるよ。

仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
なんか、仮想通貨のデメリットが露呈した一年でした。。。
仮想通貨に「マスターキー」の死角: 日本経済新聞
"米最大手コインベースは電磁波を遮るテントの中に設置したネットにつながっていないコンピューターでパスワードを生成し、それを紙にプリントして金庫室に隠す。" コントのようだ
紙に書いて金庫に入れておくとか、伝統的な方法が必要か。|
仮想通貨に「マスターキー」の死角  :日本経済新聞
創業者を狙う犯罪リスクも「カナダの交換会社、クアドリガCXでは集中管理のためのパスワードを知る唯一の存在だった創業者が急死し、顧客全員が仮想通貨を引き出せない状態に」仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
コールドウォレット用パスワード管理「米最大手コインベースは電磁波を遮るテントの中に設置したネットにつながっていないコンピューターでパスワードを生成し、それを紙にプリントして金庫室に隠す」 / “仮想通貨に「マスターキー」の死角  :日本経済新聞”
率直に申し上げてしまうと、それって死角ではなくわかりきっていることだと思うのだが。とはいえ、こうして「事件」になることで一般人が気付くことも重要ではある。

仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
そもそも理論価値のないものを売買するって博打と何が違うのかわからない。
仮想通貨に「マスターキー」の死角
この見出し・・ 仮想通貨に限ったことではないと思うのですが

仮想通貨に「マスターキー」の死角:日本経済新聞
死角なのかな?最初からわかってたことでしょ…(白目)
仮想通貨に「マスターキー」の死角: 日本経済新聞
潜在的な問題がどこに潜んでいるかも事前に誰も解っていない技術を信用して、大切な資産管理に使おうとした人にはご愁傷様としか言いようがない。そもそも通貨の発行量を制限するとデフレを引き起こすと人類は歴史から学んだのだ。⇒仮想通貨に「マスターキー」の死角:
仮想通貨に「マスターキー」の死角 カナダの交換会社、創業者死亡で全口座凍結 : 日本経済新聞
[日本経済新聞]
仮想通貨に「マスターキー」の死角
(会員限定)
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト