USDT(Tether) 今後のTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
12:21 2019年11月14日
今後注目されそうな『Tether(テザー) on Liquid』 ◎テザーに匿名性が付くことで、より流動性が増す可能性がある  (※ では動きが追えなくなる) ◎取引所間の送金スピードが向上  (アービトラージに有効) ■Tether on Liquidの仮想通貨市場全体への影響
ついにUSDTの売買が成立し始めましたね~
今後の出来高増に期待!
#CryptoBridge
仮想通貨市場の今後#binance
「テザー(USDT)市場」とされていた区分を複数のステーブルコイン市場と統合し、「ステーブルコインマーケット」へ改変
2018年11月17日にCircle(サークル)とCoinbase(コインベース)が共同開発する米ドルペグ型ステーブルコインUSD Coin($USDC)がBinance(バイナンス)上場
#Binance が $USDT 基準脱却へ、 $PAX ペア始まる。UI刷新し、新たにドルステーブルとしてUSDⓈグループを追加。USDⓈ内で $USDT $PAX 選べ、今後もペッグコイン追加されると思われる。自由にステーブルコイン選べ、取引量が増えると見込まれ $BNB が一時20%近い上昇。
【Binanceでは今後ステーブルコインの上場ラッシュが予想される】
Binanceは今後ステーブルコインの上場を行うことを示唆。

すでにUSDTの上場は決まっており、ユーロなどドル以外の通貨に担保されたコインの上場を検討しているようだ。
【Tether(テザー・USDT)の今後が懸念されている理由】

・Tether(テザー・USDT)ってなに?
・懸念点
・ステーブルコインの今後
・今後が懸念されている理由
ここまでボラがないと考えようが無いから $USDT 周りの動き見て今後の値動き考えてみる
今日もCP保有の配当貰いました

貰えるコインがいいね

AE、USDT、GUSD、BIXが今日は貰えました。

昨日より、ロックアップ増やしたし、今後出来高が上がってきたらいいね

#coinpark #暗号通貨 #CP #仮想通貨 #配当
ランキング
1.テザー社が560億円相当のUSDTを「破棄」

2.財務省が「仮想通貨の納税」に関する最新資料を公開

注目マーケット
意外な面から「ビットコインの底堅さ」を確認、アルトは今後の価格面で二極化懸念も

#Ranking
アクセスランキング

1.仮想通貨取引所Cobinhood:XRP(XRP)・ネム(XEM)の上場まで残り3日

2.BTC急騰の全容がチャートから明らかに、今後の懸念点も考察

3.USDTとの逆相関は未だ崩れず、今後のビットコイン価格の方向性は?
USDTとの逆相関は未だ崩れず、今後のビットコイン価格の方向性は?|仮想通貨市況


テザーの価格が要因となり乱高下したBTC価格は一時的に落ち着いたものの、未だUSDTとの逆相関関係が見られ、相場の不安視は続いている状況だ
過去チャートからのBTC価格考察やXRPの分析も掲載
今はやりのペッグ通貨、ステーブルコインですね~。
USDCはBitmainも出資しているようなので、この辺も関係している?USDT/USDCペア上場後、USDCマーケットも今後予定していることのこと。BCH,BTC,ETH,CET,USDTに続くマーケット拡大なるか!
…というかCETペアももっと増やしてください!!
$NPXSを大量に買った
ドバイと強く関係してくる銘柄で今後爆上げが期待できる
チャート的にも

$EOS $lOTA $ZEC $ZRX $XEM $LSK $NEO $TRX $IOTA $DASH $USDT $ETC $BNB $VET $DOGE $OMG $LSK $XVG $Nano $ONT $MDL $XTZ $DOGE $MKR $ZRX $Qtum $DCR $BTS $ZIL $DGB $ICX $Steem $REP $MITH $HT $QASH
SBIグループが出資している株式会社LastRootsが運営するc0ban取引所

海外取引所のLATOKEN( )にc0banの上場が決定!
取引ペアは、BTC、ETH、USDT、LAとなります。
LATOKENは取引量が1日50億円ほどある人気取引所。

今後の展開が楽しみです
今後の作戦立てます。

90万から持ってるUSDT保持
暴落するまで。しなかったらどこで切るか分かんないけど、ガチ勢達が上向きだしたらBTCに。

その時アルトが伸びるようであればファンダ+大きい足で良さげなアルトスイング保持。

買うものなければADK全ベット気絶。

これでいいや。
Huobiがフィリピンで仮想通貨取引所Huibiをローンチ
USDT, BTC, ETH建てで41の通貨ペアを扱っています
今後フィリピンを牽引する取引所になるかもですね
ABCCのAT、マイニングコストが価格を超えてます。

今後の動きはプロの”取マイナー”として勉強になると思うので要チェック

上がる or 下がる/維持
確率は後者が高い

急落予防で1.2USDT利確を言ってましたが

急落はなかったので上場後も掘り続けてた方がATは正解だったという興味深い結果に。
これから皆さんが気をつけるべき事はなにかというと
単にUSDTに逃げるだけではいけないんですよね

仮想通貨の価値がどんどん下がると収益がさがり資金をもって逃げる業者が今後出てきます
トークンブームで得体のしれない業者に資金を置いている人は注意

逃げないとマジで終わりますよ!!

2ch掲示板

7031: svu***** 2018/5/22(火) 19:03 ID:lbcc13lnojTPCx4Llw--7031.net

2018.05.22 (Tue)MARKET

週間ビットコイン相場 2018/5/22 仮想通貨業界最大のカンファレンス「Consensus2018」初日の上昇継続せず、現在はレンジ相場

Written by 真田雅幸



ビットコインの現在の価格は、先週の1BTC=96.0万円から3.8%下落し1BTC=92.3万円となっています。ビットコインの過去のボラティリティから比べると、現在は小幅な値動きとなっています。それでは今週のビットコイン相場を振り返ります。



今年のNYコンセンサスは不発?

今週14日、ニューヨークで仮想通貨業界で最大のカンファレンス「Consensus 2018」が開かれました。過去の経験則から、価格が上昇するのではとの予想が多く聞かれました。

初日は価格が一時大きく上昇し1BTC=97.8万円を記録する場面もみられましたが、その勢いを保つことはできず、その後は下落しています。

現在は88万円から98万円の10万円のレンジで価格が推移しています。しかしビットコインの過去のボラティリティと価格推移をかんがみるに、レンジ相場は長く続きません。

一時は50日移動平均線を割ったものの現在は価格の下落をサポートしており、若干上に抜ける可能性が高いように思われます。

仮想通貨取引所Bitfinexがユーザーに納税情報の開示を求める

仮想通貨取引所Bitfinexが一部のユーザーに納税情報の開示を求めたメールを送っていることが今週明らかになりました。Bitfinexは、タックスヘイブンとされるイギリス領バージンアイランド(BVI)に登記されています。

今までユーザーは、メールアドレス情報の登録のみでBitfineを利用することができました。顧客情報の把握(KYC)のためのプロセスがほとんどないため、世界中のトレーダーが利用する取引所でした。

今回のユーザーの情報開示に関してBitfinexは、BVI政府と米国内国歳入庁(IRS)などへのコンプライアンスに対応するためだとしています。これにはBitfinex社の子会社Tether社が発行するドルにペッグした仮想通貨USDTが深く関係していると推測されます。

今までは仮想通貨市場が小さかったため、USDTが規制当局に目を付けられることはありませんでした。しかし市場の拡大とともにUSDTの発行量も増加し、総発行額は2800億円相当とされています。

USDTはドルと同等の価値を持っているとされる仮想通貨であるため、規制当局が実態の把握に動き出したものと考えられます。米国政府としては、マネロンなどの観点からドルの動きを監視する必要があります。

ドルなどの法定通貨を送金するには通常、資金移動業者として政府に登録する必要があります。法定通貨にペッグした仮想通貨は今後規制されていくと思われ、またそれを取り扱っている仮想通貨取引所はKYCなどのプロセスの強化を求められていく流れになるでしょう。

仮想通貨に投資していない人は92%に上る

市場調査などを行いユーザーに情報を提供するfinder社は、アメリカ人2001人を対象とした仮想通貨に関するアンケート調査を行い、その結果を発表しました。調査によると仮想通貨への投資を行っている人の割合は8%で、保有していない人は92%でした。

昨年JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が「ビットコインは詐欺である」と発言したことは記憶に新しいですが、今回の調査によると仮想通貨を詐欺だと思っている人は少ないようです。調査からは17%の割合の人が仮想通貨は詐欺だと感じているようです。

いまだに仮想通貨を購入していない92%の内、将来の購入を考えている人の割合は8%でした。購入していない層の中の16%の人が、仮想通貨はバブルであり弾けると予想しています。また11%の人は扱うことが難しいと感じているようです。


アメリカだけでも市場人数が倍になる
上がらない理由が見つからない

9510: Nzambie 2018/7/18(水) 19:15 ID:fCvsSVdutSj6yB7lqw--9510.net
◇米ドルに裏付けられた新たな仮想通貨「Stronghold USD」を発表:IBMが支援を表明

大注目した点

◎7月17日、米ドルとのペッグ通貨として、ステラ・ブロックチェーンを使用した新たな仮想通貨”Stronghold USD”が発表された。大手企業のIBMが支援を公表し、テザー(USDT)の代替としても注目を集めている。

◎今回の「Stronghold USD」の発表は、市場から歓迎されています。

◎コンピュータ関連大手のIBMがこのプロジェクトを支援すると発表したことから、大きな注目が集まっています。

◎IBMは、2017年10月に仮想通貨ステラと”パートナーシップ契約”を結んでおり、2018年初めにも、IBMは仮想通貨関連分野をさらに発展させるために、Wells Fargoから、Jesse Lund氏を引き抜き、ブロックチェーン開発部門の責任者に抜擢しました。

◎そしてLund氏は、IBMが仮想通貨関連ビジネスの応用に関心を示していることを明らかにしています。

◎IBMは、「Stronghold USDは、米ドルに裏付けられ、リアルタイムでの国内外支払いの基礎を固める新しいタイプのデジタル通貨だ。これは、IBMが提唱するトークンエコノミーの布石となっている。」と記述していることから、今後の進展も期待されています。

タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト