ZEC(ジーキャッシュ、Zcash) 予想のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
22:21 2019年09月18日
Zcashの @zooko のインタビュー

ここでも、プロトコルガバナンスの話がある。本当に毎日目にする。

その他に気になったのは、

・レイヤー1スケーラビリティの必要性の認識

・プライバシー性能はhttpsのような存在になるという予想
本日G20終了で強いリバがあるとして.高い確率で一番恩恵を受けるアルトは下げすぎたリップルXRP.短期爆上げ予想

$ADA $XLM $LTC $XMR $EOS $lOTA $ZEC $ZRX $XEM $LSK $NEO $TRX $IOTA $DASH $USDT $ETC $BNB $VET $DOGE $OMG $LSK $XVG $Nano $ONT $MDL $XTZ $DOGE $MKR $ZRX $Qtum $DCR $BTS $ZIL
pondi$NPXSはbtcの影響を受けず今月末まで上昇を続ける予想.場合によっては年末まで持ち続ける

$XMR $EOS $lOTA $ZEC $ZRX $XEM $LSK $NEO $TRX $IOTA $DASH $USDT $ETC $BNB $VET $DOGE $OMG $LSK $XVG $Nano $ONT $MDL $XTZ $DOGE $MKR $ZRX $Qtum $DCR $BTS $ZIL $DGB $ICX $Steem $REP $MITH
犯罪者が使う仮想通貨 ビットコインからZcashやモネロへ

違法行為に最もよく使用されている仮想通貨は今もビットコイン(BTC)だが、今後Zcash(ZEC)やモネロ(XMR)等の匿名性を重視したアルトコインの人気が高まることが予想される
せめてZECも予想してもらいたいもんだ。
勝手に2018年末〜2019年初旬予想

$BTC 140万円
$ETH 5万円
$XRP 100円
$BCH 14万円
$LTC 12000円
$XEM 6円
$MONA 130円
$ZEC 30000円
$ADK 6000円
Zcash(ZEC)、2025年までに6万ドル(約660万円)に達する予想 @bitdays_jpさんから
ADKはアフリカのオフショアはいけるかもしれないけど、メジャーなとこのオフショアバンクはなんとなく難しそう

あくまで予想だけど有名どころのあそこらへんは、Zcashとかethとか使ってくるんじゃないかな

ZcashはJPモルガンもあれこれだし
Bitaminがリリースした初のZEC ASICも既に発送が終了しており、ZECのハッシュレート増加が予想されます #Zuash $ZEC #仮想通貨 #マイニング #Bitmain #ASIC

2ch掲示板

6342: svu***** 2018/5/10(木) 17:20 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--6342.net
ビットコイン投資家の雄Mike Novogratz氏(以下 Novogratz氏)は仮想通貨インデックス(cryptocurrency price ndex)を設立するために、予想外のパートナーと契約を結びました。

そのパートナーとは、Bloomberg LP(ブルームバーグ社)です。

両者は共同でBloomberg Galaxy Crypto Index(以下 BGCI)を設立することを水曜日に発表しました。

このインデックスは、時価総額の大きい複数の仮想通貨の総合的な情報を追っていきます。

Bloomberg IndicesのグローバルプロダクトマネージャーのAlan Cambell氏はインデックスについて次のように述べています。

「今日のBGCIの設立は私たちのクライアントの仮想通貨への関心の高まりによるものです。

インデックスを設立するための厳格な手法をこの仮想通貨インデックスに持ち入りました。

そして、大きな市場の状態を正確に評価するためのベンチマークを投資家たちに届けるでしょう。」

Novogratz氏は上場ヘッジファンド運用会社Fortress Investment Groupのヘッジファンドマネージャーを務めた後、現在は2億5千万の資金を調達し、「仮想通貨マーチャントバンク」を設立し、カナダで上場する予定です。

同氏はこのインデックスについて以下のように述べました。

「BGCIによって「今までにないほどの透明性」を仮想通貨市場は持つことになります。

私たちはBGCIによって分散型革命を推し進めることができることに興奮しています。」

設立時点で、BGCIは10種類の銘柄を追っており、時価総額が大きい銘柄に重点をおいています。

ビットコイン(30%)、イーサリアム(30%)、リップル(14.14%)、ビットコインキャッシュ(10.65%)、イオス(6.11%)、ライトコイン(3.77%)、ダッシュ(1.67%)、モネロ(1.66%)、イーサリアムクラシック(1%)、ジーキャッシュ(1%)となっています。

様々な企業が仮想通貨インデックスに乗り出しており、コインベースやグレイスケールはすでに今年のはじめには仮想通貨インデックスファンドを設立しました。

それに加え、仮想通貨スタートアップのブロックストリーム(Blockstream)は、機関投資家のための仮想通貨データフィードを作り出すために、ニューヨーク証券取引所の親会社であるIntercontinental Exchange(ICE)と提携を結びました。

最近では、ウォール・ストリートのFundstrat社は、それぞれ市場の異なる分野を担当する5つの仮想通貨インデックスを明らかにしました。

今回の仮想通貨インデックスの設立はこれらの流れに続く形になり、投資家たちの仮想通貨への興味の高まりを示唆しています

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト