SHARDINGのTwitter・掲示板の評判

Twitter

PR
@今人気の仮想通貨FXならこちら
仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。ストレスなく空いた時間に気軽にトレードできる事が特徴です。
02:02 2019年10月23日
×以外⚪︎意外

Shardingには最後までPoWでいくモデルや、基本コンセンサスはPoSで緊急時にPoWになるモデルもあります。これは50%までの挙動保証と引き換えに改竄耐性も50%になり、25~30%ぐらいから遅くなるんだったと思う。で、Zilliqaはおそらくそれは選ばないという事。今回分かったのはここまで。
2019年に #Casper.
2020年に #Sharding.

#ETH はまだまだ始まったばかり。
The team expects aspects of Ethereum 2.0 – namely the Casper upgrade and the addition of sharding – to begin rolling out in 2019.
イーサリアム2.0はCasper+Shardingのこといってんだとおもう。
イーサリアムのCasper(キャスパー)は2019年、Sharding(シャーディング)は2020年の実装予定。イーサリアム3.0の構想もしているとのこと。
Casper Perhaps in 2019, Sharding Maybe in 2020 Says Ethereum Researcher
ETH速報:イーサリアムファンデーションとリサーチャーは現在開発中の #イーサリアム 2.0でCasperを実装後、イーサリアム3.0は量子コンピュータの出力に耐える可能性を述べる。予定として #Casper は2019年、#Sharding は2段階にわけ2020年の目処を目指す
#Ethereum #仮想通貨
結構誤解があるようなのですが、shardingは元々データベース領域の技術で、ブロックチェーンにはチームを集めたPrateekらが書いた論文を元にしてZilliqaに応用されたのが始まりです。なので別にvitalikが考えたわけでもPoSじゃないと実装できないわけでもなく、単に色んな応用法があるという事です。
Etheremonとの提携でzilliqaの知名度が変わったので少し言及しておくと、ノードの数(分子)が増えるほど処理速度(分母)も上がるというshardingの性質が「手数料(=ノード数/処理速度)を安定させる」という点がこのプロトコルの一番面白いところです。
ethereumのshardingはフェーズ6まである
#ccstudy
書いた。が、不明瞭な点が多いので諦めてWPを読むか。ファイナリティを得るためにPoSではなくPBFTを選んだのは、面白い点だと思う。その他にもノード間コミュニケーションコストの削減とか工夫がある。自分の理解が足りていない。

ZilliqaのShardingとPBFTに関する簡易メモ 2
■ $ETH 処理性能 大幅向上?!
$ETH の処理速度を大幅向上させる為の技術2点
#SHARDING #シャーディング
処理を小さなパーティション(シャード)に分割することで、スループット向上を実現
#PLASMA #プラズマ
オフ・チェーン・トランザクションを実行し、処理速度向上、取引手数料削減を実現
タグ

Twitter プロフィール
おすすめサイト