【02/06】カナダの仮想通貨業者 経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず

仮想通貨NEWS一覧
【AFP=時事】カナダの仮想通貨交換業者、クアドリガCX(QuadrigaCX)は5日、裁判所から破産保護を認められたと発表した。経営者が急死してパスワードが失われ、1億8000万カナダ・ドル(約150億円)相当の仮想通貨を

「【02/06】カナダの仮想通貨業者 経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず」に対するTwitterの反応

カナダの仮想通貨業者、経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず (AFP通信)
「ジェラルド・コットン最高経営責任者がインドの孤児施設でボランティア活動をしていた昨年12月9日に、クローン病の合併症によって30歳で死亡」

カナダの仮想通貨業者、経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず via @afpbbcom
カナダの仮想通貨業者、経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず
なるほど。こういうこともあるんだな。
自分も対策しておこうと思った。
カナダの仮想通貨交換業者、クアドリガCXは5日、裁判所から破産保護を認められたと発表した。経営者が急死してパスワードが失…
カナダの仮想通貨業者、経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず どうするんだろうね…これ?
カナダの仮想通貨業者、経営者急死でパスワードが不明となり150億円相当の仮想通貨を引き出せず 裁判所から破産保護を認められる  AFPBB News
あ、僕も以前、ウォレットが復旧できなくなって、200万円分の仮想通貨が取り出せなくなったよ。

誰か取り出してくれたら半分あげるけど、それができない仕組みだよね。T_T

カナダの仮想通貨業者、経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず #ldnews
この記事で何が怖いって、「クローン病の合併症で死亡」が怖すぎる。
どの合併症だ…オラ怖ぇよ…
AFPBB News カナダの仮想通貨業者、経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず via @afpbbcom

うわっ、こういうこともあるのかあ・・・。
カナダの仮想通貨業者破産保護、経営者急死でパスワード不明 150億円相当引き出せず


コットンCEOがインドの孤児施設でボランティア活動をしていた昨年12月クローン病の合併症で30歳で死亡。利用者11.5万人分の仮想通貨保存のコンピューターが暗号化されアクセスできない状態
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト