【02/04】カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に

仮想通貨NEWS一覧
メンテナンスを理由に機能を停止していたカナダ最大のビットコイン取引所「QuadrigaCX」が2019年1月31日、顧客から預かっていた仮想通貨のほぼ全てを喪失し、破産による債権者保護を裁判所に申請したことが明らかに

「【02/04】カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に」に対するTwitterの反応

まぁ、仮想通貨やキャッシュレスとか、長所は色々あるだろうけどさ、
結局「国家が出している現金よりも信用があるのか?」ってコトを
ちょっと考えたら、分かりそうなモンだと思うんだけどねぇ。
取引所CEOの死去によって160億円のビットコインがなくなちゃった!?( ゚д゚)ハッ!
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に #ldnews
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に #ldnews
国がバックについてない貨幣の恐ろしさよなぁ。まあ国も国が倒れたらおしまいではあるけども
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に - ライブドアニュース

将来的にこういうことが民間でも起きそうなのでみんな遺言に鍵書いておこうね(●´ω`●)
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に #ldnews

>取引を一人で管理していたCEOが亡くなってしまったことでコールドウォレットへのアクセスが不可能となってしまったため

新たなリスクの爆誕・・・
「通常、仮想通貨の取引所では万が一の事態に備えて、秘密鍵を複数人が所有する「マルチ・シグネチャー」を採用した送金インフラを整備するのが一般的」
「QuadrigaCXから預かった仮想通貨がコールドウォレットに保管されていて、その管理はすべてCotten氏一人が行っていた」
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に - ライブドアニュース

2075年あたりにコールドウォレットが見つかったら、60桁の整数パスワードはなんか簡単に破られてしまうんだろうな…
#シャドウラン
暗号資産を1人に管理させたらダメなんだね。
利用者にとっては
大きすぎる痛手ですね。
リスク管理ができていなかったのでしょうか。
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に


実はアクセス出来てるがCEO死去でアクセス不可になった体で取引所潰して逃亡…みたいな裏がありそうなイメージw
そして隠した仮想通貨を巡って組織が争う…みたいな映画が今後出そうな気が…。(ノ∀`)エー
仮想通貨ってアクセス手段無くなると、暗号解くまで使えなくなるのが良い所でも悪い所でもある気がする。「10年間取引されていない財布は強制的に誰かに配布される」アルゴリズムとか必要なのだろうか。 / “カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に…”
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に #ldnews
安全な筈のコールドウォレットがまさかの、、、
管理者は自分に万が一の事があった場合のリスクも考えてないと。
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に #ldnews
こういうのはもうしょうがないね
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に #ldnews
うさんくせー 終わってんな!!

メンテナンスを理由に機能を停止していたカナダ最大のビットコイン取引所「QuadrigaCX」が2019年1月31日、顧客から預かっていた仮想通貨のほぼ全てを喪失し、破産による債権者保護を裁判所に申請したことが明らかになりました。

まーリスクはどこに存在するかわからない典型的な事象。

故意か過失かわからないし、これからもっとこういう事案増えそうやな。

ブックメーカーもよくわからんところは、こういう危険あるわな。

#ldnews
カナダで160億円分の仮想通貨を全喪失か CEO死去でアクセス不可に
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト